sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

四合院

今日の「ホンのひとことだけ」。

会社のビルを清掃して居られるマダム。

清掃をする方は複数居るけれど、その方はとても几帳面な方で、

いつもスゴイなぁ~とそのプロフェッショナルぶりに感服しております。

(ワタクシは掃除が苦手なんです)

若い頃はバリバリのキャリアウーマン

(研究員だけどそう言って良いのかな?)

だったそうで、いろんなことを良くご存知の方です。

そんなマダムに台湾土産、と言ってもたいしたものではないのですが、

小さな菓子箱を渡したら、

「こんな、お掃除のオバサンにまで・・・」と、ちょっと喜んで頂けました。(たぶん)

マダムは長らく中国ドラマにハマっていて、

古い建物見たさに、ちょくちょく中国旅行をするそうです。(それ、いい!)

今度、胡同(フートン)に行くんですって。

毎度現地の友達に案内して貰うそうですが、

行く先々での料理が香りの面で好みではなく、

あまり料理を美味しいと感じたことが無いそうな。

もちろん北京の高級料理店などで食べる料理は美味しいのだけどね、

と仰るマダム。

しかし庶民が食べる地元グルメはそうでもないとの認識のようでした。

台湾には姪っ子さんが仕事で在住して居られるそうで、

「今度、行ってみようかしら」と仰っていました。

是非是非、とオススメしておいた次第です。

マダムが言っていた、胡同。

ワタクシも大変興味があります。

四合院建築が見られるエリアなんですよねぇ。

いいなぁ。ちょっと見てみたいなぁ。

目下、最も興味のある海外の建築物が四合院です。

敷居の謎も解明したいし、

そういうのを細かく教えてくれるツアーがあれば参加したいぐらいです。

image
「门槛(ménkǎn)」という名称でいいのかも知りたい。


台北で見た四合院に、跨がねば入れぬ敷居があったのですが、

あの意味を知りたいのです。

日本で敷居は絶対に踏んではならず、跨がねばならぬもの。

鳥居・敷居というほど、結界という意味合いが強い場所です。

敷居一つで世界を区切り、

敷居の向こうにやたらと行ってはいけないという結界のようなもの。

そういう認識が中国の四合院建築にもあるのかを知りたいです。

中国の寺院で入口の敷居を跨ぐ際、左足を使うだの、右足を使うだの、

何かしらのルールがあるらしいのですけれど、

四合院の場合はどうなんでしょうね。

気になるので、今度、マダムに訊いてみようと思います。

それはそうと定年を超えて働く場合、女性はどうしているのかしら?

定年まで働いて再雇用された女性自体が少ないとは思うのですが、

ワタクシが定年になる頃には当たり前の話になると思うんですよね。

再雇用を選択するにしても、自分にどんな貢献ができるのか・・・

となると、コネクションの継承ぐらいしかない訳で。

ぼちぼち考え始めないとアカンと思い至ったところです。

視力にも体力にも自信が無いので、

知識を買って貰えるよう、その蓄積に努めようと思います。

でも、あと10年もしたら様々なものがAI主導になると思うのよねぇ~



【にほんブログ村】

【台湾】台北市中山区『林安泰古厝』は四合院建築の移築保存されている古蹟です。【写真多用】

image

MRTで言えば圓山駅が最寄り駅となり、台北市立公園付近にある『林安泰古厝』は、1783年に竣工した中国閩南(福建省南部)式の建築物です。

image
元はこのような外観だったようです。

image

中国福建省安溪から移り住み、迪化街エリアで「栄泰」という号で商売を営み財を成した林家の邸宅でした。
邸宅は四維路にありましたが、道路拡張工事のため取り壊しが決定。
しかし1970年の郷土運動の発生や、取り壊し反対運動などを経て、古跡として保存することが決定し、1987年に現在地で縮小復元されました。

image

瓦は老朽化していて破損していたため新しく交換したものの、それ以外の殆どは既存の資材が使用されています。現在は民俗文物館として無料で見学できるようになっています。

image
これで建物の規模は元の1/3なんだそうです。
どんだけ大きな敷地だったんだ。


image
四合院は奥にあります。

image
朝から園内を清掃する人々が仕事をし続けていました。
維持が大変そうですね。

台北の古蹟を調べると、「林」という名が大変多いなと感じます。
台湾の姓トップ10は、

1.陳、2.林、3.黄、4.張、5.李、6.王、7.呉、8.劉、9.蔡、10.楊

だそうで、1位の「陳」は全体の約11%を占め、2位の「林」は約8%を占めており、上位2つの姓で台湾の姓全体の1/5を占めているそうです。

image
建物内には、系図が貼ってある部屋がありました。

台湾での「林」家といえば、彰化銀行を経営している霧峰家(むほうりんけ)と、板橋家(林本源)。
台湾五大財閥のうちの2家です。
五大財閥の残る3家は、基隆家、鹿港家、高雄家。
蛇足ですが、歌手・一青窈さんの一族は、九份の鉱山財閥である基隆家になるそうです。
ゆえに父方の台湾姓だと「顔 窈(イエン ヤオ)」さんとなるそうな。

話は逸れましたが、この五大財閥の「林」両家とは無関係っぽい『林安泰古厝』。
台北に残る建物の中では最も保存状態のよい四合院と言われています。

四合院(シーファイン/スーホウユェン)とは、中庭を囲むように“回”の形に棟が建てられた一階建ての住居でして、使用人も含めた一家族で住むものでした。(近代中国では昔建てられた四合院に複数世帯が住んでいるようですけれど)

ちなみに、四がある以前に、3つの形態の住まい様式があります。

image

一條龍(イーティァォロン):横一列に並んだ住居形態
單伸手(ダンシェンショウ):母屋の左側に建物がある住居形態
三合院(サンホウユェン):母屋の垂直方向の両側に建物がある住居形態
四合院:三合院の前にもう一つ建物を立てて“回”の字にした住居形態。お金持ちの家です。

もっとお金持ちになると多護龍合院(ドウフーロンホウユェン)という形態になり、中央の四合院から周囲に建て増しして小さな町のようになった集合的住居形態になります。中央に行くほど一族の中で位が高い人の住まいになるらしい。

image
[正廳]

image
向かって右側には林先平氏の額が。
この建物を建てた林志能の長男だとか。


image

image
左側には妻の葉氏月の額が掛かっていました。

image

image
門の脇に掲げられた額に説明があるのですが・・・


建物の真正面にあるのが「正廳」。意味はメインホール(またはリビングか?)で、歴代先祖の位牌や神様が正面に祀られます。「廳」という字は「庁」のことですので、日本語に音読みすれば「せいちょう」。
建物の中で最も良い部屋で、ここで賓客も迎えます。

ちなみに台湾には 「壽終正寝」という言葉があり、(自宅の)正廳で死ぬことが幸せだという意味だそうです。一族に見守られつつ最も良い部屋で最期を迎えるのが幸せとは、日本で言うところの「畳の上で死にたい」ってのと感覚は同じなんでしょうかね。

image
正面は煉瓦、側面は左官仕上げの外壁なんですね。

image
日本では鬼瓦が乗る屋根のこの部位は馬背と言うんですね。

image
image
馬背は高いところに上らないと見えませんでした。

image
屋根の飾りも華やか。

imageimage
獅子だと思われるもの。首がもげているけど。

image

image
屋根の葺き方も面白いですね。

image
正廳の周囲はやはり豪華な彫刻が施されています。

image
現在はこんな感じ。

image
以前はこのような外観だったようです。洗濯物がリアル。

image
現在の室内はこんなにポップに飾られています。うーむ。

image
image
様々な意味がある彫刻の数々。

image
見どころがいっぱいでどこを撮っていいのか迷います。

image
蟇股もかなり豪華。

image
石に加工された絵も見どころです。

image
扉の組子も様々にあります。

image
image
image
image
image
室内に灯りが灯ると印象が変わるでしょうね。


image
image
各部屋には豪華な寝台が置いてあります。
部屋全体を占めているほどの大きさです。


image
最も豪華だと思ったのがこちらの寝台。
螺鈿細工が施されています。


image
image

image
室内の簡易トイレも塗りで豪華。

image
台所の横にある部屋は使用人のダイニングなのかしら?

image
壁に貼ってある管理用の図を見るとダイニングで正解みたい。
ただし、誰が使うものなのかは分からずじまいでした。


image
真新しい壁。
移築前の壁はどんな色だったんだろう?と気になりました。


image
こういう建物を観ると、紫禁城を観てみたくなります。

image
image
中庭などに置いてある瓶は防火用でしょうか。

image
この幅だと大きな寝台などをどうやって入れたんだろう?
と疑問が湧きますね。


image
image
お高そうな家具も展示してあります。

image
日本語での説明書きはここでしか見なかった気がします。

image
同様に、書も。
造詣が浅いので書については語れないワタクシです。

建物好きな方なら楽しめる場所だと思います。興味のない方はここでぼーっとしているのも良いかも。
それすら興味のない人が多いのが、邸内はガラ空きでした。
無料なのに勿体ない。

image
雨前樓と隨月閣

image

image
醉茶居からつながる橋。

image
池には蓮の花が咲いていました。

image

image
[雨前樓]

image
雨前樓にあった給水器。
園内飲食禁止とあるのに、大丈夫なんだろうか?


image
[玉帶橋]

image
[邀月亭]

image
庭に設置されていた謎のモニュメント。

image
どうやらマスコットキャラクターのようですね。

image
建物に全く興味のない甥っ子はスタンプラリーをやっておりました。
※日本語の案内パンフレットが置いてあります



image
【林安泰古厝
(リンアンタイクーツォ)民俗文物館(ミンスーウェンウーグアン)
Lin An Tai Historical House

No. 5, Binjiang Street, Zhongshan District, Taipei City
台北市中山區濱江街5號
開館時間 9:00~17:00
休館日:月曜、春節(旧正月)、清明節、端午節、中秋節
入館料:無料
http://linantai.taipei/


【公共交通機関利用でのアクセス方法】
※2018.7月末に調べた情報ですので行かれる際は再度ご確認ください
  • MRT淡水信義線「圓山(ユェンサン)駅」1番出口から徒歩15分←炎天下は辛いかも

  • 紅34(休日のみ運行・Dajia Riverside Park行き) バス路線図【1】バス路線図【2】
    MRT圓山駅→花博公園→大同大学→新生民族路口→林安泰古厝→九號水門→大佳河濱公園
     ※圓山駅のバス乗り場はMRT圓山駅1番出口を出て線型公園方向に進んだ道路沿いにあります
    10:00,12:00,14:00,16:00,18:00 (2時間間隔で運行)

  • 市民小巴9 で「新生公園(林安泰)」から「台北駅」 バス路線図【1】バス路線図【2】
    大佳河濱公園→八號水門→新生公園(林安泰)→新生公園→吉林路底→新福里→新壽公園→錦州街口→民生東路口→台北銀行→吉林國小→長安國小(吉林)→正守公園→長安林森路口→華山公園→市民林森路口→臺北車站(鄭州)

  • 平日は、バス222番「新生公園/シンセンゴンユェン(林安泰古厝)」下車が近いです
    → 222番がMRTの駅で通るのは忠孝新生駅、松江南京駅、行天宮駅など


【にほんブログ村】

【台湾】台中市北屯区『台湾民俗文物館』で四合院(復元)を見学する。

_DSC_0153

台中市が1989年に作った教育型施設『台湾民俗文物館』。
ここで四合院建築を観ることが出来ると知り、台鉄台中駅からタクシー利用で行って参りました。
バス利用をするつもりでしたが、二人に疲れが見えるため炎天下の中でバスを待たせるのは難しいと思い、タクシーを利用することにしました。
しかし、四合院に興味があるのはワタクシだけだったので、二人には面白くないスポットだったかもしれません。
申し訳ない。

image
だだっ広い公園の一角に建つ四合院建築。

image
敷地はそれほど広くはありません。

image
地上のみしか見ていませんが、地下に施設があったのかしら?

image
復元なので本物感は足りませんが、
こういうものだという視覚的な体感はできます。
そもそも四合院ってなんやねん?って人には全く面白くない場所かも。


image
何と読むのかも、どういう意味なのかも分からない謎漢字が貼ってありました。

image
全ての建物内部が見学できるわけではないようです。

image
とにかく暑くて体力が削がれる環境にあるので、
この季節に行くのは無謀だったかも。


image
台湾に残されている四合院建築が少ないため見学に来たのですが、
歴史を知らないとこの建て方の意味もわかり難いかもしれません。
甥っ子に説明するのは難しいと感じました。
四合院(しごういん)とは、方形の中庭を囲んで1棟3室、東西南北4棟を単位とする北方中国伝統的家屋建築のこと。。道路(胡同)に面した建物の壁と接続して、2m近い高さの煉瓦壁が築かれ、南側に大門(表門)を構える。
中国の華北地方以北及び西北地方に多く見られるが、特に北京市街において建てられたものが著名。
image
ファッション誌の撮影に使えそうなスポットですね。

image
伝統的な四合院の中庭に欠かせないのが樹木。
ここでは一本も見られなかったのですが、視覚的に流石に辛い。
乾燥地帯に来たような気分になりますね。


image
馬を模した遊具は鉄製。
炎天下では拷問グッズに見えます。


image
公園内には舞台もありました。
イベントの時に使うんでしょうね。


image
善光寺辺りにありそうな牛の像がありました。
どういう意味なんだろう?

帰りはバスを利用しました。台湾はバスが発達しており、慣れるとタクシーより安価で大変便利。この距離なら、安価どころか悠遊カード利用でバス代が無料になります。
タクシー利用の際は感じませんでしたが、バスは運転が荒く、甥っ子は乗り物酔いしてグッタリ。
子どもとバスに乗る際は、酔い止めを事前に用意することをオススメします。

ここに来るのなら、子供といえどオペラハウスに連れて行く方がマシだと感じました。少なくともオペラハウスは涼しいですからねぇ。


image
【台湾民俗文物館(臺灣民俗文物館)】
Taiwan Folklore Museum

No. 73號, Section 2, Lushun Road, Beitun District, Taichung City
台中市北屯區旅順路二段73號
台鉄台中駅から路線バス131 or 132番利用「崇徳国中」下車。
※HPに以下の情報がありましたので他のルートでも行けるっぽい
崇德國中(步行3分鐘):58、58(副)、12、131、132、65、700、105
※悠遊卡利用ならこの距離のバス料金は無料になります
開館時間 9:00~17:00
休館日:月曜
http://taiwanfolkmuseum.blogspot.com/(台湾語)


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。