sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

名勝

栃木県日光市『華厳の滝』へ再び。

image

本日は、再び華厳の滝にやって参りました。

今回は母と二人で。

昨晩、中禅寺湖付近は雪が降ったそうで、

滝の周囲にも積雪が見られます。

前回ほどは寒くはなかったのですが、

じっとしていると、やっぱり凍みる。

先週はライトアップイベントをしていたらしいですが、

さぞ寒かったことだろうと思われました。

エレベーター料金は550円から570円に値上がり。

アジア系外国人観光客の姿が多かったです。

特に東南アジアの方々だと思われる観光客は完全防寒態勢で、

雪を手に大はしゃぎ。

珍しいんだろうなぁと微笑ましく感じました。

(ただし、許容に限度はある)

image
説明を読んでも、どれがどの滝だかさっぱり分かりませんでした。
※ワタクシは高所恐怖症です


image
大岩を削るように流れる華厳の滝。

image
千住博さんが描きそうな滝の水飛沫。

image
日陰なのに碧い水を見るに、
澄んで綺麗な「日光の水」のイメージ通りだと感じます。


image
苔むした箇所も。
紅葉も終わり、葉が落ちて茶色い世界にある小さな緑です。


image
ものごっつい冷たそうな水。
※瞬撮しました


image
この中段の集塊岩の下から流れているのが十二滝なんですな。

image
安山岩の柱状節理が見られます。
安山岩は噴火した溶岩が急速に冷えてできるものです。
堆積の仕方が分かり易い場所だとも感じる。


image
焼き物のような色合い。
綺麗で、ずーっと眺めていられますね。

そもそも中禅寺湖のある男体山は崩れやすい岩でできており、過去何度も崩落しています。

代表的な災害は、明治35年の山津波だと思われます。

土石流が中禅寺湖に流れ込み、湖面が3メートルもの高波となり、

華厳の滝を越えて大谷川に流れ込み、日光や足尾に甚大な被害を齎した災害です。

これにより神橋が流されたそうです。

image
滝の姿が変化する可能性を秘めている地盤ってことですかな。

昭和に入っても、華厳の滝付近は崩落しており、

密かに補強がなされているそうです。

中禅寺湖の水を流すのも計画的らしいですね。

国の名勝を守るためには、不断の努力がなされているんだなぁ。

image
蛇足ですが、前回見た時とガチャが変わっている気がする。
本体がレトロになったというか。


image
いろは坂のピンが気になる。



image
【華厳の滝】

栃木県日光市中宮祠
営業時間[3月~11月] 8:00~17:00,[12月~2月] 9:00~16:30
華厳滝エレベーター 往復料金:大人570円(R1.10.1改定)
http://kegon.jp/


【にほんブログ村】

茨城県久慈郡大子町『永源寺(もみじ寺)』でかなり早めの紅葉狩り。

もみじ寺

文安3年(1446年)創建の永源寺の通称は「もみじ寺」。

北関東でも有数の紅葉スポットです。

元治元年(1864年)天狗党の乱で寺の大半を焼失。

その後、再建された境内には、真新しい石像が無数に置かれています。

ちょっと不思議空間です。

そんな「もみじ寺」に母と二人でやって参りました。

今年は暖かいので紅葉は遅れているそうで、まだまだ色づきは遠そう。

しかし、せっかくここまで来たのだからと、立ち寄ることにしました。

もみじ寺
遠方から見るとほんのり色づき始めている境内のようすが分かります。

もみじ寺
近くで見るとこんな感じ。

もみじ寺
山にあるので、どちらにしてものぼることになります。
脚力に自信があれば、右側の階段へ。


もみじ寺
我々は左側のゆるやかな坂道をのぼりました。

もみじ寺
境内は全体的に、まだまだこんな感じ。

もみじ寺
蔦も色づいています。

もみじ寺
ドウダンツツジは真っ赤で見頃か。

もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺
もみじ寺

もみじ寺
紅葉を手折る観光客が居るんですねぇ。

もみじ寺
この日は法事があったようで、このような張り紙がありました。
ってか、スズメバチが出るんだ・・・

観光客はまばら。

皆さんワタクシよりもお年を召した方々です。

シーズンではないので、団体客が居ないのが良くて、

じっくりと紅葉を見て歩くことが出来ました。

来月は混むんだろうなぁ。

大子町



もみじ寺
【永源寺(もみじ寺)】

茨城県久慈郡大子町大子1571
(JR常陸大子駅から徒歩で10~15分)
※タクシー利用の場合(閑散期の場合)730円(初乗運賃)
宗派:曹洞宗
山号:臥雲山
本尊:釈迦如来


【にほんブログ村】

【写真多用】山形県山形市『立石寺(山寺)』で1,015段も階段を昇降すりゃぁ煩悩も霧散するわな(ただし一時的に)。

山寺

「閑さや 巖にしみ入る 蝉の声」という句をここで松尾芭蕉が詠んだそうですが、

季節的にドンピシャな感じで、蝉がジイジイ鳴いていました。

家族連れや、男性二人での参拝客が多く、

ここは男性に人気のスポットなのだなぁと思いました。

すれ違う女性の足元がヒールだった時には、ちょっとギョッとしました。

靴が駄目になっちゃうんじゃないかなぁ・・・。

もっとギョッとしたのは、赤ちゃんを両手に抱かかえ乍ら登るお母さんが居たこと。

あ、危ないでしょうよ。

小型犬が飼い主と登って居たリ、何でもアリな観光地だなぁと実感しました。

山寺
山寺
山寺駅の駅表示を見て、登るのを断念しそうになりました。

山寺
駅側から見た「宝珠山 立石寺」。
結構高いところにお堂が建っていますなぁ。


山寺
登山口の石段を登るとすぐに表れるのが根本中堂。
この参道両脇にある石塔の左側の裏側に小さな狐の石像が置いてあってビビりました。
あれはお稲荷さんではなく、犬なのだと思いこむことにして、先に向かうことにしました。
※ワタクシはお稲荷さんとは相性が・・・以下省略


山寺
[立石寺中堂(根本中堂)]
1346年から1370年の再建。
現在の姿は慶長13年のもの。
重要文化財


山寺
懸魚ではなくて、蟇股(かえるまた)があります。
虎に笹、かな?


山寺
橋殿と書かれた札。

山寺
石橋?

山寺
[念仏堂]

山寺
[鐘楼]

山寺
ここにも彫刻が施されており、これは雉と牡丹?

山寺
写真で見るとしっかりと映っていますが、
肉眼で見ると日射しが眩しくてよく見られませんでした。
とにかく、山の上までお堂があるっとことは分かる。


山寺
[山門]
ここからは入山料が掛かります。
大人300円也。


山寺
山門に掛かった額。

山寺
ポケモンGOが許されている境内なれど、
それをする人をワタクシは一人も見ませんでした。
(階段を登るのに必死でそれどころではないのかもしれん)


山寺
急な階段をどこまでも登って行きます。

山寺
岩が張り出して狭くなった階段部分の四寸道でまだ360段。

山寺
よく見ると座禅を組んだ仏像に見えなくもない。

山寺
陽が射さないので涼しいのでしょうが、階段を上り続けているので汗がだくだくです。

山寺
有名なせみ塚ですが、写真も撮らずに次に向かいます。
(石塚は見た)


山寺
せみ塚よりも気になった石の囲い。
これは何なんだろう?


山寺
遺跡のような法面。

山寺
[彌陀洞(みだほら)]

山寺
壁面には無数の一円玉が刺さっています。
小銭に名前を書いて石の上に置くと、 願いが叶うと言われてるんですって。


山寺
[仁王門]
1848年に再建された欅材の門。


山寺
山寺
山寺
山寺
獅子の口が、阿形・吽形になっています。

山寺
山寺
この仁王尊像は運慶の弟子たちの作なんだそうです。

山寺
かなり高さがある杉が見えます。
近くで見たら巨樹なんだろうな。


山寺の花

山寺
納経堂に向かう道には手すりが無く、横は崖。
太ももがゾワゾワします。


山寺
ワタクシの中ではメインの御堂だった、納経堂と開山堂が見えます。

山寺
[納経堂]
山内で最も古い建物。


山寺
開山堂側から見た納経堂。

山寺
[開山堂]
百丈岩の上に立つ御堂。
この御堂の崖下にある自然窟に、慈覚大師の遺骸が金棺に入って埋葬されているそうです。


山寺
かなり立派な兎の毛通し。

山寺
鳳凰ですね。

山寺
開山堂サイドにある懸魚。

山寺
性相院などが見えます。
左手上の方に奥の院があります。


山寺
山寺駅側から見た五大堂。

山寺
[五大堂]
ここからの眺望は素晴らしかったです。


山寺
山形って本当に山が多いんだなぁ。

山寺
昔は五大閣と呼ばれていたのかしら?
それにしても千社札と落書きが多過ぎる。


山寺
眼下の眺望。
風が吹き抜けて、涼しいです。


山寺
五大堂から山寺駅周辺を俯瞰。

山寺
眼下に複数の御堂も見えます。

山寺
五大堂の足元には耐震補強のブレースが設置してありました。

山寺
正面の岩場ってどこ?

山寺
胎内堂のある辺りだろうか?

山寺
こんな山の上にポストがある!
ここを担当する郵便局員さんは大変だろうなぁ。


山寺
奥の院へはこういうストレートな階段が続きます。

山寺
[大仏殿と奥之院]
奥之院は通称で、正しくは「如法堂」。
慈覚大師が中国で持ち歩いていたとされる釈迦如来と多宝如来の両尊を本尊とする。


山寺
大仏殿手前にある蔵。
入口には立派な庇が立っています。


山寺
ここに手書きの案内板が。

山寺
かなりユルイ感じの案内板がもう一つ。

山寺
通れない木製の橋があり、その行き付く先が気になりました。
今は色々と改修工事中みたい。


山寺
[立石寺三重小塔]
岩屋の内にある高さ2.5mの木造小塔。(全容は見えません)
重要文化財


山寺
[華蔵院]
本尊は慈覚大師作の観世音菩薩と伝わる。


山寺
[抜苦門]
比較的新しいように見える門。
帰り道の出口にあります。


山寺の猫
暑いのに元気な猫が居た。

ネットで見た往復所要時間は2時間半。

観光ガイドの片道所要時間は1時間半。

ワタクシもそれぐらい掛かったかなぁと思っていましたが、

駅に着いたら、往復の所要時間は1時間でした。

どんだけの速度で階段を昇降したのやら。

先日の土合駅での階段下りが、

良いウォーミングアップになったのかもしれん。

山寺
山寺の眼下を流れる立谷川。
上流域の遊仙峡は紅葉の名所とされ、山寺と合わせて観光地となっているそうな。


立谷川
川の水が異様に綺麗だった。

また来たいか? と問われると、答えは否。

多分今回が最初で最後の山寺観光になるでしょうなぁ。

でも、五大堂からの絶景は忘れないと思えるほど素晴らしく、

登って良かったと思っています。

超高齢社会になったら、

飯盛山みたいに、ここにもエスカレーターが設置されたりするのかなぁ・・・。



山寺
【立石寺(山寺)】

山形県山形市大字山寺4456-1
宗派:天台宗
本尊:薬師如来
創建年:伝・貞観2年(860年・平安時代初期)


【にほんブログ村】

三重県桑名市『六華苑』はジョサイア・コンドル設計の国の重要文化財です。【写真多用】

六華苑



六華苑は、実業家二代目諸戸清六の新居として


明治44年(1911年)に着工し、大正2年(1913年)に竣工した邸宅です。


洋館・和館の他に建物が複数存在し、


東諸戸邸の総称として「六華苑」と呼ばれています。


国の重要文化財であり、名勝でもあります。


平成26年4月中旬から8月29日までの期間、


洋館の外壁塗装等の痛んだ部分の修理を行ったそうで、


ブルーの外観が目に鮮やか。


 諸戸氏庭園
この周辺は整備され、一大文化的観光地になるようですね。
先ずは、護岸と駐車場の整備がなされていました。


六華苑
道を挟んだ向こう側に六華苑の入口があります。

六華苑
ここは諸戸氏庭園と違って、開園期間の縛りがないみたい。

六華苑
この門が苑への入口。
昔の門番と同じように、ここで切符を買います。


六華苑
門前の樹。
結構な巨樹候補でした。


六華苑
通路を進むとジョサイア・コンドル設計の洋館が見えてきます。
この敷石の幅は、人力車が通る程度かな?まさか門からは歩かないと思われるのだけど。
ちなみに右手奥には車が通れる門が別に存在します。


六華苑
左の洋館と右の和館が隣接している様はこの時代の日本独特で愛おしくなります。

六華苑
洋館の玄関。

六華苑
玄関扉のステンドグラス。

六華苑
玄関照明。

六華苑
六華苑
長澤製作所の「古代」というシリーズの錠。

六華苑
洋館の角は塔屋になっています。
(内部に螺旋階段がある)


六華苑
窓ガラスにも模様があります。
内部が丸見えにならない工夫かも?


六華苑
よく見ると湾曲している窓とガラス。

六華苑
設計者コンドルの好みなのかは不明ですが、
換気口に家紋が入っているのは旧古河邸でも見られます。


六華苑
洋館玄関上はベランダになっていると思いきや屋根でした。

六華苑
見学者入口。
(諸戸家お抱え大工だった伊藤末次郎が棟梁を務めた和館)
屋根と入口がちょっとずれている感があるなぁと思っていたら、
入口右側にだけ壁があるからなんですね。


六華苑
松がいい格好ですね。

六華苑
和館入口の右横には蔵もあります。
また、蔵の奥にも別棟があります。


六華苑
かなり間口の広い玄関。
扉が四枚になっていますね。


六華苑
和館の玄関と洋館は直接繋がっていないんですね。

六華苑
和館入口から入って、渡り廊下を通りオフィシャルな空間へ。

六華苑
右側が和館、左側が洋館。
左の漆喰の壁の向こうは洋館のトイレ(水洗)になっています。


六華苑
和館の和室周囲を巡らせてある廊下。

六華苑
板廊下の軒。
結構深いです。


六華苑
畳敷きの畳廊下の奥に「竹節欄間」があり、
この先の部屋の格が高いことを示しています。


六華苑
圧巻の和室。
殿様の御殿のようです。


六華苑
正面が奥の間。
襖は4枚立て。


六華苑
照明器具と、その下の釘隠し。
金具類にも細工が施されています。


六華苑
襖の引手。

六華苑
床の間手前に照明が付いているのが珍しい。

六華苑
床の間の畳縁は紋縁(高麗)。

六華苑
摩耗している畳縁もあります。

六華苑
座して観る庭も素晴らしいです。

六華苑
視界の端に見える洋館か面白い。

六華苑
石の積み方も面白い。

六華苑
手水の石もかなり大きくて凄い。

六華苑
犬走が巡らせてあるのも贅沢。

六華苑
庭・裏庭などを通って建物外周を散策できます。

六華苑
雨が降っていたらちょっと怖いかもしれない飛び石。

六華苑
蔵の扉は黒漆喰。

六華苑
中は何があるんだろう・・・見てみたい。

六華苑
幅の広い畳廊下。

六華苑
壁には剥落防止の和紙が貼ってありますが、
この辺りから“裏”でお手洗いなどがあります。


六華苑
洋館の一階。
奥が玄関です。


六華苑
部屋のドアノブは木製。

六華苑
ダイニング。
室内に差し込む陽の光は控えめです。


六華苑
リビング。
家具もオリジナルみたいです。


六華苑
各部屋が広すぎて贅沢です。

六華苑
天井の照明もオリジナル。
こちらは部屋の広さにしては意外と質素かも。


六華苑
壁紙は輸入物かな。

六華苑
ダイニングとリビングの間にある引手にもシンプルなデザイン。

六華苑
天井の漆喰が照明とマッチしております。

六華苑
暖炉の周囲のタイルがとても綺麗なんです。

六華苑

六華苑
家具は全て分類されているっぽい。

六華苑
洋館の階段。
直線的なデザインですが・・・


六華苑
ステップのコーナー部分は優雅なカーブ。

六華苑
手すりのデザインもシンプルです。

六華苑
先の写真にあった窓ガラス。
昭和の建物にありがちな模様だったわ。


六華苑
切妻やら寄棟やらが混在する屋根。
瓦の使用枚数が凄そうです。
これだけ焼くのも大変だろうなぁ。


六華苑
塔の階段。

六華苑
塔の部屋。
ジブリ映画に出てきそうな雰囲気です。


六華苑
子供の頃にロッキングチェアに憧れたなぁ。
でも友達の家で座らせて貰ったらその不安定さにビビった。


六華苑
鬼瓦。
昔は中央に家紋が入っていたのかもしれませんね。


六華苑
階段を上がって右手にある女中部屋。

六華苑
二階にある部屋には家具が殆ど置かれていません。

六華苑
なんだか暗いと思ったら、天井に照明が無いんだわ。

六華苑
壁に設置された照明は部屋に似合っていてカワイイのです。

六華苑
ここにも暖炉。
ドアから直ぐの場所にあって危なくないのかな?


六華苑
コチラのタイルは緑。
暖炉の形状も一階とは異なります。


六華苑
書斎。
サンルームに抜ける扉があり、開放的な空間です。


六華苑
照明器具は似ているけれど、漆喰部分のデザインが部屋によって異なります。

六華苑

六華苑
金魚鉢みたいな照明器具。
これ、好み~。


六華苑
入室禁止の和室。
なんだかモダンな和室ですね。


六華苑
と思ったら、襖の引手が葡萄っぽく見える。

六華苑
これが外から見た先の和室。
窓ガラスが大きいので、景色を観る部屋かも。


六華苑
ちょっと近くに寄ってみる。

六華苑
さて、庭も池泉回遊式日本庭園で散策し甲斐があります。

六華苑
木製の橋があったり、石畳の道があったり。

六華苑
庭の外にレンガ積みの塀を発見。

六華苑
煉瓦に焼かれた場所の刻印がありますが、詳しく見えない。

六華苑
庭から見た洋館。
不思議な景色。


六華苑
隣の和館には似合わないヤシの木が見えます。

六華苑
実は洋館と和館はピッタリとくっ付いているんです。

六華苑
行田市の蓮がこんなところに・・・。

六華苑
友好都市になった経緯が気になる。

六華苑
和館の奥にある蔵。
下は白漆喰、上は鼠漆喰ですね。


六華苑
裏庭も意外に広いんです。
そして蚊がいっぱいいる。


六華苑
一階建てですが、天井が高いのが外から見ても分かりますね。

六華苑
別棟に行く渡り廊下。

六華苑
独り暮らしだったらこれぐらいの建物がいいな。

六華苑
[旧高須御殿]
高須藩の御殿の一部を移築したものと伝わる。


六華苑
障子ではなくガラスが填まった開口部。

六華苑
来客中は避難出来ていいですね。

六華苑
[玉舟稲荷社]
敷地の奥にあります。


六華苑
偶然にも屋根の上にカラスが止まっていました。
一体化してるな・・・


六華苑
写真には入っていませんが、近くに鳥の躯が・・・

バラ
六華苑
庭から見た洋館。
ヴィクトリア朝住宅の様式を基調としている。


六華苑
洋館より広い和館が壁を接して直に接続されています。

六華苑

六華苑
外壁の板が防腐処理で焼かれ木目が出ていて綺麗。

六華苑
縁の下には大量の屋根瓦がストックされていました。

六華苑
庭の木々も昔は低かったんでしょうねぇ。




六華苑
【六華苑】
三重県桑名市桑名663-5
見学可能時間 9:00~17:00(入苑は16:00まで)
休苑日:月曜



【にほんブログ村】

青森県弘前市『盛美園』はアリエッティのモデルになった庭。

盛美園_柵
国指定名勝『盛美園』
明治時代の作庭の中でも京都の無隣庵,青風荘と共に三名園の一つに数えられているそうです。
持ち主は清藤家で、歴代農業(地主)を営みながら他方では広い地域に亘って商業を営んでいたんだとか。

盛美園_近景
和洋折衷様式の「盛美館」
盛美館は、庭園を眺めるために建てた和洋折衷洋式の建物です。
和洋と洋風の異なった様式が上下に重なる建物は珍しく、我が国では他に例がないそうです。
この支えは多分冬場のみ設置されるんでしょうな。
屋根が雪の重みに耐えられるように。

盛美園_遠景
ここはスタジオジブリ作品『借りぐらしのアリエッティ』のイメージ元の一部になっているそうです。
って作品を見ていないので全くどこを取り入れているのかが分かりませんが。

盛美園_足元
雪で何もかもが埋もれている庭園。
通常の入園料は400円のところ、今は200円みたいです。
ラッキーなのかどうなのか?
足元は滑りやすく、池にかかった橋は特に危険です。
前方は紫姐さんの脚。うん、セクハラっぽいですよね。

盛美園_庭
雪で木の枝が折れないように、雪囲いが組まれております。
これは3月末に撤去されるそうな。

アリエッティ
縁側に置かれたアリエッティの絵。
アリエッティ押しなのは分かりますが、これが置いてある向かって右側には雪隠があります。

雪隠
雅にも程がある雪隠(トイレ)。

雪隠_控え
厠の隣りは供が控える場所となっています。
うーん、贅沢。


『盛美園』の隣りには、『もてなしの里 ロマン館』があり、

プチ道の駅っぽい作りとなっております。

道の駅好きとしては、テンションが上がります。

まあ、「プチ」なので、期待を膨らませ過ぎるのは厳禁ですが。

園内にはお手洗いが無いっぽいので、

『もてなしの里 ロマン館』を利用しましょう。

それにしても『もてなしの里 ロマン館』って、

『おもてなし武将隊』みたいで

レビューとかやってくれそうな勢いを感じるネーミングですねぇ。

さて、DVDでアリエッティを見てみるか。

って、出てたっけ!?


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。