sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

三島市

静岡県三島市『佐野美術館』の深堀隆介展がかなり良かった。

image

「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋 ~行商編~」を観るべく、

佐野美術館にやって参りました。

三島田町駅から徒歩5分ほどの場所にある私設美術館で、

その所蔵や企画展などから、「刀剣女子」には有名らしいです。

しかしその点には昔から全く造詣を深められないワタクシは、

「金魚」というテーマゆえにこの美術館行きを決意した次第です。

image
美術館に向かう途中で立派な門を発見しました。
敷地内にある「隆泉苑」という日本庭園がこの向こう側にあります。


image
隆泉苑の表門と園内の日本家屋は、
国の登録有形文化財に指定されています。


image
なんと、国宝や重文を持っている美術館でした。

image
表門を敷地側から見てみる。

期せずして、国の登録有形文化財に出会え、ノーマークだったので幸福感マシマシ。

三島田町駅から向かったので、駅で前売り券も買え、重ねてラッキーでした。

image
「泳げ! 金魚!-洗濯物編-」2000年の作品。
入口に展示してあった作品は撮影可でした。

image
シングルシーツにアクリル絵の具で描いてあるらしい。

image
館内で撮影可能とされている一室がありました。
いろいろあったけれど、個人的にはこれが良かった。
注:金魚は描かれているものです


image
このバケツの中の金魚も絵なんです。

image
これも撮影可とされている一室にあったもの。絵画です。

image
出口に掛かっていた金魚の暖簾もいい。

image
A5(@378円)とA4(@432円)のクリアファイルを購入しました。
複数ありましたが、この絵柄が特にツボでした。

満足できる内容に心が満たされました。

次回の展示も興味深いものなので、また秋に来ちゃうかもなぁ。

そんな美術展の余韻を引きずりつつ、庭園を見学することにしました。

image
美術館脇から隆泉苑に入れます。

image
良い感じじゃーんと和んでいる間に蚊に喰われました。令和初!

image
[隆泉苑]
佐野美術館創始者の佐野隆一によって昭和10年に建てられた家屋。


image
かなり吟味された建材が使われているそうですが、
内部は公開されていませんでした。


image
この時期、こういった庭園を散策する際は
虫よけスプレーなどで防御すべきだと感じました。
左手首付近を短時間で三か所も喰わました。




image
【佐野美術館】

静岡県三島市中田町1−43
JR三島駅南口より
東海バスオレンジシャトル(4番乗り場:新城橋行き又は、大平車庫行き)
三島循環バス「せせらぎ号」(1番乗り場)で佐野美術館下車(100円)
開館時間 10:00〜17:00(入館受付は16:30まで)
休館日:木曜日(祝日は開館)、年末年始、展示替期間など
http://www.sanobi.or.jp/


【にほんブログ村】

静岡県三島市『食のテーマパーク 伊豆・村の駅』で買ったもの。

image

伊豆は椎茸の産地なんだそうです。

ここでご当地バーガーを食そうと意気込んでいたのですが、

かき氷を食べたら満腹になり、食べる気が無くなりました。

ゆえにご当地食材を買って帰ることに致しました。

image
椎茸がごろんと入ったご当地バーガー。
次回という機会はなさそうな気がしますが、満腹で食べられません。


image
[菌床しいたけ 340円(税別)]
大ぶりな椎茸を購入しました。
ソテーしてバター醤油で味付ければ美味しいに違いない。


image
[干し椎茸スライス 1,100円(税別)]
既に切れているので、ほんの少し使いたい時に良さそうです。


image
[千年井田塩スタンドパック 550円(税別)]
伊豆・井田塩 研究所
ここ村の駅以外では楽天などのネットショップで購入可能。


image
[金岩井純正胡麻油金口 140g 450円(税別)]
後でメーカーサイトを見てみたら税込410円でした。かなり上乗せ。

胡麻油の購入は失敗しました。

成城石井で買えるみたいだし、富澤商店でも取り扱っているっぽい。

重いし高いってもんを買ってしまい、ちょっと痛みを感じている今のワタクシです。

まあ、そんなこともある。

image
この付近から見えた富士山。

image
帰りにJR熱海駅で下車し、干物を買いました。



image
【食のテーマパーク 伊豆・村の駅】

静岡県三島市安久322-1
営業時間 9:00~18:00
定休日:無休
http://www.muranoeki.com/


【にほんブログ村】

静岡県三島市『たまご専門店 TAMAGOYA』の焼きかき氷。

image

青春18きっぷの使用が本日から可能になったため、

母と朝から三島市に向かいました。

目的地の一つは、「伊豆・村の駅」に隣接する『たまご専門店 TAMAGOYA』。

ここの“焼きかき氷”が目当でして、一日限定20食ゆえ、

売り切れないだろう時間帯にやって参りました。

最寄り駅は伊豆箱根鉄道駿豆線(すんずせん)大場駅ですが、

歩くと距離があってしんどいので、JR三島駅からタクシーで向かいました。

割と早い時間帯だったのに「伊豆・村の駅」は結構な人で賑わっていましたが、

TAMAGOYAでは、隙間時間だったようで、待たずにすんなり着席できました。

image
ランチメニューも卵料理が充実。

image
殆どの人が(っつーか全員か?)パンケーキを注文していました。

image
こんな期間限定パンケーキもございます。

image
しかし我々の目的は焼きかき氷なのです!

image
[焼きたまご 1,300円(税別)]
お兄さんがバーナー片手にメレンゲで覆われたかき氷に挑みます。


image
お皿を回しつつ炙っていきます。

image
てっぺんまでこんがり焼けました。
ちなみにこれを供されるまで30分以上掛かります。
待つ覚悟が必要。


image
上から食べ進めてくださいとのアドバイスに従って掘ってゆきます。
すぐに卵黄が登場。


image
卵黄に接すると、できる限り丸い形状のまま維持したくなります。

image
卵黄を潰さぬよう気を付けながら食べ進めると、
凍ったフルーツがお出迎え。
これが食感も楽しく、なかなか美味。


image
この頃になると卵黄の表面が凍り、なかなか割れなくなります。

image
最後に卵黄を割ってフィニッシュ。
ここまで食べ進めたら寒くて震えてしまいました。

美味しいけれど、寒いです。

image
かき氷が出てくるまで待ち時間があるので、先に珈琲を出して貰いました。
珈琲が出るのも時間が掛かったんですけどね。

最後に温かいものが欲しくなる冷えっぷりでした。

かき氷を食べる際は、テラス席で食べる方が良いかも。

まあ、真夏はソッコーで溶けそうですけどね。

焼きかき氷なんて見たことが無いので、わざわざここまで来ましたが、

なかなかエンターテインメント性があり、面白かったです。

JR三島駅方面に戻るべく、大場駅まで歩きましたが、

かき氷で摂取した水分の大半が汗で流れ出た気がしました。

さて、この後は「村の駅」でお買い物です。

image
帰りに、熱海のラスカ内にある「村の駅」でオレンジ味のプリンを購入。
硬めのプリンなので、この極小サイズで丁度いい感じです。



image
【たまご専門店 TAMAGOYA】

静岡県三島市安久322-1
(JR三島駅からタクシーで15分 伊豆箱根鉄道大場駅からタクシーで10分)
※JR三島駅からタクシーで1,890円でした

[カフェ] 9:30~11:30,15:00~16:30 [ランチ] 11:30~15:00
定休日:無休
http://izu-tamagoya.com/


【にほんブログ村】

静岡県三島市@壱景。

三嶋大社



今夏の青春18きっぷの旅は、静岡県三島市散策で終了です。


先週も静岡県に居りましたが、


東海道本線でサクッと辿り着けるもんで、日帰り旅はラクなんですよね。


今回はランチの場所しか目的地が無かったもんで、


その他の目的を三嶋大社に設定。


そこからは徒歩で伊豆箱根鉄道の駅を目指しました。


なかなか面白い通りで、あっという間に駅まで辿り着いた感があります。


image
お手製の飾りがあしらわれた水飲み場。

image
近付くと人形がギッコンパッタン水を汲んでくれます。
「よいしょ、よいしょ」という子供の声付き。


image
召し上がれと言うからには名水なんでしょうなぁ。

image
水路を流れる水は確かに綺麗。
水草をウチの金魚たちに持ち帰りたいと思いました。


image
三島ってコロッケが名物なんですね。
機会があれば試してみたいです。
(道の反対側だったので今回は断念)


image
「みしまるくん」という微妙なご当地キャラが居るようです。
(特におでこの「み」が微妙)
これは何の造形を模しているんだろうか?


image
この角の建物が良いですね。
鰻屋さんだから良いってことではなく、
角が湾曲になっているという昭和テイストが良いってことね。


三島市
昭和初期っぽい外観の建物ですよね。

三島市
商店街に入ってみます。
(正面が三嶋大社)


三島市
【懐古堂ムラカミ屋】
国登録有形文化財(建造物)
関東大震災後に三嶋大社前の商店街に建てられた大正期の看板建築。
絶対文化財に指定されてるやろ感が半端ないです。


三島市
ファサード一面を銅板で仕上げてあります。

三島市
笠木部分にぽつんと照明器具(しかも裸電球風)が付いているのがイイ。

三島市
でも上の照明器具は何処を照らしていたんだろう?

三島市
正面開口部のガラスもレトロです。

三島市
現在はギャラリーとして活用されているそうな。

三島市
その隣にある複合店舗施設。
最近、観光地にこういう形態の店舗が増えてる気がする。


三島市
奥に飲食できるスペースがありました。
昼間から外でビールが楽しめそうな環境です。


三島市
その施設側から見た懐古堂ムラカミ屋方向。
蔵がありました。


三島市
トタンが貼られていて、かなり劣化しております。


image
商店街を進まずに、三島広小路駅方向に向かいます。

三島市
看板建築が並ぶ一角。

三島市
【丸平商店店舗】
国登録有形文化財(建造物)
料理店に改装されてはいるものの、
明治時代の老舗店舗の表構えを今に伝えている点が貴重なのだとか。


三島市
これまた良い感じの看板建築。

三島市
ワタクシの大好きな荒物店でした。
籠ぉぉぉぉぉー。
見ると欲しくなるので近寄らずに先に進みます。


三島市
ってか、脇から見ると分かり易く看板建築になっています。

三島市
かなり凝ったモルタル装飾になっています。

三島市
欄干にあしらわれているのはニジマス?
この水路を泳いでいるのかしら?



三島市って本当に鰻屋さんが多いですね。


その中でも三島広小路駅に近い「うなぎ桜家」は大行列ができていました。


大人気店らしい。


でもワタクシはそこには立ち寄らず、伊豆仁田駅を目指したいと思います。


image
お茶どころ静岡県ならではの商品を発見しました。
一つ150円(税込)。
すっごく汚れが取れそうな気がする。




【青春18きっぷで行く三島駅】
東京駅⇒熱海駅⇒三島駅(東海道本線)
片道 2,270円
片道所要時間:約2時間


【にほんブログ村】

静岡県三島市『三嶋大社』は木花之開耶姫の父神を祀る三島神社の総本社です。

三嶋大社



三嶋大社なのか、三島大社なのか、イマイチ記憶に残らないワタクシですが、


三嶋大社に行って参りました。


戦前は「三島神社」だったのですが、戦後は「三嶋大社」を称になったそうです。


何故かは知りませんけど。


実はこちらの本殿・幣殿・拝殿が、国の重要文化財に指定されているんです。


それを見るのが目的で足底筋膜炎の両足を運んで参りました。


三嶋大社
鳥居をくぐって直ぐに不穏な立て看板と石を発見。

三嶋大社
「たたり」つて、こういう漢字を書くものだったんですね。
祟りと崇って紛らわしい漢字だよなぁと今更ながらに思い出す。


三嶋大社
石のくぼみに溜まった水の上でもぞもぞ蠢く蟻。
一瞬、これがヒアリか!?と思ったものの、ヒメアリっぽい。
(写真はクリックで拡大できます)


三嶋大社
[総門]
普通にくぐろうとしてましたが、門の左側に案内板が掛かっていました。


三嶋大社

三嶋大社
[神馬舎]

三嶋大社
[神門(しんもん)]
三島市指定文化財

慶応3年(1867年)8月10日の再建とされています。


三嶋大社
総欅造りで、彫刻が優美です。

三嶋大社
懸魚の六葉の部分が菱形なのが興味深い。

三嶋大社
三嶋大社
三嶋大社
三嶋大社
三嶋大社
彫刻は保護されているので、カメラが無いと良く見えません。
保護の目的は鳥除けなのかしら。


三嶋大社
神門の天井板はかなり幅広い欅の板で立派。

三嶋大社
[拝殿]
国の重要文化財に指定されています。


三嶋大社
江戸時代らしい権現造の拝殿。

三嶋大社

三嶋大社

三嶋大社
拝殿の柱も立派。
総欅造りってことは、これだけの欅を伐採した山があるってことですよね。
どこなんだろう?


三嶋大社
兎の毛通し以外はネットで保護されている彫刻群。
やっぱりよく見えません。


三嶋大社
彫刻がよく見えないのって、残念感が増しますね。

三嶋大社
拝殿の懸魚と紋。

三嶋大社
左奥が本殿
こちらも国の重要文化財に指定されています。


三嶋大社
本殿の懸魚。

三嶋大社
これは・・・何を模った彫刻なんだろう?

三嶋大社
本殿の屋根を見ると、「外削ぎ」になっています。
三嶋神は男神ですもんね。


三嶋大社
拝殿を横から見る。

三嶋大社
[舞殿(ぶでん)]
三島市指定文化財
慶応2年(1866年)12月18日の再建とされています。
古くは「祓殿」と呼ばれる神楽祈祷を行う場でしたが、
舞の奉納が主となったので「舞殿」と称されるようになったそうです。


三嶋大社
周囲を飾る彫刻が立派な建物です。

三嶋大社
[若宮神社(わかみやじんじゃ)]
祭神の物忌奈乃命は三嶋神の御子神で、神津島の物忌奈命神社の祭神。


三嶋大社
[見目神社(みるめじんじゃ)]
祭神は、波布比売命、久爾都比咩命、伊賀牟比咩命、佐伎多麻比咩命、
伊波乃比咩命、優波夷命という三嶋神の后神6柱。
三嶋神は奥さんが6神も居るんですねぇ。
「見目(みめ)」とは「御妃(みめ)」を意味するともいわれるそうです。


三嶋大社

三嶋大社
社務所の前に置いてあった道具。
これは何の神事に使うものなんだろう?


三嶋大社
この回廊の奥左側で御朱印が頂けます。

三嶋大社
立ち入り禁止区域に案内板がありました。

三嶋大社

三嶋大社
その園内に立派な樹が立っていました。

三嶋大社
写真では分かり難いのですが、かなり立派で迫力のある樹です。


三嶋大社
[三嶋大社の湧水]
今は境内の井戸の水をポンプアップしながら流しているそうです。


三嶋大社

三嶋大社
[芸能殿]
これが以前の総門だったんですねぇ。


三嶋大社
白アリの被害が凄いのか、無数の穴が空いています。

三嶋大社
[神鹿園(しんろくえん)]
芸能殿に近付くと「鹿の臭いがすごいなぁ」と感じます。
その奥に鹿園がありました。


三嶋大社
こうやって囲われたところに居る鹿を見ると、
奈良の鹿は自由だなぁと感じますね。


三嶋大社
ただし、囲われた場所に居るからこそ、
牡鹿は立派な角を持っているとも言える。


三嶋大社
生まれたての小鹿らしき個体がゲージに入っていました。

三嶋大社
鹿煎餅はちょっと離れた売店で売っていました。
買わないけど。


三嶋大社
神池の立て看板に止まっていた鳩を撮影していたら、
背後に外国人観光客が撮影待ちをしていました。


三嶋大社
総門の脇にあるのが売店です。

三嶋大社
福太郎餅というのがここの名物。
リーゼントしているような餡子が特に有名です。


三嶋大社
インコを探しているらしいので、この地で発見したら・・・
って、高い木が鬱蒼と茂っているので発見したら神ですな。
見つかると良いですね。



ずいぶんとスッキリした感じの御社でした。


こちらの主祭神である大山積神(オオヤマツミ)で、イザナミとイザナギの子です。


ワタクシはよく知らなかったのですが、山と海の両方を司る神なのだとか。


特に三島信仰では海神としての性格が強いのだそうです。


何より覚えやすいのは、木花之開耶姫の父神であるということ。


富士山信仰の神と言えば、木花之開耶姫ですもんね。


(木花之開耶姫は火中出産で有名な女神)


この辺りでその系統の神様が祀られているのは納得です。


今年は浅間神社に縁があったもんで、木花之開耶姫の名前をよく目にしました。


まあ、それほど富士山周辺に通っていたってことなんですけど。


富士山は登らずに遠くから見る山だと思っているワタクシとしては、


次は富士山を眺める旅を計画したいなと思っています。


冬の青春18きっぷ利用で実現させようかな。


三嶋大社
御朱印は上半分が印、下半分が書でした。



三嶋大社
【三嶋大社】

静岡県三島市大宮町2-1-5
主祭神:大山祇命、積羽八重事代主神
創建:不詳


【にほんブログ村】

静岡県三島市『Iwase-coffee』のクロックムッシュがうまうまでした。

image



朝から青春18きっぷを利用して、静岡県三島市に来ています。


東京が降雨で寒かったもんで、出かけるのを明日にしようかと悩んだのですが、


5時に目が覚めてしまったもんで、出かけずに二度寝するという選択ができず、


“だってワタクシは晴れ女だから”


という理由のもとに外出致しました。


寒っ、マジで寒い。


雨は本当に止むのだろうか?


・・・と思って静岡県入りしたら、


快晴でした。


マジかー。傘、重いわー。


まあ、とりあえずは、三嶋大社を目指したいと思います。


快晴で日射しが眩し過ぎるわー。


昨日見た地図の記憶を頼りに、だいたいの方角を定めて歩いていると、


何度目かの信号待ちに出くわしました。


眩しいわー。日陰に入りたいわー。


と思って日陰を探していたら、カフェの看板らしきものを発見。


そういえば朝から何も飲み食いしていなかったもんで、


参拝前に立ち寄ることにしました。


お昼を摂る場所だけは既に決めてあったもんで、


早めに食べなきゃランチが入らなくなるし。


image
オープンというからには、入って大丈夫でしょう?

image
オープンは9時からだと書いてある。
うん、大丈夫だね。


image
急な階段を上がったら、
ステップの無い突き当りに背の高い扉がありました。
階段にステップが無いと必然的に扉を見上げることになるんですね。
そして、滲み出る異空間への扉感。この雰囲気、結構ツボです。


image
店内にお客さんは誰も居ませんでした。
って、時間が早いもんな。
とりあえず珈琲は飲みたい。
でも空腹でもある。


image
[ソイラテ 580円(だったと思う)]

image
[クロックムッシュ 1,000円(税込)]
ランチタイムではないのでこの値段になります。
でもいいの。空腹だから。


image
クロックムッシュを初めて食べたけど、こんなに美味しいものなのね。
(基本的にパンに水分を含むメニューはサンドイッチのトマトを筆頭に苦手です)



すごく和む空間です。


特に窓際を向いた席がオススメです。


向かい側に神社が見えて、気分が凪ぎます。


かなり気に入りました。


ランチ時は混みそうな気配なので、次回があれば同じ時間に再訪したいな。


三島大社に行くことがあれば、神社の直ぐそばにあるのでオススメです。


(神社の脇だと言ってもいいほどの立地でした)


image
歩道のアスファルトにこんなものが貼ってありました。
夏は暑くなる地域なのかしら?



image
【Iwase-coffee(イワセコーヒー)】

https://www.instagram.com/iwase_coffee/
静岡県三島市大宮町1-11-1
営業時間 [月~水・日] 9:00~20:00 [金・土] 9:00~21:00
定休日:木曜


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。