sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

味噌

富山県富山市『新村こうじみそ商店』へ再び糀味噌と糀などを調達しに行く。

image

『新村こうじみそ商店』は明治30年創業の糀味噌店です。

前回の富山旅で大変気に入ったので、ちょいと調達しに来ました。

酒粕(どこのものかを訊くのを忘れた)を購入したため、

お味噌と糀は500g程度に購入を控えてしまいました。

もう若くないので重いカートを引くと筋肉痛になると思うし。

ワタクシ好みのお味噌なもんで、

よくよく考えたらやっぱり1kg買うべきだったかもと

電車に乗ってから後悔しました。

今後はお取り寄せしちゃおうかしら。

買い出しが無事終了したので、次の目的地に移動します。




image
【新村こうじみそ商店】

富山県富山市堀川小泉町793-10
営業時間 9:00~19:00
定休日:日曜、祝日
https://www.shinmurakoujimiso.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『新村こうじみそ商店』は明治30年創業の糀味噌店です。

image

地図で見て、ぜひここで味噌を買おうと思っておりました。

路面電車でサクッと行ける点と、駅からすぐの場所にある点が

車を使わない旅行者にはグッドポイントです。

店舗はそれほど広くは無いのですが、

糀と糀味噌が良い感じに並んでいます。

購買意欲の湧く空間でした。

image
10月12日に移転したばかりの新店舗です。

image
要冷蔵棚にあるものを買うつもりだったので保冷バッグを持参しておりました。

image
いろいろ気になる商品がありますが、次回に回したいと思います。

image
甘糀とこうじ味噌を購入しました。

image
甘糀でジャムが作れるらしい。

image
味噌は500gだけ量り売りして頂きました。
三種ある中の真ん中を選択。
糀の量によって塩分濃度は下がり、価格は上がります。

image
あんばやしのタレなるものを購入してみました。

image
5袋入りなので分けて使えて良いですね。
と思ったら、
例えばキュウリを漬けるなら少しで良いと教えて貰いました。

image
こんな調味料も置いてありました。
左のスパイスのラベルがお洒落ですね。
各540円(税込)

糀味噌がめっちゃ良い香り過ぎて、

クンカクンカと空気をめっちゃ吸い込みまくりました。

ヒーリング効果がありそうです。

(帰宅後、お味噌汁を作ってみましたが、優しい甘さで美味しかったです)

image
開店祝いのエコバッグを頂いちゃいました。

次回は別の糀味噌も試してみたいです。

良いよねぇ、糀。

買って良かったです。



image
【新村こうじみそ商店】

富山県富山市堀川小泉町793-10
営業時間 9:00~19:00
定休日:日曜、祝日
https://www.shinmurakoujimiso.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

栃木県栃木市『本多糀屋』の期間限定「手造りこうじみそ」が美味し過ぎる。

image

東武日光線東武栃木駅の2駅先、

合戦場駅から約500mの位置にある『本多糀屋』に行って参りました。

一度ここでお味噌を買うと、その味と香りが忘れられられなくなります。

馥郁たる香りが記憶に残る味噌なんです。

購入後も味噌の醗酵は進むそうで、購入後三ヶ月での使い切り推奨でして。

何度も買いに行くのは大変なので、

ワタクシの場合、ギリギリ消費できる3kgを買っております。

image
期間限定品「手造りこうじみそ」。
北海道の大豆を使っているコダワリの一品。
1,000円/kgだと思う。

image
大豆の銘柄がよく分かりませんが、
こだわっている感はボードからもにじみ出ています。


image
ホーロー容器に入れて冷蔵庫にin。
購入後3か月以内の使い切り推奨

ってか、前回よりも量が多い気がする。

注文してから袋に取り分けてくれるので、もの凄く良い香りがします。

日本人のDNAに訴えかける味噌の香りで、癒し効果が得られます。

(個人の感想です)

いつまでも香り続けていたいのですが、

それを実行すると変な道に進んでしまいそうなので自制。

image
甘酒があったので、ついでに購入しちゃいました。
よそでは買わないのですが、ここのだったら美味しいに違いない。


image
[甘酒 1,500円(税込)]
牛乳や豆乳と混ぜて飲んだり、ヨーグルトにかけたり、
はたまたそのまま食べたりする人が多いそうです。


image
[塩こうじ 350円(税込)]
これでお漬物を作っても美味しいし、お肉を漬けても美味しいし、
とても気に入っている一品です。


お店まで行くのは本当に大変なんですが、その価値はあります。

行くと決めたら数日間納豆を食べないってことを勝手に心掛けておりまして、

このお味噌の味と香りがこの先も長く味わえることを願ってやみません。

行けばその香りを嗅ぎたくなるため、やっぱりお店に行っちゃうんだな、これが。

image
金山寺味噌をオマケして貰いました。
ご飯に乗せで食べる人も居るそうな。

なんだか、美味しいお豆腐を買って、お味噌汁を作りたくなってきました。

お味噌汁を作ると、御飯も炊きたくなる。

春の健康診断前なのに、食欲がムズムズしますわ。

3kgものお味噌を入手できたので、夏前まではこれで安心。

引き籠っても、その点では大丈夫かも。

image
いつかは誰かに、ここのお味噌をプレゼントしたい。
しかし、ワタクシの周囲は、
高血圧だからとお味噌汁を飲まない人だらけなんだよなぁ。


image
【本多糀屋】

栃木県栃木市都賀町合戦場209-1
営業時間 10:00~18:00
定休日:なし
http://www.cc9.ne.jp/~honda-koujiya/


【にほんブログ村】

栃木県栃木市『本多糀屋』の期間限定「手造りこうじみそ」が美味し過ぎる。

image

先の台風の被害により、両毛線は栃木より先(佐野方面)が不通になっており、現在は代替バスが鉄道が不通になっている区間を補完しています。バスに並ぶ人々の中には、ボランティア活動をされる人も居られるんでしょうね。

さてワタクシは、東武日光線の東武栃木駅から二駅先にある合戦場駅から約500mの位置にある『本多糀屋』に行って参りました。

以前ここで買ったお味噌の味と香りが忘れられず、毎日汁物を作るなかでどうしても欲しくなったからです。

今まで食べた中で、ここまで記憶に残る味噌は無いんじゃないかなぁ。

ってことで、前回よりは多めに購入しておくことにしました。

購入後も味噌の醗酵は進むということで、あまり買い過ぎるのも焦る。

程よい量は3kgぐらいだろうと考えました。

image
「手造りこうじみそ」は期間限定品。

image
北海道の大豆を使っているコダワリの一品。
1,000円/kgだったと思う。

image
帰宅後、ホーロー容器に入れて冷蔵庫にin。
ここの味噌は3か月以内に使い切ることを推奨されています

注文してから入れてくれるので、もの凄く良い香りがします。

味噌の香りが細胞に沁みるようで、ヒーリング効果がありそうです。

同店の他のお味噌はどんな感じなのか訊いてみたのですが、

限定味噌を買っちゃうと、それ以外では満足できなくなるんだそうです。

ゆえにワタクシは永遠に限定味噌を買い続けるんだろうと思われます。

行った時にあれば、ですけど。

お店まで行くのは本当に大変なんですが、その価値はあると思います。

めちゃくちゃ美味しいです。

帰宅後に残り物の白菜でお味噌汁を作りましたが、

無茶苦茶美味しくて悶えました。

茄子の味噌漬けも作ってみたりして。

当分は毎日味噌汁生活を過ごしたいと思います。

健康になりそう~。

image
おまけに金山寺味噌をいただく。



image
【本多糀屋】

栃木県栃木市都賀町合戦場209-1
営業時間 10:00~18:00
定休日:なし
http://www.cc9.ne.jp/~honda-koujiya/


【にほんブログ村】

セブンプレミアム「大葉みそ」が侮れない。

image
[セブンプレミアム 大葉みそ 183円(税込)]

セブンプレミアム「大葉みそ」がオススメです。

会津みそをベースに仕上げた大葉みそだそうで、

子供が好きそうな甘さで、なんだか美味しいのです。

大葉好きであれば、何かに塗る前に

生の大葉を乗せてから塗るのも良いかも。

おにぎりに塗っても美味しいだろうと思われますが、

ワタクシはカリカリに焼いた油揚げや厚揚げに塗ってます。

お豆腐に乗せても良いかもね。

あとは焼いた茄子とか。

それほど高いもんでもないので買いやすいのもgoodです。

セブンイレブンに置いてあるかは謎ですが、

ネットでも買えます。



【にほんブログ村】

新潟土産と言えば「かんずり」ですが、他店のものをいろいろ買ってみた。

新潟土産と言えば「かんずり」。

新潟県妙高市で作る香辛調味料が有名で、東京でも購入できます。

しかし香辛調味料ってのは、「かんずり」だけではなくて、

魚沼エリアでもいろいろなものが売られているんです。

image
[からいすけ味噌 65g 514円(税込)]
実は湯沢では定番の香辛調味料なんです。


image
帰ってから気付いたのですが、瓶のまわりがカビてました。
瓶ものを選ぶ際は要注意だなと感じました。


image
[かぐら南蛮麹漬け 100g 650円(税込)]
あさひ山
※朝日酒造系列の旨いものを取り扱う会社です


image
あさひ山の商品なら間違いないと思って購入しました。
鍋料理の薬味と一緒に食べると美味しいという予感。


image
[かぐら辛っこ 80g 594円(税込)]
千年こうじや
これは要冷蔵商品でした。


image
これまた、千年こうじやなら間違いないと思って購入。
気に入ったら東京のショップでも買えるんじゃないかなと思われ。

こういう香辛調味料ってアタリ・ハズレが大きいんですよね。

ワタクシは甘めのものが好きです。

ただ辛いものならトウガラシで十分だと思うタイプ。

まあ、ハズレても、鍋に入れちゃえばいいんですけどね。

image
[越後の大葉味噌 100g 648円(税込)]
星野本店
長岡市摂田屋にある老舗味噌屋のものです。


image
大葉味噌は普通に美味しいと思う。
田楽に使ってもgoodです。

いままで一番美味しかったのは、塩沢で食べたもの。

売っていたのに買わなかったのが悔やまれてならない。

って、買いに行けば良いだけなんですけどね。

ほんと、新潟県の辛味噌は奥深いです。

なにはともあれ、これから日増しに寒くなるでしょうから、

香辛調味料で温まりたいと思います。


【にほんブログ村】

栃木県宇都宮市『青源パセオ店』でネギ味噌餃子をサクッと食べる。

image

300年の歴史を持つ「青源」という味噌屋が経営する餃子店が宇都宮駅にあります。

味噌屋が経営しているので、ここの餃子は味噌ダレで食べます。

たっぷりのネギと味噌が乗ったネギ味噌餃子が有名で、一度は食べておこうと考えたため、

宇都宮駅で乗り換えついでに下車し、立ち寄って参りました。

image
ササっと食べられそうな「お手軽セット」を注文。

image
サワーが付いて810円(税込)です。

相変わらずの行列店でして、相席は当たり前のようです。

ゆえに、ササっと食べてササっと出られるセットは最適。

味噌味のたれがかかっているとのことですが、

あまり味噌は感じませんでした。

ネギはがっつり乗っていましたけど。

餃子を食べた帰りの電車でロングシートに座ると

両隣の人に迷惑がかかると思い、

上野東京ラインのグリーン車で東京駅まで戻ることにしました。

乗車率は低かったので、ある種正解でした。

宇都宮で餃子を食べて電車帰宅する際は、

歯ブラシセットとマスク必携かも。



image
【青源パセオ店】

栃木県宇都宮市川向町1-23 宇都宮駅ビルパセオ1F
営業時間10:00~21:00(LO20:40/入店は20:00まで)
定休日:パセオの休日に準ずる
http://www.aogen.co.jp/goods/gyoza
https://www.utsunomiya-sk.com/paseo/


【にほんブログ村】

茨城県結城市『秋葉糀味噌醸造』の三五八漬けを購入する。

image
[秋葉糀味噌醸造見世蔵]
大正13年(1924年)/1934改造
国登録有形文化財(建造物)

天保3年(1832年)創業の『秋葉糀味噌醸造』。

ここの三五八で漬けるお漬物は美味でして、

結城に来たら必ず立ち寄るようにしております。

今回も、三五八漬けを購入して参りました。

image
三五八漬け400円(税込)、おでんみそ330円(税込)。

三五八漬けは今朝漬けたものなので明日の朝が食べごろ、

とのことでしたが、帰宅後に我慢できずに一本食べちゃいました。

夏が来たぁ~って気分になり、大変美味しく頂きました。

っつーか、やっぱ美味しい。

このお漬物が気に入った母は、

我が家にある三五八漬けの素を大阪に持って帰るそうです。

夏野菜をあっさり漬けて食べたい時に本当に便利なので、

ゼヒゼヒと勧めておいた次第です。

こうしてファンが増えることを狙っているワタクシです。



image
【秋葉糀味噌醸造】

茨城県結城市結城174
営業時間 8:30~18:30
定休日:日曜、祝日
http://www.tsumugi-miso.co.jp/index.html


【にほんブログ村】

茨城県結城市『秋葉糀味噌醸造』の三五八漬けを購入する。

image
[秋葉糀味噌醸造見世蔵]
大正13年(1924年)/1934改造
国登録有形文化財(建造物)

天保3年(1832年)創業の『秋葉糀味噌醸造』。

ここの三五八で漬けるお漬物は美味でして、

結城に来たら必ず立ち寄るようにしております。

今回も、三五八漬けがあればそれを、

なければ味噌を買うつもりでした。

しかし、商品ケースを覘いてみたら、

今日はそれ以外のものが売られていました。

image
初めて山菜が売られているのを目撃。

こごみの天ぷらかぁ~。調理が面倒くさいなぁ~。

と思っていたら、

「天ぷらは面倒だから、湯がいて胡麻だれで食べると美味しいのよ」

と食べ方を教えてもらったため、一袋だけ購入することにしました。

image
つむぎみそ純米540円、三五八漬け400円、こごみ150円。

image
調味料として胡麻ドレッシングを買ってきました。
今は袋入りの使い切りタイプがあるんですねぇ

こごみ
ぐるぐるしている葉先も広げて洗います。
下処理がすっごく面倒くさい。

こごみ
なんだかエイリアンっぽい・・・。
茹でた後、お酒をどばどば入れた出汁に漬けて寝かせたら
良いアテって感じになりました。歯触りが楽しいかも。

ちなみに「こごみ」は学名「Matteuccia struthiopteris」。

多年生シダの一種、草蘇鉄の若芽のことです。

生えている姿が屈(こ)ごまって見えることが名前の由来。

食物繊維以外の「こごみ」の特筆すべき栄養素は葉酸で、

悪玉アミノ酸が増えるのを防いでくれます。

しかし、沢山食べるもんじゃないし、

どう考えても続けられるもんでもないし、

少量で視覚と味覚から春を食す、

という気分的な効果が得られる食材として貴重なのかもね。

東京ではあまり見ない食材なので、

記憶に残る出会いとなりました。



image
【秋葉糀味噌醸造】

茨城県結城市結城174
営業時間 8:30~18:30
定休日:日曜、祝日
http://www.tsumugi-miso.co.jp/index.html


【にほんブログ村】

栃木県栃木市『本多糀屋』の期間限定の「手造りこうじみそ」がめっちゃいい香り。

image

東武日光線の合戦場駅から約500mの位置にある『本多糀屋』。

東武栃木駅から二駅先にある駅が合戦場駅です。

今回は観光案内所でレンタサイクルを借りたので、

電車は使わずにひとっ走りして参りました。

オシャレ観光地化を目指す栃木市の観光案内所とは思えんほど

錆びているし、鍵は壊れているし、ブレーキもヤバい自転車でしたが、

一日300円だから、まあいいかって感じです。

(その点、益子駅の観光案内所の自転車は素晴らしかった)

さて本多糀屋さん。

いろいろとコダワリのありそうなお店です。

購入後も味噌の醗酵は進むらしく、

ボトルに空気穴を開けていたりします。

密閉すると膨らむので破裂しちゃうのかもなぁと思ってみたり。

今回、ちょっぴり大人買いしちゃいましたが、

帰宅後に袋を開けたら、とてもとても良い味噌の香りがして、

ずーっと嗅いでいたくなりました。

これはかなり美味しいと思う。期待大。


image
「手造りこうじみそ」は期間限定品。
北海道の大豆を使っているそうです。1,000円だったと思う。
ここの味噌は3か月以内に使い切るのがbetterらしいです。


image
店の外壁に大谷石が使われていますが、
本当は蔵なんだろうなぁ。


image
と思ったら、やっぱりそんな感じでした。
外壁にパネルを貼っているんですね。

帰宅後、スープに「味噌の一滴」を入れてみました。

風味が増しますが、辛くはないです。

味噌と醤油の中間の味で、コクがあります。

饂飩に入れると美味しいらしいです。

塩麹で漬けた鶏肉と醤油麹で漬けた鶏肉をそれぞれ焼くと、

焼き鳥の塩とたれの味っぽきなるらしいです。

漬け過ぎてもしょっぱくはならないのだとか。

明日、作ってみようと思います。

それにしても、味噌って、良いものは良い香りなんですねぇ~。

わざわざ行って良かったと、大変満足しているワタクシです。

image
そして塩麹で白菜を漬ける。



image
【本多糀屋】

栃木県栃木市都賀町合戦場209-1
営業時間 10:00~18:00
定休日:なし
http://www.cc9.ne.jp/~honda-koujiya/


【にほんブログ村】

冬至らしいことをせずに22日が終了し、23日になる。

image
日本橋三越で正月用品の一部を買っといた。


カピバラさんたちですら、柚子湯に入ったというのに、

冬至だったのに、昨日のワタクシは普通に入浴し、

バタンキューで寝ました。

昨日は寒くなかったもんなぁ、

新潟の長岡市ですら。

本日は珍しくも7時半という遅い時間に目覚め、

どんだけ疲れていたんだ、と驚いた次第です。

で、朝から大根を煮ようとしていたら、

出汁パックが切れていることに気付き、

日本橋のにんべんまで買いに行くことにしました。

にんべんに行って、ふと気づき、

隣接する箔座で干支の置物について訊いたら、

既に全店舗で売り切れてしまっていました。

来年は自分の干支なのに、購入するのを失念しておりました。

ショック三倍増し。

もう、あれは卒業しようと思います。


image
三重県のアンテナショップ「三重テラス」でお買い物。
気になるものがいろいろありました。
この中で一番お高いのは、蛤の佃煮でした。


image
イベント中だったようで、買い物をしてガチャを回しました。
当たったのはボールペンとメモでしたけど。

東京駅を日本橋買い出しの最寄り駅としたのですけど

(無料循環バスがあるので)

本日は天皇陛下の誕生日ということで、

平成最後の一般参賀に向かう人々で大混雑していました。

来週の新年一般参賀はすさまじいことになるのでしょうね。

行きたいような、行くのを諦めたいような、そんな気持ち。


【にほんブログ村】

茨城県結城市『秋葉糀味噌醸造』の三五八を購入する。

image
[秋葉糀味噌醸造見世蔵]
大正13年(1924年)/1934改造
国登録有形文化財(建造物)


天保3年(1832年)創業の『秋葉糀味噌醸造』。

本当に、この三五八で漬けるお漬物は美味なんです。

毎度、結城に来たら立ち寄るようにしております。

先週も来ましたが、今週もついつい買ってしまいました。

年内は来る予定がないので、買いだめです。

実は今日は青春18きっぷを利用しております。

電話で予約した物の支払いと最終手続きをする為だったのですが、

最近のワタクシは茨城県は気軽に行ける範囲となっているため、

本当に気軽にやって来た次第です。


image
つむぎみそ甘口(冬季限定)430円、三五八380円(税込)。
帰宅後、先週買った三五八で胡瓜と蕪を漬けました。


今回買った三五八ですが、色白です。

聞くところによると作りたてなので、まだこなれていないのだそうです。


image
先週購入したのが右側。色が全然違いますね。


本日購入したもので漬けると、通常よりも漬かる時間を要するようです。

今まで気にしたことが無かったけれど、こんなに違いがあるものなんですねぇ。

もちろん、先週買ったものから使っております。

未開封だと半年はもつものなので、少々多めに買っても大丈夫なのです。

今は大根や蕪が異様に美味しい時期なので、

これで大量の漬物を作ろうと目論んでいます。

やっぱり年内に美味しいお米を買いに行かねば。



image
【秋葉糀味噌醸造】

茨城県結城市結城174
営業時間 8:30~18:30
定休日:日曜、祝日
http://www.tsumugi-miso.co.jp/index.html


【にほんブログ村】

茨城県結城市『秋葉糀味噌醸造』の冬季限定のつむぎみそを購入する。

image
[秋葉糀味噌醸造見世蔵]
大正13年(1924年)/1934改造
国登録有形文化財(建造物)


天保3年(1832年)創業の『秋葉糀味噌醸造』。

本当に、この三五八漬けは美味なんです。

毎度、結城に来たら立ち寄るようにしております。

しかし本日は、お漬物はありませんでした。

家に蕪があるのでそれを漬けようと思い、三五八漬けの元を購入。

それと、冬季限定の「つむぎみそ(甘口)」も購入しました。

鍋に入れると美味しいし、温まりますもんねぇ。


image
つむぎみそ甘口(冬季限定)430円、三五八380円(税込)。
帰宅後、ソッコーで蕪を漬けました。


ここのお味噌を使うと、市販のそれには戻り難くなります。

ワタクシは毎度わざわざ買いに来ていますが、

文化財である建物に入るのが目的なので苦ではなく。

通販もあるので、行くのが面倒になったらそちらで入手するのもありかも。


image
家にあった蕪を漬けてみました。

image
一晩で食べごろになりました。



image
【秋葉糀味噌醸造】

茨城県結城市結城174
営業時間 8:30~18:30
定休日:日曜、祝日
http://www.tsumugi-miso.co.jp/index.html


【にほんブログ村】

茨城県久慈郡大子町『味噌こうじ 平野屋』に八溝味噌を買いに行きたい。

image
看板にある電話番号が謎。

Googleマップに行きたい場所としてフラグを立てておいたのが、

『味噌こうじ 平野屋』。

お店の情報がネット上に無いため推察の域を出ないのですが、

雰囲気的には量り売りをするお味噌屋さんのようです。

この日はイベントで店の前で100円商品の販売をしていたため

店内には(気分的に)入れなかったのですが、

どうやらここは「八溝味噌」というのが人気商品らしいのです。

茨城県のほかに、福島県と栃木県の三県にまたがる

八溝山に由来している気配がする商品名で、

たぶんここにしかない味噌なんだと思われます。

100円商品にそれは無かったので

ある種、残念感が無くて良かったのですが、

次回は是非とも「八溝味噌」を買おうと思います。

image
[麦みそ イベント価格100円(税込)]

帰宅後、この麦みそでお味噌汁を作ったのですが、

とてもまろやかな味になりました。

塩分控えめなのかもしれん。

他にキャベツの味噌炒めにも使ってみたり。

なかなか美味しかったです。

2個買って良かった~

image

次は冬に行こうかしら?


【味噌こうじ 平野屋】
茨城県久慈郡大子町大子731
営業時間8:30~18:30
定休日:年末年始


【にほんブログ村】

茨城県結城市『秋葉糀味噌醸造』の糀で漬けた三五八漬けが美味し過ぎてヤバイ。

秋葉糀味噌醸造
[秋葉糀味噌醸造見世蔵]
大正13年(1924年)/1934改造
国登録有形文化財(建造物)
※撮影は昨年7月


天保3年(1832年)創業の『秋葉糀味噌醸造』。

今回も小田屋さんでお酢を購入した帰りに立ち寄って参りました。

店内に入ると、団体様がわらわらと購入中。

訊くと、つくばから車で観光にやって来た皆様なんだとか。

皆さんの買い物が終わるまで待たせて頂き、

一人になってから、ゆっくりと商品を購入致しました。

今回ラッキーだったのは、三五八漬けがあったこと。

前回は野菜が高騰し過ぎて、商品が無かったので、

大変嬉しく思いました。

本当に、この三五八漬けは美味なんです。


image
お味噌が540円、さごはちの元が400円、
三五八漬けが380円だと思われます。
全て内税。


冷蔵庫にお茄子の三五八漬けがあったので、売り物か訊いたのですが、

それは内内で食べるために漬けておられたものなんだとか。

社長さんが一つ食べさせてあげるよ、と仰ってくださり、

コロンとた茄子を一つ、お皿に入れて持ってきてくれました。

これが凄まじく美味。

そもそもその種類の茄子を見たことがなかったもんで、

二重に気になりました。

なんだかレアなお茄子らしいです。

三五八漬けはお茄子を漬けるのが一番オススメだとかで、

茄子の皮のぷりぷり食感と内部のみずみずしい感じが、

夏の宵に合うだろうなぁと感じました。

それを肴に、冷えた日本酒をくいっと頂きたい。

そう妄想したら、三五八漬けの元を買わずには居られませんでした。

今日買った三五八漬けが消費し終わったら、

近所のコダワリ八百屋さんで良いお茄子を買い、

大量に漬けたいと思います。

うーん、楽しみ。

もし結城に行くことがあれば、

小田屋さんとセットでこちらの商品も如何でしょうか、

個人的にはかなりオススメです。




秋葉糀味噌醸造
【秋葉糀味噌醸造】

茨城県結城市結城174
営業時間8:30~18:30
定休日:日曜、祝日


【にほんブログ村】

茨城県結城市『秋葉糀味噌醸造』で冬限定味噌を購入する。

image
[秋葉糀味噌醸造見世蔵]
大正13年(1924年)/1934改造
国登録有形文化財(建造物)



天保3年(1832年)創業の『秋葉糀味噌醸造』。


今回も小田屋でお酢を購入した帰りに立ち寄って参りました。


今回はお漬物はありませんでした。


今は野菜がお高いですもんねぇ。


家にお味噌もちょうど無くなっていたもんで、お味噌を購入致しました。


image
[あまみそ 430円(税込)]
塩分控えめなので冬にしか出ない商品なんだとか。



冬だけのお味噌・・・って、白味噌ってことですよね。


野菜をたっぷり入れてお鍋にすると美味しいのだそうです。


たっぷりと野菜を入れるという贅沢ができるかは謎ですが、


これでお鍋を作ろうと思います。




秋葉糀味噌醸造
【秋葉糀味噌醸造】

茨城県結城市結城174
営業時間8:30~18:30
定休日:日曜、祝日


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。