sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

台東区

上野公園『国立科学博物館』の建物が好き。

image

年間パスを持って通っていたこともある上野の国立科学博物館。

建物が好きすぎて、行くとベンチに座ってボーっとしていることもありました。

ここは特に天井や床などのタイル類、漆喰やステンドグラスやモザイクなどが見どころです。

って、見どころだらけですね。

image
美しすぎる天井を見上げてみる。

image
天井のステンドグラス。

image
照明器具も和洋折衷な感じで必見です。

image
照明器具の底部も凝った模様になっています。

image
階段部分の窓の上にはモザイクタイルが貼ってあります。

image
螺鈿っぽくて格好いいですよね。

image
階段床はタイル張り、腰壁は大理石で覆われています。


久々に鉱石の展示を見たら、改めて発見がありました。

image
中央の上下に注目してみました。

image
こちらは糸魚川で採れるヒスイ。

image
こちらは糸魚川で採れる糸魚川石(いといがわせき)。
ヒスイの中でも青色が特徴の新鉱物なんだそうです。




しばらく経ってから博物館を訪れると、

以前は見逃していたものも「なるほど」と納得できることがあり、

ちっぽけながらも自分の領域が広がったのかなと嬉しくなります。

だから博物館が通いは止められないんだよなぁ。

image
かはく限定ガチャってのがありました。
ラフレシアが出ればいいけれど…。

image
こちらも、かはく限定ガチャ。ちょいとお高め。

image
回してみたいと思ったものの、
小銭に崩すのが面倒だったので止めておきました。

やっぱり好きなんですよね、国立科学博物館。

上野で一番好きな場所かもしれん。

今は気軽に行ける場所ではなくなっちゃったけれど、

以前のようにふらりと立ち寄れるスポットに戻れると良いなぁと

心から願ってます。



image
【国立科学博物館】
National Museum of Nature and Science,Tokyo

東京都台東区上野公園7-20
開館時間 9:00~17:00,[金土] 9:00~20:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜),年末年始
https://www.kahaku.go.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

上野公園『国立科学博物館』の特別展「植物 地球を支える仲間たち」が観たくて行ってしまう。

image

20日まで開催中の「植物 地球を支える仲間たち」展。

事前にチケットを購入しようと思ったものの、

「予約・購入のキャンセル・払い戻しはできません」

という表記を見て今まで躊躇い続けておりましたが、

今日は会社が休みだし、平日だし、雨だしってことで、

突発的に国立科学博物館まで直接行ってみることにしました。

早朝ならば当日券があるかもしれないと思ったからです。

image
このポスターのデザインがカッコいいです。

入館料は1,900円。

なお本展では、オンラインでの予約が難しい方を対象に、各時間帯あたり若干数の当日の入場枠を設けています。 ただし、ご来場時に予定枚数が終了している場合があります。 スマートフォン(またはパソコンとプリンタを利用できる環境)をお持ちの方にはオンラインによる事前予約を強く推奨します。

と書いてあるってことは、ワンチャン行けるかもしれない。

で、エイヤーッと現地に向かったら、

幸いにも空きがあるので「入れてやっても良い」的な空気感で

その時間の枠で入館することが出来ました。ありがたい。

漏れなく「次回はネット予約してください」と言われましたけれども。

ちなみに当日分でも感染対策の一環で

入館前に個人情報を用紙に記入することになります。

image

まあ、そんなこんなで入館できまして、

ラフレシアの展示を観に直行。

image

もの凄く期待していたのですが、展示物は模型でした。

まあ、開花の映像が観られたので、ヨシとする。

image

目玉の青いバラも観た。

「ガラスの仮面」を思い出すってこともなく、

ただただボーっと眺めただけでしたが。

今回の展示の目玉がよく分からなかったのだけれど、

(模型だらけだったので)

「これが目玉なんじゃないかしら?」ってのはありました。

image
ハエトリソウの巨大な模型。

image
ハエ付きです。

この模型を作った会社のこだわりは

ハエなんだろうなぁと思ってみたり。

image
生きているハエトリソウも、ちょこんと展示してありました。

ハエトリソウを見ると挟まれたくなるワタクシは、

もしかしたら前世でハエだったのかもしれない。

image
こちらも何かしらのこだわりがありそうな
モウセンゴケの模型。

image
モウセンゴケも現物がありました。
爪でカリカリしたくなりますな。

模型が多いので、割とお金が掛かっている展示なんだろうと思われますが、

やっぱり植物園で実物を観たくなりますね。

行きたいなぁ、筑波実験植物園

なんだかものすごーく植物園に行きたくなりました。

さて、この特別展ではグッズが人気だそうで、

なかなか興味深いものが沢山ありました。

ウツボカズラのポシェットとか、ハエトリソウのポーチとか。

(双方、内側にハエの刺繡やプリントが施されています)

思わず買いそうになったわ。

いかんいかん。ネタでしか使うところが無いわ。

ってことで、記念にラフレシアのリフレクターを購入しました。

image
ラフレシアのリフレクターは660円(税込)
ラフレシアのラバーキーホルダーもありましたが、
ニオイ付きってことで止めておきました。

image
PVCケース 660円(税込)
花かと思いきやトリとワニってところが良い。

実は荷物をロッカーに預け入れていたもんで、

買い物をしてもエコバッグが無い。

買ったものをむき出しで持ち歩くのも憚られるが、

ビニール袋を買うのもなぁ~

と少々葛藤した末にミニサイズのトートバッグを購入し、

それに入れて貰いました。

image
ここにもラフレシアとハエトリソウ。
トートバッグ(S)は330円(税込)。

ショップでの買い物は色々制約があるようです。

一度レジに向かったらショップには戻れないとか、そんな感じで。

image

正直、1,900円の入館料がお高く感じられたので、

本館で建物を愛でまくってから帰路に着いたワタクシです。

image


image
【国立科学博物館】
National Museum of Nature and Science,Tokyo

東京都台東区上野公園7-20
開館時間 9:00~17:00,[金土] 9:00~20:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜),年末年始
https://www.kahaku.go.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区蔵前『kako(家香)』で調香体験。

image

スキンケアブランド「OSAJI (オサジ)」の新業態である

オリジナルホームフレグランス調香専門店『kako(家香)』が

今月3日(土)、蔵前にオープンしました。

オリジナルブレンドのエッセンシャルオイルを組み合わせ、

自分で調香したホームフレグランスを作ることができるお店です。

勿論ここでオサジ製品をも購入することが出来ます。

ネットで本日分の予約を入れてあったので、

仕事終わりにちょいと体験して参りました。

image
ザックリした手順は、選んで、作って、オーダーするって感じ。

image
メニューはエッセンシャルオイルのみってのと、
ルームフレグランス込みの二種類あります。
一度体験してレシピを作ってしまえば、
次からは調合品のみを購入することが出来ます。

image
4つのカテゴリー×3種類の中から、
それぞれ一種類選択します。

image
(クリックで拡大)

image
4種類選び、


image
香りを作ります。

作っているうちによく分からなくなったワタクシ。

スタッフさんのアドバイスを聞きまくりで、

ようやく完成させることが出来ました。

シトラス系の香りもガッツリ嗅ぎたいし、

ラベンダーの香りにも包まれたい。

欲張るとこうなるんだなと思いましたが、

後悔はしていません。

帰宅後、先ずは浴室にシュッと吹きかけ、

その後、リビングにもひと吹き。

あれ? なんかいい感じじゃない?

と、目下、自己満足中です。

体験時間は一時間、残りの30分で製品にして貰えます。

つまりは所要時間は一時間半になります。

あっという間に作れると、あっという間に帰れます。

ワタクシの場合は合計一時間もかかりませんでした。

土日は混むらしいし、当分予約に空きがなさそうなので、

狙い目は平日の夕方かも?

香りの好みは変わるらしいので、

秋になったら新しいルームフレグランスを作りに行きたいな。

それまでは、今日作った香りに包まれて、

安眠したいと思います。

非日常感と達成感が味わえるので、オススメです。



image
【kako(家香)】

東京都台東区蔵前4-20-12精華ビル1階
営業時間 11:00~18:30
定休日:月曜(祝日の場合は営業)
予約:https://coubic.com/osaji/814089
https://osaji.net/kako/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区寿2丁目『洋菓子レモンパイ』のレモンパイをようやく買えた。

image

『洋菓子レモンパイ』のレモンパイを買おうとチャレンジして参りましたが、

人気過ぎるのかいつも売り切れで買えないってことが続いておりました。

ワタクシの体験とその記憶なので、

実はタイミングが合えば容易く買えるものなのかもしれません。

でもワタクシにとってはハードルの高いお店でした。

今日までは。

image
既に午前中で売り切れているものもある。

image
定番のレモンパイは残ってました。

レモンパイ以外は、タルト生地なんですな。

リンゴのタルトがレアチーズケーキにしか見えず、

迷った末にブルーベリータルトにしました。

image
日差しが強いので保冷バッグで梱包して貰う。
これでmax2時間まで持つらしいけれど、
家に帰ったら冷蔵庫でいったん冷やしてから食べることを推奨される。

image
2時間経過するも、保冷材は全く融けていませんでした。

image
理由は、箱の中にも保冷剤が入っていたからかも。
こちらは少しだけ融けていました。

image
ブルーベリータルトはブルベリーの皮が
食感のアクセントになってる感じ。

レモンパイは上がフワフワのメレンゲなのですが、ココナッツ味がして、

ココナッツが苦手なワタクシには向かないレモンパイでした。

下町の素朴なケーキって感じで人気があるんだろうなぁ。

ちなみにお店の方はとても丁寧な接客です。

いろいろ納得できましたし、達成感も得られて概ね満足です。



image
【洋菓子レモンパイ】

東京都台東区寿2-4-6
営業時間 12:00〜18:30
定休日:日曜、月曜
http://www.lemonpie-asakusa.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区寿2丁目『from afar(フロムアファー)』の今の季節のタルトはチェリー&ピスタチオ。

image

傘の修理が出来上がったとの連絡を受け、

午後から田原町駅付近にやって参りました。

すぐ近くに『from afar(フロムアファー)』があるもんで、

朝からバタバタしていて飲み物以外の固形物を食べていないし、

珈琲でも飲んでいくかーと思って入店。

ゼリーは来月からになるだろうとのことを確認し、

今日は季節のタルトとともにラテを飲んで参りました。

お店は相変わらずの人気っぷりで、

平日なのに、席はそれなりに埋まっておりました。

今日はお二人様が多かったかも。

image
台東区のカフェってドライフラワーを飾っているお店が多い気がする。
気のせいかな?

image
本日ワタクシが選んだのはこちらの二品。

image
ホットのカフェラテは550円(税込)。

image
季節のタルト(今日はチェリー) 650円(税込)
ピスタチオとチェリーって合うもんなんだなぁ。

image
土台にもピスタチオ。
ピスタチオのコクと、チェリーの甘酸っぱさが良い感じです。

やっぱりここのデザートは美味しいんだなぁ。

土日は激混みだとこの辺りに住む知人が言っていたので、

平日に行くのがベストかもしれん。

是非とも桃の季節にここで桃ゼリーを食べたい!

来月改めて再訪しようと思います。

image
ちなみに傘は良い感じに仕上がりました。
修理に出して新品っぽくなって戻ってきたのでウキウキです。



image
【from afar(フロムアファー)】

東京都台東区寿2-5-12
営業時間 12:00~19:00,[土日]11:00~21:30
定休日:不定
※現金のみ
http://www.fromafar-tokyo.com/
https://www.instagram.com/01_119/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

東京藝術大学『藝大アートプラザ』でお手頃価格の作品があったので我が家にお持ち帰り。

image

東京藝術大学内にある『藝大アートプラザ』は

ワタクシのお気に入りのスポットでして、

上野公園に来るとちょいちょい立ち寄っております。

現在、「旅展」の後期が開催中なので、

買える花器があれば入手しようと意気込んで行って参りました。

後期の会期は、6月1日(火)~7月11日(日)まで。

休業日は6月7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)になります。

緊急事態宣言下で暫く閉まっていたため、

開くのをずーっと待っていました。

そんな人は多いようで、

既に後期に入って数日経過しているからか、

残っている作品点数が少なく感じます。

絵画が多いからなのかな?

その中で、展示室内を2周しても気になる作品があったので、

お手頃価格だし、持ち帰り易いしってことで、

一つだけ購入致しました。

image
それがこちらの花器です。
既に前期納品分は売れてしまったっぽい。

image
ワタクシの妹世代ですな。

image
持ち帰ってみたら、やっぱりいい感じでした。

image
裏底にサインを発見。

image
最寄り駅で花を買って帰り、

image
活けてみた。

丁度良いサイズ感で、どんな花でも合いそうです。

うん、良いかも。

他の作品も気になるので、Instagramを覗いてみました。

「にゃんもないと」の作者さんでもあったのか。なるほど。

以前よりワタクシのセンサーに引っ掛かっていた作品の

作者さんだったようです。納得です。

Instagramに良いなぁと思う作品が沢山あるので、

これからは特に注目していようと思います。

今日は行って良かった。

大満足の買い物でした。



image
【藝大アートプラザ】

東京都台東区上野公園12-8 東京藝術大学美術学部構内
営業時間 11:00~17:00(時短営業中)
定休日:月曜 (祝日の場合は翌火曜休業)、展示替え期間
https://artplaza.geidai.ac.jp/
https://www.instagram.com/geidai_art_plaza/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区寿2丁目『ホワイトローズ』で傘を修理に出しつつ傘を買う。

image

本日は夏休みを申請し、傘を修理に出しに行って来ました。

平日の10時から15時までしか営業していないお店なので、

休みを取るしか方法は無い・・・こともないのですが、

修理中に使う傘も調達したかったので

思い切って田原町駅付近のお店に行って参りました。

image
不具合は先端の石突きの亀裂。
桜の天然木を使っているため皮もめくれやすいのです。
ついでにビニール部分も交換してもらうことにしました。

image
修理に2週間はかかるため、その間に使う傘を調達しました。

image
骨が16本あるビニール傘です。
これがめちゃくちゃ使い勝手が良いんですの。
台風などの風雨で威力を発揮する傘です。

image
やはり新しい傘を見るとビニールの透明度が違いますね。
古いものと比較すると、経年劣化で黄ばむんだなと分かりました。

お店は常にスタッフさんが常駐している訳ではなく、

電話をすると3分ほどで事務所から駆けつけてくれます。

傘の修理代は2,000円(税込)でした。サスティナブル。

古い傘は修理が終わったらまた取りに来る必要がありますが、

次回も休みを取り、

ついでに近所の人気カフェでスイーツを食べて帰ろうと思ってます。

それにしても、修理して使い続けられる傘って良いですよねぇ。

めちゃくちゃエコだし、費用対効果も高いし、満足度も高い。

ちょうど三年使いましたが、まだまだ使い続けられそうです。

ビニールの張替え時に縁の色を変えられるらしいのですが、

シンプルな方が飽きがこないので、既存の色にしてもらいました。

次回修理する際、他の色にしたくなったらそちらを指定しようと思います。

新しい傘を手にすると雨が恋しくなる不思議。

でも東京地方の天気予報は当分雨が降らないっぽいのよねぇ。

来週末に雨が降ったら、この傘を持って散歩に出かけようと思います。

修理品を引き取りに行く日が雨だったら笑える。



image
【ホワイトローズ】
東京都台東区寿2-8-15
営業時間 10:00~15:00
定休日:土曜、日曜、祝日
https://whiterose.jp/aboutus.html

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『ウサギノネドコ東京店』で気になっていた「こうぶつヲカシ」を入手する。

image

京都にある『ウサギノネドコ』の2号店が谷中にあります。

鉱物や世界中から収集した標本や

それに類する作品を展示販売するお店です。

ちょっと他には無い感じかも?

実はワタクシ、コレクションしてはいないものの鉱物好きです。

コレクションしない理由は、鉱物はお高いから。

欲しいと思うものには手が出せないってのが正直なところです。

糸魚川で拾ったものとか、台湾で買ったものとか、

大昔に太宰府天満宮の境内の骨董市で買ったもの、

東京の本郷にあった骨董店で買ったものぐらいしか持っていません。

昔、会社関係の登山の会に入っていたのも、

山で石とキノコを見るのが好きだったからなんですよねぇ。

自分の身体が重くて持ち運べなくなってからは脱会しましたけど。

さて、今日ここに足を運んだ目的は鉱石を買うためでありません。

鉱石を模した琥珀糖(和菓子)がございまして、

欲しいと思っていたその「こうぶつヲカシ」が

このお店にも置いてあると知ったからなのです。

オンラインストアの価格よりはお高いとは思いますが、

あちらは予約商品だったりするし、

福岡県からだと送料もかかるので、

ここで手に入るなら有難いです。

image
こうぶつヲカシ 3,780円(税込)

image
日持ちは2週間程度です。

お菓子とは別に、

良い感じの鉱石があれば購入することを考えていましたが、

今回は惹かれるものがなかったのでお菓子のみ購入。

今回入手した琥珀糖も常時あるものではないようですが、

美味しかったら入荷のタイミングでまた買いに来たいなぁ。

ちょっと歩くけど。

鉱物を見て目と脳が楽しみ、琥珀糖を食べて舌が喜ぶ。

最高かも。



image
【ウサギノネドコ東京店】

東京都台東区谷中2-3-3
営業時間 [平日]12:00~19:00,[土日祝]11:00~19:00
定休日:水曜
https://www.instagram.com/usaginonedoko_tokyo/
http://www.usaginonedoko.net/tokyo/shop/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『パン工房 こむぎゅ』でコッペパンを5個買ってきた。

image

土日しか開いていないパン屋さんが日暮里駅近くの谷中にあります。

前回食べて美味しかったので、ちょいと調達しに行って参りました。

image
コッペパンはジャムなどのトッピング
が可能(+80円

image
コッペパンを5個購入しました。
計600円(税込)。

谷中界隈にはそれなりら人が多そうでしたが、

この付近は空いています。

このパン屋さんが穴場なのかもしれん。

置いているものはコッペパンやあんぱんでして、

シンプルだけれども美味しいと思います。

コッペパンには調理した具材を挟むつもり。

絶対美味しいと思う。

あとで麺を買いに行って焼きそばパンにしようかとも想像中。

そんな感じで、まだまだパン食は続きそうです。




image
【パン工房 こむぎゅ】

東京都台東区谷中5-9-26
営業時間 10:00~16:00
定休日:平日(月~金)
http://www.komugyu.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区西浅草『飯田屋』にエバーピーラーを買いに行く。

image
エバーピーラー 2,200円 
店頭には右利き用しかありませんがWEBでは左利き用があります。

ピーラーを買いに合羽橋の飯田屋に行ってまいりました。

上野駅入谷口から台東区のコミュニティバスに乗って

お店近くまで行くのが最近のお気に入りルートです。

今日は雨の気配もあったので、ササっと行って帰って来ました。

飯田屋は各種メディアで取り上げられることの多いお店で、

自身が仕入れを行う道具は必ず使ってからにするという

今の6代目店主も有名人です。

そんな飯田屋で話題なのがエバーピーラーとエバーおろし。

拘りのピーラーとおろし金らしいです。

おろし金も気になりますが、今日の目的はピーラー。

ピーラー自体結構種類があったのですが、

一周回って飯田屋ならではのエバーピーラーを購入致しました。

軽い力で素材が剥けるという"究極の"商品らしいです。

image
パッケージ裏面の絵を見たら、キュウリを剥いていました。
ふむ。ワタクシのニーズに完全合致ですな。

image
今まで使っていたものが左のセラミック刃。
右がエバーピーラーです。
刃の長さがエバーピーラーの方が長め。

ピーラーを買うことに注力して、キュウリを買うのを忘れた。

明日はスーパーに行こうと思います。

ピーラーを買うついでに入手したのが計量カップ。

今使っているのがステンレス製で大きめなので

200ccが計量しにくいのです。

image
ってことで「やく200cc」の耐熱ガラス製計量カップを入手。

実は包丁ケース(立てるタイプ)も欲しかったのですが、

合羽橋では業務用が多く、

家庭用の小さいサイズは選択肢が殆どありませんでした。

Amazonで下調べをしたものの、イメージに合うものはなし。

探すならデパートかなと思っているところです。

今日は調理器具を色々見て料理の妄想をしましたが、

別の商品を見たら先の商品のことを忘れることの繰り返しでした。

絶対欲しいという物欲を刺激されるものは無かったみたい。

覚えているのは、まな板に敷くシートぐらいかなぁ。

まな板の汚れや匂いが軽減されるとかなんとか。

もうそろそろGWに家で何をするかを考えて、

巣ごもり用に色々買いだめしておかねば。

珈琲器具の沼にハマる心の準備はまだできないので、

次は大型家電量販店にでも行こうかな。



image
【飯田屋】

東京都台東区西浅草2-21-6
現在の営業時間 [月~土]10:00~18:00, [日祝]10:00~18:00
定休日:基本的に無休
※電子マネーはPayPay、ALIPAYのみ
https://kappa-iida.com/
https://www.instagram.com/iidaya_kappabashi_asakusa/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』のレアなおはぎ(牡丹餅)を買いに行く。

image

今日はあいにくの風雨。

あまり濡れたくないなぁと思ったため、

台東区のコミュニティバスを利用して

『谷中岡埜栄泉』まで行って参りました。

先日豆大福を買って美味しかったのですが、

今日はお彼岸限定で出るおはぎ(牡丹餅)が目的。

粒あんとこしあんの二種類だけかと思いきや、

きな粉もあったため豆大福を買うのは次回にして、

三種類一つずつ購入しました。

image
賞味期限は当日中。
時間とともに固くなるので早めに食べるのがオススメです。

image
きな粉も売ってました。

image
帰宅後、短時間お供えしてから頂くことにしました。

おはぎ(牡丹餅)の販売は今日までだそうです。

雨なので客足が鈍いのではないかと呟いて居られましたが、

お墓参りをする方を頻繁に見ましたので

大丈夫だといいなと思っているところです。

帰宅後二つ食しましたが、やはり美味しい。

食感がムチムチしていて歯が気持ちいいっつーか。

若干の塩味も感じられて、サッパリと頂けました。

甘さは控えめかもしれん。

次におはぎが食べられるのは秋になりますが、

その間は豆大福を買いに通おうと思います。

コミュニティバスを利用すると上野駅からワープできて

今日みたいな天気の日には便利かも。

image

結構咲いている枝もあったけれど、

全体的には来週末が桜の見ごろかもなぁ。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

上野駅から日暮里駅まで歩く。

image
空を見上げたら、木の枝が肺の毛細血管のようだった。

テレワークが続いたので歩かねば。

ってことで、本日は上野駅から日暮里駅まで歩いて参りました。

桜の季節はまだだから、普段よりは結構空いているんですね。

って、早朝だから空いているのか?

上野公園内のスタバは混んでるみたいだったけど。

桜はまだですが、シャガは咲いていました。

image
まだ蕾が多いけれど。

春めいて来ましたなぁ。

少し気になったのは、上野公園におじさん達が集まりつつあるのかな?ってこと。

ブルーテントは無いけれど、縄張りについて話し合っているのがチラリと聞こえました。

春めいて来たとはいえ、またまだ朝晩は冷えるので、少し気になりました。

って、ワタクシには何もできませんけれど。

image
菊が咲いているのを見たら、春菊が食べたくなりました。
食欲の春です。

さて、上野公園を出て谷中霊園に向かいます。

自転車に乗った警察官をよく目にしますが、春の交通安全運動って今だっけ?

よく分かりませんか、桜が咲く頃になったら、ここも人出が多くなるんでしょうね。

ってか、谷中霊園にお墓があると、お参りし易くて良いよなぁ。

今話題の渋沢栄一のお墓もあるらしいし。

都内に5年以上住んでいたら使用者として応募できるみたいですが、競争率は高そう。

谷中霊園を抜けると、日暮里駅の南改札口があります。

しかしここを通り過ぎて北改札口へ。

エキナカを楽しむなら北改札口ですもんね。って何も買わなかったけれども。

image
JR日暮里駅の改修工事が終わって綺麗になっていました。

image
駅のロゴが猫をイメージしたものだった。駅まで猫推し。
ってか、日暮里駅って荒川区になるんですね。

谷中といえば猫のイメージですが、ワタクシはあまりこの辺りで猫を見たことがありません。

居るところには居るんでしょうけれど、ほぼ見ない。

地域猫もどこかで保護されている場所があるのかもなぁ。

さて散歩はこれにて終了ですが、歩くならば上野から日暮里へ向かう方がラクです。

高低は上野の方が高いのだと思われます。

双方、上野台地の端で台地上にあるので高低差はさほど無いとは思うものの、そう感じます。

何度も歩きたいとは思いませんが、春ならばちょうどよい散策ルートになるかも。

本日の歩数は8,000歩強。

想像したよりも歩いてなくて、達成感も無くなりました。

ワタクシの場合、丸の内界隈を歩く方が歩数が稼げるのはなぜなのか?

うーむ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』の豆大福を買いに行ってお店のファンになる。

image

明治33年創業の『谷中岡埜栄泉』。

江戸時代から続く岡埜栄泉の屋号を暖簾分けされたお店です。

現在の建物は戦後すぐに再建されたものですが、看板だけは創業時のもので、戦時中はお寺に預けて難を逃れたそうです。

大福で有名な『岡埜栄泉(または岡野栄泉)』と名の付くお店は東京に三十店舗以上あるらしいですが、暖簾分けと、そうではない店舗があるみたいです。

確かに別ものなんだなぁとここの豆大福を食べて実感しました。(岡埜栄泉についてはこんな面白い記事がありました)

ちなみにワタクシは豆大福は群林堂のが一番好きです。ながらく食べていないけれど。

ウチからだと中途半端な場所にあるので、歩くのに気合が必要なんですよねぇ。

さて、今回初めて訪問してみた『谷中岡埜栄泉』。

ご家族で豆大福を作っているそうですが、大変美味しいです。

image
ショウケースには人形など細々としたものが入っています。
一瞬、「商品はどれだ!?」と思いますが、
ここでは定番品が決まってるので迷うことはありません。
「豆大福ください」という言葉で事足ります。うん。


image
豆大福を2個と、栗饅頭を1個買ってみました。
計800円(税込)なり。

image
豆大福はその日中ですが、栗饅頭は少しだけ日持ちするそうです。

帰宅後すぐに一個食べ、夕方に残り一個を食べましたが、帰宅後すぐの方が断然美味しい。

いや、数時間経っても美味しいっちゃー美味しいのですが、午前中に食べる方が、つきたてのお餅がトロトロで柔らかく、まるで飲める豆大福って感じです。

実際に飲んだらヤバいのでそこは推奨しませんが、感想としてはそんな感じ。

こしあんの滑らかさと少しの塩気、赤えんどう豆の風味が混然一体となって口の中で広がります。

ウマ~っ。これはリピ買いですわ。

当初買う予定のなかった栗饅頭ですが、訊くところによると刻んだ栗が白あんに混ざって入っているそうです。

大きな栗一つだと齧った場所で味に差が出るので、あえて刻んだ栗にしているのだとか。

ついでに期間限定品である「おはぎ(ぼたもち)」について予定を訊いてみたところ、17日から出そうと思っているそうです。

(2021年の春のお彼岸は3月17日(水)から3月23日(火)まで)

20日と21日の土日は確実に出すと聞きましたので、その頃に再訪しようかなと思っております。

でもお彼岸だし、谷中霊園があるし、桜が綻びそうだし、混んじゃうかもなぁ。

まあ、そんなこんなでここの豆大福はワタクシの中で上位ランクに躍り出ました。

やはりその場で作っているお店は強いよねぇ。

建物も好みだし、場所も良いし、今後は豆大福が食べたくなったらここも候補に入れようと思います。

今日の出会いに大満足のワタクシです。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『パン工房 こむぎゅ』のあんぱんとコッペパンが美味。

image

土日しか開いていないパン屋さんが日暮里駅近くにあります。

日暮里駅近くってよりは谷中にあると言うのが正しいのかも。

前から気になってはいたのですが、

今まで行く機会がありませんでした。

看板が出ていなければ場所が分からないだろうと思えるお店で、

民家の一角でパンを焼いて居られる感じです。

パンの種類はそれほど無いものの、

食べてみたら結構ワタクシの好みに合致する味でした。

って、言うほどパンの違いが分かるわけではないんですけどね。

image
あんぱんとコッペパンが主力商品っぽい。
価格も手ごろです。

image
コッペパンには+80円でトッピングができます。

image
持ち帰り時にへしゃげたコッペパン。
それはそうとレーズン食パンがあったので購入しました。
焼いたのは昨日だとのことで値引きしてくれました。

image
あんぱんの中はこしあんです。
これ、めっちゃ好き!

image
朝早かったからか、まだ焼いている途中のパンもあったみたいです。

コッペパンもかなり美味しいです。

次回はコッペパンを複数買って冷凍保存しておきたいなぁ。

そして自分でお惣菜を作って挟んで食べたい。

連日行くには躊躇われるエリアなので(混むから)、

次回は桜が終わる頃に再訪したいと思います。

個人的にはオススメです。



image
【パン工房 こむぎゅ】

東京都台東区谷中5-9-26
営業時間 10:00~16:00
定休日:平日(月~金)
http://www.komugyu.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区浅草『梅むら』の美麗で美味しい豆かんをもう一度。

image
豆かんてん 500円(税込)

『梅むら』の豆かんを会社帰りに浅草まで行って買って参りました。

デパートには入っていない名店の「豆かんてん」。

ウマウマです。

今、ワタクシの中で第一位をキープしている豆かんです。

わざわざ買いに行かねばならんと思える場所にあるのですが、

行っちゃうんですよねぇ、わざわざ。

image
黒真珠のような美しさで、相変わらずの美味しさ。
豆の大きさも、寒天の固さもワタクシ好みです。

これをどうしても母に食べて貰いたかったんです。

美味しいと思うものって、誰かと共有したくなりますもんね。

まだ母は食べていませんが、感想を聞くのが楽しみ。

以前、千葉県民Tに差し入れした時は美味しいと言って貰えたけれど、

母はどうかなぁ。



image
【梅むら】

東京都台東区浅草3-22-12
営業時間 12:30~18:30
定休日:日曜

【なるべく歩かない行き方の備忘録】
 東京メトロ半蔵門線 押上駅 B2階段上がって直ぐのバス停「押上」から 都バス上26「浅草二丁目」下車
 JR鶯谷駅  南口からバス停「下谷二丁目」乗車で 都バス上26「浅草二丁目」下車
 浅草駅 バス停「東武浅草駅前」から都バス 都T08「浅草二丁目」下車

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区松が谷『Up to you coffee』は2月19日に2周年になったんだそうな。

image

午前中に行けば空いているだろうと信じて

Up to you coffee』にやって参りました。

2周年限定デザートプレートが目的です。

幸いにも混雑しておらず、

待ち時間なく席に着くことができました。

image
壁のドライフラワーが増えていましたが、お祝いの花だったのかも。

image
2周年限定 デザートプレート 1,100円
ワタクシはパンナコッタを選択しました。

image
コロンビアの珈琲豆を使ったラージサイズのラテ。

image
飲み進めてもラテアートが崩れないところに毎度関心しまくります。

やっぱり好きだなぁと思うカフェの一つです。

わざわざ行かねばってところにある点も良し。

不器用なワタクシはラテアートを学ぼうとは思いませんが、

知人はここのラテアート教室の受講を狙っているそうです。

マスターしたらぜひ味わいたいものですが、

まだまだ先の話だろうなぁ。

それまでは、思い出したらここに足を運んで、

ラテアートを楽しもうと思います。

image
期間限定で声を掛ければ缶バッジが貰えます。
缶バッジは、3月以降は有料になるらしい。
(詳細はInstagramで)


image
【Up to you coffee】

東京都台東区松が谷2-31-11
通常営業時間9:00~19:00,[土日祝] 8:00~19:00
※COVID-19の影響で当面の間は10:00~18:00の営業
定休日:不定
https://www.instagram.com/uptoyoucoffee0219/
https://www.facebook.com/pg/uptoyoucoffee0219/posts

※台東区コミュニティバス「東西めぐりん」利用で上野駅入谷口から26番乗車⇒27番下車がラクかも
にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。