sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

和菓子

台東区浅草『千葉屋』という有名大学いも屋の人気商品「切揚」を購入する。

image

一年ちょいぶりに、浅草にある1950年創業の大学いも専門店『千葉屋』に行って参りました。

今回の目的は午前中に売り切れとしまうという「切揚」。

ゆえに開店直ぐにたどり着けるように浅草に降り立ちました。

どこかで時間を潰そうかなぁと思いつつ店近くまで行ってみれば、既に列ができていました。

やべっ。人気店をなめてましたわ。

ってことで、粛々と行列の最後尾へ。

目的の「切揚」が飛ぶように売れて行きます。

皆さん大量買いです。

ふむ、やはり人気なんですな。

ってことで、ワタクシも多めに買うことに致しました。

image
やはりこの袋が良い味出してますな。

image
大学いも 200g と 切揚 400g

image
さっそく切揚を食べてみましたが、
あ、これ、止まらんやつや。

確かに「切揚」は美味しいです。

硬すぎない芋ケンピみたいな?

これは危険です。

あっという間に一袋食べてしまいそうな予感がします。

とりあえず器に入れた分だけ食べることにして、

残りを硬く輪ゴムで縛って冷蔵庫に入れておきました。

濃いお煎茶が飲みたくなったわ。

甘過ぎないので食べ過ぎるんですな。

ってことで、千葉県民Tにも差し入れしておこうと思います。

オフィスへの差し入れには向かないけれど、

個人への差し入れには丁度良いかも。

次回は「切揚」をもう一袋買おうと思います。

オススメです。

image
「切揚」目当てなら早めに行かないと
午後には売り切れちゃうみたいです。


image
【大学いも千葉屋】

東京都台東区浅草3-9-10(TX浅草駅から徒歩4分)
営業時間 [月~土]10:00~18:00,[日祝]10:00~17:00
定休日:火曜
※現金のみ

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

神奈川県鎌倉市『豊島屋本店』で鳩グッズを買う。

image

人に会いにサクッと鎌倉に行って参りました。

ちょっと早めに着いたので、早くから開いている豊島屋に立ち寄りまして、

本店でしか買えない鳩グッズを覗いてみることに。

十年近く来ないうちにお店は綺麗になり、グッズはお店の一角を占めており、

お菓子屋さんとは思えぬ雰囲気になっておりました。

鳩グッズは、「鳩です」と言われなければ分からないものもあり、

ツッコミどころ満載です。

一番使い勝手の良さそうなジッパーバッグをひとまず入手致しました。

image
鳩サブレージッパーバッグ 800円(税込)

image
[付箋] 鳩っといて 各400円(税込)
使い勝手の大変悪そうな付箋なのでお土産にすることにしました。

鳩サブレーは東京のデパートでも買えるので、

ここでしか買えないお菓子を買って帰ることにしました。

image
季節限定(本店限定だった気がする) 「ほたる」 1,080円(税込)

image
羽二重生地でこし餡と練り切り餡を包んだ生菓子です。
美味しいです。

鎌倉では独り勝ちと言われる豊島屋。

確かに観光客が必ず立ち寄るお店感があります。

かく言うワタクシも観光客ではないものの、立ち寄りましたし。

県外移動が可能になって初めての週末。

人ごみに遭遇する前に、さっさと退散して帰路に着きました。

そういえば、七夕が近いんですねぇ。

店舗前の笹飾りで気付きました。

もう、夏なんだなぁ。



image
【豊島屋本店】

神奈川県鎌倉市小町2-11-19
営業時間 9:00~19:00
定休日:水曜、不定
※Suicaが使えます
https://www.hato.co.jp/
https://www.hato.co.jp/collection.html


【にほんブログ村】

『船橋屋こよみ』のしるこが白桃に変わってた。

image
白桃のゆらら 450円(税込),白桃のしるこ 540円(税込)

船橋屋こよみの「しるこ」が杏から白桃に変わっておりました。

少し早い気がしますが、もう桃の季節なんですねぇ。

「しるこ」は、甘く香る白桃のソースが小豆とよく合っています。

美味しいです。

桃好きとしては、生の桃も入れて欲しいとは思いますが、

それは流石に、この価格と今の時期では無理かもなぁ。

ってか、今年こそは山梨に桃を食べに行くぞ!! と思っていたのに、

どうやら叶いそうにも無さそうで、残念に思っております。

どこぞで白桃を箱買いしてみようかしら。

そんな野望を抱かせる、今年初の「桃」でした。

たぶん、初だと思う。

初なんじゃないかな。



【船橋屋こよみ エキュート東京店】
東京都千代田区丸の内1丁目9−1 JR東京駅改札内 1F サウスコート
※営業時間と休みが不定になっている可能性があります
http://www.funabashiya.co.jp/koyomi/
https://twitter.com/koyomi_27848


【にほんブログ村】

日本橋高島屋『巌邑堂(がんゆうどう)』の和風ぜりー。

image

日本橋高島屋地下に静岡県浜松市の老舗和菓子店 『巌邑堂』が入っています。

緊急事態宣言が解除になるまでは閉まっていたのですが、

今日立ち寄ってみたら、営業しており、お菓子が並んでいました。

前回のイメージが良かったもんで、長門で上生菓子を買ったばかりなれど、

何かを買いたくなりました。

そこで発見したのが、和風ゼリー。

少し日保ちがするらしいので、丁度良いやと思って買ってみました。

image
瓶なので買い過ぎると比例して重くなります。

静岡県の和菓子屋さんだから、柑橘類で作っているんですかね。

青梅好き、蜜柑好きとしては、どれも外せませんでした。

週末ゴロゴロする時の楽しみにしようと思います。

一気に三つ食べないように気を付けねば。



【にほんブログ村】

日本橋3丁目『日本橋 長門』で季節の上生菓子を買う。

image

季節ごとに立ち寄りたくなるのが、『日本橋 長門』。

上生菓子は見た目も綺麗で癒されます。

しっとりとした舌触りで、その日のうちに食べるからこその美味しさ。

ぼちぼち出ているかもと期待して、枇杷目当てに立ち寄ってみました。

枇杷はまだ出ていないようでしたが、それ以外のものを購入。

久々に買えて、食べられて、とても幸せです。

今一番好きな和菓子屋さんかもしれん。

自粛が緩和されて本当に良かったです。

でも、枇杷が食べたいなぁ・・・。



image
【日本橋 長門(にほんばし ながと)】

東京都中央区日本橋3-1-3 日本橋長門ビル1F
通常営業時間10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
http://nagato.ne.jp/index.php

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

『船橋屋こよみ』の杏しるこが美味しいと思う。

image
杏しるこ 540円(税込)

『船橋屋こよみ』は、くず餅で有名な船橋屋の姉妹ブランドだそうです。

いつの間にできたんだろう? と、同社Twitterを見たら、

船橋屋が創業200年記念として立ち上げたお店なんですって。

ターゲットは若い女性かな? という感じのラインナップとビジュアルで、

昨夕、偶然立ち寄ったエキュートで写真の商品を発見しました。

現在、東京駅は、八重洲地下中央口改札が封鎖され、

異様な光景となっております。

その中で細々と営業しているお店が数店舗エキュートにありまして、

お弁当などを調達するのに大変助かっております。

image
器に移し替えてみた。

こちらはどうやら季節限定品のようで、

杏は今が旬なのだと知ることができました。

甘酸っぱい杏のソースに小豆の風味と食感が混ざり、

他に無い感じの甘味となっております。

これは美味しい。

同社定番品である「くず餅プリン」は地方発送をしているようですが、

サイトを見てもこの商品は無いので、買いに行くしかないのかもなぁ。

日保ちはしませんが、また食べたくなる味でして、

期間内にもう一度食べられたらいいなぁと思っているところです。




【船橋屋こよみ エキュート東京店】
東京都千代田区丸の内1丁目9−1 JR東京駅改札内 1F サウスコート
※時節柄、営業時間と休みが不定になっている可能性があります
http://www.funabashiya.co.jp/koyomi/
https://twitter.com/koyomi_27848


【にほんブログ村】

台東区台東4丁目『大心堂雷おこし』の「古代」が侮れないほど美味しい。

image
[左]きなこおこし(白)600円,[右]簡易包装12枚入り古代1,200円
※双方税別

雷おこしを侮る人も、大心堂の「古代」を侮ることなかれ。

ってぐらい推したい銘菓が新御徒町駅付近にはあります。

前回の訪問から3年半ほど経過しており、

久々に、且つ猛烈に食べたくなったため、

帰路途中に買って参りました。

とても美味しくて、お遣い物にもよく使われる人気商品なのに、

どこのデパートにも入っていないという、ある種のレアものです。

店内の照明は抑え目で、オフィスと続いた場所に店舗があるという感じ。

商品見本は入口すぐの一角にちょこんとあるのみで、

言えば商品を取り出してくれるというシステムです。

人気はやはり「古代」の2種類。

白い袋は2種類入りで、黒い袋は人気の黒蜜1種入りです。

価格は3年半前と変わっておらず、消費税が別途付くのみ。

材料費は上がっているのに商品価格が変わらないというのは

とても良心的だと感じます。

この時節柄、訪問時のお持たせにすることは少ないと思いますが、

配送もできるため、贈り物にしても良いかも。

ちなみにワタクシはガッツリ自分で食べるつもりです。

健康診断前ですけれど、いいの。

今は先のことなど考えず、

遠出ができない分、美味しいもので満たされようと思います。




 新型コロナウイルスの影響により当面の間は8:30~17:00の営業だそうです(定休日は変わらず)

image
【大心堂雷おこし 本店】

東京都台東区台東4-28-2
(都営大江戸線新御徒町駅A2出口より徒歩2分)
通常営業時間 8:00~18:00
定休日:日曜(11月最終日曜、12月日曜は営業)
https://kodai.jp/


【にほんブログ村】

ホテルニューオータニ『パティスリー SATSUKI』のスイーツを母が大人買いしてきた。

image
[桜ロール 800円(税別)]

個人的にずーっと気になっていたのが、

ホテルニューオータニの『パティスリー SATSUKI』。

母に昨年あたり、その旨をぶつぶつと呟いていたのですが、

本日病院帰りに、少しだけ足を延ばして行って来たそうです。

で、ワタクシから見れば、かなりな大人買いをしてはりました。

image
[新スーパー黒豆カン 1,100(税別)]
これはわざわざ買いに行きたくなる豆かんです。
柔らかい寒天が舌と喉に心地よく、
大きめのふっくらした黒豆と、黒蜜の優しい甘さが心地よいです。
ウマウマ。


image
[新和三盆シュークリーム 650円(税別)]
和三盆の上品な甘さが美味しゅうございます。
シュークリームでこの値段ってのには驚愕しちゃいますが、
贅沢なシュークリームを味わいたい時には良いかも。
差し入れとして欲しいシュークリームです。


image
[メロンパン 270円(税別)]
まだ食していませんが、ウマウマな気配が濃厚です。
安心価格ですが、包装が驚きの箱入りです。
メロンパン様って感じ。

他にプリンやバウムクーヘンも買っているそうですが、

さすがに食べきれませんでした。

大人買いし過ぎです。

これは悲しいかな、血筋のせいだと思われます。

でも、ちゃっかり食べるんですけどね。

豆カンも、プリンもガラス容器入りで、持ち帰りが重かったそうです。

そう言われると、これらの容器は容易くは捨てられない感じがします。

何はともあれ、初めてサツキのスイーツを食しましたが、

お高いだけのことはあると感じました。

ケーキ一つ1,000円ってのに自腹を切るのは勇気が必要なので、

今後も自分では買いに行かないかもしれません。

image
プリンは中間ぐらいの柔らかさ。
カラメルがしっかりした味で美味です。


【SATSUKI (サツキ)】
東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階
営業時間 11:00~21:00
定休日:無休
https://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/p-satsuki/


【にほんブログ村】

東京都足立区『ワタトー』という大正10年創業の五家宝専門店のオシャレ五家宝がJR上野駅で買えます。

image
[きなこすいーつごかぼーる @410円(税込)]

五家宝と言えば熊谷市の銘菓。

ですが、大正10年創業の足立区にある『ワタトー』にも五家宝商品があるんです。

平日18時迄しか開いていないというハードルの高さゆえ、

買いに行きたいと思っていても行ったことはありませんでした。

五家宝好きとしては、どうしても押さえておきたい商品が

「五家玉 GOKABALL」でして、

それを本日、JR上野駅にある『のもの』で発見してしまい、

どえらく興奮してしまいました。

あまりに興奮したもんで、「もうペリカンのパンは買わなくていいか」

と思ったほどです。

気が小さいのでプレーンとココアを一袋ずつしか買わなかったのですが、

どうせならもっと買えば良かったと、

まだ食べてもいないのに後悔しているところです。

五家宝にハズレは(あまり)無いと思っているワタクシ。

こりゃぁ、一袋一気食いしちゃう予感がするので、

夜に食べるのは止めておこうと思います。

JR上野駅で買えると分かっただけでも大収穫。

無くなったらまた買いに行こうと思います。



【のもの上野店】
JR上野駅中央改札外グランドコンコース(ガレリア内)
営業時間 [平日] 11:00~22:00, [土日祝] 10:00~21:00

【ワタトー】
東京都足立区東保木間2-18-9
営業時間 8:00~18:00
定休日:土曜、日曜、祝祭日
http://www.watato1224.sakura.ne.jp/index.html


【にほんブログ村】

日本橋高島屋『巌邑堂(がんゆうどう)』の苺大福がフォトジェニックで萌える。

image
[まるごといちご大福 450円(税別)]

日本橋高島屋の地下に静岡県浜松市の老舗和菓子店 『巌邑堂』が入っており、

偶然目にした苺大福が異様に可愛くて、ついつい立ち止まってしまいました。

ビジュアルが可愛すぎる。

思わずお断りして、写真を撮らせて頂きました。

上の写真で、左下の一つだけ別の方向を見ているのが特に可愛い。

かなり良いお値段ですが、これは買っちゃうでしょ。

image
中に入っているのは静岡県のブランド苺である「紅ぽっぺ」だそうです。

母曰く、ここでは栗蒸し羊羹が有名なのだそうです。

春なので、それが食べられる秋まではかなりの時間を要するのですが、

一度食べてみたいと思いました。

っと、その前に苺大福を母に買って貰いましたので、

そちらを頂いてから考えようと思います。

お店の方曰く、大粒の苺がジューシーでじゅわっとした食感だとか。

これは期待大です。

その他、上生菓子などいろいろとありましたが、

お店の脇に受注制作の上生菓子を5点ほど展示してありまして、

それらすべてが繊細で綺麗でため息が出ました。

image
お茶席用の受注制作上生菓子の見本がありましたが、かなり綺麗。
もうこれは食べるアートです。


image
桜も繊細で美しい。

たとえこれが普通に購入できたとしても、

勿体なくて食べられないかもしれん。

和菓子は芸術だと改めて思いました。

今後、日本橋高島屋に行くことがあれば必ず商品をチェックしようと思います。

って、めったに日本橋高島屋までは行かないんだけどな。

(実は日本橋三越派です)

image
お餅が薄くて餡も薄くて破れないのが不思議なほど。
噛むと大粒の苺がじゅわぁ~っと口の中に広がります。ウマし。


【にほんブログ村】

桜餅の季節。

image

和菓子の中で桜餅が一番好きです。

二番は柏餅。

昨日母が長門の桜餅を買ってきてくれました。

あんなに長門で和菓子を買っているのに、

よくよく考えたら桜餅は初めて。

食後にソッコー食してみました。

包みを開けた瞬間から香る、桜の葉の良い香り。

クンカクンカとずーっと嗅いでいたいぐらいです。

ヒーリング効果があるんじゃないかしら。

いわゆる「東京の桜餅」ですが、

道明寺派のワタクシなれど、大変美味しいと感じました。

これは、かなりアリです。美味しいです。

餡子の滑らかさと、皮の薄さとモチっと感、

そして塩分の少ない葉っぱ。

桜餅としてはお高いだけのことはある。

日本橋では既に「おかめ桜」が咲いているそうです。

桜の季節、到来ですねぇ。

花より団子派のワタクシは、

この時期だけの楽しみである桜餅を求めて行脚したいと思います。

さて、どこに行こうか。

image
これからカフェでもピンク色のドリンクメニューが溢れるでしょうね。これは苺。


【にほんブログ村】

飯田橋『いいだばし萬年堂』は御目出糖が有名だけれどお赤飯も良いのです。

image

銀座8丁目にも萬年堂がありましたが、元々は京都にあった和菓子店の分店のようです。

そして京都のお店から数えて300年もの間作られ続けているのが、御目出糖という和菓子でして、

こちらは高島屋各店の諸国銘菓コーナーに曜日限定で入っているらしいです。

そんな萬年堂の分店が飯田橋にもありまして、ここでは火曜日と金曜日にお赤飯を出しています。

出している確率が高いのが火曜日と金曜日ってだけで、確実にあるとは言い切れません。

そんな金曜日、お赤飯があるとの表示かドアに掛かっていたので、一つ買って帰ることにしました。

image
塩の入っていない黒ゴマが別添されています。

豆はササゲ。ムチムチっとしたもち米ではなく、

一粒一粒が完結しているお米のなかでモチッとしている食感です。

上品なお赤飯とでも申しましょうか。

税込518円と、ちょいとお高めですが、和菓子からすれば妥当な価格だと感じます。

正直、美味しいと思うし、好みの味ですし、自分で作る手間を考えるならココで調達したい。

そんな味です。

何か良いことがあって浮かれた気分でご飯を食べたい時に良いかも。

って、そんな日はそうないので、食べたくなったら立ち寄りたいと思います。



【いいだばし萬年堂】
東京都新宿区揚場町2-19 徳ビル1F
営業時間 10:00~19:00,[土]10:00~17:00
定休日:日曜、祝日
※Suicaなどの電子マネーが使えます
http://www.omedeto.co.jp/


【にほんブログ村】

日本橋2丁目『山本山 ふじヱ茶房』でかなり遅めのランチとお茶を堪能する。

image

ランチタイムを過ぎているかもなぁという時間帯に

『山本山 ふじヱ茶房』にやって参りました。

ちょい小腹を満たしたかったのです。

ここでは日本橋長門の和菓子が頂けるので、

それも一緒にオーダー致しましたので、

かなり長々且つゆったりとランチ&お茶時間を楽しめました。

image
[海苔膳]

image
煮物の小鉢がなかなか美味しい。

image
海苔の佃煮っぽいものが三つも付いています。
ゆえにご飯のお代りは一杯だけOK。


image
お吸い物にも海苔が入っています。

image
日本橋 長門の季節の和菓子は殆ど残っていませんでした。

image
口直しの海苔煎餅。

image
川根茶の一煎目。
香りがよく、甘みがある一杯目です。


image
二・三煎目は渋みがあって五臓六腑に沁みます。

入店とともに鼻腔をくすぐるお茶の香り。

ヒーリング効果がありそうで、居心地が良いです。

ちょいとお高い気がしますが、

三煎もお茶を飲めるなら安いかもしれん。

淹れ方も眺められたし、楽しかったです。

たまには、こんな大晦日も良いよね。

image
かなり立派な鏡餅がありました。



image
【山本山 ふじヱ茶房】

東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋三井ビルディング1F
営業時間 10:30~20:00
定休日:不定
https://www.yamamotoyama.co.jp/index.html


【にほんブログ村】

山形県山形市『乃し梅本舗 佐藤屋本店』が秋の感謝祭期間だった。

image

ファーストコンタクトセカンドコンタクトも良い印象だったので、

すっかりファンになってしまったのが山形を代表する老舗『乃し梅本舗 佐藤屋本店』。

今回も早朝から母と二人で行って参りました。

image
朝早いのに、ひっきりなしに車がやって来ます。
男性率高し。


image
定番品がリーズナブルな価格で購入できます。

image
前回来た時より今風な陳列になっている気がする。

image
定番中の定番「のし梅」と「梅しぐれ」
※期間限定価格でそれぞれ450円(税別)でした。


image
「栗太郎ほくほく」という洋風な和菓子。
これを数個買ってお土産にしました。


image
大好物のカステラは自分用。期間限定価格で700円(税別)。
一本余裕で食べられます。

早朝から開いているというレアなお店。

これから他府県に行くという人がお土産を調達できて便利ですね。

若い八代目も様々な新しい取り組みをして居られ、

今後ますます期待できる和菓子店です。

駅などでも購入可能ですが、

個人的には文化財でもある本店での購入をお勧めしたい。

東京では11/6~11/12、

銀座三越地下にて「本和菓衆」というイベントがあるそうです。

生菓子もあると思われるので、ご興味があればぜひ。



image
【乃し梅本舗 佐藤屋】

山形県山形市十日町3-10-36
営業時間 8:30~18:00
定休日:元旦のみ
https://satoya-matsubei.com/


【にほんブログ村】

山形県山形市『山田家 ふうき豆本舗』で今回も「ふうき豆」を購入。

image
[山田家 ふうき豆本舗]

山形名物といえば、「ふうき豆」。

『山田家 ふうき豆本舗』のふうき豆はここでしか買えないものなので、

今回もこれを買わずに東京に帰るわけにはいかないと思い、

ちょいと歩いてお店まで行って参りました。

母に協力にプッシュするべく、袋入りを2個購入し、

ホテルで、乾燥を防ぐために持参した容器に移し替えました。

image
箱入りは潰れないので安心ですが箱なしの方が100円安いです。
でもタッパーなどに入れないと潰れるし、
ソッコー密閉容器に入れないと乾燥しちゃう。
賞味期限は3日間。
密閉容器に入れると要冷蔵で倍の日数長持ちします。

image
持参した容器に入りきらず残った豆。
母が摘まんでいました。かなり気に入ったようです。

母は改めて明日買いに行くと言っていました。

御使い物にしたかったようですが、日持ちしないからなぁ。

なにはともあれ、次回も買いたいワタクシの山形定番品です。



image
【山田家 ふうき豆本舗】

山形県山形市本町1-7-30
営業時間 9:00~18:00
(年末年始は閉店時間が変わります)
定休日:火曜、第3月曜
(年末年始の休みも同様)


【にほんブログ村】

山形県山形市『BOTAcoffee(ボタコーヒー)』は100年続いた老舗の傘屋をリノベーションした御洒落カフェ。


image

『BOTAcoffee』は100年続いた老舗の傘屋をリノベーションしたというカフェ。

そのリノベーションについては、ReReRe Renovation!で知ることができます。

なかなか興味深いリノベです。

ってことで、母に「お洒落なカフェがあるよ」と告げて行って参りました。

image
昔の看板はそのままに。
昭和的な外観と、今風な内装には結界のようなものが感じられます。


image
野菜も売っているのですが、じっくり見る雰囲気ではない感じ。

image
ランチを終えて間もないの、ここでは珈琲を頂こうと思います。

image
カフェラテがアイスしかないので、カフェオレを注文。

image
こちらは佐藤屋さんの羊羹。

image
羊羹は苦手なのですが、これは洋酒が入っていて和洋折衷な感じ。
母とシェアだったのも丁度良かったです。
美味しい。


image
壁はコンクリート面のままで壁紙などの内装はありません。

大人気店のようで、ランチタイムからはズレていたのですが満席でした。

客層は若い方ばかりです。

椅子はそれぞれに異なり、リノベ感満載。

メニューの表紙やコースターは革をザックリ切ったもの。ってか端切れかな。

それぞれにこだわりがあるんだろうなぁと思えました。

山形市内はカフェが多いようですが、

ここは独自路線を突っ走っている感のあるオリジナリティー溢れるカフェでした。



image
【BOTAcoffee(ボタコーヒー)】

山形県山形市七日町2-7-18
営業時間12:00~22:30,[日祝]12:00~18:00
定休日:火曜
※カード不可、電子マネー不可
http://bota-coffee.com/


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。