sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

メダカ

今日のエビ。

image
手前左が今回の主人公であるミナミヌマエビの「エビータ」。




ミナミヌマエビを「エビータ」と名付けて可愛がっているワタクシ。



メダカと同じ水鉢で棲息している、たった一匹のエビです。



そのエビータが、一昨日、日帰り旅から帰って来たら、



鉢から飛び出して干乾びていました。



まじかーっ!! エビータぁぁぁぁぁぁぁー!!



と嘆きつつも、



一縷の望みにかけて、ポイっと水鉢に放り込んでみました。



乾燥エビになっちゃってるけど、



スポンジの様に水分を吸収したら復活するかと思って。



水鉢に投入後、動かないエビに手を翳して



「生き返れ~」



と強めに呪いもかけておきました。



まあ、駄目だったら明日掬い取ればいいやーと思って放置すること数十分。



忘れていたので、メダカに餌をやろうと思って水鉢を見たら蛭が居たもんで、



取り去ろうと箸を水中に入れたら、先ほどのエビがエビ反りでビョーンと移動。



驚愕することに、乾燥エビが水で戻って復活してました。



すごいな、甲殻類の生命力。



気になって検索してみたけれど、



一部の情報によるとミナミヌマエビはそれほど生命力は強くないらしいです。



ってことは、ワタクシの呪いの力か!? 呪力なのか!?



ちなみに先日の地震の際、蓋をしていたにも関わらず



メダカが一匹、鉢から飛び出して1mも遠くで干乾びていました。



地震だと仕方がないと思えるけれど、



それでも、蓋をしていたのにどうやって飛び出したのかが謎ぉ~。



ワタクシにとっての「いろいろな不思議」が日々起こるメダカ鉢。



これからも、やっぱり目が離せません。




【にほんブログ村】

メダカを2匹追加。

image




雌か雄かは謎なれど仲睦まじかった二匹のメダカのうちの一匹が



真夜中に鉢から飛び出して逝ってしまいました。



金曜日の朝から、ショック極まりない。



致し方なく、帰りにショップでメダカを二匹購入して参りました。



上の写真を見せて、これと同じものが居るかを訊いたら、



「ああ~」と言って紹介されたのが下の二種。



image
image




似ているのか似ていないのかイマイチよく分からんのだけれど、



まあ、交配することになってもいっかー、と思って、二匹お持ち帰りしました。



image
更紗透明鱗メダカのツガイ。
それにしても凄い名前のメダカですな。




メダカって意外にお高いものなのねー。



ほんと意外にお高い。



しかしこの日、あまりの可愛さに胸のキュンキュンが止まらなかった



いぶし銀色の金魚の価格は一匹、



な、なんと 8,000円! でした!



相も変わらず、すげー世界だ。金魚界は。



金魚愛好家になったら戻れない気がするので、



今はメダカを愛でていたいと思います。



image
いつもの餌に飽きたかもしれんと思い、新しいタイプの餌も購入しました。




何だかんだ言いつつ、せっせとメダカに貢いでいるワタクシ。



可愛いんだから致し方なし。



種類が違うっぽいから、仲間外れになっちゃうかなぁ~



と思ったものの、在来メダカはコミュニケーション能力が高いらしく、



すぐに仲良く集まっていました。



image
何故か毎度メダカを撮るとボケるのだけれど・・・




しばらく落ち着くまでは飛び出さないようにフタをせねばと考え、



竹笊を被せているところです。



沢山卵を産んでくれるといいんだけどなぁ。




【にほんブログ村】

メダカが可愛くて仕方がない。

image




毎朝、メダカを眺めながら餌をやるワタクシ。



この時期、水替えを頻繁にするもんで、



キッチンの脇にメダカ鉢を置いているのだけれど、洗い物をするときに見ると、



お腹が空いているのか水面に浮かび上がって寄って来るメダカが可愛くて仕方がない。



餌の容器の腹の部分を爪でコンコンと鳴らすと、



底の方に居たもう一匹のメダカも寄って来るのがこれまた可愛い。



メダカって賢いんですね。



image




こんなに可愛いメダカですが、寿命は一年程度なんだそうな。



それは悲しい。



環境が良いと五年ぐらいは生きるらしいのですが、



ウチの場合はどうなんだろうか。



今年も過酷な夏がやって来そうな気配がするので、



かなり心配です。



【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

image



メダカが懐いているのか懐いていないのか、よくわからん。


でも元気です。


お腹が空くと水面近くに上がって来るので、


「ごはんかい?」


と訊きながら餌の容器を爪で鳴らしてみるのです。


気配にびびって水中に潜ることもあるけれど、


だいたいは、じりじりと寄って来るので餌を強請っているのだと分かる。


餌を撒く間も鰭をふりふりして浮かんでいる様子は、なんとも可愛らしいです。


そう云えば、名取裕子さんもメダカを飼っているのだそうな。


4匹のメダカが、今は200匹に増えたとかで、


餌やりが大変だろうなぁと、妙に親近感が湧きました。


いや、もともと名取裕子さんは好きですけど、


メダカを飼っているとの情報を得てからは、もっと身近に感じたというか。


メダカって、なんだか妙に可愛いんですよねぇ。


毎日、朝に晩にメダカ鉢を眺めては、ぼーっとしているワタクシです。


癒されるわぁ~


時々、蛭を発見しては箸でつまんで取り出して干乾びさせる程度で、


手間もそれほどかからないのが、なお、良し。


ただ、これからやって来る真夏を越せるのかは甚だ疑問だけどな。



【にほんブログ村】

メダカが産卵。

image
ぼけぼけな写真ですが、見るべきところはメダカの腹の部分。




2016年10月に購入したメダカ。



どんどん大きくなっっているなぁ~と思って見ていたら、



本日、メダカの腹に卵がぶら下がっているのを発見しました。



メスだったのかー。



と、数か月後にして初めて知った次第です。



ちなみに本日までは一匹しか居なかったもんで、有精卵ではありません。



image
産みつけられた卵。




最近、めっちゃ餌を食べるなぁと思っていましたが、産卵のためだったんですね。



ふむふむ、勉強になったわ。



ちなみに本日、もう一匹、メダカを追加しました。



雌雄については不明です。



オスだったら今後の産卵に期待が持てるけれど、



その可能性はどうかなぁ~



何はともあれ、先のメスはまだまだガツガツ餌を食べているもんで、



これからも卵を産むつもりなのかもしれんね。



image
まだ、お腹がたるっとしている気がする。




ちなみに、最近は、蛭を駆除するのが日課です。



無駄に黒酢が減って行く・・・




【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

image




うねうねした虫が大嫌いです。



ゆえに、類似する貝類全般も苦手。



本日、メダカの水槽にヒルを見つけてしまいました。



お箸ですくってキッチンペーパーの上に置いても長らくうねうねと蠢いている。



目を逸らすと飛び上がりそうなので見張るべく暫くガン見していたのですが、



一向にうねうねが止まる気配がしない。



寝そべってうねうねするだけでなく、縦にも伸びてうねうねしている。



一撃必殺のアイテムはないかしら? と数秒考えて



酢を垂らすことにしました。



瞬殺でした。



ヒルに酢は効くっぽい。



ってか、水の中に生息するヒルが居るんだね。



山蛭しか想定したことが無かったよ。



川での水遊びでも気を付けんと、ヒルと接近遭遇しちゃってるかもね。



裏にある様々なことを知ると、嫌いなもの、怖いものが増えちゃうもんですね。



ワタクシはつぶつぶなものや、うねうねなものを見ると、



キモチワルイと思った後に強い破壊衝動が湧き上がる自分が怖いです。



ゲシゲシと突き潰したいという衝動の怖さたるや・・・



ちなみに一匹のヒルを葬ったワタクシを見て、



ヌマエビがめっちゃ喜んでいました。



(・・・という気がした)



気になったので検索してみたら、



ヒルはヌマエビの卵を食べちゃうんですってね。



ってか、どうせ食べるならレッドラムズホーンの卵を食べて駆逐してくれや。



毎朝お箸で小さな貝を取り上げる作業が大変なのや。



若干イラッとしていたら、メダカ鉢の外に黒い貝殻がぽつんと落ちておりました。



貝が飛び上がり自殺したらしい。



ワタクシの居ない間にどんなドラマが繰り広げられているのか、



メダカ鉢という小さな世界の中が、ちょっと気になる。




【にほんブログ村】

茨城県つくば市『つくばの良い品』でメダカを追加購入してきた。

めだか




昨年10月に、つくばで購入したメダカ。



ワタクシにしては手厚くもてなしていたのですが、



年末に一匹、鉢から脱走を計り、カピカピに乾燥しているのを発見。



生ごみとして処理した次第です。



その後、エビも後追い脱走し、



今では、メダカ、エビ、赤い巻貝(レッドラムズホーン)が各一匹しか居ません。



それでは寂しかろうと思い、本日、つくばで追加購入して参りました。



今回は各一匹で充分なので、500円(税別)のセットを一つだけ購入。



帰宅後、早速、鉢を洗い、その中に投入してみました。



めだか
正直、メダカの性別がワカランのです。
仲良くしてくれると良いのだけれど。


image
既にこの鉢に居るエビと比べるとサイズが半分の新しいエビ。
(参考:すずテト

image
「レッドラムズホーン」という赤い巻貝も、
既に居るものに比べると新しい個体は小さいです。
雌雄同体なので二匹居ると繁殖しちゃうらしいです。




レッドラムズホーンってことは、赤い羊の角ってこと?



確かにそんな感じの赤い巻貝です。



水面に浮いていると、木の実にも見えます。



ゴミかと思ったもんな。



増えるのはまずいので、適度に卵を駆除しつつバランスを保ちたいと思います。



でも、こいつってば以外にお高くて、一匹80円ぐらいしちゃうらしいのよね。



繁殖し易いのにこのお値段なんて、なんだかモヤッとするわぁ・・・。



それはそうと、つくばで購入するメダカセットには餌が付いているのですが、



この餌の方がメダカには好評なんですよね。



ペットショップで買った高機能な餌よりも食いつきが良いのです。



そして、本日、この餌も同じ場所で販売していることに気付きました。



勿論、迷わず購入した次第です。



もしメダカが繁殖したら、メダカ鉢をもう少し大きいサイズにしようかなぁ~



と思うものの、猛暑が怖いので、ほどほどに致したいと思います。



えさ
[メダカの餌(中央) 50円(税別)]
右が今回購入したメダカに付いていた餌。
左が以前購入したメダカに付いていた餌の容器に詰め替えたもの。




【つくばの良い品】
茨城県つくば市吾妻2-128
営業時間 8:00〜20:00
Suicaが使えます。



【にほんブログ村】

新宿区市谷『市ヶ谷フィッシュセンター』に水草などを買いに行って来た。

image




市ヶ谷と云えば釣り堀ですが、



その脇に熱帯魚などを販売するショップがあります。



本日はここに水草などを買いに行って参りました。



理由は、先日買ったメダカを昨日買ったガラスボウルに入れたら、



スカスカ過ぎて、エビが隠れる場所がなくなってしまったこと。



ミニアクアリウム

image




あまりにもシンプル過ぎて、貝かぷかぷか浮かんでいる時間もアリ。



これはイカンと思い、



実は銀座の「パウパウアクアガーデン」に行こうと思っていたのですが、



ちょっと面倒くさくなり、近所の市ヶ谷フィッシュセンターに方向転換。



本日の東京地方は寒いのですが、釣り堀には人が沢山居ました。



さて、沢山あり過ぎる水草の中からアドバイスに従ってマツモを購入。



水槽でフワフワそよいでいるマツモを見て、「2本下さい」と言ったら、



包まれたのは下の量でした。



image
ワタクシは細い茎が2本分だと思って注文したのですが・・・

image
一本とは3本付の束なのでした。
こんなに必要ないのでリビングの端で眠っている睡蓮鉢活用しようかと悩み中。
とりあえずペットボトルをスパッと切って、そこに入れてあります。


image
[メダカO2ウォーター 504円(税込)]
ポンプが無くても大丈夫。
酸素を入れる製品がありました。




砂を洗ったり、水草を切ったり、



帰宅後は甲斐甲斐しくメダカ入りガラスボウルのアレンジに取り組みました。



ちょっとはマシになったかな。



上から眺めていても飽きない感じにはなりました。



今度は、エビ用の土管を用意せにゃ。



image
作業途中のボウル内。




image
【市ヶ谷フィッシュセンター】

東京都新宿区市谷田町1-1
営業時間 [平日]12:00~20:00 [土・日・祝]9:00~19:00
定休日:年中無休



【にほんブログ村】

めだかに一目惚れ。

ミニアクアリウム
[ミニアクアリウム 1,500円(税別)]




かっ・・・、買ってしまった・・・。



実はワタクシ、昔、丹頂という金魚を飼っておりました。



出張三昧の多忙な日々の癒しだったのですが、



真夏のある日、黴が生えて他界。



以来、長らく生き物は飼っておりませんでした。



しかし本日、某売店で無造作に売られたメダカを発見。



一目で恋に落ちました。



これは連れて帰りたい。



是非とも、目の前で泳いでいる姿を見続けたい。



ムズムズする衝動を抑えきれず、購入してしまいました。



ミニアクアリウム
手前のミナミヌマエビしか写らんかった。




これは可愛すぎる。



どうしてくれようか、ってぐらい可愛い。



うまくいけば、このままの容器で2か月程度は保つらしい。



しかし、水草も含めてすべての生き物が成長するため、



いずれは大きな容器に移し替える必要があるのだとか。



ちょっとワクワクしますな。



ガラスの中には2匹のメダカとたぶん3匹のミナミヌマエビ、



タニシ的な貝が1匹住んで居ります。



名前を考えねば。



  

【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。