sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

下館

茨城県筑西市(下館)@壱景

筑西市_下館
下館駅に降り立ったら、街中が金木犀の香りであふれていた。
こんな屋根より高い金木犀の巨樹もあったし。


常陸国真壁郡下館。

それが今の、茨城県筑西市にある下館エリアです。

天保9年(1838年)、かの二宮尊徳が下館の石高が三分の一に減収していたのを復興。

3万金の借金を償却したうえ、余剰500俵を出すという働きをしたそうです。

尊徳の「報徳思想(ほうとくしそう)」は経済と道徳の融和を説くもので、

私利私欲に走らず社会に貢献すれば、いずれ自らに還元されるというものでしたが、

この時にどのような働きで復興を成しえたのかはワタクシはまだ調べておりません。

何度も二宮尊徳について調べようとは思うのですが、

頭に入って来ないんですよねぇ。

ワタクシの思想には無いものなのかもしれん。

ちなみに尊徳(二宮金次郎)といえば、薪を背負って本を読んで歩く像が有名ですが、

近年、歩きスマホが社会問題となり、最近作られた銅像は座像になっているそうな。

道徳って時代とともに変化するものなんですねぇ。

さて、そんな下館の町には、多くの蔵が残っております。

真岡木綿や結城紬などを扱う商業の町として発展して来たのが理由ですが、

今はどのようにそれらの建物が使われているのかは謎。

カフェとかにしたら流行ると思うんだけどなぁ~

と勝手なことを思いながら街歩きをしてみました。

下館
初心者なので、大通りを直進するのみでした。

筑西市_下館
気になるお店を見つけましたが、時間がないので素通りします。

筑西市_下館
金井町交差点にある中島商店。
小ぢんまりした建物ですが、屋根が豪勢です。


筑西市_下館
瓦の使用量が凄い。
というか、この重さを支える大黒柱や梁は如何ばかりかと想像されます。


筑西市_下館
「玉」の文字が見えますが、これが屋号なのかしら?

筑西市_下館
角にあるため、車除けのコンクリートが設置してあります。
しかし曲がっているような・・・


筑西市_下館
こちらには中島の文字も。
やはり「玉」は屋号っぽいですね。


筑西市_下館
「蔵のまち」には確かに蔵が残されていました。
元は何の商いをしていたのかは不明です。


筑西市_下館
ものごっつい立派な影盛をした屋根。お金持ちぃ。

筑西市_下館
見世蔵があるところって、奥も深いんですよね。
空き地が散見されますけれど。


筑西市_下館
こちらの見世蔵には室外機が取り付けられていました。
そしてやっぱり隣は空き地になってる。


筑西市_下館
道を曲がると見える、大谷石貼りの蔵。
木造建築物と隣接しているため、経年劣化の違いが顕著だったりします。


筑西市_下館
こちらも立派な店蔵。
防火対策が完璧なんでしょうね。
そして隣はやっぱり空き地に。



筑西市_下館
[時の蔵]
奥まったところにも蔵があります。
すごくいい感じのサンルームが付いている。


筑西市_下館
屋根を見たら「ルネッサーンス」という言葉が頭に浮かんだ。

筑西市_下館
木造の付属物で覆われた蔵。

筑西市_下館
石張りの立派な蔵がありました。

筑西市_下館
文化財ではないのか!?と驚くほどの立派な建物群。

筑西市_下館
木造建築物がシブいです。

筑西市_下館
板塀には柿が映えますな。


筑西市_下館
蔵の横の道を進んでみることにします。

筑西市_下館
建て増しを繰り返していると思われる建物群がありました。
工場かな?


筑西市_下館
木造の建物脇には、これまた立派な蔵が立ち並んでいます。

筑西市_下館
こちらが住居棟っぽい。
面白い建物群を見て、わくわくしました。


筑西市_下館
元は何かしらの工場(足袋か?)だったらしい木造建築物。
採光の窓が興味深いです。内部を観てみたい。


筑西市_下館
その建物の反対側には蔵がありました。

筑西市_下館
昔風に建てている和菓子屋さん。大通り沿いで目立ちます。

筑西市_下館
塗り替えして綺麗になっている看板建築の薬局。
意匠がモダンです。


歩いていた近くに、国の登録有形文化財(建築物)があるのですが、

時間が無くて今回は観るのを断念しました。

次回はそちらまで足を運ぼうと思います。

朽ちかけた木造建築物も多く、ハラハラします。

もう一度地震が来て、耐えられるのだろうか?

下館の残念な点は、カフェがないこと。休憩が、し難いです。

観光地という訳ではなく、真岡鉄道の発着地であるため、

SLファンにはお馴染かと思われるのですが、

乗り継ぎ駅なので下車する人は少ないのかもしれませんね。

次回はカフェも探してみようと思います。

筑西市_下館
ジブリ映画の題材になりそうな民家があり、妄想が捗りました。


【にほんブログ村】

茨城県筑西市『食の蔵 荒為』は国登録有形文化財である建物を利用した懐石料理店。【その弐】

荒川家住宅
国登録有形文化財
文化財登録名:荒川家住宅(あらかわけじゅうたく)


荒川家住宅
敷地内には駐車場が完備されています。
そちら側からも入店可能です。


下館は、2005年3月28日以前は「下館市」でした。

現在は、真壁郡関城町、明野町、協和町と合併して筑西市(ちくせいし)となっています。

下館藩として城があったそうですが、今は宅地開発されて無くなっています。

実はワタクシ、関東の「館」が付く地名が混在していて(浦も混在する:浦和・浦安など)、

下館を館山、舘林などと混在してしまうんです。

そういえば、「館」が付く地名って、

軍事的な要素が強い場所だって聞いた気がするんですけど、

下館はどうだったんですかね?

幕府の直轄地にちょいちょいなっていたっぽいから、的外れって訳でもないのかな?

それについては、いずれ調べるとして、

『食の蔵 荒為』となっている荒川家住宅の内部をご紹介します。

って、ごくごく一部なんですけどね。

荒川家住宅
文化財に指定されているのは、主屋、旧店蔵、土蔵の3つの建物。

荒川家住宅
文化財プレートは分かり易く設置してあります。

荒川家住宅
こちらが駐車場側からの入口。
木塀の左側に庭があります。


食の蔵 荒為
店舗への入口。
入口の土間も良い感じですが、写真を撮り忘れました。


荒川家住宅
江戸時代に建てられた一階の和室。
奥は帳場だったのかもしれません。


食の蔵 荒為
照明器具もアンティークで可愛いのです。


荒川家住宅
廊下の突き当りにある手洗い。
一つ一つの備品が骨董品らしくて素敵です。


荒川家住宅
右側がトイレになります。


荒川家住宅
奥座敷も食事処として利用されているようです。
右側窓の上の天袋が気になる。


荒川家住宅
黒柿を使った贅沢な床の間。
なんじゃこらってぐらいの普請道楽です。
もう、なんじゃこら、しか言えません。


荒川家住宅
お高そうな螺鈿の箪笥もそのままに。


荒川家住宅
台所に続く廊下の壁にまで贅沢な窓ガラスが填めこまれています。

荒川家住宅
階段は集成材を使っていて異様に近代的だけどね。

荒川家住宅
二階から階段を見下ろしてみる。
左が台所、右に勝手口があります。


荒川家住宅
吹き抜けの階段の天井にはアールヌーボーの照明器具が。
これ、本物の名のあるやつちゃうん。
ってか、なにゆえこんなに壁ギリギリに設置してあるのかが謎。


荒川家住宅
階段を上がって左側の洋間。
とにかく凄いしか言えない空間です。
贅沢品が多すぎて何処を見ればいいのかワカラン。

荒川家住宅
美術館かな?って感じの備品の数々。

荒川家住宅
当時のままなんですって。

荒川家住宅
これがガレの作品。

荒川家住宅
暖炉のタイルも凄いし、天板は大理石だし、なんじゃこら。

荒川家住宅
螺鈿の家具も凄すぎて、なんじゃこら。

荒川家住宅
もう、短時間でどこを見ればいいか分からなくなって、天井を見ておく。
漆喰は塗り替えたのかな?


荒川家住宅
ベランダの脇のこんなところにもモールディングが!

荒川家住宅
ベランダには出られませんが、
覗いてみると床はモザイクタイル貼りになっています。


荒川家住宅
階段を上がって右側の洋間は展示コーナーになっていました。
時間がないので飛ばします。
(料理が供されるまでの短時間が見学時間)

荒川家住宅
じっくり観たいのに、これまた時間がないので撮影だけはしておいた和室。
組子細工が良いですね。


荒川家住宅
床の間も銘木を使用しているっぽい。
何の木だったかは見られなかったけど。


荒川家住宅
床の間の脇に飾られているギヤマンのワイングラス。
壺は伊万里焼か?


荒川家住宅
至る所に飾られている書も気になりますが、今回はスルーで。
こちらの床の間にも黒柿が使われていますね。


荒川家住宅
銀箔が貼られていたっぽい屏風。凄いな、これ。

荒川家住宅
一階に戻って、和室から玄関(左)を望む。
蔦が良い感じに這ってます。


荒川家住宅
土蔵に続く庭。

荒川家住宅
一階和室から庭、そして土蔵を望む。

荒川家住宅
10棟あった蔵のうち、唯一残された蔵が左側のそれです。

先にも述べましたが、料理が供されるまでの短時間での見学だったため、

じっくりとは見られませんでした。

視界に入るもの全てが凄くて、美術館に来たような気分。

和室の意匠も、床の間の銘木も、掛け軸も、調度品の何もかもが凄かった。

「なんじゃこら」の連続でした。

明治から昭和期の豪商、半端ないです。

全盛期はもった土蔵が林立していたようですが、

今でも十分、その栄華が推察できます。

個人的には、ぜひ、また来たい&母を連れて来たい文化財(懐石料理店)です。

東京駅から下館までは、休日おでかけパス(一日2,670円)が便利です。

オススメです。



食の蔵 荒為
【食の蔵荒為】

文化財登録名称:荒川家住宅
茨城県筑西市甲929
営業時間 [火~土] 11:30~14:00,17:00~22:00 [日] 11:30~14:00
定休日:月曜


【にほんブログ村】

茨城県筑西市『食の蔵 荒為』は国登録有形文化財である建物を利用した懐石料理店。【その壱】

荒川家住宅

荒川家住宅は肥料・荒物・雑貨などを扱う卸問屋で屋号を「荒為」とし、

明治・大正・昭和時代の下館を代表する存在だったそうです。

甲地内の3つの建物は国の登録有形文化財に指定されています。

その建物の一部が、『食の蔵 荒為』という懐石料理店になっています。

本日はここを目的として下館を訪れたワタクシ。

image
台風でこの日の予報は雨だった関東地方。

基本的に晴れ女なので、雨に見舞われることは殆どありませんでした。

ラッキーでした。

食の蔵 荒為
文化財の建物への導入部としては、かなりイイ感じです。

食の蔵 荒為
お店として使用されるとなると、手入れも行き届きますね。

荒川家住宅
2階の窓が面白い。

荒川家住宅
無造作に置かれている家具もアンティークです。

食の蔵 荒為
お店の入口はこの奥。

食の蔵 荒為
暖簾が掛かっています。

食の蔵 荒為
お品書きはこんな感じですが、予約なしの場合は中央のお弁当一択。

食の蔵 荒為
[蔵弁当 2,030円(税込)]

食の蔵 荒為
揚げたての天ぷらも付いてます。

食の蔵 荒為
お刺身も丁寧。

食の蔵 荒為
焼き物はいろいろ入っていて楽しめました。

食の蔵 荒為
煮物はあんかけ風。味はちょいと濃いめ。

食の蔵 荒為
炊き立てのご飯には“ゆかり”が振りかけてありました。

食の蔵 荒為
香のもの。
小ぶりで丁度良い量です。


食の蔵 荒為
お味噌汁はなめこでした。

食の蔵 荒為
食後には珈琲と、デザートの嶺岡豆腐。
この嶺岡豆腐ってのを初めて食べました。
調べたら、牛乳とくず粉でつくるようですね。
むっちりした食感でした。甘い。

気になったので訊いてみたところ、

先の震災では瓦一つも落ちず、びくともしなかったそうです。

営業中だったそうですが、安全な建物なのだと実感したそうです。

一階は江戸時代の建物、二階は明治時代の建物だとのことで、

食事が供される前に、サクッと二階を見せて頂きました。

もの凄いです。半端ないです。お金持ち感半端ないです。普請が凄いです。

とにかく大興奮でした。

荒川家住宅
廊下を右に曲がると二階に続く階段があります。

食の蔵 荒為
庭の見える部屋は、掘りごたつになっています。

荒川家住宅
金庫の置かれている下に石が見えますね。
明治時代に金庫設置のために基礎工事をしたようですね。


荒川家住宅
ここまでくると金庫すらアンティーク家具のように見える。
(明治時代のものですし)


荒川家住宅
窓ガラスは古いものだと推察されます。大正期のものかな?

すさまじく贅沢な二階の話につづく。



食の蔵 荒為
【食の蔵荒為】

文化財登録名称:荒川家住宅
茨城県筑西市甲929
営業時間 [火~土] 11:30~14:00,17:00~22:00 [日] 11:30~14:00
定休日:月曜


【にほんブログ村】

茨城県筑西市『十一屋せんべい店』は手焼きせんべい一択というシンプルなお店。

image

明治28年創業という『十一屋せんべい店』。

下館は土産物屋が無いエリアのようで、

地図を見ていて発見したため、こちらで買い物をすることにしました。

売っているのは、手焼きせんべい一種のみ。

小さなショーケースに複数の商品が入っていますが、違いは量のみ。

とても分かり易いです。迷う要素が欠片もありません。

ということで、最も小さい袋入りを2つ購入しました。

image
手焼きせんべいが5枚入って540円(税込)。

image
サイズ比較をカッターナイフでやってみるとこんな感じ。
ちょっと大きめの手焼きせんべいです。

一袋は千葉県民Tに差し入れました。

ワタクシも早速一枚食べてみましたが、醤油のシンプルな味が香ばしく、美味しいと感じました。

味醂の要素が全くない、シンプルな醤油味です。と言いつつ、桜エビが入っているようです。

これはこれでアリです。

次に下館を訪れることがあっても、また買って帰ろうと思います。



image
【十一屋せんべい店】

茨城県筑西市乙665
営業時間 8:00~19:00
定休日:不定


【にほんブログ村】

茨城県筑西市『荒七酒店』は荒川家住宅として国登録有形文化財に登録されています。

image

JR下館駅からてくてく歩いて文化財の建物が並ぶエリアにやって参りました。

国道を挟んで向かい合うのは、双方、荒川家住宅という名前の建物群です。

国の登録有形文化財に指定されているのは複数ありますが、表側から見られるのはごく僅か。

それでも実際に観てみたいと思っていたものだったので、それなりに満足しました。

image
荒川家住宅主屋
木造3階建,瓦葺,建築面積139㎡

現在、荒川家は酒店を営んでいますが、かつては醤油の醸造業を営んでいたようです。

国道沿いに面して建つ「荒七酒店」の木造3階建ての住宅も、国の登録有形文化財に指定されています。

モルタル塗りのアール・デコ調の洋館で、屋根が宝形屋根で和洋折衷感が半端ない建物です。

住宅ってよりは、レトロな写真館というイメージかも。

image
主屋玄関前に文化財プレートが設置してありました。
分かり易い。


image
玄関の照明。現役なんですね。凄い。

image
丸窓は中華風で、何もかもが不思議テイストです。

3階建ての洋館に隣接して建つのは、土蔵造2階建ての店蔵。

外観が繋がっているので、もの凄く不思議な雰囲気を醸し出しています。

image
荒川家住宅店蔵
土蔵造2階建,桟瓦葺,建築面積99㎡
建築年:1907年(明治40年)

内蔵の壁面には鏝絵が描かれているらしいです。

どんな鏝絵なのか興味が湧きますね。

image
土日は定休日なのか、お店は閉まっていました。

image
主屋と店蔵を繋ぐ壁。窓がちょっと面白いのと、
その下の意匠性のある漆喰が興味深いです。


image
大層立派な、屋根の影盛。屋根の葺き方も凝っています。

image
image
ショーケース内の日本酒を見て、
お店が開いていなかったことを残念に思いました。


このエリアは一般の人に見せる雛飾りをするそうです。

その期間だと、お店も開いているのかも。

って、逆にその期間だと雛飾りを展示するため商品販売はしないのかしら?

ちょっと気になります。

でも、その時期に再訪してもいいかも、とも思っている今のワタクシです。



image
【荒七酒店(あらしちさけてん)】
文化財登録名:荒川家住宅店蔵,荒川家住宅主屋
茨城県筑西市甲868
登録年月日:1999年8月23日


【にほんブログ村】

茨城県筑西市『板谷波山記念館』はとても小さな美術館ですがじっくりと波山の作品を観ることができます。

板谷波山記念館

板谷波山(いたやはざん:1872-1963)は、陶芸家として初めて文化勲章を受章した人物。
『板谷波山記念館』は板谷波山の足跡を伝える記念館で、下館は波山が生まれ育った町ゆえに施設内には生家も展示されており、作品のほかに、遺品などのゆかりの品や文化勲章も展示されています。

板谷波山記念館
敷地内にある生家。

板谷波山記念館
上がることはできませんが、チラ見することはできます。

板谷波山は、東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科に入学し、岡倉天心や高村光雲の指導を受けています。
日本近代陶芸の発達を促した先覚者ともされており(河井寛治郎や濱田庄司は波山の弟子)、自身が納得できない作品は途中で打ち砕くという、ステレオタイプの陶芸家だったようです。
ゆえに、生涯作品数は千点程度だったとされています。

image
筑西市に寄贈された神林コレクションの展示が来週から始まるそうです。

出生地である筑西市は60点もの作品を所蔵しており、同館の他に、近くにある『しもだて美術館』でも展示しているそうです。
常設展示かは不明ですけれども。

下館
[しもだて美術館]
本日より「切り絵アート展」がスタート。12月16日(日)まで。

代表作に「葆光彩磁珍果文花瓶」、「彩磁禽果文花瓶」があり、この2点は国の重要文化財に指定されています。
波山の技法である「葆光彩磁(ほこうさいじ)」は、葆光釉(ほこうゆう)を使い、230℃で焼成するものです。これにより艶消しの効果が得られ、霧を纏ったような幻想的な作品となります。
“葆光”とは光を隠すことを意味するそうです。

image
街なかに、板谷波山と作品についての説明がありました。

image
葆光彩磁の花瓶。

image

出光興産の創業者・出光佐三が波山のパトロンだったこともあり、「彩磁延寿文花瓶」「彩磁椿文茶碗」なども出光美術館の所蔵になっているとか。

板谷波山記念館
この説明書きがなかなか面白かった。

ちなみに、成形は轆轤(ろくろ)職人の現田市松に任せ、波山は轆轤を回さなかったようです。

板谷波山記念館
この建物で入館料を支払います。

板谷波山記念館
正面が生家、左手の白い建物が展示館です。
とても小さな建物です。


板谷波山記念館
東京の田畑にあった工房も移築されています。
それを含めた敷地が「記念公園」ってことなのか?と思っていたら、
トップ写真にある銅像が建っている場所が公園ってことみたいです。

とにかく作品が素晴らしいです。ほとんど人が居ないので、独占状態で作品と向き合えます。

いいなぁ~、手に取って毎日眺めたいなぁ~ と思う作品ばかりでした。

どれも一生買えない値段ですけど、妄想するのはプライスレス。使ってみることを妄想しながら観ておりました。

他の作品も観てみたくなったので、機会があれば出光美術館に行ってみようと思います。



 板谷波山(いたやはざん)
 1872年(明治5年)~1963年(昭和38年)
 本名は板谷嘉七(いたやかしち)。号の「波山」は、故郷の「筑波山」に因んでいる。

板谷波山記念館
【板谷波山記念館】

茨城県筑西市甲866-1 (下館駅より徒歩約10分)
開館時間10:00~18:00(入館は17:30分まで)
休館日:月曜、年末年始(12月28日~1月4日)※休日の場合はその翌日
入館料:200円
http://www.city.chikusei.lg.jp/data/hazan/top.html


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。