sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

伊東忠太

墨田区横網『東京都復興記念館』は関東大震災を知ることが出来る貴重な施設です。

image

本日は朝から両国にある『東京都復興記念館』に行って参りました。
ずーっと行こうと思っていたのですが、夏の暑さに負け続けた結果、防災の日(9月1日)すら超えた今日訪問することになってしまいました。

ここは主に、関東大震災について知ることが出来る施設です。

1923年(大正12年)9月1日11時58分32秒頃に発生した関東大震災は、能登半島近くにあった台風の影響により関東地方に吹いていた強風、それによる火災の広がり、津波や土砂崩れなどが発生し、多くの被害を齎しました。

image
当時でもこの津波の高さがあったなら、
地形が複雑化している現代はどのような津波が起こるのか。
日々、ビビっているワタクシです。

ここ『東京都復興記念館』は元は陸軍被服廠のあった場所でして、東京市が買い受けて1922年(大正11年)に横網町公園の造営整備に着手。翌1923年(大正12年)に関東大震災が発生し、敷地内に家財道具とともに付近の人々が避難してきました。
しかし、持ち込んだ家財道具を伝って火が燃え広がって多数の死焼者を出した地であり、ワタクシが「火災旋風」という言葉を知った、発生場所がここです。

当時、被服廠跡は広い空き地であり、火に追われた人々が家具や布団などを大八車に積んでここに押し寄せ、1人/1m2程度の密度となって混雑を極めていた。時間を経るうち、周辺から火の粉が飛来するようになり、それが家具、布団などに燃え移っ て内部は騒然となった。加えて、四時半頃には、人をも空に巻き上げるほどの強烈な熱旋風が三度も襲来した。 これによって、約20分の問に38,000人もの多量の焼死者が出た。
[出典]https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsk/17/0/17_KJ00002972383/_pdf

館内の展示品は、震災の惨禍を物語る多くの遺品や資料のほか、東京大空襲の戦災関係資料なども保存・展示されています。

image
一階が主に関東大震災の展示品となっています。

image
とても気になった箱書き。洋菓子の焼焦品だそうです。
データベースの説明によると「被災した洋菓子を木箱に入れたもの」とのこと。


image
象牙が骨のような焼け方をするのだと初めて知りました。
素材は同じですが、その認識はなかった。

大変見応えのある内容で、祖父母が居を構えていた現在ワタクシが住む場所や、ワタクシの在京年月で絡みのある土地について、地図上で様々なことを知ることができました。

image
これまた興味深い資料だったのがこちら。
ウチの周辺についても知ることが出来ました。

さて、興味深いのは建物もそうでして、設計は伊東忠太と佐野利器(さの としかた)。
震災の犠牲者の霊を追悼し、その惨事を後世に伝えるべく、昭和6年(1931年)に公園内の震災記念堂(現東京都慰霊堂)の付帯施設として建てられました。

image
都選定歴史的建造物
(平成11年・1999年選定)

image
正面柱上のガーゴイルは先月復元されたばかりだそうです。
(令和2年・2020年8月復元)

image
外壁は建設当時流行していたスクラッチタイル貼りとなっています。

image
基礎の補強や壁の増量などの耐震化工事と、設備を含めた大幅な改修がされています。
平成29年・2017年11月~31年・2019年3月

image
天井が低く圧迫感のある階段付近。
元の構造はどういうビジュアルだったんだろう?

image
手すりが付けられていますが、「内装からは浮いてるなぁ」と思ったりして。
(エレベーターは一階入口右手側にあります)

image
建物正面脇にある展示品。
日本橋の丸善ビルの鉄柱が震災の猛火で溶解したものだそうです。
鉄がこんなに溶ける温度だったのか。


image
鉄筋コンクリート造地上2階建。
(3階建てと書かれた資料もある)

震災記念堂(現東京都慰霊堂)も伊東忠太の設計によるものです。

image

内部を見学したいと思ったのですが、何かしらのイベント設営中だったので断念しました。
こちらの建物も耐震改修工事済み(平成28年・2016年)だそうです。

image
入口から天井部をチラ見。
折り上げ格天井が立派ですな。
シャンデリアは蓮の花です。


image
格子の中の絵も蓮花、なんでしょうな。

こちらも建物としての見どころが多々あるようです。見どころのフライヤーが置いてあるぐらいですし。予習をしてから日を改めて見学に行ってみようと思います。

最後に、とても印象に残った竹久夢二の「東京災難画信」の原稿の一つを上げておきたいと思います。

image

何処に行けばいいのか分からぬまま、生きるために歩く。被災直後の未来を知らぬ身ともなれば、このような心情だろうと思われます。
一瞬にして当たり前の生活だと思っていたものが覆されるのは、ある種今年の状況にも似ており。

改めて、防災について考えさせられました。

考えていても無力のままに終わるかもしれないけれど、それでも考えが及ぶ限りはその得ておきたいかなと思う今日のワタクシです。


image
【東京都復興記念館】
とうきょうと ふっこうきねんかん

東京都墨田区横網2-3-25
(都営地下鉄大江戸線 両国駅下車 徒歩約6分)
開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(祭日の場合は開館、翌火曜休館)、12月29日~1月3日
https://tokyoireikyoukai.or.jp/index.html


【にほんブログ村】

中央区築地『築地本願寺カフェ Tsumugi(つむぎ)』はメニューが意外と充実しているお寺境内にあるカフェです。

筑地本願寺



都心にある合同墓としてワタクシが真っ先に思い浮かべるのは築地本願寺。


その築地本願寺の改修工事が終了し、11月からカフェがオープンしているそうです。


日経で紹介されていたのですが、NHKでも放送されたそうで、


混雑が予想されたため、落ち着くのを待っていました。


夜に築地で飲み会があるもんで、その前の僅かな時間に立ち寄って参りました。


 カフェの大きなガラス窓から望める、美しい芝生の上の小高いオブジェのような施設。それが新しくできた「合同墓」です。自分の死後にお墓の管理を頼める人がいない人や、子どもはいても面倒をかけたくない人、諸事情で家族とは別の墓に入りたい人などの需要を想定した、個人単位で生前申し込みが可能な永代墓です。「永代使用冥加金」は30万円から(年間管理費不要)。宗教や宗派を問わず、誰でも申し込むことができるといいます。
【中略】
 築地本願寺は同時に、門信徒以外にも対象を広げた会員組織を発足。一般的な「菩提寺-檀家」という硬直的な制度とは異なる、ゆるやかな組織です。会員を対象に、仏事だけでなく相続や遺言作成などの相談も受け、ワンストップで専門家を紹介する「人生サポート」サービスも開始しています。
NIKKEI STYLEより



忘年会シーズンである12月の夕方ゆえか、もの凄く空いていました。


今が狙い目かもしれません。


築地本願寺カフェ
「築地本願寺インフォメーションセンター」の一角にカフェがあります。

築地本願寺カフェ
座席数は82席。結構広い。

築地本願寺カフェ
これから呑むので、お茶にしておきました。

築地本願寺カフェ
選んだのは「リラックス」。

築地本願寺カフェ
器がちょっと面白い。


もっと時間があれば色々楽しめたのでしょうが、


30分しか時間が無かったので、あまり満喫は出来ませんでした。


時間に余裕があるときに行くべきでしたね。


でも、まあ、行かなきゃと思い続けていた場所だったので、


気分的には落ち着きました。


次は食事するのもいいかも。


築地本願寺カフェ
かき氷もメニューにありました。




築地本願寺カフェ
【築地本願寺カフェ Tsumugi(つむぎ)】

東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺インフォメーション棟
営業時間8:00~21:00(L.O. 20:30)
https://tsukijihongwanji-lounge.jp/top/about_information_center.html


【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

image


長らくの病なのだけれど、

よくよく考えないと、今年が何年なのかが分からなくなるんです。

食品類の賞味期限を見て、瞬時に判断ができません。

今年が2017年という気もするし、平成28年は来年だという気もする。

自分の生年月日は分かるのだけれど、

今の自分の年齢は、じっくり考えないと分からなかったりもします。

そういう病なんだと思います。

っーか、病だということにしておかねば病みそうです。

さて、ここのところ毎週、市ヶ谷界隈に居るワタクシ。

ここからは徒歩で帰れるため、ぶらぶらと靖国の前を歩きます。

実はワタクシ、靖国神社の境内には一歩も足を踏み入れたことがありません。

個人的にここが絡むと人と別れるというジンクスがある為だったりします。

それはそうと先日、大鳥居の脇に看板が掛かっているのを目にしました。

image
そうかぁ~、150年前からあるのかぁ~。
って、今年は何年だったっけ?
と、立ち止まって考えるワタクシ。


三年も先のことを文字にするなら、

キリストが復活しない限りは変わらないと思われる西暦表記にすればいいのに・・・

と思ったことは内緒です。

明治は45年(1912年)まで、

大正は15年(1926年)まで、

っつーはサックリ思い出せるものの、

昭和64年が西暦何年になるのかが、思い出し難いワタクシです。

(だって、単純に1926+64じゃないんだもん、と言い訳してみる)

況して、2016年が平成何年だったのかは・・・(以下省略)。

この点からしても、ワタクシは算数障害なんだなぁとしみじみ思います。

歳老いるまでもなく、事故に遭って病院で

「今は平成何年だか分かりますか?」

と訊かれて即答できない自信があるワタクシ。

記憶障害と診断される率が高そうでヤバいです。

ちなみに、昭和64年は1989年で、

任天堂のゲームボーイが発売になった年でございます。

あれから27年経過した今も、ウチに2台のゲームボーイが眠ってます。

電池を入れれば動くんじゃないかな。

老眼だから、あんな小さい画面を追う自信はないけどな。


【にほんブログ村】

文京区湯島1丁目『湯島聖堂』には元禄時代に建てられた孔子廟があります。

湯島聖堂
[湯島聖堂の塀]
奥に向かって下り坂になっています。
敷地は大正11年に国の史跡に指定されています。


湯島聖堂
塀は桟瓦葺き。

湯島聖堂
5代将軍徳川綱吉によって元禄時代に建てられた孔子廟が「湯島聖堂」。
日本の学校教育発祥の地とされている。


湯島聖堂
事務所のある建物は懸魚がそれぞれ異なっていました。

湯島聖堂
雁股懸魚の一種かな?

湯島聖堂
こちらは蕪懸魚の一種かな。

湯島聖堂
翼のある霊獣も見られますが、名称は不明。

湯島聖堂
屋根には立派な鬼瓦があります。

湯島聖堂
売店には入らずに、大成殿へ。

湯島聖堂
【仰高門(ぎょうこうもん)】
鉄筋コンクリート造。
一般見学者用の入り口になる門です。


湯島聖堂

湯島聖堂
正面に石碑が見えますね。

湯島聖堂
右の木が「楷」。

湯島聖堂
楷は曲阜にある孔子の墓所に植えられている名木なんだそうです。

湯島聖堂
世界で一番高い孔子像は、
1975年(昭和50年)に中華民国台北ライオンズクラブから寄贈されたもの。


湯島聖堂
風に飛ばされた桜の花弁がいたるところで見られました。

湯島聖堂
【入徳門(にゅうとくもん)】
木造、平家建。
宝永元年(1704)建造。


湯島聖堂
[水屋の蛙股]

湯島聖堂
階段を上がったところが大成殿です。

湯島聖堂
【杏壇門(きょうだんもん)】
建物の全てが黒塗りで、一種独特の雰囲気がありますね。


湯島聖堂

湯島聖堂
【大成殿(たいせいでん)】
大成とは、孔子廟の正殿の名称で、内部に孔子を祀っています。
内部は土・日・祝のみ公開。
1923年(大正12年)関東大震災で入徳門と水屋以外の建物が焼失。
1935年(昭和10年)に大成殿が伊東忠太設計・大林組施工で再建。
鉄筋コンクリート造。


湯島聖堂
入徳門側を望む。
屋根の上には大成殿と同じ守護獣が置かれています。


鬼犾頭(きぎんとう)
[鬼犾頭(きぎんとう)]
体は魚、頭は龍、頭から勢いよく水を吹き出している霊獣です。
火災よけのまじないとして屋根の上に飾られている点は、鯱にも似ていますね。


鬼犾頭(きぎんとう)
こっちの写真の方が形が分かり易いかな。

鬼龍子(きりゅうし)
[鬼龍子(きりゅうし)]
鋳銅製で、寛政11年(1799)当時のもの。


鬼龍子(きりゅうし)
狛犬に似た姿で、顔は猫科の動物で、腹には鱗があり、蛇腹となっています。
想像上の霊獣で、孔子のような聖人の徳に感じて現れるそうです。


鬼龍子(きりゅうし)

湯島聖堂
大成殿は高台にあるため、正面のニコライ堂もよく見えます。



孔子の言葉といえば、巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)


(言葉巧みで、表情を取り繕っているものに、誠実な人間はほとんどいないということ)


それ以外は、いまいち義務教育で習ったことを覚えていないワタクシです。


湯島聖堂は合格祈願のご利益があるようで、


お子さん連れの親御さんがお参りしておいででした。


ワタクシもこれ以上記憶力が弱らないよう願ってみたり。


本日覚えたのは「鬼犾頭(きぎんとう)」と「鬼龍子(きりゅうし)」。


次回どこかで孔子廟を見たら、屋根をチェックしてみようっと。




湯島聖堂
【湯島聖堂(ゆしませいどう)】
東京都文京区湯島1-4-25
公開時間:9:30~17:00(冬季は16時まで)
大成殿公開:土・日・祝日のみ10:00~閉門時間まで
大成殿内部見学料:200円


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。