京都清宗根付館
館内撮影禁止。




壬生郷士である神先家の住宅として文政3年(1820年)に建てられた・・・



と推測されている建築物が壬生にあります。



つい数年前まで住んで居られたそうで、



その後、カフェっぽいものになり、



8年前に根付を展示する美術館になったそうです。



その『京都清宗根付館』に本日午前中に行って参りました。



実はワタクシ、学生時代に出会って購入してから根付が大好きで、



自分でもチマチマしたものを所持しています。



先の戦争で負けたため、大量に海外に流失して日本には殆ど残っていないのですが、



江戸時代の根付を、イギリスまで買に行ったこともあるほど好き。



さて、この美術館、ワタクシは初めて訪問したのですが、半端ないです。



展示方法が。



文化財に贅沢に配された現代根付の数々。



その展示の仕方は必見。



贅沢な空間となっております。



しかもクーラーが効いていて涼しいし。



現代根付の中に、ちょちょいと骨董が混じっていたりして、



なんだか宝探しみたいです。



オススメ。


京都清宗根付館
2015年08月01日~08月30日まで『小野里三昧展』をやってます。

京都清宗根付館
入館料は1,000円ですが、ネットから割引券を出力して行くと800円になります。

京都清宗根付館
「旧神先家住宅」として京都市指定有形文化財に登録されています。

京都清宗根付館
とにかく館内がカッコいいんですわ。
半端なくカッコイイ改装をしてます。


京都清宗根付館
側面は杉板張りの塀。

根付
これがワタクシが初期に買った根付。
念のために言うと丑です。





京都清宗根付館
【京都 清宗根付館】

京都府京都市中京区壬生賀陽御所町46番地1
開館時間 10:00~17:00(最終入館は16:30)
休館日:月曜
https://www.netsukekan.jp/



【にほんブログ村】