sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

佐倉市

【写真多用】千葉県佐倉市『旧堀田邸』は国指定重要文化財に指定されている建物です。【番外編・引き手】

旧堀田邸
[旧堀田邸 冠木門]
※前編でキャプションを入れなかったので改めて



旧堀田邸の見所の一つに、襖の引き手があります。


でれも意匠を凝らしたものばかりで、必見。


非公開部分の引き手も素晴らしいそうなので、改めて訪れたいと思っています。


以下、説明できるほどの知識が無いため、写真のみにて失礼を。


旧堀田邸

旧堀田邸
甲菊木瓜引手?

旧堀田邸

旧堀田邸

旧堀田邸

旧堀田邸
七宝焼の引き手
※入室出来ないので望遠で撮影


旧堀田邸
七宝焼の引き手・朝顔
※入室出来ないので望遠で撮影

旧堀田邸
七宝焼の引き手
※入室出来ないので望遠で撮影

旧堀田邸
※入室出来ないので望遠で撮影

旧堀田邸
堆朱の引き手

旧堀田邸
上の引き手と対になっている堆朱の引き手
物語がありそうなのですが、ワタクシには分かりませんでした。


旧堀田邸
木瓜形の外側の意匠は、松かな?


【にほんブログ村】

【写真多用】千葉県佐倉市『旧堀田邸』は国指定重要文化財に指定されている建物です。【番外編・蔵】

旧堀田邸
[旧堀田邸・蔵]
堀田家の古文書が保管されているそうです。
【蔵の外部仕上げ】

外観の仕上げは、大壁とし、土壁の上に漆喰総塗籠(しっくいそうぬりごめ)とするか、各種の板張りとされる。平瓦を張り、漆喰を板蒲鉾のように盛って固める海鼠(なまこ)壁などとすることもある。
漆喰の壁には、左官職人が鏝によって文字や絵などを表現するレリーフ(鏝絵)を造られることもある。 現在では、木板の代わりとしてや、老朽化で剥がれ落ちた白壁を補うために、ブリキや鉄製の板・波板を張ることがある。

wikipediaより



旧堀田邸で国の重要文化財に指定されている場所には蔵も含まれます。


意外にも、インターネットでも蔵に関する説明書きはほとんど無く、


見どころとしてはスルーされている率も高い気がしますが、


よくよく見ると、この蔵、一般的によく見るタイプのものとは違うんです。


上の写真を見て、他と何が違うか分かりますか?


旧堀田邸
内部は非公開らしい。

旧堀田邸
入り口にも庇があるものなんですね。
今風に改修された蔵ばかり見てたのでちょっと感動。


旧堀田邸
錆びて途中で折れたっぽい閂(かんぬき)。

旧堀田邸
外壁は「下見板(したみいた)張り。

旧堀田邸
鬼板は母屋と同様です。

旧堀田邸
鬼板の後ろの影盛(かげもり)が凄いですね。
この影盛があるってことは、比較的新しめの蔵ってことらしいです。
でも、お金持ち。


旧堀田邸
[蔵の横]

旧堀田邸
[蔵の裏側]

旧堀田邸
全ての開口部に木の庇が付けられています。
こんな完璧な防御をしているのを、初めて見ました。



【 参 考 】

旧篠原家住宅_蔵 (5)
大谷石の外壁に埋め込まれた折釘@旧篠原家住宅

旧柳下邸
蔵の補修作業の際、はしごや縄、丸太などを掛けられるための折釘@旧柳下邸


旧堀田邸
この折釘って、外壁板を止めるためのものでもあったんですね~!

旧堀田邸
錆びた折釘や朽ちた木が、頑張って蔵を守っている感があっていいなぁ。

旧堀田邸
水に弱い漆喰壁を保護すると思われる外壁板。

旧堀田邸
見事に周囲をカバーしています。

旧堀田邸
開口部以外は全て木の板張り。

旧堀田邸
腰壁部分も板で張り巡らされています。

旧堀田邸
縁の下にも木の庇があり、中に雨水ず入らない仕組み。
石の蓋もあるってことは、たとえ台風でも大丈夫ってことかな?
と思ったら、防火用みたいですね。
火事が起こったら、これで隙間を蓋して延焼を防ぐという。


旧堀田邸
蔵入り口は大きな庇があるので、個別の庇も板も張られていません。

旧堀田邸
水はけを良くする為か、玉砂利が敷かれているっぽい。
そしてそれが流れ出ないようにするのか、瓦で抑えられています。



なんだか、全国の蔵を見て旅するのもいいなぁと思いました。


蔵の世界は奥が深そうで、調べれば楽しいんじゃないかな。


その前に、「伊豆の長八」の作品を実際に見てみたいので、


それを探す旅にでようかなぁとも思っていたり、居なかったり。



【にほんブログ村】

【写真多用】千葉県佐倉市『旧堀田邸』は国指定重要文化財に指定されている建物です。【後編】

旧堀田邸
[旧堀田邸(重要文化財 旧堀田家住宅)]



千葉県指定文化財名勝「さくら庭園」は旧堀田邸の庭だったところで、


現在公開されているのは、当時の邸宅の3分の1ほどの部分なんだとか。


当時は、明治時代の千葉県を代表する農業研究機関である


堀田家農事試験場を併設していました。


今は、庭園のみ無料で開放されています。


この庭がとても素晴らしくて、


可能であれば、晴れた暖かい日にボーっと日向ぼっこしたい感じです。


でもこの日は、ものごっつい強風が吹いていました。


そして寒かった。


リベンジするなら、春がいいかも。


旧堀田邸
庭は、明治期の東京巣鴨の庭師・伊藤彦右衛門によるもの。

旧堀田邸
近くじゃないので不明ですが、中央の木は梅か桜かなぁ。

旧堀田邸
平成9年から11年にかけて建物全体の修復工事を行ったそうです。

旧堀田邸
柵は場所によって形が異なります。

旧堀田邸
[座敷棟]

旧堀田邸
この屋根瓦は古い気がする。

旧堀田邸
座敷棟の二階は通常非公開。

旧堀田邸
NHKドラマ「坂の上の雲」でモックンが自転車で走り回っていた絵が浮かびます。

旧堀田邸
めっちゃ手入れされている芝。

旧堀田邸
至るところに植えられた松が綺麗です。

旧堀田邸
空がやばい程に青い。

旧堀田邸
かなり起伏の激しい庭ですな。

旧堀田邸
巨大な雪見灯籠。

旧堀田邸
木々のきちんと手入れされています。

旧堀田邸
斜面には木々が植えられ、鳥獣保護区に指定されているそうです。

旧堀田邸
[萱門(控柱付き腕木門)]

旧堀田邸
何と書いてあるのかワカランほど扁額が虫に食われていますな・・・。
「孤山餘韻」と書いてあるそうですが。


旧堀田邸
萱門の扉。
これは何の意匠だろう?


旧堀田邸
庭と邸内を仕切る竹の柵。
時代劇でよく見るやつだ。


旧堀田邸
ここは「日本歴史庭園100選」に選ばれています。

旧堀田邸
冠木門から玄関に向かうまでの砂利道は綺麗に掃き清められていました。
細部にまで手入れが行き届いている場所だなぁ~。


【にほんブログ村】

【写真多用】千葉県佐倉市『旧堀田邸』は国指定重要文化財に指定されている建物です。【前編】

旧堀田邸
[旧堀田邸(旧佐倉藩主邸宅)]
千葉県佐倉市鏑木町274番地
 国の重要文化財(重文指定日:2006年(平成18年)7月5日)
開館時間:10時から16時30分(入館は16時まで)
休館日:月曜
見学は有料。


旧堀田邸
旧佐倉藩主堀田正倫が1890年(明治23年)に建造した邸宅。

旧堀田邸
伝統的な和風建築の工法と、ボルトやナットを使用した西洋建築の工法が混在しています。
見学者の入り口は右側。


image
鬼板と懸魚(げぎょ)は水流模様になっていますね。

旧堀田邸
屋根の鬼板には堀田家の家紋があしらわれています。

旧堀田邸

image
蕪懸魚(かぶらげぎょ)と六葉(ろくよう)。
水の流れる様が見事に彫られています。



旧堀田邸はNHドラマ「坂の上の雲」や、「JIN -仁-」、


松坂桃李が主演した「侍戦隊シンケンジャー」のロケなどに使われた場所ですが、


国の重要文化財に指定されており、庭園は県指定名勝になっています。


最後の佐倉藩主堀田正倫が、維新後東京から佐倉に移り住んだ邸宅で、


明治時代に建てられました。


庭は、明治期の庭師・伊藤彦右衛門によるもので、


「さくら庭園」として常時無料で開放されています。


旧堀田邸
襖を開けると正面玄関になります。

旧堀田邸
比較的新しいと思われる照明器具。

旧堀田邸
見学者入り口から入った部屋にある衣紋掛け。
ちよっと小洒落ています。


旧堀田邸
玄関だからって、こんなに衣紋掛けが必要!?
 ってぐらい部屋の両側の壁にあります。


旧堀田邸
端を見ると、後から取り付けられたのが分かります。

旧堀田邸
「桐」の釘隠し
格式の高い部屋にあしらわれています。


旧堀田邸

旧堀田邸
[玄関棟・応接の間]

旧堀田邸
竹節欄間のように何か意味のありそうな欄間ですが、今のワタクシには分かりません。

旧堀田邸
[縁側]
右手の畳廊下は11mあるそうです。


旧堀田邸
長い廊下の軒桁に掛かる丸太

旧堀田邸
平成18年(2006年)7月に国の重要文化財(建造物)に住居部5棟が指定されています。

旧堀田邸
居間棟2階部分は非公開

旧堀田邸
書斎棟は通常非公開になっています。

旧堀田邸

旧堀田邸
網代(あじろ)天井

旧堀田邸
書斎棟 (非公開)

旧堀田邸
普段非公開なだけあって、内部は凄いらしい。

旧堀田邸
非公開になっている場所は、2月11日に見学できるそうな。

旧堀田邸
[居間]
床柱は鉄刀木(たがやさん)、壁土は大阪土が用いられています。


旧堀田邸

旧堀田邸
釘隠しは「橘」。

旧堀田邸
[御寝之間]
※非公開で入室できず


旧堀田邸
襖は印度更紗などが貼ってあるそうです。

旧堀田邸
お手洗い前の手水鉢。
新しいけれど、トイレがありますよという目印なのかも。


旧堀田邸
玄関棟内側

旧堀田邸
カムロちゃんというキャラクターもあるらしい。

旧堀田邸
[客座敷]

旧堀田邸
二重菱組子の欄間

旧堀田邸
舞鶴紋様唐紙?

旧堀田邸

旧堀田邸
ここが特等席なんだそうです。

旧堀田邸
上の座布団に座ってみる庭の景色。

旧堀田邸
結構面白かったので再放送も見ている「坂の上の雲」。
このモックンは評価する。


旧堀田邸
[上ノ間と御祠堂]

旧堀田邸
現代の窓ガラスと昔の窓ガラスの見分け方は、ゆがみの有無。
古いものには気泡が入っている場合もあります。


旧堀田邸
庭は広大です。

旧堀田邸
雪隠あるところに手水あり。
ちょっと遠いけど。


旧堀田邸
湯殿に向かう廊下は天井が低くなっています。

旧堀田邸
昭和時代にはよく見た窓の鍵。
懐かしいです。


旧堀田邸
湯殿に向かう廊下の天井。
桜の木が掛けられています。


旧堀田邸

旧堀田邸
[湯殿]
明治44年に堀田家農事試験場を視察に訪れた
東宮殿下(大正天皇)休息のために増築された湯殿で、
湯に浸る風呂桶はなく、かけ湯によって入浴したそうです。



後編番外編に続く。


【にほんブログ村】

千葉県佐倉市の武家屋敷ほか色んな興味深いもの。

武家屋敷01
[三軒の武家屋敷がある道]
関東地方では最大級の武家屋敷群なんだそうです。(マジかー)
以下、写真は順不同かもしれません。


武家屋敷02
武家屋敷03
武家屋敷04
武家屋敷05
武家屋敷06
武家屋敷07

案内板
ワタクシが、児玉源太郎という存在を初めて知ったのは「坂の上の雲」でした。

ひよどり坂01
[サムライの古径(こみち)ひよどり坂]

ひよどり坂02
お城に行く近道だったってことかなぁ。

ひよどり坂03
この先には階段があります。

ひよどり坂04
夏は歩きたくないなぁ。
蚊にめっちゃ刺されそうだもん。




佐倉市を散策しましたが、武家屋敷群の道に曲がる手前から、


“ここ、来たことがある”


と感じていました。


でも、いつ、誰と来たのかが全く思い出せない。


同行者にも覚えがあるものの、一緒に来るシチュエーションが有り得ない。


もしかしたら夢で見たのか?


来たことがあるのは確かなんだけどなぁ。


子供の頃に。


記憶喪失みたいでモヤモヤしまくり、見学する気は失せました。


夢だったのかも。


または、本当に似たような場所が日本のどこかに存在するのかも。


めっちゃモヤモヤします。


ちなみに、この場所以外の佐倉市は初めて来たと思います。


全く記憶に無いもん。


と、まあ、モヤモヤした記憶と暫く闘ったものの、


ぼちぼち諦めようと思っているところ。


ほんと、謎だ・・・・・・。


国道51号
国道51号沿いの家々は古いものも多く、屋根の鬼板がとてもお洒落です。

国道51号
売家の古民家。

国道51号
その屋根の鬼板はとてもカッコイイ。]

国道51号
屋根瓦がゴージャスな小売店。

国道51号
影盛りされた鬼板。
お、お金持ち・・・。


麻賀多神社
[麻賀多神社(まかたじんじゃ)]
千葉県佐倉市鏑木町933-1
佐倉城の鎮守神。


ポスト
佐倉市内は何故か丸ポストが多いんですよね。
ワザと残しているのかな?


大手門跡
[大手門跡]

薬師坂
[薬師坂]
ものごっつい急坂です。
でもこの坂を下りるとJR佐倉駅は近いかも。


【にほんブログ村】

千葉県佐倉市『くらしの植物苑』の冬の特別企画「冬の華・サザンカ」展は明日まで。

くらしの植物苑
【国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑】
開苑時間 9:30~16:30 (入苑は16:00まで)
休苑日:月曜
入苑料:100円
開催期間:2014年12月2日(火)~2015年2月1日(日)


くらしの植物苑
分かりにくいでしょうが、強風が吹いています。
さ、寒い・・・。



佐倉市内に植物苑があると知り、ちょっくら行ってみました。


サザンカ展をやっているとのことで、


冬の何もない植物園でも見るものはありそう。


この特別展は明日までとのことで、


実際、見頃は終わっているかもという感じの内容でした。


でも、少しは観賞できたので、100円分は満足できました。


誰も居なかったので、苑内を独占できたし(笑)。


ミスエド
[ミスエド]

スター・アバブ・スター
[スター・アバブ・スター]

おもかげ
[おもかげ]

六歌仙
[宝塚]

宝塚
[宝塚]

白寒椿
[白寒椿]

東牡丹(あずまぼたん)
[東牡丹(あずまぼたん)]

都の春(都姿)
[都の春(都姿)]

福雀
[福雀]

長春(ちょうしゅん)01
[長春(ちょうしゅん)]

長春(ちょうしゅん)02
長春(ちょうしゅん)
蕾もとても綺麗です。
美味しそう・・・


笑顔紅(えがおくれない)
[笑顔紅(えがおくれない)]

銀竜(ぎんりゅう)
[銀竜(ぎんりゅう)]

銀竜(ぎんりゅう)

玉姫(たまひめ)
[玉姫(たまひめ) ]

勘次郎(立寒椿)
[勘次郎(立寒椿)]

鎌倉絞(かまくらしぼり)
[鎌倉絞(かまくらしぼり)]

曳馬乙女(ひくまおとめ)
[曳馬乙女(ひくまおとめ)]

べにばな
[ベニバナ(紅花)]
学名:Carthamus tinctorius
キク科ベニバナ属の一年草
花が咲いたらどんな畝が見られるんだろうかと妄想しちゃいました。



【にほんブログ村】

千葉県佐倉市『カフェ ブォナ ジョルナータ』は市立美術館内にある小綺麗なカフェです。

市立美術館01
[佐倉市立美術館(さくらしりつ びじゅつかん)]
 千葉県佐倉市新町210
 
正面のエントランス部分は1918年(大正7年)に「旧川崎銀行佐倉支店」として建設されたもの。
千葉県指定文化財(有形文化財)。


市立美術館02
市立美術館03
中央の桜の意匠は、後から付けられたんでしょうな。

市立美術館04
浅井忠,都鳥英喜,荒谷直之介,香取秀真,津田信夫,堀柳女など
佐倉市と房総ゆかりの作家を中心に収蔵されているそうです。



ちょっとドキドキする経験をしたもんで、


改めて食事をするために選んだのが美術館内にある『カフェ ブォナ ジョルナータ』。


こちらは観光案内所で紹介された場所です。


カフェ
小洒落た飲み物が沢山あるぅ~。

カフェ
施設内も小綺麗です。

カフェ
ワンプレートランチにしようと思ったら休みだった。

カフェ
[クロックムッシュとチャイ]
ランチセットで800円。
手前は蕪と人参のピクルス。
って、蕪じゃなくて大根だったかも。



本日は猛烈な風が吹いており、安全な建物内に避難できてホッとしました。


ってのは、大袈裟かもな。


何はともあれ、胃袋に食物を収められたので、


安心して再び次なる目的地に向かう決心が付きました。


実はこの辺り、お蕎麦屋さんが多いみたいなんです。


観光案内所で奨められたのもお蕎麦屋さんだったし。


カフェは意外と無いっぽい。


そういう点では、貴重な場所かも。



【Cafe Buona Giornata(カフェ ブォナ ジョルナータ)】
千葉県佐倉市新町210 佐倉市立美術館1F
10:00~18:00(L.O.17:30)
ランチ 11:30~14:00
定休日:月曜 


【にほんブログ村】

千葉県佐倉市『SAKURAGI』という喫茶店が入ってからもドキドキする感じ。

喫茶店



自転車で通りかかり、その外観に惹かれて入ったのがSAKURAGI。


ネットではローマ字表記ではなかったのですが、


外の看板にはそうあったので、そちらで。


さて、扉を開けてみて、ちょっとビビリました。


こ、これは・・・


うず高く積まれた新聞、


壁いっぱいに飾られた種々雑多な品々、


今年の干支の置物、


美術展のポスター、


埃まみれの棚、


昭和の喫茶店にあったような椅子、


たぶん常連さんたちは喫煙者なんだろうと思われるテーブルの上の二つの灰皿。


何よりビビッタのは食器がうず高く積まれたキッチンシンク。


いろいろとドキドキしました。


衛生的に大丈夫か!? 的な。


これはこれで面白いけど。


カレーやシチューなどのフードメニューもありましたが、


それを頼む勇気はありませんでした。


年配のオーナーがお一人でやってらっしゃるらしく、


いろいろ手がまわらないのかもなぁと思ってみたり。


面白かったけれど、最後までドキドキしまくった喫茶タイムでした。


ハラハラ、ドキドキしたい方は、是非。


喫茶店

喫茶店
[ブレンド 400円]

喫茶店
溶けて変形したチョコと、笹串だんごが付いています。
変形していようといまいと、チョコは苦手。


お菓子
残すのは申し訳ない気がして、笹串だんごだけ持ち帰えりました。
食べるかどうかは未定。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。