sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

ランチ

中央区京橋『山形屋海苔店』の「海苔を愉しむ お結び御膳」が本当に海苔を楽しめて美味。

image

にんべん日本橋本店で削った「本枯鰹節 削りたて」の出汁が味わえるらしいので、

1日20食限定「海苔を愉しむ お結び御膳」が目当てに

京橋にある『山形屋海苔店』に行って参りました。

お店は10時から開いていますが、ランチは11時30分からになります。

平日なのでかなり穴場だという感じ。

江戸中期創業の老舗海苔店なので、海苔が楽しめるランチはオススメです。

image
デザートまで付いているセットになります。

image
お米が炊きあがるまで暫し待たせて貰いました。

image
海苔を愉しむ お結び御膳 1,600円(税別)

image
お結びは2個、食べる時に握ってくれます。
新海苔で香りが良くて、かなり美味しいお結びです。

image
有明海産の新海苔。
香りが良くて癒されます。
DNA的に海苔って癒し効果があるのかもしれん。

image
出された海苔は複数ありますが
使い放題なのに使いきれませんでした。
次回は是非。

image
海苔がたっぷり入ったお吸い物。
飲む際にお出汁を自分で入れます。
ここで、にんべんの鰹節が使われているっぽい。

image
お結び二個目は、三河湾の青混ぜ海苔。新海苔です。
これがとても好みの海苔の味で買いたかったのですが、
似たものはあっても同じものは売ってはいないっぽい。

image
一口サイズの最中に抹茶アイスと餡子が乗っています。
寒い日にアイスを食べるならこれぐらいが丁度良いかも。

とても美味しく、楽しく頂きまして、

是非とも再訪したいと思っています。

海苔好きならば気に入るんじゃないかなぁ。

物販コーナーで気になっていたのは「十六島( うっぷるい)海苔佃煮」。

本店限定でシリアルナンバー入りだそうで、

希少性から食べてみたいなぁと思っていたのですが、

かなり良いお値段だったので別のものを買っちゃいました。

image
普通の海苔の佃煮と、
本店限定の「佐賀海苔有明海一番」を買ってみました。
一番摘みの海苔のうち、色・艶・口どけ・タンパク質含有量の
基準をクリアしたものだけが選ばれているんだとか。

来月の節分で恵方巻を自分で作るなら、

ここで海苔を買うのもいいかなと思っているところです。

ちなみにイートインスペースは昨年秋にリニューアルしたそうです。

冬でもかき氷が食べられるそうなので、

寒くない日ならば、それも良いかも。



image
【山形屋海苔店 京橋本店】

東京都中央区京橋2-6-21 パイロット阪急阪神グリーンビル1階
営業時間 10:00〜19:00,[土日祝] 11:00〜19:00
定休日:年末年始
※Suicaが使えます
https://www.yamagataya.co.jp/
https://www.instagram.com/yamagatayanoriten_kyobashi/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区外神田『kufuku± 暮富食』という古民家フレンチレストランが面白い。

image

以前、建物の前を通りかかって興味を惹かれたところが実は人気の古民家フレンチレストランだったと知り、どうしても行ってみたくて、ネットで予約を入れられる日にポチっておきました。
オープンは2019年5月。シェフはクルーズ船「飛鳥Ⅱ」で長年腕を振るったベテラン竹中誠治氏。
…だそうですが、そういう前情報を一切仕入れることなく、本日、母とランチ時に行って参りました。

image
人気なのでかなり前から予約を入れておきましたが、
この日も予約で満席だったみたい。

ランチスタンダードコースは一人5,500円。
オプションで色々変えられるので胃袋次第では様々な楽しみ方ができます。

image
我々が予約していたのは右側のコース。

image
日本酒メニューは少ないですが良い感じです。

image
今回は上から二番目に記載のあるソーダをオーダー。
ノンアルコールです。

image
グラスから受ける印象はウイスキーの水割りですね。

さて、料理は創作フレンチって感じ。
スタッフの皆さんがお若いので、若い感性が溢れている感があります。冒険心があるというか。

image
クリームチーズと白子などを挟んだ最中。
女性が営む千葉県の工房で造られているチーズと聞いたような。
もしかしたら ↓ ここのものかも?

image
鮑大根肝バターソース(+700円)
鮑は三陸産だそうです。
鮑がゴロゴロと入っているから、もしかしたらお得なのかも。

image
パンと、へしこバター。へしこの塩味が強め。
パンは酸味があり、蒸してあってモチモチした食感です。

image
鴨肉を湯葉で巻いた一皿。
かなりトリュフの香りがしています。

image
フォアグラと糠を混ぜたものが添えてあるのが面白い。

image
蒸し穴子が乗った一皿。
ビーツのソースと飾りが華やかです。

image
茄子などが入っていてトロリとした舌触り。
蒸した穴子も舌の上で溶けます。
揚げた銀杏がむちむちした食感で面白い。

image
和牛頬肉の煮込み(+800円)
歯がなくても食べられそうな柔らかいお肉です。
しかし、もう少し歯ごたえがあっても美味しいかもしれん。

image
食後の珈琲。味は普通。
スタッフに珈琲好きが居ないのかもしれん。

image
ピスタチオのアイスクリームとレンズ豆甘煮に
フリーズドライの苺を塗してあります。
添えてある苺は糠漬けなんだとか。若干の塩味あり。

image
紅茶風味のパンナコッタ。
リンゴのコンポートとパイが添えてあります。

image
パンナコッタは柔らかめで舌触りが癒し系。

満腹です。美味しい云々以前に、面白い料理でした。空間自体が面白いのでエンターテインメント性があるとも感じます。そこに居るだけでワクワクする席に通されたからそう感じたのかもしれませんが。
会計後に「二階を見てみますか?」とお申し出頂きまして、お言葉に甘えることにしました。
建物が見たいと思っていたことが何故察知されたのかが謎。

image
オヒトリサマだったらカウンター席が楽しいかもしれん。

元は乾物屋さんだったという古民家をリノベしてレストランにしているのですが、空間利用が面白くて見飽きません。80年前の建物を利用しているとの説明でしたが、それだと戦後に建てられたってことになるのですが、どうなんでしょう?
結構質の良い木材を使っているように見受けられるのですが、資材流通が今とは異なる時代だと思うので、ちょっと疑問に感じました。
大正末期に流行ったような照明器具があったのですが、あれは骨董品を付けたのだろうか?

image
二階の梁は剝き出しになっているので空間が広く感じます。

image
昔の家屋ならではの急階段。
かなりバリアフルです。

image
最も格式の高い和室は襖を取っ払って広々とした空間になっていました。

image
イサムノグチの照明器具が置いてあるらしい。

image
二階の蔵はワインセラーになっていました。
家屋の間取りがもの凄く気になる。

諸評価あるようですが、ワタクシとしてはなかなか面白いひと時を過ごすことができまして、大変満足しております。ディナーは知りませんが、ランチはコスパが良いような気がします。
来年もランチ時に再訪したいなと思うものの、予約が大変かもなぁ。



image
【kufuku±暮富食】

東京都千代田区外神田4-11-8
営業時間[昼]11:30~14:30,[夜]17:00~22:00
定休日:月曜、火曜ランチ(祝日の場合は営業)
※ディナーのみサービス料10%
https://www.instagram.com/kufuku_restaurant/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

日本橋室町1丁目『鉄板焼 東洋』の和牛ハンバーグ定食がめっちゃ値上がりしてた。

image

日本橋三越前にある『鉄板焼 東洋』のハンバーグが食べたくなって、

買い物の後にササっと行って参りました。

今日はちょっと混んでいるなって感じの店内。

迷わずハンバーグ定食を注文したものの、

皆さんが「ミックス」とか「磯焼き」とか注文しているのを見ると、

次回はそれでも良いなぁと思えてグラつきました。

前回入ったのは去年だった気がするのですが、

今日見たら結構値上がりしている。

しかもハンバーグだけ値上がりしているっぽい?

image
和牛ハンバーグ定食 2,200円(税込)

前回は1,700円だったのだけれど、

これもミートショックってやつ?



でも牛肉価格の高騰は輸入品だったような気もするし。

分かりませんが、まあ、いっか。

そして、やっぱり、もやしが大量です。

もやしだけで満腹になる感じがするので、

ご飯は少な目にして貰う方が良いかも。

それはそうと壁の写真を見たら

中田英寿さんのものが数枚ありました。

若い頃のものだと思うますが、

通って居られたんですかね。

お墨付き感があって、安心できる気がしなくもない。

ちなみにランチメニューを見たら、

ハンバーグ定食がステーキ定食の次にお高かったです。

和牛価格も高騰しているんだろうか?

他店のハンバーグ定食の価格も気になるので、

機会があれば確認しておこうと思います。

そういえば先日近所のお肉屋さんで購入した牛ミンチも

結構高かったような…。



image
【鉄板焼 東洋】

東京都中央区日本橋室町1-5-2 東洋ビル1F
営業時間 [平日]11:00~14:45,17:00~21:30
[土]11:00~15:00,17:00~21:30 
[日祝]11:00~15:00,17:00~21:30
定休日:年末年始
http://www.m-toyo.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

山形県山形市『クラシック カフェ』でオムライスを掻っ込む。

image

大正時代に建てられた蔵をリノベーションした『クラシック カフェ』。

個人的には意外と蕎麦屋が多いと感じる山形市内に於いては、

少し安心できそうなレストランでして、

ランチをここで摂ってしまうことにしました。

入店してみると若い方だらけで、若干自分が浮いていると感じなくもない印象。

ササっと食べられるものを食べて、ササっと出てしまおうと決意して

オムライスを注文致しました。

image
蔵王牛という、ワタクシ的には新しいブランド名に気持ちがグラつく。
「蔵王牛」は、ドメーヌ(生産者単位)のブランドのようです。

image
オムライス 山形牛のハヤシソース 950円(税込)
ライスが少なめで大変食べやすかったです。

image
珈琲一杯目はサービス、二杯目からは有料になるようです。
小鉢はこの日の手作りデザート。

image
蔵の側面はこんな感じ。

料理の味は普通で、ネットでの評価はそれほど高くないようですが、

蔵なので暖かいし、価格はお手頃だし、悪くはないかもと思えました。

それにしても、蔵王牛が気になります。




image
【クラシック カフェ】

山形県山形市七日町2-7-6
営業時間 11:30~16:00,17:30~22:00
[日祝]11:30~16:00
定休日:月曜(祝日の場合は火曜休)

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

山形県上山市『ジローズピザ』のピザが(内装から受ける印象とは違って)美味。

image

2017年のかみのやま温泉観光時から気になっている『ジローズピザ』。


二軒ほどチェックしていたお店が満席だったり、

時間が合わなかったり、遠かったりで行けなかったもんで、

最後の砦として向かってみました。

営業時間は過ぎていたのですが、

先客が居なかったようで店内照明は無点灯。

石窯を我々のためにわざわざ温めて貰うことに内心恐縮しました。

店内・・・というよりは知人のリビングにお邪魔した感じ。

誰かのプライベートを覗いているようで、若干落ち着かない。

しかし、供されたピザはかなり美味しかったです。

image
メニューは割と豊富です。

image
一番人気のマルゲリータ。
バジルは粉末でした。

image
トマトが甘いのでタバスコをふると大人味になりますな。

image
脂っこいかなと思って烏龍茶を選択しました。

image
生ハムのピザ。
最もお高いピザですが、1,600円は安いのではなかろうか?
ピザの相場を知らんけど。

ものすごーく久々にピザを食べましたが、美味しく食べられました。

「どうしてもピザが食べたい!」と思ったことは人生で殆ど無いのですが、

ピザと言えば『ジローズピザ』だなと思いだしそうな気はしています。

この町でピザが食べたくなった時に、オススメかも。



image
【ジローズピザ】

山形県上山市沢丁6-18
営業時間 [平日]11:30~14:30,17:30~21:00(L.O.19:30)
[土]11:30~21:00(L.O.19:30),
[日祝]11:30~19:00(L.O.18:00)
定休日:木曜

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区白銀町『中国菜 智林(チーリン)』の油淋鶏(ユーリンチー)。

image

いつの間にか中華料理店に変わったんだなぁと思いつつ

店の前を通り過ぎる日々でございましたが、

本日通院検査日でヘロヘロになっていたのと、

なんだか中華料理が食べたい気分だったもんで

病院帰りに家の近くのこちらに立ち寄ることにしました。

本当はビャンビャン麵が食べたかったんですけどね。





さて、迷わず店内へ入って着席し、

メニューを見てからちょいと悩みました。

迷わず食べたい! と思えるものが今日はない。

麻婆豆腐が苦手なもんで。

取捨選択の末に選んだのが油淋鶏でした。

image
ランチミニコースのメインは
「ボラ白子のプーアル茶スモーク ふんわり玉子炒め」でした。

image
油淋鶏セット 1,430円(税込)

image
鶏は美味しいのですが、薬味に苦手なパクチーが入っておりました。

image
蕨粉を使った春雨と聞いた気がする。
酸っぱめの酢の物でした。

パクチーが好きな人は美味しいと感じる油淋鶏だろうと思います。

サクサク感は美味しかったので。

病院でお肉を食べろと指摘されたので焦って鶏肉を選びましたが、

もともとビャンビャン麵を食べる予定だったなら

お肉に固執しなくてもよかったかも。

インスタを見るとメニューはコロコロ変わっているようなので

次回機会があれば炒飯的な何かを注文してみたいです。



image
【中国菜 智林(チーリン)】

東京都新宿区白銀町12-5 白銀ビル1F
営業時間 11:30〜14:30 (L.O.14:00),17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:月曜、他月2回不定休あり
https://www.instagram.com/chirin413/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

山梨県甲府市『カフェ 杢糸』は生パスタの美味しい常連マダムに大人気の隠れ家カフェでした。

image

2019年11月にオープンしたという舞鶴城(甲府城跡)脇にある『カフェ 杢糸』。

城址から富士山を眺めながら、(近いので)今日のランチにと定めていたため、

気合いを入れて行って参りました。

常連さんでまったりしている中に入ったため若干のアウェイ感があったものの、

スタッフさんも含めて年齢層高めな女性だらけの店内は、居心地が良いです。

ってか、母ぐらいの年齢のマダムたちの憩いの場って感じがイイ。

なんだか、ほのぼのとした気分になって、リラックスできました。

COVID-19により山梨県の指示で連絡先を書かねばならんところが時節を感じますが、

山梨県は現在感染者ゼロですし、ご迷惑をおかけしてはならんと気が引き締まりました。

image
お店の外観は、まちの喫茶店って感じです。
(張り紙の多いところが特に)


image
手作り感あふれる看板もイイ。

image
メニュー看板は文字情報が多すぎて読み切れない。

image
でも今日はパスタにすると決めているのです。
店内に貼っているデザートのメニューにちょっとグラつく。

image
ランチプレートはこれにドリンクが付きます。
ここではアイスコーヒーを選択しました。

image
今日の生パスタはボロネーゼでした。

パスタを食べた瞬間「あ、これ、拘っている」と感じ、

ここの料理はあまりハズレが無いんじゃないかな? と思えます。

生パスタがむっちりした食感で顎から美味しく思えたので、

今後、生パスタを見るたび、ここのランチを思い出すかも。

思わず「美味しかったです」と会計時に伝えたくなったほどでした。

生パスタが食べたくなったら、再訪したいと思います。

いやぁ、良いお店に出会えてなんか幸先が良いですわ。



image
【カフェ 杢糸(もくいと)】

山梨県甲府市中央2-5-27 サンパーラ中央1F
通常営業時間 7:30~16:30(現在8:00~)
定休日:日曜、第2・第4月曜
※Suicaが使えます
https://cafe-mokuito.business.site/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『BiBiBi&JURULi』は立山連峰が一望できるロケーションの良いレストラン。

image

「感性を“ビビビ”と刺激する。イートで食欲を“ジュルリ”と刺激する。」

がコンセプトのレストランが富山県美術館3Fに今年の春にオープンしました。

メニューは、富山県美術館所蔵のアートにインスパイアされたものなんだそうです。

当初はここでパフェを食べようと思っていたのですが、

ランチ時だったもんで流されるままにプレートを注文してしまいました。

image
ビビビとジュルリというキャラクターまでいます。

image
メニューはこんな感じ。

image
富山の色どりコンポジションプレート 1,800円(税込)

image
これを自分でバラバラにレイアウトして食べるらしい。
って、面倒なのであまり動かしませんでした。

image
レストランからは立山連峰が一望できます。

image
こんな感じ。

食事をしていて何より気になったのが下のメニュー。

image
CMYKアイスですって!
このメニューのデザインも色校仕様になってて可愛いです!

image
でも提供期間は終わっているっぽい?

プレートは全て冷めていて生温く、イマイチでした。

パスタなどの方が出来立てのものが食べられて良いかもしれん。

初心を貫いてパフェにすれば良かったかもと後悔しました。

しかしスタッフさんは感じが良いし、ロケーションも良好。

場所代だと思えば、まあ、いっか。

…と思うように暗示をかけているところ。

image
蛇足ですが、県美術館のショップで来年のカレンダーを購入しました。
コピー機で印刷してホッチキス止めしたような仕様ですが、
これで1,650円もする代物。
自分でも作れるんじゃないか感があるものの面倒くさいので買ってしまう。


image
【BiBiBi&JURULi(ビビビとジュルリ)】

富山県富山市木場町3-20 富山県美術館3F
営業時間 11:00~18:00
(ランチL.O.14:30/レストランL.O.17:30)
定休日:美術館休館日、臨時休業あり
※Suicaが使えます
https://bibibi-juruli.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

富山県富山市『美乃鮨』で昼時からの勝駒の誘惑と戦う。

image

古沢からバスで丸の内まで戻って参りました。

ちょうどランチ時だったもんで、お寿司でも食べるかー、と、

かなり気軽な気持ちで近くの鮨屋に入店。

表にメニュー表示が無かったし、予約もしていませんでしたが、

「入れたらラッキー」と、暖簾をくぐりました。

幸いに空席があり、着座してメニューを拝見。

ちょっと説明をしてもらってから、

地場ものの握りという「富山湾10種」を依頼しました。

image


image
アラ昆布締め

image
フクラギ(小さめの鰤)

image


image
お味噌汁

image
シメサバ

image
バイ貝

image
甘エビ
(魚卵抜きでお願いしたので卵を取って出されています)

image
アオリイカ

image
白エビ

image
紅ズワイガニ

ひとりだったもんで、

どこから来たのか、何処に住んでいるのか、職業は何か

など、会話を向けられましたが、

大将も二十数年前は目黒区柿の木坂でお店を出して居られたそうです。

全く前情報は無かったので後で調べたところ、ここは

ミシュランガイド北陸2021特別版でビブグルマンに選ばれたお店だとか。

そして、香川照之さんの同級生のお店たったらしいです。

あの大将がそうだったのか。

大将は建築の分野に興味があり、お詳しいようで、

ワタクシがちょっとずつ発する単語をよくご存知で驚きました。

お客さんも様々な分野の方が居られるようなので、

知識もいろいろとお持ちなのかもしれませんな。

会話に参加された常連さんらしき方が勝駒を注文しているのを見て、

ちょっと誘惑に駆られましたが、

出張で来ているという印象を与えてしまった手前、自粛致しました。

何度も富山に来ているってところで、そういう印象を与えたのかも。

母に話したところ、ここは母が来たかったお店だったのだそうです。

昔、父と来たとか何とか。

でも流石に夜も同じお店に行くのは憚られたため、

今回はランチのみにて。

ちなみにお寿司のネタは総じて厚め、シャリもしっかり目でした。

その点では、ランチに丁度良いかも。



image
【美乃鮨】

富山県富山市丸の内2-3-4
営業時間 11:30~14:00(L.O.13:30),17:30~21:00(L.O.20:45)
定休日:日曜、祝日の月曜日


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

富山県富山市『glass×cafe Clie』のフルーツパフェ。

image

富山ガラス工房に隣接する『glass×cafe Clie』。

ここはガラス食器に触れられるスポットでもあるため、

今回も立ち寄ることに致しました。

早い時間なので、狙いはパフェと珈琲でして、

中でもフルーツパフェが映えるんじゃないか? と思えました。

image
正面入り口に置かれているガラス作品も「らしい」感じです。

image
この日のランチメニューはこんな感じ。

image
こちらがパフェメニュー。
ビジュアルから選べはフルーツパフェ一択ですかな。

image
お店には工房側からも入れます。

image
お水はセルフサービス。
好きなグラスでフルーツフレーバーのお水が飲めます。

image
こちらがフルーツパフェと珈琲。
マグカップは陶器でした。

image
薔薇の部分は何なのかしら? と思っていましたが、
アイスクリームでした。
ババヘラアイスみたいだ。って現地で食べたことないけど。

味は普通でしたが、とにかくボーっと出来る空間です。

窓から外を眺めていると、空が広くてリラックスできる。

ああ、富山に来られたんだなとしみじみと浸ることができました。

作品はあまり買えなかったけれども、

ここに来られて満足できました。



image
【glass×cafe Clie】

富山県富山市古沢152 富山ガラス工房内
営業時間 10:00~17:00(L.O.16:00)
定休日:年末年始ほか
https://www.instagram.com/clie_2020/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区神楽坂4丁目『め乃惣』の海老しんじょ膳 1,850円(税込)を店内で頂く。

image
海老しんじょ膳 1,850円(税込)

本日は在宅勤務day。

いつもはお弁当をテイクアウトしているのですが、

今日は母も在宅しているし、

どうせならお店で食べようと思い

お昼時にぷらっと『め乃惣』まで行って参りました。

お昼の御膳は2種類ありまして、その差はお刺身が付くか否か。

いつもお弁当で頂いているセットを今日は注文致しました。

image
おせち料理は二人前 22,000円からあるようです。

image
テイクアウトのお弁当とは違う点が、この一品。
大根おろしの上に乗ったおじゃこです。

image
熱々の西京焼はやっぱり美味。

image
海老しんじょも熱々でほわほわでウマウマです。
お店で食べるとこんなにほわほわ食感なのかぁ。

image
お弁当異なる点、その2、
デザートが付いてきました。

お弁当でテイクアウトしても、店内で食べても、

料金は同じ。

だったら店内で食べる方が良いかもしれんと思いました。

って、今まではCOVID-19による影響で

テイクアウトにしていたんですけどね。

今後、在宅勤務日に海老しんじょが食べたくなったら

ささっとお店で食べようと思います。

image
文字部分が軽石のように見えるけれど、
これは左官の鏝絵なんだろうか?


image
【め乃惣(めのそう)】

東京都新宿区神楽坂4-3
営業時間 [昼]11:30~13:50(売り切れ次第終了)
定休日:日曜、祝日
https://www.menosou.com/
https://www.facebook.com/menosou/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区神楽坂4丁目『Taihu Tokyo(タイフートーキョー)』のクラフトビールと魯肉飯。

image

クラフトビールと台湾料理のお店『Taihu Tokyo』。

台湾のビールメーカーである

Taihu Brewing(タイフーブルーイング;臺虎精釀)の直営店だそうです。

ここなら美味しい魯肉飯が食べられるかもしれんと思い、

ぷらっとランチ時に行って参りました。

image

表に出ているメニューが小さくてワタクシには見えません(泣)。

image
壁に並ぶクラフトビールタップ。
スタイリッシュです。

image
10種類もの台湾ビールがあるのだけれど、
ここで飲むのはもう決めておる。

image
10番目のパッションフルーツハリケーン。
季節限定品だそうです。

image
ビールに氷が入ると量が減ると思うのはワタクシだけ?

image
小サイズの魯肉飯に入っている卵は鶉を使っていて、なんか可愛い。

メニューはそれほど多くないのですが、

魯肉飯はワタクシ好みの味でした。

次回は平日ランチでガッツリ食べてみたいかも。

クラフトビールは量から考えるとお高い気もしますが、

最も小さいサイズだと、昼から飲んでも罪悪感は薄め。

今回飲んだ季節限定品は女性好みでグイグイいけるやつでした。

アルコール度数は10%と高めなので、要注意かも。

image

平日ランチだと台湾麺線もあるみたいなので、

近々再訪したいと思います。




image
【Taihu Tokyo(タイフートーキョー)】

東京都新宿区神楽坂4−4 河庄ビル
営業時間 11:30~21:00(L.O.20:00)
定休日:月曜、火曜、木曜(Instagram要確認)
https://www.instagram.com/taihutokyo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神楽坂『Lantern burger(ランタンバーガー)』で久々に店内でハンバーガーを食す。

image

帰宅途中にランタンバーガーの前を通りかかったら、

意外と空いていたため、食べてから帰ることにしました。

あまりお腹が空いてはいなかったのですが、

お店が空いているのは滅多にないもんで。

今回はいつもとは違うバーガーを試してみることにしました。

image
今日はチーズなバーガーを食べたい気分。

image
選んだのはゴーダチーズバーガーのトマト抜き。
プレートからはポテトも抜いてもらいました。

image
シンプルだけれど美味しいと思う。
今後はチーズで攻めてみようかな。

これにアイスコーヒーを付けたのですが、

後から入れたミルクが分離して混ざらず、

イマイチな味だったので残してしまいました。

次回は別の飲み物の方が良いかもしれん。

紅茶とか。

それはそうと今日はカウンター席で食したのですが、

目の前で作られていくバーガーを見ているのは

なかなか楽しいです。

次回はあれも良いなと思って眺めていたりして。

ちなみに今日見たら立て看板が新しくなっていました。

以前よりもハンバーガー店だと分かり易くなった気がする。

緊急事態宣言が明けたんだなと、そこからも感じた、

今日のワタクシです。



image
【Lantern burger(ランタンバーガー)】

東京都新宿区津久戸町1-14
営業時間 11:30~15:00(L.O.14:30),
[土日]11:30~16:00(L.O.15:30)
定休日:月曜
https://www.instagram.com/lantern.burger/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区後楽1丁目『中国茶芸苑 馥(ふく)』にビャンビャン麺を食べに行く。

びゃんびゃんめん

と書いて、ビャンビャン麺と読む。

ビャンを表すこの漢字は、ビャンビャン麺でしか使われていないそうです。

何故にこの漢字なのかは調べていないので不明。

ってことで、割と近所だと言えなくもない『中国茶芸苑 馥(ふく)』に。

ビャンビャン麺を食べに行って参りました。

(本日は在宅勤務日です)

image
入口のメニュー表でビャンビャン麵があるかを確認。
他のメニューを見ると気持ちがグラつくので即入店。

image
どこかからタバコの臭いがするので、
左側のスペースは喫煙可なのかもしれん。

image
机の上にもメニュー表が置いてありました。
ビャンビャン麵は、本場シェフが店内で作っているらしい。ふむふむ。

今日の東京地方は雨が降っておりまして、結構寒いです。

ゆえに辛みのある料理の注文が多いみたい。

ひっきりなしにお客さんが来るので、

料理が出てくるのは若干遅いです。

しかし、ビャンビャン麵について

想像しつつ待つのも一興かと思われます。

今日が初めてのビャンビャン麵との遭逢になるもんで

告白すると、昨晩夢に見てしまいました。

どんだけ楽しみだったんだっつー話ですな。

image
ビャンビャン麵 1,000円(税込)
大きなどんぶり鉢で登場です。圧がスゴイ。

image
ふむふむ。これがビャンビャン麵なるものか。
辛そうですな。
「よく混ぜて食べてください」と言われる。

image
見るからに辛そう。
麺はひもかわ饂飩みたいな感じですが、
こちらの方が厚みがあります。
もちもちした食感です。

image
よく混ぜてみました。
完食できないかもと思いましたが、
何かの旨味があって次々と口に運んでしまいます。
酸味も感じるため、意外と食べやすい。
美味しいです。

image
最後に残ったラー油。
なんでこんなに大きなどんぶり鉢なんだろう? と思ったら、
顔を突っ込んで食べることになるため油が服に飛び散らずに済むっぽい。
ある種の工夫なのかも?(違うかも?)

image
お口のオアシス、杏仁豆腐で辛みを緩和。

ビャンビャン麵は陝西省の料理ですが、

あの辺りって寒い土地柄なんだろうか?

ってぐらい香辛料が入っています。

今日みたいな日には丁度良い料理かもしれん。

あまり辛い料理が得意ではないワタクシですが、

これはまた食べたいなと思いました。

美味しかったので、また機会があれば再訪しようと思います。


image
【中国茶芸苑 馥(ふく)】

東京都文京区後楽1-5-3 後楽国際ビルディング1F
営業時間 10:30~21:00
定休日:日曜不定休
https://www.instagram.com/fuku2002_/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区有楽町1丁目『鈴波』の鈴波定食1,430円。

image
鈴波定食 1,430円(税込)

『鈴波』の前を通りかかったら

なんだか粕漬の焼き魚を食べたくなったので、

ランチを摂るべく入ることにしました。

空いてたし。

外のメニューを見る間もなく入店したのですが、

着席したら「今日の定食の魚は鰆です」と言われたため、

即、それに致しました。

鰆が大好物なもんで。

ここでは食事以外はマスク着用、黙食を求められています。

オヒトリサマなので無問題です、うん。

image
鰆って食べやすいですよねぇ。

とてもバランスが取れた定食だと感じました。

家で魚の粕漬を焼くと焦げるのを防ぐために気を遣うし、

大変面倒くさいけれど、

ランチで食べられるのは良いかも。

ってか、久々に外で一人ランチをしたかも。

気のせいかな?

『鈴波』は気軽に入れるし、美味しいし、

この辺りに来たらまた立ち寄りたいかも。

ちなみに定食左下の器の中には、黒豆が入っていました。

しょっぱいものの中では、ホッとする一品でした。



image
【鈴波(すずなみ)】

東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷B1F
営業時間 [昼]11:00〜15:30(L.O.15:00),[夜]16:30〜21:00(L.O.20:30)
[土日祝] 11:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:東京ミッドタウン日比谷の営業に準じる
※Suicaが使えます
https://www.suzunami.co.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

銀座8丁目『天あさ』の天あさ天丼を約7年ぶりに食す。

image
天あさ天丼 2,860円(税込)

かなり久しぶりに8丁目の『天あさ』にやって参りました。

銀座にオフィスがあった時代は足を運んでいたのですが、

会社が移転してからはパタリと行かなくなりました。

なんせ現在は土日祝日は休みなもんで、ハードルが高いのです。

通院日に行こうと思い続けて数回目。

本日とうとう野望を達成することが出来ました。

image
入口が奥まっているので知る人ぞ知るって感じは顕在か?

image
栗と蓮根と薩摩芋が飾ってありました。
立派な蓮根は茨城県産なんですって。
秋を感じますなぁ。

image
きざみ野菜のサラダ。
今度サラダを作る時に茗荷を忍ばせてみようと思いました。
香りが美味しい。

image
どんぶりの蓋からはみ出しているのは舞茸か?

image
零余子も入っていました。
何より大きい蓮根と舞茸が美味しかった。

相変わらず、野菜に拘りを感じます。

野菜好きとしては野菜の天ぷらが特に美味しいと感じる。

やっぱりここの天丼が好きだわ。

ご飯に付く汁はとても少ないので

色の割には出汁が辛いとは感じませんでした。

次はいつ食べに来られるだろうか?

できれば天丼に薩摩芋が入る時に再訪したいなぁ。

image
もう一つの出口から出るとこんな感じ。
銀座のこういうところが好きなんです。


image
【銀座 天あさ】

東京都中央区銀座8-7-19 すずりゅうビル
通常営業時間 11:30~14:30(L.O.14:00), 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:土曜、日曜、祝日

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。