sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

中華料理

文京区後楽1丁目『中国茶芸苑 馥(ふく)』にビャンビャン麺を食べに行く。

びゃんびゃんめん

と書いて、ビャンビャン麺と読む。

ビャンを表すこの漢字は、ビャンビャン麺でしか使われていないそうです。

何故にこの漢字なのかは調べていないので不明。

ってことで、割と近所だと言えなくもない『中国茶芸苑 馥(ふく)』に。

ビャンビャン麺を食べに行って参りました。

(本日は在宅勤務日です)

image
入口のメニュー表でビャンビャン麵があるかを確認。
他のメニューを見ると気持ちがグラつくので即入店。

image
どこかからタバコの臭いがするので、
左側のスペースは喫煙可なのかもしれん。

image
机の上にもメニュー表が置いてありました。
ビャンビャン麵は、本場シェフが店内で作っているらしい。ふむふむ。

今日の東京地方は雨が降っておりまして、結構寒いです。

ゆえに辛みのある料理の注文が多いみたい。

ひっきりなしにお客さんが来るので、

料理が出てくるのは若干遅いです。

しかし、ビャンビャン麵について

想像しつつ待つのも一興かと思われます。

今日が初めてのビャンビャン麵との遭逢になるもんで

告白すると、昨晩夢に見てしまいました。

どんだけ楽しみだったんだっつー話ですな。

image
ビャンビャン麵 1,000円(税込)
大きなどんぶり鉢で登場です。圧がスゴイ。

image
ふむふむ。これがビャンビャン麵なるものか。
辛そうですな。
「よく混ぜて食べてください」と言われる。

image
見るからに辛そう。
麺はひもかわ饂飩みたいな感じですが、
こちらの方が厚みがあります。
もちもちした食感です。

image
よく混ぜてみました。
完食できないかもと思いましたが、
何かの旨味があって次々と口に運んでしまいます。
酸味も感じるため、意外と食べやすい。
美味しいです。

image
最後に残ったラー油。
なんでこんなに大きなどんぶり鉢なんだろう? と思ったら、
顔を突っ込んで食べることになるため油が服に飛び散らずに済むっぽい。
ある種の工夫なのかも?(違うかも?)

image
お口のオアシス、杏仁豆腐で辛みを緩和。

ビャンビャン麵は陝西省の料理ですが、

あの辺りって寒い土地柄なんだろうか?

ってぐらい香辛料が入っています。

今日みたいな日には丁度良い料理かもしれん。

あまり辛い料理が得意ではないワタクシですが、

これはまた食べたいなと思いました。

美味しかったので、また機会があれば再訪しようと思います。


image
【中国茶芸苑 馥(ふく)】

東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビルディング1F
営業時間 10:30~21:00
定休日:日曜不定休
https://www.instagram.com/fuku2002_/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

銀座6丁目『銀座 麒麟』で数年ぶりにランチをしたら。

銀座三越

銀座が閑散としており、撤退している飲食店が複数あると聞いてはおりました。

中でも驚いたのは、五丁目にあった昭和21年創業の甘味処『鹿乃子銀座本店』が閉店したこと。

COVID-19の爪痕は確実に銀座に打撃を与えているのだと感じました。

本日、新橋から四丁目交差点に向かって飲食店街を歩いておりましたが、店舗の気配が消えたビルが複数あり、ちょっと切なくなりました。

ワタクシの知っている銀座は消えつつあるんだなぁ、と。

そんな中、どこぞでランチを食べようと母と歩いていたら『銀座 麒麟』を発見。

ここはまだ頑張っているっぽい。

ということで、懐かしく思い、入店することにしました。

入口に立つ男性スタッフさんの奥に、一方的に顔見知りの女性スタッフさんを発見し、「いらっしゃるんですね」と呟いたら、こちらに気付いてくれ、奥から出てきてくれました。

マスクを少し外して顔をみせつつ、「お元気そうで」とお互いに挨拶をしてから、案内された階へ。

席について料理を選んでいたら、フロアの男性スタッフさんからにこやかに「久々にご利用くださったそうで、珈琲か紅茶をサービスさせて頂きます」と言われました。

本来はランチカードが無ければ得られないサービスなのですが、先ほどの女性スタッフさんからの口添えっぽい。

有難く頂戴いたしました。

image
前菜のプレートに生落花生を発見。
生落花生って今が旬なんだっけ?
もう一年経ったのかぁ。

image
具沢山の五目あんかけ焼きそば

image
イメージも味もお変わりなく、な感じ。

image
サービスで頂いた珈琲。

オフィスが銀座にあった頃は、『銀座 麒麟』にも頻繁に通ったものでした。

メニューは当時のまま。しかし当時とは違ってフロアは閑散としております。

なんだかちょっぴりセンチメンタルになりました。

でも、昔の顔見知りが今も元気に頑張っている姿を見るのは良いものですね。

ワタクシも頑張ろうと改めて思えました。

image
鳩居堂の看板ってこんなのだったんですね。
長年銀座に居たけど今日初めて認識した。

食後、ぶらぶら歩きつつ中央通りに出ると、歩行者天国になった道をたくさんの人が散策していました。

飲食店街とのギャップが凄いです。

といいつつ、中央通りのテナントも激変しているそうですね。

山野楽器がKDDIに3階分のフロアを貸し出すと聞きますし、銀座2丁目のティファニーのビル(孫正義氏所有)がヒューリックに売却されたとも聞きます。

かく言うワタクシも今年は地元での消費が多く、銀座で下車して買い物をすることが無くなりました。

銀座を応援したいけれど、銀座以外にも応援したいところは数多く、なかなか銀座まで足を延ばせないのが実情です。

しかし、とりあえずは『銀座 麒麟』を再訪して、超微力乍らも応援したいと思っているところです。

それにしても、切ない。



【銀座 麒麟】
東京都中央区銀座6-9-15 TACT-1ビル
営業時間 lunch 11:30~/dinner [平日]17:00~,[土日]16:00~
定休日:無休
※電子マネーは使えません
https://ginzakirin.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区西浅草『龍圓(りゅうえん)』で高級食材を使った中華料理を満喫し過ぎて満腹になり過ぎる。

image

「浅草で中華料理を食べよう」と言われると、鍋とお玉が触れ合う金属音が聞こえそうな気がしますが、この日、誘われたのはとても静かな中華料理店でした。

店名は『龍圓(りゅうえん)』。

シンプルな内装の店内で、独自のアレンジがなされた料理の数々は目に楽しく、舌に美味しく、胃袋に満腹感を与えてくれるものでした。

中華料理だけれど、使っている食器がロイヤルコペンハーゲンのものだったりするのもgoodです。

こちらは要予約のコース料理のみで、価格は税別6,000円か12,000円の二種類のみ。

と言っても、とてもフレンドリーなシェフがお一人で調理場に立たれているらしく、苦手食材は別のものに変えてくれるみたいです。

ホールに立つ女性スタッフが一人居るとはいえ、殆どを一人で切盛りしているのには驚きました。

今回は同行者が選んだ価格の高いコースを満喫させて頂きました。

image
うすはりグラスで出てくる生ビール。
蔵前から歩いて来たので喉が渇いており、至極美味しい一杯でした。


image
ピータン豆腐
刻んだピータンの上にエスプーマでムース状にした豆腐が乗っています。
キャビアは飲んでおく。

image
鮪の老酒漬けが絶品の一皿。
お酒が進みそうですが、
飲み過ぎると最後まで料理が食べられなくなる可能性があったと
後から気付きました。

image
よだれ鶏
鶏は真空パックで湯煎するフレンチの技法を使っているみたいです。
ピータンは苦手ですが、これぐらい少量ならば大丈夫でした。

image
松茸と穴子の春巻き
絶品です。ウマウマです。
なんかめっちゃ美味しかった。
image
トリュフ塩のかに玉
黒トリュフはあまり香りはしませんでしたが、
蟹も入っていて贅沢だなぁと感じる一皿でした。

image
信玄鶏団子と干し椎茸、干し肉、干し貝柱のスープ。
漢方のスープを飲んでいるのかってほど椎茸の良い香りがしていました。
熱々のスープをたっぷり含んだ椎茸を食べる時は要注意だと感じました。

image
那須牛とキクラゲ、ブラウンマッシュルームと銀杏の炒め物
銀杏がヒスイ色でとても綺麗なアクセントになっていました。
嗚呼、御飯が欲しい。もう既に満腹になっているから無理だけど。

image
フカヒレの姿煮
ある種メインの一皿。
優しい味で美味しいのですが、胃がはちきれそうです。

image
汁なし担々麺
限界を迎えつつある胃袋を𠮟咤激励しつつ食べた一皿。
ってか、辛い。

image
シャインマスカットを添えた杏仁豆腐。
杏仁の香りが良い感じです。
辛い担々麺を食べた後では癒しの一皿でした。

実は紹興酒も飲んでいたのですが、アルコールを飲む量をほどほどにしておかなければ胃袋の限界が早くなることを体感しました。

総じて美味しいです。

価格が低い方は、一皿少ないのと使う食材を変えているだけみたいだと同行者が言ってました。

そちらでも十二分に満足できると思われます。

次回はそちらを予約して再訪しようかな。

TX浅草駅がすぐそばにあるため、帰り易いのも良い感じです。

帰宅後は満腹過ぎて何もやる気が起こらず、そのまま就寝してしまいました。

明日は粗食にして胃を休めようと思います。



image
【龍圓(りゅうえん)】

東京都台東区西浅草3-1-9
営業時間 12:00~13:15/18:00~20:30 ※21:30閉店
[日祝]12:00~13:15/18:00~20:30 ※21:30閉店
定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌火曜休み)
http://www.ryuen1993.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

港区麻布台『新中国家庭料理 浅野』は陳建民氏の直弟子のお店だったらしい。

image
杏仁豆腐もウマウマ。

本日は六本木で仕事があり、

目的地からちょいと離れた場所でランチを済ますことにしました。

適当に入ったのですが、12時ちょい前なのにほぼ満席で、大人気店っぽい気配。

どうやら陳建民氏の直弟子である浅野俊昭氏が1993年に創業したお店だそうです。

image

よく分からずに入店したため、表のボードにあったBセットを注文。

なかなかに好みの味だし、小鉢も充実していたし、

これで1,000円って(ウチの会社の周辺よりは)リーズナブルだと感じました。

しかし周囲の気配に気を配ってみると、どうやらここは辛いものが人気っぽい。

麻婆豆腐セットや、担々麺を食べている人が多かったです。

でもいいの。Bセットが美味しかったから。

今後、六本木付近で仕事がある時は、ここを選択肢の一つとしようと思います。

久々の中華料理だったけれど、しばらく続けちゃうかも。



image
【新中国家庭料理 浅野】

東京都港区麻布台3-1-6 飯倉片町アネックス 2F
[月~金] 11:30~15:00(LO14:30),18:00~22:30(LO22:00)
[土] 17:00~22:30(LO22:00)
定休日:日曜、祝日、12月31日~1月3日
https://g-taste.co.jp/asano/


【にほんブログ村】

新宿区神楽坂2丁目『青山シャンウェイ神楽坂店』は毛沢東スペアリブが有名らしい。

image


テレビドラマ「孤独のグルメ」にかつて登場して話題になったらしい『青山シャンウェイ』。

その2号店が神楽坂にできたと、同僚が娘さんに聞いたらしいので、本日行ってまいりました。

ここは毛沢東の名を冠したスペアリブが有名らしいのです。

人気店ゆえ予約必至というアドバイスに従いましたが、確かにその通りで、

広くはない店内はお客さんでいっぱいでした。

四川料理店なので、メニューに辛いものが多いので、要注意です。


image
[紋甲イカの葱ソース]

image
[やわらか蒸し鶏の葱醤油]

image
国産の雛鳥を14時間蒸しているため骨まで食べられます。
個人的にはこれが一番好きです。


image
看板商品の「毛沢東スペアリブ」。
2本注文しました。
振りかかっているスパイスはお持ち帰り可能。


image
本日の青菜炒めは空心菜でした。
辛いものの後に食べたので癒された。


image
[湖南黒チャーハン]
思いの外、辛かった。


アルコールを三杯飲んで一人5,000円ほど。

ものすごく満腹になりました。

総じて辛いので、辛いものがそれほど得意ではないワタクシの場合、

甘いアルコール飲料が必要だと感じました。

ランクもやっているらしいので、ランチから入るのもいいかも。



image
【青山シャンウェイ神楽坂店】

東京都新宿区神楽坂2-6-1 ポルタ神楽坂 2F
営業時間 [月〜金]11:30〜14:00 17:30〜23:00,
[土] 11:30〜15:00 17:30〜22:30
[祝] 12:00〜14:30 17:30〜22:00
定休日:日曜
http://bacana-ginza.com/shop/aoyama/


【にほんブログ村】

新宿区新宿1丁目『シェフス(CHEF'S)』で上海蟹を食べてきた。

上海蟹



生まれて初めて上海蟹を食べました。


卵が苦手なので回避しましたけど、食べたという実績は得られたと思います。


さて、新宿御苑駅すぐのところにある『シェフス(CHEF'S)』は上海料理の有名店。


dancyuの編集長もオススメだと仰るお店です。


確かに、食べたすべての料理が上品で美味しい。


かなり美味しかったです。


存在感のあるマダムのオススメしてくださる料理を食べて、大変満足でした。


image
[赤ピーマンマリネ]
トマトのような甘さのあるトロンとした赤ピーマンのマリネ。


image
[ワカサギの素揚げアニスソース]
季節感ありますよね、ワカサギって。
ちなみによく考えないと、カワサギと言ってしまいそうになるワタクシです。


image
[黄ニラ千糸炒め]
黄ニラってお高いイメージですが、こんなに沢山あるなんて。


image
[上海蟹(オスとメス)]

image
奥の濃い方がメスなんですって。
ってか、引きで見ると、古代ペルーの仮面みたいに見える。


image
[上海蟹みそ豆腐]
豆腐がとろんとろんでめちゃくちゃ美味しかったです。
風邪を引いて喉が痛い時でも食べられそう。


image
[エビ本来の旨みが引き立つ『海老香り蒸し』]
これがめちゃくちゃ美味でした。


image
一旦引いてから、改めて
車海老香り蒸しの出汁が染みたライス付きで出てきます。


image
[黒酢豚]
野菜が入らない豚だけの酢豚。
がっつりお肉を食べている感があります。


image
[海老入り春巻き]
マダムオススメの春巻き。
ここではこれを食べるべき、ってコメントがネット上にもありますが、
中にはエビが一本マルっと入っています。


image
[干貝柱炒飯]
この炒飯が激ウマでした。自分でも作ろうと思います。
同じ感じにはならないだろうけど、チャレンジしてみたい。


image
[ねぎラーメン]
葱だけが乗ったシンプルなラーメン。上品なお味です。


image
デザートはいろいろ頼んで皆でシェア。
これはバジルのシャーベットです。
バジルの香りが濃厚でサッパリしていて美味でした。




どの料理も上品で、めちゃめちゃ美味しいです。


ここにわざわざ来る価値は確かにあると思う。


人気店なので予約は必須っぽいです。


また是非足を運びたいと思うお店でした。



【シェフス(CHEF'S)】
東京都新宿区新宿1-24-1 藤和ハイタウン1F
(メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」より徒歩5分)
営業時間18:00~22:00(L.O)
定休日:日曜・祝日


【にほんブログ村】

日本橋三越新館『銀座アスター 日本橋紫苑』でランチ。

日本橋紫苑
[前菜盛り合わせ]




母と日本橋で待ち合わせをし、



最終的に日本橋三越にやって参りました。



小腹が空いたので、新館に居るついでに10階でランチを摂ることに。



夕食がフレンチ料理になるもんで、ここでは中華料理を選択し、



『銀座アスター 日本橋紫苑』で「紫苑セット3,024円」を注文致しました。



日本橋紫苑
[蒸しスープ]

日本橋紫苑
[大山鶏とあおりいかと夏野菜の炒め物]

日本橋紫苑
母の選んだ「紫苑特製 黒豚酢豚」。

日本橋紫苑
[本日のお粥]

日本橋紫苑
ワタクシが時々東京大丸の地下で購入するザーサイ。

日本橋紫苑
[杏仁豆腐]
自家製アイスとの2択になります。




こちらのお店は年配の方々に人気があるようで、



車椅子でお越しの方や、おひとりさまランチをされているマダムを結構見ました。



中華料理が気楽に食べられるので、使い勝手の良いお店なんでしょうね。



味は普通ですが、居心地の良いお店でした。




【銀座アスター 日本橋紫苑】
東京都中央区日本橋室町1-4-1 日本橋三越新館10階
営業時間[平日]11:00~16:00(L.O.15:30),17:00~22:00(L.O.20:30)
[土日祝日]11:00~22:00(L.O.20:30)
http://www.n-shion.jp/



【にほんブログ村】

千葉県千葉市・ホテルニューオータニ幕張『大観苑(タイカンエン)』の土日限定プリフィクスランチ。

大観苑
[前菜三種盛り合わせ]




本日は海浜幕張に居りました。



野菜を買いに出かけたのですが、筑波よりも遠く感じました。



ってか、電車が混み過ぎィ~



イオンモールで母と買い物をした後で、



ホテル、ザ・マンハッタンまでタクシーを利用したものの、



タイミングが悪く、目的のお店は満席。



ゆえに、斜向かいにあるホテルニューオータニ幕張に移動。



その中の中華料理店でランチタイムを過ごすことにしました。



ここでは7月末までの土日限定プリフィクスランチメニューを選択。



3,200円(税・サ別)なので、結構お手頃です。



大観苑
これにビールを付けました。
休日ランチビールって、な~んかイイよね。


大観苑
中華スープ。
+数百円でふかひれスープに変更も可能。


大観苑
[三元豚の酢豚~黒酢~]※料理も4種類から選べます

大観苑
[上海の点心師による二色小籠包]
※点心は3つのメニューから選択できます


大観苑
[海老入り炒飯]
※麺・飯も5種類から選べます


大観苑
[杏仁豆腐 ~ジャスミンの香り~]
※デザートも5種類から選べます




ビールを飲んだからか、結構満腹。



ホテルランチだからか、安定した内容でした。



海浜幕張に初めて来たけれど、



こんなにイオンが幅を利かせた街だったんですねぇ。



わくわく広場が目的だったのですが、置いてある野菜は定番夏野菜って感じ。



野菜




やっぱり、個人的にはつくばの『わくわく広場』の方が、ワクワクしますわ。



ってことを、実感できただけでも、今日は来て良かったです。





【大観苑(タイカンエン)】
千葉県千葉市美浜区ひび野2-2 ホテルニューオータニ幕張
営業時間 11:30~15:00 17:00~21:00
定休日:無休



【にほんブログ村】

銀座6丁目『好々亭(はうはうてい)』で風邪をひいたので中華粥を食べてきた。

好々亭
[豚肉粥セット 750円(税込)]
※点心(日替り)がつきます




昨日から風邪をひいている。



喋ると咳の発作が出て止まらない。



的な。



出勤して直ぐに早退しようかと思ったけれど、



昨日の分も仕事があるので帰れない。



げほげほげほげほげほげほげほげほ・・・



正午になったら、なんだかお腹が空いてなくもない気配だったので、



酒豪Mにねだって、今日のランチはお粥にすることにしました。



酒豪Mが、それならばと言いつつ向かったのが



銀座6丁目『好々亭(はうはうてい)』。



前回何を注文したのか全く思い出せないまま、



ビタミンBを摂取しようと思い、豚肉粥を選択。



好々亭
好々亭
好々亭
テーブルにはザーサイが常備してある。




今日も結構悩んだのに、選んだものは前回と同じでした。



前回入っていたのはチャーシューでしたが



今回は豚肉の薄切りを炒めたものが入っていました。



美味しい気がする。



やっぱり、胃が疲れている時は、お粥に限りますなぁ~



ちなみに昨日ワタクシが休んだにも関わらず、



今日は既に風邪が蔓延してダウンしている人がチラホラ居ました。



うん、ワタクシのせいじゃないよね。よね。



と自分に言い聞かせているところ。



げほげほ。





image
【好々亭】

東京都中央区銀座6-13-7 同郷会館ビル1F
月~金11:00~翌4:00(フードLO翌4:00)
土日祝11:00~23:00(フードLO23:00)
定休日:なし 



【にほんブログ村】

銀座3丁目『だるま亭 銀座』で炒めもの三昧のランチをば。

だるま
[日替り定食 850円(税込)]
※名前を忘れた
三種類ある日替りのうち、麺じゃなかったコチラを選択。
赤いウインナーが懐かしい感じ。


だるま




麺か 定食か それが問題だ。



この日、酒豪M選んだのは東銀座にある『だるま亭』。



町の中華料理店です。



つい先日訪れた時は混んでいたのですが、



今日はめっちゃ空いていました。



この差が謎。



さて今日は麺類を食べる気分ではなかったもんで、定食を選択。



ピリ辛の味付けで、なかなか美味でした。



毎度感じるのだけれど、食べ終わった時の満腹感が半端ない。



そして確実にデブッた感も半端ない。



でも懲りずに来ちゃうのは、やっぱり妙に居心地が良いからなんだろうな。



と思っていたり。



次回は担々麺にしようかな。





だるま亭
【だるま亭 銀座店】

東京都中央区銀座3丁目12-18
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13043946/



【にほんブログ村】

銀座3丁目『だるま亭 銀座』で炭水化物三昧のランチをば。

だるま亭
[焼きそば・半チャーハンセット 750円(税込)]
ソースの香りに滅法弱い関西人です。


だるま亭
焼きそばを食べて達成感を味わっていると
続いて出てきた炒飯は“半”って量ではありませんでした。




入ったことのないお店に行こうということで、



この日、酒豪Mと選んだのは東銀座にある『だるま亭』。



町の中華料理店です。



こういう雰囲気の中華料理店が東銀座には多い気がする。



我々が入店した時は空いていたのですが、



注文が終わった途端に一気に満席。



意外にも女性率も高かったです。



ランチメニューには半チャーハンか、この日は椎茸入りあんかけご飯が付くらしく、



炭水化物三昧なランチになってしまいました。



でも完食できてしまうから不思議。



がっつり食べて満腹感を味わいたい時には良いかもしれません。



味は醤油味が勝っているので、好きな人には懐かしい味なのかも。。






だるま亭
【だるま亭 銀座店】

東京都中央区銀座3丁目12-18
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13043946/



【にほんブログ村】

銀座8丁目『味の元』の肉ピーマン玉ネギ炒め880円。

味の元
[肉ピーマン玉ネギ炒め 880円(税込)]
ライスは丼に大盛りに入っています。
お新香は分厚め。




今日も雨。



たぶん明日も雨でしょう。



今日は朝イチから外出していたもんで、全身湿気まみれ。



そんな湿気まみれのまま、ランチ時に酒豪Mと銀座8丁目まで歩いて参りました。



看板にがっつり『味の元』と書いてある中華料理屋を発見。



これが店名とは、いろいろシャレが利いていますなぁ。



と思いつつ、地下に下りて入店。



ワタクシは青椒肉絲が大好物でして、



中華料理屋で「肉」「ピーマン」「炒め」という文字をメニューに見ると、



条件反射で注文してしまいます。



例に漏れず、写真の日替わりメニューを注文しちゃいました。



量はガッツリ系、味はシッカリ系。



食べ応えのある内容でした。



特にご飯が。



男性が好みそうなお店ですね。



地下だし、周囲にラーメンを出すお店は多々あるし、



ここは「ザ・町の中華料理店」という雰囲気と味を好む人向けかもしれん。



そういえば先日、ラーメン店で酒豪Mが塩ラーメンを頼んだら、



塩抜きで出てきたんだそうな。



塩ラーメンの塩抜きって、素うどんよりも味が無さそう・・・。



かく言うワタクシも、某有名カフェチェーン店で



「アイスコーヒー、レギュラーサイズで」



と注文したら、



「ホットにしますか?」



と訊かれて思わず、



「はぁ?」



と変な声を出してしまいましたわ。



銀座の飲食店で働いている人は、



もしかしたらもの凄く疲れているのかもしれん。





味の元
【味の元】
東京都中央区銀座8-10-8
営業時間 11:30~22:30
定休日:土曜、日曜、祝日



【にほんブログ村】

銀座6丁目『CHINESE CUISINE SON』のランチは味良しコスパ良しで満足できるものでした。

CHINESE CUISINE SON
[ランチセット(Aセット) 1,512円(税込)]




またもや目的のランチに行けず、流れ流れてコチラのビルに来ました。



一階に出ているメニューをチラ見して、即9階へ。



珍しく酒豪Mと二人、同じ料理を選択しました。



ゆったりした座席と、明るい店内。



ちょっとお洒落な感じです。



お水ではなく、冷たいお茶が足の付いたグラスで出てくるのも特徴的。



そして何より、出てきた料理がとても美味しかったです。



CHINESE CUISINE SON
ちょっと迷って左端を選択。

CHINESE CUISINE SON
[フカヒレスープ]

CHINESE CUISINE SON
[海鮮の炒め]
これがものごっつい好みで美味しかったんです。
野菜がシャキシャキしていて、咀嚼するのが楽しかった。


CHINESE CUISINE SON
[SON特製炒飯]
パラパラした炒飯で、スプーンが付いています。


CHINESE CUISINE SON
[焼売、春巻き、サラダ]
ボリュームのある焼売でお腹が一杯になる感じ。


CHINESE CUISINE SON
[デザート]
マンゴープリンですかな。




また来たいと思うし、



オススメしたいランチです。





CHINESE CUISINE SON
【CHINESE CUISINE SON(チャイニーズ キュイジーヌ ソン)】
東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 9F
営業時間 11:30~16:00(L.O.15:00) , 18:00~22:30(L.O.21:30)
定休日:日曜

http://www.cuisine-son.com




【にほんブログ村】

銀座5丁目『全聚徳 銀座店』の週替わりランチはとっても満足できる内容でした。

全聚徳
[週替わりランチ 1,500円(税別)]
サラダ,家鴨のスープ,好きな料理2品(毎週替わる4品のうち2品を選択),デザート




酒豪Mの提案で、ものすごく久々に「全聚徳」に行って参りました。



何年ぶりだろう?



以前に来時より、確実にお客さんが増えており、



しかも中国語でサービスするスタッフも多い。



つまりはここでランチを摂る中国人観光客(個人)が多いんですね。



なんだか時の流れを感じました。



さて、今回ワタクシが選んだのは週替わりランチ。



サラダやスープ、デザートが付くのみならず、



メインを二品選べるのがお得って気がする。



しかも美味しかった。



特に記憶に残ったのは、オレンジが散りばめられた黒酢の酢豚。



これでご飯がお代わりできそうに美味しかったです。



って、しないけど。



来週以降のメニューも気になるので、



今後はちょくちょく足を運ぼうかな。



全聚徳
サラダにも家鴨のハムが乗っています。

全聚徳
ワタクシが選んだ2品のうちのひとつ。
牛肉の炒め物だった気がする。


全聚徳
ワタクシが選んだ2品のうちのひとつ。
黒酢豚だった気がする。
ってか、これがめっちゃ美味しかった!!


全聚徳
本日のデザートは杏仁豆腐でした。




全聚徳
【全聚徳 銀座店】
東京都中央区銀座5-8-17 銀座ワールドタウンビル 6F

営業時間
[月~金] 11:30~15:00(L.O.14:30),17:00~23:00(L.O.22:00)
[土・日・祝] 11:30~22:00(L.O.21:00)
定休日:無休



【にほんブログ村】

銀座6丁目『好々亭(はうはうてい)』で胃が痛かったので中華粥を食べてきた。

豚肉粥
[豚肉粥セット 750円(税込)]
※点心(ミニ肉まん・あんまん)がつきます




未明から胃が痛い。



きりきりきりきりきりきりきりきりきりきりきりきり・・・



的な。



出勤して直ぐに早退しようかと思ったけれど、



今日は夕方に来客があるので帰れない。



きりきりきりきりきりきりきりきりきりきりきりきり・・・



正午になったら、なんだかお腹が空いてなくもない気配だったので、



酒豪Mにねだって、今日のランチはお粥にすることにしました。



で、選んだのが銀座6丁目の『好々亭(はうはうてい)』。



いつの間にやら人気店になっており、店内ぎっちぎち。



でも辛うじて相席で座ることができたので、お粥にありつけました。



(ちなみに皆さんは普通の中華定食を食べています)



お粥もいろいろあり、結構なやんだのだけれど、



ビタミンBを摂取しようと思い、豚肉粥を選択。



初めて食べましたが、チャーシュー入りのお粥でした。



味は濃い目。



ラーメン鉢目一杯にお粥が入っているので、結構満腹になります。



(消化は早いけど)



ここで初めてお粥を食べたけれど、



胃が疲れているときには、アリかも。





【好々亭】
東京都中央区銀座6-13-7 同郷会館ビル1F
月~金11:00~翌4:00(フードLO翌4:00)
土日祝11:00~23:00(フードLO23:00)
定休日:なし 



【にほんブログ村】

文京区千駄木『天外天(てんがいてん)』の土・日・祭日ランチメニューをたらふく食べ過ぎてその後一駅歩くことになりましてん。

天外天
【天外天】
東京都文京区千駄木3-33-6
月~日ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)、無休




本日は女三人で谷中で栗甘味を食べた後でランチを摂るために千駄木に移動。



炎天下だったもんで、近くにあった『天外天』という有名四川料理店に入りました。



クーラーが効いていて、極楽じゃぁ~



そこに見るからに偉い人っぽいお店のマダムがやってきて、



「暑いから大変よねぇ」



とフレンドリーに話しかけてくれました。



全員同じセットにしようとしたら、



「別々にして、皆で少しずつ食べるほうが楽しいわよ」



と有り難いアドバイスをくれたので、その通りに注文致しました。



このマダムがなんだかとてもイイんですよ。



お腹を空かせた(ワタクシは正直そうでもなかったが)仔豚ちゃんたちに、



満足できる量の料理を与えてあげようという感じがアリアリで。



他のお客さんに対する態度と我々とでは全く対応が違っていて、



なんだかお母さんにご飯を食べさせてもらっているみたいでした。



すごく面白かった。



セット料理を三種類頼んで合計金額を割り勘に。



オヒトリサマ1,733.333333.............円でした。



満腹で、もう動きたくない感じ。



そういえば入店前に、お店から出て来たオジサマとすれ違ったんですけど、



「食べ過ぎた・・・」



という苦しそうに呟いておられましたっけ。



まさに、そんな感じ。



満腹にはちきれそうなボディを抱えつつレジに向かったら、



(腹ごなしに)歩くのよ? 歩けww」



とマダムに言われました。



マダムのおかげさまで、とても印象的で楽しいランチタイムを過ごすことが出来ました。



いいお店だなぁ、天外天。



美味しかったし、笑ったし。



ワタクシたちの四十年後みたいな元気な女性三人組客も見られたし。



なんだか元気になれました。



天外天
イカの唐辛子炒め、キクラゲと豚肉の炒め、上海焼きそば、豚の角煮丼、
その他二品、ごはん、スープ、ザーサイ、柔らか杏仁豆腐。




それにしても、食べ過ぎィ。



でも是非また訪れたいお店です。



デザートの柔らか杏仁豆腐はマジオススメです。





【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。