sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

利根郡川場村

群馬県利根郡川場村『古新館』で永井酒造の「水芭蕉」を試飲し「谷川岳」を購入する。

古新館・蔵カフェ


1886年創業の永井酒造は「水芭蕉」や「谷川岳」を醸す酒造会社ですが、

同社が経営する『古新館・蔵カフェ』でもそれらを味わうことができます。

今回は蔵カフェで珈琲を飲んだあとで、ショップで日本酒を購入しつつ試飲をして参りました。


永井酒造
永井酒造前の巨大な杉玉。

古新館
館内入り口には座って休める場所があります。

古新館
青い杉玉があるってことは「水芭蕉」が新酒なんですね。

古新館
主力商品の「水芭蕉」ですが、価格もピンきり。
数万円する商品もありました。


古新館
二階には上がれません。
ショップ内にはぐい飲みやお猪口がいろいろ並んでます。
ガラス製品が多いかも。


古新館
お雛様が正面に飾ってありました。

古新館
酒粕の文字についつい反応してしまうワタクシ。

古新館
試飲もさせていただきました。
先ずは「水芭蕉」から頂いてみる。


古新館
その後、「谷川岳」を試飲。

古新館
これが一番好みの味でした。
高崎駅でも買えるので、ここでは買いませんでした。


古新館
なかなか個性的な味だと感じた「谷川岳」。

古新館
外にも椅子席があります。春秋の季節なら外で休むのも良いかもね。


今度、飲む日本酒に迷ったら、「水芭蕉」の純米吟醸を選ぼうと決めました。

東京でも買えるっつーのが良いですね。

そして今回ワタクシがこちらで購入したものは、以下の通りでございます。


酒粕
やっぱり購入してしまった酒粕。350円也。

永井酒造
一年に一樽しか仕込まない副杜氏さんの作品。1,458円(税込)。

永井酒造
ネットでの評価はいろいろですが、どうかなぁ。

永井酒造
180mlで良いお値段なのがこちらの大吟醸プレミア。
上の一本と大差ない価格だったりします。
そして純米酒ではございません。



今回、偶然発見した酒造会社でしたが、良い出会いが出来て大変満足です。

だから旅は止められないんですねぇ。


水芭蕉


古新館・蔵カフェ
【古新館・蔵カフェ】

群馬県利根郡川場村門前713
営業時間 [古新館] 9:00~17:00、[蔵カフェ] 10:00~16:00(LO15:30)
定休日:火曜
http://koshinkan-kuracafe.com/


【にほんブログ村】

群馬県利根郡川場村『蔵カフェ』の仕込み水出し珈琲がまろやか。



1886年創業の「永井酒造」直営の施設が門前下バス停の側にあります。

バスの待ち時間が1時間ほどあるもんで、その施設に立ち寄ることに致しました。


永井酒造
バスを逃すと帰れなくなるため、何度も時計を確認する一時間でした。
バスの時間はあくまでも「予定」で、前後15分は待つ必要があります。
この日も到着が遅れ、雪の中を待ち続けたワタクシです。


古新館・蔵カフェ
綺麗に整備された一帯には永井酒造の建物が並びます。

古新館・蔵カフェ
二つの建物の間あるのが旧仕込蔵で
現在ショップ&カフェになっているところです。


古新館
旧仕込蔵の内部がオシャレに改修されています。

蔵カフェ
「蔵カフェ」内部もなかなか面白い内装になっています。
入口手前に少しだけ椅子席があります。


蔵カフェ
雪が降っていて寒いのでこちらのホットを注文。

蔵カフェ
[仕込み水出し珈琲 480円(税込)]
グラスに入った水も仕込水です。
珈琲はとてもまろやかで、
これは子供でも飲めるのでは?と思いました。


永井酒造
永井酒造の建物の前にある謎の釜。
そして入り口には水芭蕉のオブジェがあります。


永井酒造
仕込水が飲める場所はバス停脇にあります。

蔵カフェ
平日は要予約のランチメニュー。
土日祝日は数量限定のようです。
この日は調理担当者がインフルエンザで休みのため
料理もお休みでした。


蔵カフェ
この日は注文できませんでしたが、酒蔵汁ってのもオススメだそうです。
酒粕入りのけんちん汁だという説明でした。


料理は注文ではないけれど、丁寧に説明してくださるスタッフの方。

メニューは参考にご覧くださいねと置いていってくれました(笑)。

次回の参考にしようと思います。

バスを待つには丁度良い施設だと思います。

ここで珈琲を飲んで一息ついたワタクシは、

続いて併設のショップで日本酒を吟味して購入することに時間を費やしました。

食事ができない場合は、ショップの方がオススメかもしれません。



古新館・蔵カフェ
【古新館・蔵カフェ】

群馬県利根郡川場村門前713
営業時間 [古新館] 9:00~17:00、[蔵カフェ] 10:00~16:00(LO15:30)
定休日:火曜
http://koshinkan-kuracafe.com/


【にほんブログ村】

群馬県利根郡川場村『青龍山 吉祥寺』で今年初の水芭蕉を見てきた。【写真多用】

青龍山 吉祥寺


鎌倉建長寺を本山とする臨済宗の禅寺『青龍山 吉祥寺』。

創建は暦応2年(1339年)の 南北朝時代で、

四季折々に100種類もの花が楽しめるとして有名なお寺です。

今回は沼田市観光が目当てだったのですが、

ここで水芭蕉が見られると知り、ちょっと足を伸ばして行ってまいりました。


青龍山 吉祥寺
左側で拝観料500円を支払います。
(HPを見たと伝えると100円引きになります)


青龍山 吉祥寺
脇に清流が流れる参道。
水の音が心地よいです。


水芭蕉
これから咲くのかもしれない水芭蕉。

青龍山 吉祥寺
[山門]

青龍山 吉祥寺

青龍山 吉祥寺
これがその「青龍山」と書かれた勅額。

青龍山 吉祥寺
青龍山 吉祥寺
良い感じの阿吽の狛犬が山門前にいます。

青龍山 吉祥寺
青龍山 吉祥寺
こちらは筋肉質な足を持つ仁王像。
仁王の足元に小さな像がわらわら置いてあります。


青龍山 吉祥寺
山門の格天井。
着色されていないのが良いですね。


青龍山 吉祥寺
なんだか小顔な気がする獅子。

青龍山 吉祥寺

青龍山 吉祥寺
山門内にあるテーブル代わりの木材。
すごいですね、これ。何年ものなんだろう?


青龍山 吉祥寺
山門では一休みできるように椅子が沢山置いてあります。
4月には周囲に桜が咲くっぽい。


青龍山 吉祥寺
横から見た山門。実は二階に上がれるんです。

青龍山 吉祥寺
ブーツだったし、時間が無かったので上がりませんでしたけど。

青龍山 吉祥寺
山門の懸魚。

青龍山 吉祥寺
山門をくぐった先の参道。

青龍山 吉祥寺
[鐘楼]

青龍山 吉祥寺
[釈迦堂]

青龍山 吉祥寺

青龍山 吉祥寺
内部に入ってみます。

青龍山 吉祥寺
生憎、お釈迦様は写真でしたが、
周囲に置かれた駕籠や仏像の量に圧倒されました。


青龍山 吉祥寺
折上げ格天井。
う、美しい!!!


青龍山 吉祥寺
これ、博物館で見たことがある気がするんですけど、
何ですっけ?



青龍山 吉祥寺
[本堂入り口]
靴を脱いで参拝させていただきました。
御朱印は先に預けてからお堂に入るのがこちらでの手順のようです。


青龍山 吉祥寺
[本堂]
三方の庭が素晴らしいです。


青龍山 吉祥寺
「臥龍庭」から見る釈迦堂。

青龍山 吉祥寺
[昇龍の滝]
ここは風の流れが心地よく、何時間でも座っていられそうでした。
寒いけど。


青龍山 吉祥寺
[青龍の滝]
本堂の裏側にある池。


水芭蕉
水芭蕉
水芭蕉
水芭蕉
水芭蕉の咲きは、まばらでした。

青龍山 吉祥寺
すっごく可愛いお地蔵様。
敷地内に無数の仏像が安置されています。


青龍山 吉祥寺
苔生した小さな仏像。
すごく可愛くて気に入りました。


青龍山 吉祥寺
こちらのお釈迦様の前には蕗の薹が咲いていました。

蕗の薹
お、美味しそう・・・

蕗の薹
天ぷらが食べたくなりました。

image
これは山茱萸ですかね。

image
これは何の実なんだろう?

image
咲いた姿を見てみたいと思う花もありました。


4月には沢山の花が咲くようで、その頃に訪れる人が多そうなお寺でした。

別名、花寺とも呼ばれているそうです。

庭は丁寧に管理されていて、拝観料も納得できます。

わざわざ来る価値のある群馬県のお寺なんじゃないかしら。

オススメです。


青龍山 吉祥寺
本堂入り口で御朱印を頂きました。


青龍山 吉祥寺
【臨済宗建長寺派 青龍山 吉祥寺】

群馬県利根郡川場村門前860
拝観時間 9:00~17:00(入場は~16時)
拝観料:大人 500円(HPで割引があります)
JR沼田駅→関越交通バス川場村循環(右回り)で約30分,「吉祥寺入口」下車徒歩2分


沼田駅
バスは時間ギリギリに来てすぐに発車しちゃうみたいです。
SuicaなどのICカードは使えません。
JR沼田駅から吉祥寺入口までの運賃は650円。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。