sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

古民家

台東区浅草橋『葉もれ日』で飲む一杯のカフェラテ500円(税込)。

image

昭和の高度成長期頃の建物をリノベーションした感があるカフェ『葉もれ日』。

外壁のブロックがそれを物語っております。

本日は両国から蔵前を経由して浅草橋までやって参りまして、

ちょっと頭がくらくらして来たのでカフェに入ることにしました。

で、選んだのが、以前から気になっていた同店です。

image
注文と会計は土間から(土足で)上がったカウンターで行います。

image
土間に戻って涼んでいると注文したものが運ばれてきます。

image
懐かしいモルタルのシンクが角にありました。
店内に街区表示板が置いてあるけど、外していいエリアなのかな?


image
カフェオレ 500円(税込)。
組子のコースターが良い感じですね。

クーラーの効いた座席で涼めたため、

くらくら感は無くなりました。

熱中症一歩手前だったのかも。

この時期は気を付けねばなりませんね。

浅草橋付近はあまりカフェが無いので、

ここ『葉もれ日』は貴重なスポットかも。



image
【葉もれ日】

東京都台東区浅草橋3-4-4
営業時間 10:00~18:00,[土日祝] 11:00~18:00
定休日:不明
http://hamorebi.tokyo/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

神楽坂『HASABON』の隠れ家カフェでランチとデザートを頂く。

image

またまた隠れ家的日本茶カフェ『HASABON(はさぼん)』にやって参りました。

今日は予約が結構入っているらしく、隙間に潜り込んだ感がありました。

一週間弱ぶりの訪問でございます。

今回は軽くランチを頂き、その後、Facebookで見た和菓子を頂きたいと思っておりました。

これまたギリギリで和菓子にありつくことが出来、大変ラッキーでした。

image
「本日のランチ」も捨てがたいものの、
デザートを食べるので控えめにしておきました。 

image
バルサミコ酢が掛かった有機野菜のサラダ。ちょい苦い。

image
有機野菜を使ったビーフストロガノフ。
ワタクシには真似できない味だと感じました。

image
玄米が良い仕事をしています。
オーブンでちょっと水分を飛ばしているのかしら?
汁気を含むと良い感じになります。

image
Facebookで見て気になっていた和菓子作家・あさ貴さんの和菓子。
両方あったので見せて頂きました。

image
そのうち、スイカを選択しました。
「スイカ割をしてください(笑)」と言われ、「確かに!!」と納得。

image
スイカ割後の姿はこんな感じです。
練りきりの味がスイカって初めて食べました。

image
「プラムの冷たいスープ チーズ入りスムージーを浮かべて」
ワタクシはこれが激烈気に入りました。
酸っぱくってさっぱりしていて美味!!

大満足のランチタイムでございました。

我々が出る頃には、若い娘さんたちが路地をやって来ていたので、

人気に火が付いているのかもしれんなぁと思えました。

次回は「本日のランチ」をビール付きで楽しみたいと思います。

そして、デザートも!

image
席数は多くないので土日祝日は予約しておく方が良いかも。


image
【HASABON】
破沙盆(はさぼん)

東京都新宿区横寺町30 神楽坂茶ノ木テラス1F
営業時間 11:00~23:00(LO. 22:00)
※COVID-19による東京都の要請で22時close
定休日:水曜
https://www.hasabon.com/
https://www.facebook.com/HASABON/


【にほんブログ村】

神楽坂『HASABON』の隠れ家感とアート感がツボ過ぎた。

image

前回、プリンを買いに来た際に発見した隠れ家的店舗『HASABON(はさぼん)』。

近付いてみたものの、人の気配を感じずにそのまま帰宅したのですが、それ以来、ずーーーーーっと気になっておりました。

それを母に言ってみたら興味を持って貰えたので、ランチ後に行ってみました。

隠れ家感が半端ないので、そーっと引き戸を開けると、外観からは想像できない内装に先ずは驚き、着席までに期待が高まります。

オープンしたのは今年の4月1日だったそうで、テイクアウトメニューがあったようなので、試せばよかったとプチ後悔。

平日だからか直ぐに着席できましたが、席数は多くないので、人気が出れば入れない率が急上昇しそうです。

image
一皿1,000円のデザートの内容は日によって変わるっぽい。 

image
Facebookで見て気になっていた和菓子作家・あさ貴さんの和菓子。
一つだけ残っていると伺ったので見せて頂きました。

image
第三十六候「大雨時行(たいうときどきにふる)」
にちなんだ和菓子だそうです。
強い雨に打たれ、土を跳ね上げる大地を模しているっぽい。

image
日本茶は5種類の茶葉を選ばせて貰えます。
今回は島根県の「はま茶」(右上)を選択しました。

image
お茶に付いているお菓子2品。
左がそば茶を使ったブランマンジェとのことで、
こういう物が大好きな母に食べて貰いました。

image
「桃のコンポートをのせた赤ワインのグラニテ」

image
これがウマウマでして、
母がものごっつい気に入って興奮していました。

image
ワタクシのツボを刺激するカップ&ソーサー。

image
誰の作品なんだろう?
欲しい。

image
最後の一つと言われた和菓子を頂きました。
アートですなぁ。

一つ一つに拘りを感じて、刺激的でした。

次回は是非ともランチを試してみたいです。

Facebookを確認すると、ランチもディナーもアーティスティックっぽいんです。

味がめっちゃ気になるわぁ。

テイクアウト商品もあるので、一度プリンをテイクアウトして帰るのも良いかも。

オススメしたいような、隠しておきたいような、複雑な気持ちにさせてくれるお店です。

image
こちらは裏側。



image
【HASABON】
破沙盆(はさぼん)

東京都新宿区横寺町30 神楽坂茶ノ木テラス1F
営業時間 11:00~23:00(LO. 22:00)
※COVID-19による東京都の要請で22時close
定休日:水曜
https://www.hasabon.com/
https://www.facebook.com/HASABON/


【にほんブログ村】

埼玉県秩父市『あめつちまにまに』というヴィーガンスイーツのカフェでケーキとハーブティーを頂く。

image

秩父といえばカフェ文化? ってなぐらい人気カフェが多いような気がします。

そのうちの一つが、『あめつちまにまに』。

乳製品や卵を使わない100%植物性のヴィーガンスイーツを取り扱っているので、

どちらかと言えば女性人気が高いかも。

他にも気になるカフェがあったものの、近くに居たし、駅まで近いしってことで、

こちらで休憩をすることにしました。

image
151年にもなるという古民家を改修しているそうです。
151年前と言えば、明治2年。
明治2年の民家はこんなに立派だったのか!?


image
リノベーションされていて、天井板は取り外されています。
屋根部分の構造がよく分かる。


image
枯れ枝さえもオシヤレだと思わせる何かが古民家にはあると思う。← 大袈裟

image
季節のケーキ(この日は)と
「アメツチ」という同店オリジナルブレンドのハーブティーを頂きました。


image
秩父の蜜柑を使った甘さがものごっつい控えめなケーキ。

「絶対菜食主義者」という意味のヴィーガンですが、

ベジタリアン(菜食主義者)とは明確に違うそうです。

ヴィーガンは肉、魚、卵、チーズ・バター類、蜂蜜、ゼラチンなども一切口にしませんし、

衣類と生活に於いても、動物性の素材を一切使用しないのがポリシーなのだとか。

革製品やウール、シルクの衣類や、洗剤や化粧品なども動物性のものは使わないそうです。

ワタクシには無理な生き方ですが、貫く人はある種凄いなぁと思います。

まあ、そういうヴィーガンについてプチッと体験できる施設として、

面白いカフェだと感じました。

ハーブティーはなかなかに美味しかったです。



image
【あめつちまにまに】

埼玉県秩父市上町1-7-25
営業時間 13:00~18:00
定休日:月曜から金曜
https://www.instagram.com/ametutimanimani/
https://www.ametutimanimani.com/


【にほんブログ村】

東京都あきる野市『黒茶屋』の5,800円(税・サ別)ランチ。

image

ものごっつい久しぶりに、あきる野市の『黒茶屋』に行って参りました。今回は母と一緒です。なんでも母は親戚付合いに近い幼馴染からオススメされたとかで、ちょっと興味があったっぽい。ってことで、年末に予約を入れておきました。

JRのみ利用よりも、西武新宿線を併用する方が交通費が安いため、拝島駅で乗り換え。武蔵五日市駅からはタクシーを利用しました。タクシー料金は830円でした。
バスは約180円ぐらいした気がするし、そもそも一時間に一本しかないため、駅からはタクシー利用が良いかも。

image
お店は11時オープン。

image
川を眺められる場所もあります。
って、木々で塞がれ川は見えないけど。


image
敷地のすぐ脇を秋川(あきがわ)が流れています。

image
カケスかな?

image
離れもありますが、入ったことはありません。

image
お正月のこの時期はコース料理のみ予約可能だそうです。

image
部屋は個室で、なかなかロケーションが良かったです。

image
カシューナッツを使った勾玉豆腐はここの名物ですが、
なにより、汚れた容器が気になって仕方ありませんでした。
基本のキなのに、残念過ぎる。


image
前菜は籠に入って供されます。
黒豆がお正月感ある。


image
三が日だから松葉なのかな?

image
今までにない箸置きですわ。
母が「何本あると思う?」と訊きますが、数える気力はありませんでした。


image
自分で焼くのが人気らしいです。

image
お芋は炭の横に入れるよう指示されたので、イン。

image
岩魚は仲居さんがセットしてくれます。

image
わかり難いけど、宙に浮いているため遠赤外線焼きって感じ。

image
岩魚が焼けるまでに時間がかかると思われるので、
全ての食材を乗せてみました。


image
たれは二種類。左はおろしだった気がする。ほんのりだけど。

image
岩魚の骨酒(1,400円)を頼んだのですが、こんな器で出るとは予想外。
飲みながら脳裏を流れる黒田節。


image
椀物は白みそ仕立てのお雑煮でした。

image
丸い焼餅で、味は関東風というのはなんとも不思議な感じ。

image
玉地蒸しという名の茶碗蒸し。

image
箸休めは酢の物。
合鴨の燻製って酢の物に入れても良いんだね。
新発見。


image
揚げ物には干し柿の天ぷらもありました。初めて食べた。

image
食事は御飯とお蕎麦の二択ですが、
蕎麦アレルギーですので個人的には一択でした。


image
自然薯とろろをかけてみました。

image
水物は柚子ゼリーでした。中にマンゴーも入ってた。

image
敷地内で販売もしている「おやき」は持ち帰れるように袋入りです。

image
そういえば、忘れるところでした。
サツマイモがあったんでした。


image
丁度良い焼き具合になっておりました。
クリーミーで甘く、ウマウマなお芋でした。

呑んだので、結局一人8,000円ちょいぐらい。

どこに行くわけでもないし、お正月だし、まあいいかなって感じです。

都内だったら、もっとお高くなるんじゃないかな。ってここも都内だけど。

短時間で行ける緑多いエリア、あきる野市。

紅葉の時期は、もっと良いかも。

image
敷地内には川魚の供養塔がありました。
お正月なのでお餅が供えてありました。



image
【黒茶屋(くろちゃや)】

東京都あきる野市小中野167
営業時間 11:00~21:00
定休日:火曜(祝日の場合は営業)
※2019.12.30~2020.1.1まで休み
※サービス料10%
https://www.kurochaya.com/


【にほんブログ村】

築地2丁目『築地鉄板焼 Kurosawa』は古民家をリノベーションした隠れ家っぽい料理店です。


image

以前から気になっていた築地のクロサワに行って参りました。

建物が興味深かったのでチェックしていたのですが、

ここは大工棟梁ではなく建築家が設計した近代和風建築なのです。

入母屋造で、下見貼り板に覆われた外壁はどっしりとしていて圧巻。

玄関を中心に左右対称の建物が特徴的です。

現在は鉄板焼きのお店としてリノベーション活用されております。

至る所に黒澤明監督の写真が飾られていますが、

ご子息がプロデュースしたお店だからという理由らしいです。

image
内部も漆喰塗りでなかなか落ち着く空間となっております。

image
土曜・祭日限定メニュー(月替わり)の「ランチ明コース」を選択しました。
税・サ別で5,000円のコースです。(この価格で中間ランクになります)


image
[Appetizer]
シェフおまかせ小前菜


image
[Seafood]
本日の旬鮮魚介のソテー
肉厚のサーモンをミディアムに焼き、サーモンの皮をパリパリに焼いた一品。
ソースはエビだそうですがチョイ味濃いめ。


image
[main&Vegetables]
出来上がったものからお皿に乗せられてゆきます。


image
Kurosawa 特製フォアグラ入りハンバーグ
肉肉しい食感のハンバーグでした。
こちらもソースは濃いめ。


image
黒澤特選黒毛和牛のサーロインとガーリックのチップ。
ワタクシはミディアムな焼き加減でと依頼しました。


image
徐々に埋まって行くプレート。

image
ハンバーグを食している間に野菜が載せられました。
ハンバーグソースの濃さは、半熟卵で中和されるっぽい。


image
[Rice]
白米の他にガーリックライスにすることも出来ると聞いたので、後者を選択。
目の前の鉄板で作ってくれます。製作過程がエンターテインメント。


image
お漬物は白米を選んでも付きます。

image
お味噌汁の代わりに、
鶏がらスープでガーリックライスをお茶漬けにすることも出来ます。


食後のデザートは場所を移動し、二階のバーラウンジで頂きます。

移動するのは1階を利用した客のみで、2階の客は部屋を移動せずに供されるらしいです。

image
[Dessert]
ガトーショコラとカシスとバニラのアイス。
ドリンクは珈琲、紅茶、エスプレッソ、ハーブティから選べます。

担当シェフが付き、目の前で調理してくれます。

焼いている手元が鮮やかで、つい見入ってしまったり。

シェフによって力量に差があるのかは謎ですが、

我々を担当してくれた方はなかなかだったと(上から目線ですが)感じました。

帰りは表に出て見送りまでしてくれ、

どこぞの料亭みたいだなぁと思ってみたり。

ちょうど年末の忘年会の場所を探していたため、ついでに予約を入れました。

これで年末まで安心して過ごせそうです。

image



image
【築地鉄板焼 Kurosawa】
(旧中村家住宅)
東京都中央区築地2-9-8
営業時間 [平日] 11:30~15:00,17:00~23:00
[土祝] 11:30~15:00,17:00~22:00
定休日:日曜、年末年始
http://9638.net/tsukiji/


【にほんブログ村】

台東区谷中『カヤバ珈琲 Est.1938』で朝食を。

image
[カヤバ珈琲]
寄棟造,木造二階建。
大正15年築(推定),平成20年改修。

台東区景観コンクールまちかど賞を受賞しているカヤバ珈琲。

谷中では一番人気なんじゃないかと思えるほど有名な喫茶店です。

この付近のランドマーク的存在でもあり、外国人観光客にも人気のお店です。

本日は三連休中日の日曜日ゆえに混むかと思い、

午前中の早い時間に向かうことにしました。

それでも既に表で待つ人が数名居りまして、しばらく待ちました。

image
平成20年から経営者が変わっていますが、
家具やカウンターは既存のもの。


image
モーニングは100円引きになるみたい。

image
母は名物の「たまごサンド」を、ワタクシは「ハムサンド」をチョイス。

image
「ハムサンド」に使われているハムは腰塚ハムのものだそう。

image
珈琲とカフェラテで迷う。

image
でもカフェラテを選択。理由はラテアートが気になったからです。

ハムサンドは結構ボリュームがあり、満腹になります。

モーニングとしては贅沢で、お得なんじゃないかなぁ。

並んでまで入りたいという気持ちが分かる気がします。

母から「たまごサンド」を一つ貰いましたが、

塩味のシンプルな卵焼きながらも、ふわふわで美味だと感じました。

うん、これは名物だってのも頷けるわ。

二階はお座敷で、外国人観光客に人気なのだとか。

ワタクシは椅子席がある一階で良かったと思っています。

膝がぁぁぁぁぁ。

大変満腹になったので、

これからトーハク方面に向かいたいと思います。

現在10時よりちょい前。

街に人が増えてきました。



image
【カヤバ珈琲 Est.1938】

東京都台東区谷中6-1-29
(JR日暮里駅から徒歩10分,地下鉄千代田線根津駅から徒歩10分)
営業時間 [火~木・日]8:00~18:00,[金土]8:00~21:00
定休日:月曜、年末年始
https://www.instagram.com/kayabacoffee/


【にほんブログ村】

茨城県高萩市『穂積家住宅』は見応えのある江戸時代の豪農住宅です。

image

高萩市にある「穂積家住宅」は1773年(安永2年)に建てられた豪農の住宅です。

穂積家は、1856年(安政3年)に郷士(ごうし)として苗字帯刀を許されています。

敷地は1,200坪ほどで、長屋門、主屋、蔵、池、庭園などがあり、

昭和55年に高萩市に寄贈され、平成元年に県指定有形文化財に登録されました。

祈祷札の記録では江戸時代中期・寛政元年(1789年)に主屋が建てられたとあります。

これは天明の大飢饉後の水戸藩による普請行為(お助け普請)推奨によるもので、

穂積家でもお助け普請をしたようです。

しかし高萩市が3億6600万円を投じて行った平成11~14年度の保存整備工事で

安永2年建立と書かれた墨書が発見され、

寛政元年より16年前の建築物だと認識されるようになりました。

image
県の文化財に登録されているのは、
主屋1棟、長屋門1棟、前蔵1棟、衣裳蔵1棟、敷地4,172.72㎡、
附屋敷図屏風1雙となります。


image
(クリックで拡大)

image
豪農住宅ゆえ、正面入り口はここ一か所になります。
武家の住宅とは明確に違いますね。


image
ここ! ここ! 芸が細かい! めっちゃ綺麗!
贅沢感あるわぁ。


image
土間から梁を見上げる。

image
現在、高萩茶寮の営業期間ですが、
貴重な襖紙に間近に接することができます。
(太っ腹です)


image
土間から入って真っ先に目にする襖だと思うのですが、
和紙ではなく織物ですね。本葛布ではなさそうだけど。


image
中の間と前座敷の襖も必見です。
引手を含めて凝ったものとなっています。


image
波模様の襖紙(織物)と千鳥の引手。

image
小さな目が付いていて、可愛らしい引手です。

image
前座敷と奥座敷の欄間も豪勢なつくり。
筬欄間のアレンジ版って感じです。


image
虎と小虎が描かれている上写真に使われている引手。
ここには松かさが描かれていますね。


image
奥座敷の天袋にある引手。
金箔の和紙に合わせた豪華な引手です。
波と海鳥かな。


image
奥座敷から見た欄間。
竿縁天井(さおぶちてんじょう)の天井板の色が渋くて素敵。


image
廊下にある、結界を表すのであろう磨き丸太。
楓? 百日紅? 何の木だろう?


image
結霜ガラス(けっそうがらす)の模様が面白い。

image
裏側から見た主屋と衣装蔵。

image
主屋の茅葺屋根を押える瓦。

image
影盛はそれほど大きくはないようです。

image
衣装蔵と主屋は廊下で繋がっています。

image
衣装蔵の瓦。
輪違い部分も修繕されていて綺麗なビジュアルです。


image
こちらは長屋門脇の前蔵。

image
前蔵内部は見学できないようです。

image
主屋の池側。左手が池です。

image
夏なので木々が鬱蒼と生い茂っています。
蚊の気配かみちみち。


image
主屋の外灯。
シンプルながらもモダンなデザイン。


image
ガマの穂。
毎度、きりたんぽみたいだなぁと思います。

時間に限りがあり、じっくりとは見学できませんでしたが、

なかなか見応えのある建物でした。



高萩茶寮については→コチラ

image
【穂積家住宅(ほづみけじゅうたく)】

茨城県高萩市上手綱2337-1
開館時間 9:00~16:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
入館料:無料

JR高萩駅から⑦バス乗り場「千代田行き」 10:32発(土日祝)
「川側」バス停下車(290円)
※ただし帰りのバスが無いためタクシー利用になります
(復路利用で1,450円でした)

いばらき路線バス路線図:http://www.bus-ibaraki.jp/busmap2/takahagi00.html
高萩駅発着バス時刻表:http://www.bus-ibaraki.jp/jikoku-joban/takahagi-s.html


【にほんブログ村】

茨城県高萩市『高萩茶寮』は文化財指定の古民家に期間限定でオープンする、かき氷が食べられるカフェです。

image

茨城県指定文化財「穂積家住宅」は築二百年以上の茅葺古民家です。

ここを訪れたいと長らく思い続けておりましたが、

如何せん交通の便が悪い。

JR高萩駅までは何とかなるにしても、

その先を往復しようと考えられるとタクシー利用なくしては難しい。

何よりハードルが高いと感じるのは、

敷地内にオープンする『高萩茶寮』が期間限定営業であるということ。

高萩茶寮が営業していなくとも見学はできるのですが、

できれば営業している時に行きたいと思っていました。

周囲に飲食店はありませんしね。

しかし今までタイミングが全く合わず、

高萩駅で下車したこともありませんでした。

来年はオリンピックイヤーだし、

関東地方の夏の移動がもっと困難になるかもしれんと考え、

今回奮起して行って参りました。

image
昔は馬屋だったと思われる側の出入口。
脇の川から水を引いている水路があります。
(清水が流れていました)


image
馬屋だったと思われる一角から内部を望む
内部は修繕されており、屋内にも安心して入れます。


image
高萩茶寮ではこのような期間限定営業用メニューがあります。

image
飲食は広間に設けられた机と椅子で頂けます。
フードコートのような、セルフサービス式です。


image
開口部に近い席は風が通り抜けて涼しいです。

image
ワタクシが選んだのは「たつご味噌キャラメルかき氷」。
近くにあるたつご味噌の味噌を使っているようです。


image
かき氷の上に乗っているのはナッツ類。

image
かき氷の中にも何かが入っています。

image
大きな花豆が入っていました。
茨城県北部で採れる花豆は「常陸大黒(ひたちおおぐろ)」というそうです。
冷たいけれど柔らかで食感が面白く、いいアクセントになっています。

長らくの野望が叶い、ふんわりとした達成感が得られました。

達成感が「ふんわり」になった理由は、

歩いて行けなくもない「たつご味噌」に行かなかったためです。

アスファルトに熱せられた外気の中、

陽射しを遮るものの無い国道を歩くのは厳しすぎる。

高萩の観光は車利用でなければ難しいと痛感しました。

そもそも観光地が少な過ぎるんですけどね。

帰りにタクシーを呼んだら、運転手さんは北茨城市の方でした。

北茨城から来ているってことは、

この時期は高萩の方が利用客が居るってことよね。

疑問に思って訊いてみたら、

病院に行くのに利用する高齢者が多いそうです。

なるほどね。

もし北茨城市を観光する際は、

半日タクシー利用でセットで回れると仰ってましたが、

アンコウの美味しい時期は1、2月らしいので、

その頃また考えたいと思います。

ってか、青春18きっぷ利用じゃなきゃ、

気分的になかなか来れないエリアなんだよな、北茨城は。

ってことで、「穂積家住宅」についての詳細は、別途


image
【高萩茶寮】

茨城県高萩市上手綱2337-1 穂積家住宅
営業期間:2019年7月20日(土)~9月1日(日)
営業時間 11:00~16:00(L.O.15:30)
http://www.takahagi-saryo.com/
https://www.facebook.com/takahagisaryo/

JR高萩駅から⑦バス乗り場「千代田行き」 10:32発(土日祝)
「川側」バス停下車(290円)
※ただし帰りのバスが無いためタクシー利用になります
(復路利用で1,450円でした)

いばらき路線バス路線図:http://www.bus-ibaraki.jp/busmap2/takahagi00.html
高萩駅発着バス時刻表:http://www.bus-ibaraki.jp/jikoku-joban/takahagi-s.html


【にほんブログ村】

【台湾】台北市大同区『Scent cafe 香手捻咖啡』は清朝最後の皇帝溥儀の専属医者だった黃子正の家を利用したカフェなんです。

image

大稻埕(ダーダオチェン)にある古民家カフェ『Scent cafe 香手捻咖啡』。

100年以上前からある建物ですが、

ここは清朝最後の皇帝・溥儀の専属医者・黃子正(ファンズーチェン)が住み、

代々子孫に受け継がれてきたそうです。

歴史ある建物か並ぶ迪化街の中でも、物語性のある建物だったので、

一度見てみたいと思ってやって参りました。

image
軒下にまで細かいモールディングが施されています。

image
間口は狭いのですが奥行きがあります。

image
店内は今風な感じ。

image
日本語メニューがありました。
結構日本人観光客が多いのかしら? と思ったら、
スタッフの若い男性が日本の方(台湾に親戚が居られるそうな)。
コーヒーのフレーバーについて日本語でアドバイスしてくれます。


image
ワタクシは8番の深みのある味のメニューを選択してみました。

image
アイスとホットで飲み比べが出来ますよと言われたので、
それをお願いしてみました。
確かに舌から鼻に抜ける香りが異なり面白いです。


image
チーズケーキも頼んでみた。
結構しっかりした食感です。
上の緑はレモンピール。

陶器の鍋を使って手でコーヒー豆を煎っているそうです。

文字通り手間暇がかかっているコーヒーで、

オーナーのコダワリが物凄く感じられます。

(たぶんオーナーは後からやってきた女性なのだと推察されます)

なんだか神保町のコダワリ喫茶店に居るかのような錯覚覚えました。

確実に美味しい珈琲ほ飲みたければ、このカフェがオススメです。


image
【Scent cafe 香手捻咖啡(シャンスオネンカフェ)】

台北市大同區迪化街一段72巷23號
No. 23, Lane 72, Section 1, Dihua St, Datong District, Taipei City
営業時間 10:30~19:00
定休日:月曜
https://www.facebook.com/pg/scentcafetw


【にほんブログ村】

茨城県古河市『SUN ROSE』はハンバーグの美味しい古民家レストランです。

image

古河駅周辺って、特にコレ!というお店が無かった気がする~。

と思いつつ、地図を見ていたワタクシ。

偶然発見したのが、『SUN ROSE』でした。

小洒落た洋食店って感じかしら?

と思えたもんで、ランチを摂るお店をここに決めました。

image
県道261号沿いに立つ大きな樹が目印です。
建物の前と向かって左側が駐車場です。


image
こちらが入口になります。

image
お肉がメインのお店だったっぽい。

image
ランチメニューはこちらになります。
オプションなしだと、税込1,058円。


image
本日のスープはカボチャ。

image
サラダもセットになっています。

image
ワタクシが選んだのは胡麻だれハンバーグ。

image
肉肉しくて、ジューシーで、旨みがギュギュっと詰まっていて、
なかなかに美味しかったです。
ゆえに写真をクリックすると拡大できるようにしました。

ってか、ライスも甘みがあるお米で、大変好みでした。

もしまた古河市に来ることがあれば再訪すると思う。

image
和室を板の間にして、土足で上がれるようにしてあります。
床の間が変わったリノベっぷりて面白い。
天井が高いので圧迫感はありません。



image
【SUN ROSE(サンローゼ)】

茨城県古河市中央町3-2-5
営業時間11:00~15:00 18:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:木曜
http://sunrose-koga.com/


【にほんブログ村】

山梨県北杜市小淵沢『deux chats(ドゥ シャ)』は摘みたてのフレッシュハーブティーが美味しい古民家カフェです。

image



青春18きっぷで小淵沢に鰻を食べに来た母とワタクシ。


井筒屋同様、Googleストリートビューで発見してプランに組み込みましたが、


井筒屋からものごっつい近い場所にあるのに、意外と穴場でした。


image
塀を取っ払ってあるのでこちらから入れます。

image
しかし、その隣には正式な門もある。

image
蔵&庭側から見た母屋。

image
その庭に面した座敷が飲食店として使われています。

image
天井材がとても良いものに見受けられまする。
この日は花鳥図の屏風が六曲一双で飾られていました。


image
ハーブティーは、庭から摘みたてのハーブを入れて供されます。

image
摘みたてのフレッシュハーブティー。
この日はカモミールとレモングラスのハーブティーでした。


image
ジノリのカップ&ソーサーにはラベンダーが添えてありました。

image
めっちゃ良い香り。

image
ちょろりと入れてみましたが、
乾燥したハーブとは違って色も香りも濃いです。


image
クッキーも添えてありました。



フレッシュハーブティーを初めて飲みましたが、


香りがとても強くて良いので、


カモミールの鎮静効果とリラックス効果が増しそうです。


大変気に入りました。


たっぷりと摘みたてのフレッシュハーブが入って、


600円というお値段は安いと思う。


image
蔵はギャラリーとして使われています。

image
蔵の前にあった壷がツボ。
可愛いです。


image
帰りに一人一膳、お箸を頂きました。
持ち手の先が透明なアクリルっぽい素材でできています。


image
ソーサーに添えられていたラベンダーを頂きました。
ご好意により、追加で庭のラベンダーも切らせて頂きました。
めっちゃ良い香り。



母が「落ち着く」と何度も言っており、とても気に入ったようでした。


ランチメニューもあるので、こちらで昼食を摂るのも良いかも。


端々にまでコダワリが感じられ、


なかなか良い時間を過ごすことができました。


小淵沢を訪れる際は、オススメです。是非!!



image
【古民家カフェ deux chats(ドゥ シャ)】

山梨県北杜市小淵沢町7568
営業時間 [土・日・月・木・金] 11:00~16:30
定休日:火曜、水曜



【にほんブログ村】

墨田区向島『古民家WINESHOP&BAR お静』で隅田川での花見散策途中でホットワインを頂いてきた。

隅田川




隅田川沿いの桜は満開で、その下では宴会が繰り広げられていました。



最近はテーブルや椅子などを持ち込むつわものが居て、



お花見も進化しているんだなぁとボンヤリ眺めつつ通り過ぎました。



途中、花見宴会の座に、なぎら健壱さんが居たり、



マック赤坂さんがオープンカーに乗って(たぶん個人的に)パレードしているのを見て、



さすが下町だなぁと感心してみたりもして。



さて、そんなお花見散策中に存在感のある古民家を発見しました。



見ると、どうやらお店らしい。



ゆえにちょっと覗いてみることにしました。



お静
分かり易くワイングラスのオブジェが出ています。




築92年の古民家を利用したワインバー『お静』。



店名はオーナーのおばあさまの名前なんだとか。



先の震災もさることながら、関東大震災や東京大空襲でも残った木造住宅。



オーナー曰く、東日本大震災では激しく揺れたそうですが、



建物は大丈夫だったそうです。



凄いな、木造建築の柔軟性。


お静
ワインボトルを利用した看板兼照明。

お静
ホットワインが500円ということで、ちょっと飲んでいくことに。

お静
オープンカフェ的な席が空いていましたので、コチラで。

お静
席からは桜を眺めることが出来ます。
めちゃくちゃ落ち着くし、良い席でしたわ。



お静
[ホットワイン 500円(税込)]
ナッツ類も付いてこのお値段でした。
真昼間に飲むお酒って、ちょっとした罪悪感も加味して
非現実的な気分になりますよねぇ。


お静
ホットワインにはオレンジが入っていました。




墨田区商店街連合会発刊のリーフレットによると、



ここは予約制のお店だったようです。



丁度お花見シーズンだったからか座ることができましたが、



普段は土曜・日曜・祝日は定休日のようで・・・。



色々と謎です。



タイミングが合えば入店できるという仕組みなのかも。



まだまだ探せばこういうお店があるようで、



墨田区散策もいいかもなぁと思っている今現在のワタクシです。



さくら
隅田川
墨田区と隅田川。
「すみだ」と音に当てた漢字がこのエリアに混在していて、結構複雑。




お静
【古民家WINESHOP&BAR お静】

東京都墨田区向島5 -17-6
営業時間 18:00~22:00
不定休



【にほんブログ村】

茨城県結城市『Café La Famille(カフェ ラ ファミーユ)』は小洒落たファームのような雰囲気で女性人気の高い場所でした。

Café La Famille
cafe la famille(カフェ ラ ファミーユ)】
茨城県結城市結城911-4
営業時間 11:30~22:00(ラストオーダー)


Café La Famille
独特な雰囲気のお店です。

Café La Famille
敷地内には、飲食ができる建物と、アンティークショップ、ギャラリーがあります。

Café La Famille
ここだけが国籍不明って感じ。

Café La Famille
右がカフェ、左がアンティークショップ。

Café La Famille
【generaL STORE】
営業時間 11:30~21:00
アンティークの古着や鞄、靴、食器などがあります。


Café La Famille
左側に鶏が飼われていました。
ビニルハウスの骨組みを効果的に使っているのは参考になりました。


Café La Famille
いい感じに木々が茂っています。

Café La Famille
奥は普通の住宅街。

Café La Famille
カフェの建物。
外でも飲食可能なようです。


Café La Famille
道の先がギャラリーです。

Café La Famille
なんだかとても良い雰囲気です。

Café La Famille
ギャラリーの入口。
ガラス作家による二人展を実施中でした。


Café La Famille
将来、自分が古民家再生をする際の参考にしたいと思いました。
植物の使い方が効果的だなぁ。


Café La Famille
涼しげな窓際。

Café La Famille

グラス
一つ購入しちゃいました。
これは瓶を再生したガラス作品なんだとか。


イマイチ、食事が摂れるお店に恵まれなかった今回の散策。

『Café La Famille(カフェ ラ ファミーユ)』を訪れてはみたものの、

待ち時間は余裕で一時間あるとのことで、

敷地内を散策してみることにしました。

ここは女性に大人気のお店だそうで、

至る所で感嘆の声を上げている女性たち。

なんだか納得できる気がする、独特の美学と雰囲気のある場所でした。

定年後に古民家を再生して移住する気満々のワタクシとしては、

とても参考になる造りでした。

それはそうと、飲食をする場合は予約必須って感じ。

そうでないと、待ち時間の多さにグッタリするかもしれません。

もう一度結城市まで足を運ぶかは謎なれど、

もし機会があれば、次回は予約をしようと思いました。

ゆえに、

予約必須で、オススメです。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。