sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

ヘレナ・ボナム=カーター

【感想】映画『オーシャンズ8』をヘレナ・ボナム=カーター目当てで観に行ってきた。

image


毎週月曜日、auスマートパス会員は1,100円で映画が観られます。
ってことで本日は千葉県民Tと一緒に『オーシャンズ8』を観に行って来ました。

主演はサンドラ・ブロック。
共演がケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ミンディ・カリング、サラ・ポールソン、オークワフィナ、リアーナ、ヘレナ・ボナム=カーター。

ワタクシは大好きなヘレナが目当てでして、内容は二の次でしたが、なかなかに面白かったです。
レミゼやアリスで一緒だったからか、オフショットのヘレナとアン・ハサウェイって仲が良さそうなのもgood。

ダニー・オーシャンの妹、デビー(サンドラ・ブロック)は5年8ヶ月の服役の末に刑務所から出所した。出所時の面接で「二度と犯罪はしない。普通の生活を送りたい」と言っていたデビーだったが、出所後次々と化粧品や服飾品を盗み出していく。
デビーは服役中の5年8ヶ月間で、ファッションの祭典であるメット(メトロポリタン美術館)ガラで高級な宝石を盗み出すという計画を立てていた。壮大な計画を実行に移すべく、デビーはルー(ケイト・ブランシェット)と一緒に次々と仲間を見つけていく。
しかし、彼女の目的は単に宝石を盗み出すことではなかった。

ヘレナの役どころは、デビー(サンドラ・ブロック)とルー(ケイト・ブランシェット)が最初に仲間に誘うファッションデザイナー。
頭に花を挿すような衣装でも、ヘレナがすると違和感がないところが何ともイイ。やっぱり好き。
メンバーの中で最も犯罪スキルが無くて頼りなさげなのに、意外と大胆という役処で、もしかしたら一番捕まり難い犯罪者になれる役柄なんじゃないかと思えました。

出演者が8人以外も豪華で、アメリカ版『ヴォーグ』の編集長、アナ・ウィンター本人が出ていたのには驚いた。
そして最後に出てくる4人のマダム達も見覚えがあって、名前の正解が気になります。
結構な大御所が出ている気がするんだけどなぁ。どうなんだろう?

我々は日比谷で観ましたが、ソファーが最新でラク・・・と言いたいところなれど、お尻が大変痛くなりました。
背もたれは良いんだけど、おばちゃんには座面のクッション部分がもう少しふかふかであって欲しかった。
次回もし「オーシャンズ9」があれば、もうワンランク上の席を選択しようかなぁ。(auスマートパス会員価格では観られんけど)

女性ならではという感じのファッショナブルな犯罪映画で、面白かったです。
次回作があるとすれば、これ以上のお洒落感は出せるのだろうか?と思ってみたり。

蛇足ですが、偶然にも本日は大阪で母も同作品を観に行ったそうな。
母はヘレナ目当てではないんですけどね。

男性には物足りないかもしれませんが、女性は視覚的に十分楽しめる映画ではないかと思います。

それはそうと、アナ・ウィンターって68歳で現役編集長なんですね。
凄すぎる・・・。


【にほんブログ村】

【感想】映画『シンデレラ』を観て来たのだが。 [これから観る人は読まないで下さい]

ヘレナ2


毎週月曜日、auスマートパス会員は1,100円で映画が観られます。

ってことで、本日、実写版『シンデレラ』を観に行って来ました。

大好きなヘレナ目当てで。

ワタクシが初めて観た映画も、実写版シンデレラでして、

実は何気にシンデレラのファンでもありました。

1970年代のシンデレラのイメージで観に行ったもんで、

正直に、ハッキリと申せば、

「ああ、やっぱりディズニーかいな」

という感想です。

ワタクシの苦手なディズニーっぽさ的なものがそこにはあって、

観終わったら、心が荒みそうになりました。

でも、エンドロールで何となく納得。

キャストのトップが、継母役のケイト・ブランシェットだもんな。

うん、正に、これはケイト・ブランシェットの映画だわ。

だって、シンデレラがそもそもなぁ~

ついでに、王子もなんだかなぁ~

そもそも、意地悪な継母は女王然としているわ、

意地悪な姉たちはツインズみたいで無個性だわ、

ケネス・ブラナーの映画はやっぱりこんな感じになっちゃうよな~。

12時まであと2、3分で、

あの長距離を移動できるのが既にディズニーマジック!

ハッキリ言うと、演出がダサい。

と思っているのはワタクシだけなのか?

と気になって検索してみたら、おすぎも同じ事を言うてます。



同感。

ってか、平日料金で観に行かなくて本当に良かったです。

ヘレナを観に行ったんだ、ヘレナを。

ヘレナの歌を聴きに行ったんだ、ヘレナの。

と、そんな呪文を上映中に唱え続けていたワタクシです。

なんだかなぁ。

まあ、久々にヘレナが綺麗なドレスを着ているし、

衣裳は、まあまあ見応えがあるし、

そこを着地点にしようかなと思っているところです。

ってか、そもそもシンデレラはアホなんか、どうなのか。

いいのか? こんな主人公で?

と思っちゃうキャラなのが、そもそもの敗因かもなぁ。

やっぱり主人公は、継母役のケイトだったってことで、

本日は納得したいと思います。



あ、そうそう。

同時上映のアナ雪に出てくる雪だるま(小)を見て、

ジブリ映画の「コダマ」を思い出したのはワタクシだけでしょうか?


【にほんブログ村】

ヘレナ・ボナム=カーターが米ウォルト・ディズニーによる実写映画版「シンデレラ」に出るらしい。

ヘレナ・ボナム=カーター
[ヘレナ・ボナム=カーターHelena Bonham Carter)]
1966年5月26日~
曾々祖父は元イギリス首相のハーバート・ヘンリー・アスキス伯爵。
叔父は映画監督の アンソニー・アスクィス。
銀行頭取の父と、精神科医の母の元で生まれた上流階級出身。
ケンブリッジ大学に合格していたが女優としてのキャリアを考え入学をやめている。
『鳩の翼』でロサンゼルス映画批評家協会賞主演女優賞を受賞しアカデミー主演女優賞にノミネート。
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』などでゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネート。
『英国王のスピーチ』で英国アカデミー賞助演女優賞を受賞し、アカデミー助演女優賞にノミネート。
現在は結婚はしていないが映画監督ティム・バートンとロンドンで暮らしている。2児の母。


1985年公開の『レディ・ジェーン/愛と運命のふたり』を観て以来、

ずーっと大好きな女優さんであるヘレナ・ボナム=カーター。

本当に大好きで、

子供の頃はイギリスに行けば偶然会えるかもしれないと思っていました。

ロンドンには数回通いましたが、会える筈もなく。

でも未だに本気で大好きな女優さんです。

実際に会ったら、感激して泣いちゃうかも。

そんなヘレナが、これまたワタクシが一番大好きなファンタジーである

『シンデレラ』に出るそうです。

まじかーっ!!! 何のご褒美!!?

嬉し過ぎでしょ、ワタクシ。

英女優ヘレナ・ボナム=カーターが、米ウォルト・ディズニーによる実写映画版「シンデレラ」で魔法使いを演じることが決定した。
既に、英女優リリー・ジェームズが主人公シンデレラ役に決定しており、意地悪な継母役にケイト・ブランシェット、その娘役にホリデイ・グレインジャー&ソフィー・マクシェラ、チャーミング王子役にリチャード・マッデンがキャスティングされている。
メガホンをとるのはケネス・ブラナー監督で、オーストラリア出身のブランシェット以外は英国出身という布陣となった。
撮影は秋にロンドンで行われる予定。
[映画.com ニュース]


過去に俳優のケネス・ブラナーと交際していた時期もあったヘレナ。

再び同じ映画を撮る日が来るとは、

それだけ年月が経ったんですねぇ。

これから撮影ってことは、日本で公開されるのは再来年でしょうか?

これを観るまでは、元気で暮らしていたいなぁ。

などと、密かに想っていたり。



   

【にほんブログ村】

ヘレナが出ている『レ・ミゼラブル』が12月21日ロードショー。

LesMiserobles
ワタクシがずーっと大好きな女優、ヘレナ・ボナム=カーターも出ています。
悪人テナルディエ一家のテナルディエ夫人役。←ドンピシャって感じ


『レ・ミゼラブル』を生まれて初めて読んだのは小学生の頃。


その舞台を初めて観たのは、学生時代に帝劇で、でした。


ジャン・バルジャン:滝田栄
ジャベール:鹿賀丈史
エポニーヌ:島田歌穂
ファンテーヌ:岩崎宏美
コゼット:斉藤由貴
マリウス:野口五郎
テナルディエ:斎藤晴彦
マダム・テナルディエ:鳳蘭


というキャストだったのですが、


ってことは、1987年に観たってことになるらしい。


一人だったもんで、真正面の素晴らしく良い席で観た記憶があるわ。


ただね・・・、コゼットとマリウスがね・・・。


逆に、エポニーヌは素晴らしかった。


そんなレミゼが、21日から映画館で観られるらしい。


しかもワタクシの大好きなヘレナも出ておる。


これは是非とも観てみたい!!


ってことで、21日(金)を指折り数えて待っているワタクシなのです。




↑ 予告動画はコチラ ↑



【にほんブログ村】

DVD『英国王のスピーチ』のヘレナを観た。

ヘレナ2
『英国王のスピーチ』
アカデミー賞作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞受賞
(ヘレナはアカデミー助演女優賞にノミネート)

初めてヘレナの作品を見たのが『レディ・ジェーン』。

あれ以来20数年経過しているけれど、未だに私が唯一無二に大好きな女優がヘレナ・ボナム=カーターです。

イギリスに行ったらヘレナに会えるとまでは言わなくても、雑誌かフォトか、日本では手に入らない何かしらが手に入ると思って数年通ったもんな。

まあ、既にその頃には、ヘレナはハリウッドに拠点を移していたんだけど。

そんなヘレナの出ている『英国王のスピーチ』のDVDをようやくゲット致しました。

英国王のスピーチ
(棚にはコレしかなかったのだが)
初回限定スペシャルパッケージ


ハリーポッターの悪い魔女役も好きだけれど、やはりヘレナは時代劇がお似合い。

イギリスの元首相のひ孫で育ちが良いからか、貴族とか、王族とか、そんな役がピッタリはまるんですよね。

そして当作品のエリザベス王妃(現エリザベス二世の母)は、私が見たことのあるヘレナの作品の中でも、一、二を争うはまり役だと思うの。

ユーモアがあって、とにかくチャーミングで、ふんわりとした柔らかく家庭的な雰囲気で、それでいて王を支える強さを隠し持った王妃役。

うわぁ、一緒にお茶飲んでみたい!! と思っちゃうほど魅力的なんです。

ヘレナ自身もインタビューで、

「初めて会ったのは『眺めのいい部屋』の時だった。思っていた通りの印象よ。でも、外側はマシュマロでも、中身は鋼の女性だと思うわ」

と語っているように、クイーン・マザー(皇太后)にお会いしたことがあるんだそうな。

歴史作品だと思ってたけれど、つい最近の話だったんですよね、よく考えると。

ここでも「王冠か恋か」を主人公の兄王に選択させたシンプソン夫人が出てくるんですが、私も夫人のイメージは劣悪。

だから、彼女が王妃になるよりも、このエリザベス妃が王妃になる方がイギリスにとっては良かったんじゃないかなぁと、勝手ながら思っちゃいます。

柳のようにしなやかな彼女の強さが、第二次大戦を乗り越える一因でもあっただろうし。

日本で、エリザベス皇太后に匹敵するほどの女性がいるのかしら?

それほど強いイメージのある女性は、李方子しか今は思い浮かばないけれど。

ともかく、『英国王のスピーチ』で、ヘレナの芸域の広さに感銘を受けたワタクシでした。


ヘレナ

吃音に悩むヨーク公(のちのジョージ6世)コリンファースの妻エリザベスヘレナボナム=カーターは、何人もの医者の治療を受けてもダメだった夫のため、新聞に公告が出ていたライオネルローグジェフリーラッシュのところへ夫を連れて行く。しかしライオネルローグはいままでの医者とは違い、独創的な治療をする人物だった。

【にほんブログ村】

ムカイオサムは格好良いのか。

クリアファイル
KnorrスープDELI×2個で貰えるミニクリアファイル


向井理を見ない日は無い今年の日本。


テレビだったり、ポスターだったり、雑誌の表紙だったり。


実はこんなに売れる前は好きだったんです。


でも、売れると冷めるワタクシの心。


以前は、ふじっきー(藤木直人)が好きでライブハウスに行ったけれど、売れてからは普通になったもんな。


いまだに好きなのは佐藤健。


役者だなぁ~と思えるから好きです。


GACKTはMALICE MIZER(マリスミゼル)の頃から好きだったけど、売れに売れてからは普通になってもうた。


うん、あまのじゃくなんだと思う。


ちなみにその理論度外視で今気になっているのはキスマイ(Kis-My-Ft2)


藤ヶ谷太輔って(ホストっぽい)踊りが上手いよね。


話が逸れたので元に戻すと、


向井理は格好良いのか?


多分、演技が上手いかは兎も角、あの声が良いんだと思うの。


NHKでナレーションをやっているけれど、どうせなら『世界ふれあい街歩き』をやって欲しいなぁ。


蛇足ですが、ワタクシが最も愛するヘレナ(ヘレナ・ボナム=カーター)が、実写版アキラに出るらしい。


実写版ドラゴンボールに興味は無かったが、アキラは絶対見に行こうと思った次第です。





【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。