sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

ラフレシア

上野公園『国立科学博物館』の特別展「植物 地球を支える仲間たち」が観たくて行ってしまう。

image

20日まで開催中の「植物 地球を支える仲間たち」展。

事前にチケットを購入しようと思ったものの、

「予約・購入のキャンセル・払い戻しはできません」

という表記を見て今まで躊躇い続けておりましたが、

今日は会社が休みだし、平日だし、雨だしってことで、

突発的に国立科学博物館まで直接行ってみることにしました。

早朝ならば当日券があるかもしれないと思ったからです。

image
このポスターのデザインがカッコいいです。

入館料は1,900円。

なお本展では、オンラインでの予約が難しい方を対象に、各時間帯あたり若干数の当日の入場枠を設けています。 ただし、ご来場時に予定枚数が終了している場合があります。 スマートフォン(またはパソコンとプリンタを利用できる環境)をお持ちの方にはオンラインによる事前予約を強く推奨します。

と書いてあるってことは、ワンチャン行けるかもしれない。

で、エイヤーッと現地に向かったら、

幸いにも空きがあるので「入れてやっても良い」的な空気感で

その時間の枠で入館することが出来ました。ありがたい。

漏れなく「次回はネット予約してください」と言われましたけれども。

ちなみに当日分でも感染対策の一環で

入館前に個人情報を用紙に記入することになります。

image

まあ、そんなこんなで入館できまして、

ラフレシアの展示を観に直行。

image

もの凄く期待していたのですが、展示物は模型でした。

まあ、開花の映像が観られたので、ヨシとする。

image

目玉の青いバラも観た。

「ガラスの仮面」を思い出すってこともなく、

ただただボーっと眺めただけでしたが。

今回の展示の目玉がよく分からなかったのだけれど、

(模型だらけだったので)

「これが目玉なんじゃないかしら?」ってのはありました。

image
ハエトリソウの巨大な模型。

image
ハエ付きです。

この模型を作った会社のこだわりは

ハエなんだろうなぁと思ってみたり。

image
生きているハエトリソウも、ちょこんと展示してありました。

ハエトリソウを見ると挟まれたくなるワタクシは、

もしかしたら前世でハエだったのかもしれない。

image
こちらも何かしらのこだわりがありそうな
モウセンゴケの模型。

image
モウセンゴケも現物がありました。
爪でカリカリしたくなりますな。

模型が多いので、割とお金が掛かっている展示なんだろうと思われますが、

やっぱり植物園で実物を観たくなりますね。

行きたいなぁ、筑波実験植物園

なんだかものすごーく植物園に行きたくなりました。

さて、この特別展ではグッズが人気だそうで、

なかなか興味深いものが沢山ありました。

ウツボカズラのポシェットとか、ハエトリソウのポーチとか。

(双方、内側にハエの刺繡やプリントが施されています)

思わず買いそうになったわ。

いかんいかん。ネタでしか使うところが無いわ。

ってことで、記念にラフレシアのリフレクターを購入しました。

image
ラフレシアのリフレクターは660円(税込)
ラフレシアのラバーキーホルダーもありましたが、
ニオイ付きってことで止めておきました。

image
PVCケース 660円(税込)
花かと思いきやトリとワニってところが良い。

実は荷物をロッカーに預け入れていたもんで、

買い物をしてもエコバッグが無い。

買ったものをむき出しで持ち歩くのも憚られるが、

ビニール袋を買うのもなぁ~

と少々葛藤した末にミニサイズのトートバッグを購入し、

それに入れて貰いました。

image
ここにもラフレシアとハエトリソウ。
トートバッグ(S)は330円(税込)。

ショップでの買い物は色々制約があるようです。

一度レジに向かったらショップには戻れないとか、そんな感じで。

image

正直、1,900円の入館料がお高く感じられたので、

本館で建物を愛でまくってから帰路に着いたワタクシです。

image


image
【国立科学博物館】
National Museum of Nature and Science,Tokyo

東京都台東区上野公園7-20
開館時間 9:00~17:00,[金土] 9:00~20:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜),年末年始
https://www.kahaku.go.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

大阪市鶴見区 花博記念公園鶴見緑地内『咲くやこの花館』に行ってみたらテンション上がった。

花ずきんちゃん
花博のキャラクター「花ずきんちゃん」
なつかしぃ~ 



日本最大の温室があるとのことで、「咲くやこの花館」に行って参りました。


熱帯から極地圏まで、約2600種の植物を展示しているんだとか。


こりゃ、行っておかんと。


それほど興味の無い母をお供に、鶴見緑地線に乗ってエンヤコラ。


全く興味の無い母とは対照的に、ワタクシは最大級の満足感を得ました。


マジですごかったです。


一般的な植物園だと目玉として大々的に告知しちゃうクラスの植物がうじゃうじゃあります。


ヒスイカズラの赤バージョンみたいな、「ムクナ・ノボギネンシス」もあるらしい。


咲くやこの花館
【咲くやこの花館】大阪市鶴見区緑地公園2-163
10:00~17:00(入館は16:30まで)
毎週月曜日(休日の場合は、その翌日)及び 年末年始(12月28日から1月4日) 休館


ニンファエア ミクランタ ムラサキシキブ
[ニンファエア ミクランタ ムラサキシキブ]
Nymphaea micrantha Guill. & Perr. cv. Murasakishikibu


アメリカアサザ
[アメリカアサザ(亜米利加荇菜)]
学名:Nymphoides crenata.
ミツガシワ科 アサザ属


クリナム・アメリカヌム
[クリナム・アメリカヌム]
学名:Crinum americanum
ヒガンバナ科ハマオモト属の多年草


ルドウィギア・セディオイデス
[ルドウィギア・セディオイデス]
学名:Ludwigia sedioides
アカバナ科 ルドウィギア属


ブシュカン
[ブシュカン(仏手柑)]
学名:Citrus medica var. sarcodactylus
ミカン科ミカン属の常緑低木樹
インド東北部原産
その形を合掌する両手に見立て「仏の手」と称する。
一般的に砂糖漬けなどで食す。


キバナクチナシ
[キバナクチナシ(黄花梔子)]
学名:Gardenia carinata
アカネ科 ガーデニア属の常緑小低木
タイ原産


アリストロキア・ギガンティア
[アリストロキア・ギガンティア]
ギガンテアとは「巨大な」の意。
小石川植物園で見たもののとはちょっと違うらしい。


アリストロキア・ギガンティア
[アリストロキア・ギガンティア]
学名:Aristolochia gigantea.
花冠中央の袋は、虫を閉じ込めて受粉させるものです。


トーチジンジャー
[トーチジンジャー(Torch Ginger)]
ショウガ科エトリンゲラ属の多年草植物。
果実は生食で、若い花序は香味野菜として、種子は香辛料に利用される。


サクララン
[サクララン(桜蘭)]
学名:Hoya carnosa(ホヤ・カルノーサ)
カガイモ科サクララン属の蔓性常緑多年草。


サクララン
餅菓子みたいで美味しそう・・・

エピデンドルム・コクレアツム
[エピデンドルム・コクレアツム]
学名:Epidendrum cochleatum
唇弁が上に位置し、花弁、萼片が下方へ垂れ下がるんだそうな。


メメキロン・フロリバンダム
[メメキロン・フロリバンダム]
ノボタン科メメキロン属の常緑樹


ニンニクカズラ
[ニンニクカズラ(大蒜葛)]
学名:Pseudocalymma alliaccum.
ノウゼンカズラ科プセウドカリンマ属の非耐寒性常緑蔓性小低木


キヤニモモ
[キヤニモモ(黄脂桃)]
学名:Garcinia xanthochymus.
果実を傷つけると黄色い粘液が出ることから黄脂桃と称される。
とても酸っぱいらしい。


スポンディアス・キテレア
[スポンディアス・キテレア]
学名: Spondias cytherea
ウルシ科


ピンポンノキ
[ピンポンノキ(Pingpong tree)]
学名:Sterculia nobilis Smith.
アオギリ科ピンポンノキ属の高木。
タネは真黒らしい。


パヴォニア・グレドヒリイ
[パヴォニア・グレドヒリイ]
学名:Pavonia gleghillii
アオイ科パヴォニア属の非耐寒性の常緑低木


レディー・マーガレット
[パッシフローラ・レディー・マーガレット]
学名:Passifloraceae Passiflora
トケイソウ科トケイソウ属 非耐寒性常緑低木


ラフレシア
[ラフレシア(Rafflesia)]
ラフレシア科 ラフレシア属の全寄生植物。
花と蕾を樹脂で固めたものがミニミュージアムに展示してあります。


サイカク(犀角)
[サイカク(犀角)]
学名:Stapelia hirsuta L. (スタペリア・ ヒルスタ)
ガガイモ科スタペリア属
南アフリカ原産

なんだか植物の悪役って感じの容貌ですね。


サイカク(犀角)
[サイカク(犀角)]
花にはすごい悪臭があり、銀蝿が群がっていました。
蝿はこの花に産卵するらしい。
見た目はヒトデみたいですな。
それにしても臭い・・・


天司丸
[天司丸]
学名:Coryphantha bumamma
やはりサボテンの花は光沢があって綺麗ですねぇ。


山野草コーナー1
[日本の山野草コーナー]
真面目な展示物かと思いきや・・・


山野草コーナー2
雷鳥のぬいぐるみ置いてありました。
雷鳥、ナイス同化!!


クロユリ
[クロユリ(黒百合)]
学名:Fritillaria camtschatcensis
ユリ科バイモ属の高山植物


エーデルワイス
[エーデルワイス(Edelweiss)]
学名:Leontopodium alpinum Cass.
キク科の多年草
花言葉は「尊い思い出」「大切な思い出」「勇気」「忍耐」


ヒマラヤの青いケシ
[ヒマラヤの青いケシ]
学名:Meconopsis grandis Prain(メコノプシス・グランディス)
一年を通していつでも花を見ることができるのが“咲くやこの花館”らしい。


ザンセツソウ
[ザンセツソウ(残雪草)]
学名:Raoulia australis.
キク科ザンセツソウ属の多年草


ザンセツソウ
苔のようにカーペット状に広がるのが特徴。

グレビレア属
[グレビレア属]
花はしゃがまないと見えない場所にありました。


トックリキワタ
[トックリキワタ]
学名:Ceiba speciosa
スペイン語で"Palo borracho"(酔っぱらいの樹)と呼ばれる。
樹の幹が膨らんで、酔っぱらいの腹のように見えることに由来しているらしい。
「パンヤ」とはこの綿のことでぬいぐるみやクッションの詰め物に使う。


人孔蓋
花博記念公園鶴見緑地内のマンホールの蓋は
花博のキャラクター「花ずきんちゃん」柄です。



また是非来たいけれど、


今度来るときは誰かに迷惑をかけないように独りで来ようと思いました。


ワタクシとしては、植物園(特に最近は温室)散策は宝探しみたいでワクワクするし、


とても楽しいんだけれどなぁ。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。