sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

図録

上野の森美術館「生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展」に行ってきた。

image


6月6日からスタートした「ミラクル エッシャー展」。

2日経った本日、上野まで見に行って参りました。

平日なら、まだ空いているかと思ったのですが、凄まじい混み具合でした。

と言っても、入場の待ち時間は無かったんですけどね。

エッシャー大人気ですなぁ。

大昔に聞いたところによると、エッシャーファンは男性が多いそうな。

今日見たところによると、女性が多かったですけどね。

平日だからかな。

感想はともかく、ショップでグッズをいろいろ買って参りました。

image
無論、図録は外せない。2,700円なり。
図録を止めるゴムバンドは四色あり、それを選択できます。
これは紺赤。


image
[クリアファイル 各400円(税込)]
「滝」のクリアファイルがあれば複数枚買うのにと思わなくもない。


image
会場限定の飴@パパブブレ

image
エッシャー要素は表のシールだけで、中の飴は上野のパンダです。

image
眼鏡ケースと眼鏡拭き。
ずーっと眼鏡ケースを探していたので、迷わず買ってしまいました。


image
眼鏡ケースはともかく、眼鏡拭きはちょっと迷いました。
しかし、後で欲しくなっても入手し難いよなぁと思い、結局購入。


image
やっぱり両方購入して良かったです。


さて感想。

正直、動けなくなったほど魅せられた子供の頃の気持ちは薄れていました。

確かに一枚一枚凄いのだけれど、あの感動を再びとはならなかったです。

感動も一期一会ですね。

好きなのは変わらないんですけどね。

絵を見て動けなくなるってことを再び体感してみたいもんです。

ワタクシの感性は衰えつつあるのかしら。

やはり感受性の豊かな時期にたくさんの美術作品と出会っておくべきですね。

学生時代に来る日も来る日も東京の美術館に自転車で通いまくった夏を思うと、

そのスポンサーになってくれた祖母と叔母に感謝する次第です。

あれは貴重な経験でしたわ。

まあ、それでもエッシャーは大好き。

その変わらぬ気持ちを確認できたことが本日の収穫かな。

image
今までのワタクシのバイブルだった本がこれです。
図録にはない情報が沢山あってファン必携の一冊です。



image
【上野の森美術館】

東京都台東区上野公園1-2
会期:2018年6月6日(水)~7月29日(日)
※会期中無休
開館時間 10:00~17:00
※毎週金曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで
チケット代:一般 1,600円


【にほんブログ村】

ちょっと知識欲が出てきたので『生物図録』を買ってみた。

生物図鑑
「視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録」とあるものの、
裏を見ると「視覚で生物図録」の表記が。
タイトル表記を省略する潔さに心を惹かれました(笑)。




なんだか“何かを学びたい”気分の最近のワタクシ。



学生時代は全く勉強をしなかったもんで、



今頃反動が来たんでしょうか。



正直に申せば、勉強を全くしなくても大人にはなれます。



でも、勉強をして知識を得る方が、人生は楽しめる気がする。



学生時代に勉強をしなかったワタクシは、



大人になった今、勉強をしております。



って、まあ、興味があることしか調べようとは思っていないけどな。



で、何故、高校レベルの生物学に手を出しているかというと、



遺伝に興味が沸いているからです。



免疫とは何か?



ウイルスとは何か?



動物のバイオテクノロジーとは何か?



遺伝情報の変化とは何か?



知っているようで、誰かに説明できるほどは知らない知識を、



今更ですが得ようと思っている次第です。



社会人になったと共に、殆どの教科書を捨て去ったワタクシですが、



そういう所業って、歳を取るとマジ後悔するもんなんですねぇ。



ワタクシの手元に今もあるのは、たった二冊だけ。



その内の一冊が、「生物図説」。



内容が素晴らしくて捨てられない冊子です。



生物図説
[カラー版改訂(1991年改訂版) 生物図説]




中を比べたら、内容がとても似ておった。



と言っても、動物バイオテクノロジーなんて項目は当時には無かったけれど。



教科書から、文明の進化を感じますな。



っつーかワタクシ、今まで全く気付かなかったけれど、



実は生物学が好きなのかもしれん。



密集した卵とか、



細胞分裂の様子とか、



植物の葉の気孔とか、



プツプツしたものが沢山、しかもカラーで掲載されているのが生理的に無理にも拘らず、



ワザワザ買ってまでして凝視してしまうのは、



ある種の、怖いもの見たさ、なのかも。



さて本日、ワタクシがこの本から得た知識はバイオテクノロジーの項目からで、



「カラタチ(北原白秋の「カラタチの花」で有名)」と「オレンジ」を細胞融合して出来た植物は、



オレタチ



という名称だということ。



オレタチ・・・



インパクトが強すぎて、



それまでにこの本から見知ったことを、



全て忘れた。





  


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。