sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

ヒスイカズラ

【写真多用】『板橋区立熱帯環境植物館』に今年初めてのヒスイカズラを見に行ってきた。

翡翠葛
[ヒスイカズラ(翡翠葛)]
学名:Strongylodon macrobotrys
原産地はフィリピン諸島。

ワタクシがこの時期に見たくてウズウズするのがヒスイカズラの青い花。

ってことで、今日は朝から板橋区立熱帯環境植物館に行って参りました。

翡翠葛
こちらは蕾だらけのヒスイカズラ。

翡翠葛
こちらは花が開いているヒスイカズラ。

翡翠葛
翡翠葛

翡翠葛
落ちた花を間近で見ることができました。

翡翠葛
蕾は、生き物の爪のようですねぇ。

翡翠葛
翡翠葛
翡翠葛

翡翠葛
こちらにも落ちた花が。

翡翠葛
翡翠葛
写真に撮るよりも、実際に見る方が色が綺麗なんです。

本当に綺麗。

この花を見るとテンションが上がります。

ああ、もう春なんだなぁ、5月に近いんだなぁと思うのです。

筑波実験植物園にもヒスイカズラがあり、こちらも圧巻。

5月になったら実に行こうかな。

サンゴアブラギリ
サンゴアブラギリ
[サンゴアブラギリ]
こちらには実が付いていました。


ゲットウ
[ゲットウ(月桃)]
学名:学名Alpinia zerumbet
ショウガ科ハナミョウガ属の多年草。
お茶になるそうですが、ワタクシは月桃といえば高級紙しか思い浮かばない。


ビョウタコノキ
[ビヨウタコノキ(美容蛸の木)]
学名:Pandanus utilis
タコノキ目タコノキ科パンダヌス属の広葉樹

いろいろあるけれど、やっぱり今咲く花の女王様はヒスイカズラだよなぁ~

とシミジミ思った今日のワタクシです。



板橋区立熱帯環境植物館
【板橋区立熱帯環境植物館】
東京都板橋区高島平8-29-2
入館料:大人240円
高島平駅(東口)下車 徒歩5分程度

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

【写真多用】『板橋区立熱帯環境植物館』に今年初めてのヒスイカズラを見に行ってきた。

ヒスイカズラ
[ヒスイカズラ(翡翠葛)]
学名:Strongylodon macrobotrys
原産地はフィリピン諸島。

知っている人は知っているハズ。

ワタクシがヒスイカズラ好きであるということを。

そのヒスイカズラの花が見られる時期が今なんです!

ってことで今日は板橋区立熱帯環境植物館に行って参りました。

ヒスイカズラ
ただし、ワタクシが発見できたのはこのひと房だけでした。

でも!


ヒスイカズラ
五回ぐらい札に書かれた文字を反芻。
“お持ち下さい”って持ち上げろって意味じゃないよね? ね?・・・みたいな。
日本語の意味を理解した時の興奮たるや!

ヒスイカズラ
ヒスイカズラ
ヒスイカズラ
ヒスイカズラ
やはり最高に美しい色のはなですよねぇ。
なんか幸せ。

でも、もっと見たい。

昨年ぐらいは満喫したい。

そんな本音も抱きつつ、他の花実も愛でて参りました。

ツンベルギア・マイソレンシス
[ツンベルギア・マイソレンシス]
学名:Thunbergia mysorensis
別名:マイソルヤハズカズラ


ツンベルギア・マイソレンシス
落ちた花弁を並べて石の上に置いてありました。

ツンベルギア・マイソレンシス
ヒスイカズラと同じようにぶら下がっていました。
同じ時期に咲くんですねぇ。


エスキナンサス
[エスキナンサス]
学名:Aeschynanthus
イワタバコ科の常緑多年草。
今まで結構目にしているのでさすがに名前を覚えた。
(イワタバコ科って名前を)


ゲットウ
[ゲットウ(月桃)]
学名:学名Alpinia zerumbet
ショウガ科ハナミョウガ属の多年草。
お茶になるそうですが、ワタクシは月桃といえば高級紙しか思い浮かばない。


Paphiopedilum
[パフィオペディルム(Paphiopedilum)属]
「貴婦人のスリッパ」という俗称があるようです。
スリッパには見えんのだがなぁ。


Paphiopedilum
Paphiopedilum
Paphiopedilum
やっぱりスリッパには見えないなぁ。

Orhosiphon aristatus?
Orhosiphon aristatus かな?

Cycas rumphii
[ルンフソテツ]
学名:Cycas rumphii(キカス・ルムフィイ)
毎度思うのだけれど、この後、この黄色い部分はどうなるんだろう?


ビョウタコノキ
[ビヨウタコノキ(美容蛸の木)]
学名:Pandanus utilis
タコノキ目タコノキ科パンダヌス属の広葉樹


ジャボチカバ
[シャボチカバ]
学名:Myrciaria cauliflora
英語: Jabuticaba
フトモモ科の常緑高木。
果実は食べられます。


ジャボチカバ
別名:ブラジリアングレープツリー、ジャブチカバ、ジャボチカ、
グアペルー、ヒバプルー、イバプルー、サバラなど


Artocarpus heterophyllus
[パラミツ(波羅蜜)]
学名:Artocarpus heterophyllus
クワ科パンノキ属の常緑高木
英名:ジャックフルーツ(jack fruit)


Artocarpus heterophyllus
トライポフォビアの人はガン見できない果皮ですな。

コブミカン
[コブミカン]
香りをかいでみましたが、いまいちワカリマセンでした。


オクナ カーキ
あら? この見慣れた感じの花実は・・・

オクナ カーキ
オクナ カーキ
オクナ カーキ
オクナ カーキ
[オクナ・カーキ]
Ochna kirlii
オクナ・セルラタにめっちゃ似ていますよね。
双方、ミッキーマウスの顔のように見えることから、ミッキーマウスツリーと呼ばれるようです。


ナンヨウザクラ
[ナンヨウザクラ(南洋桜)]
学名:Muntingia calabura
サクランボのような小さな実が付くようですが桜の仲間ではないそうです。


ナンヨウザクラ
ナンヨウザクラ
色っぽい花ですよね。

カリアンドラ・エマルギナタ
[カリアンドラ・エマルギナタ]
学名:Calliandra emarginata
英名:Powder puff


カリアンドラ・エマルギナタ
カリアンドラ・エマルギナタ
花が開く前は普通の蕾なんですねぇ。

ストレプトカルプス
[ストレプトカーパス]
学名:Streptocarpus
イワタバコ科の多年草
※写真で撮るとブルーが強いのですが、実際は薄紫に見えます


パキスタキス・ルテア
[パキスタキス・ルテア]
学名: Pachystachys lutea


image
[ベニヒモノキ(紅紐の木)]
 学名:Acalypha hispida


クラウンフラワー
[クラウンフラワー(Crown flower)]
ガガイモ科カロトロピス属
別名:アコン(Akond)
ハワイやタヒチではレイに使われるそうです。


バニラ
[バニラ]
学名:Vanilla planifolia
花は一日しか開花しないそうです。でも花言葉は「永久不滅」。


バニラ
とても甘い香りがして、この香りだけで紅茶が飲めそうな感じ。

パパイヤ(ソロ)
[パパイヤ(ソロ)]
学名:Carica papaya
実の付きはじめはこんな形状だったんですねぇ。

満喫したと言いつつ、若干植物に飢えていたので、

続いて小石川植物園に移動しましたとさ。



板橋区立熱帯環境植物館
【板橋区立熱帯環境植物館】
東京都板橋区高島平8-29-2
入館料:大人240円
高島平駅(東口)下車 徒歩5分程度


にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

小石川植物園では空木(うつぎ)の花が盛りでした。

小石川植物園
【小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)】
東京都文京区白山3丁目7
入園料:400円←めっちゃ値上がりました!!!




消費税増税後、初の小石川植物園入園です。



330円の入園料が400円に大幅値上げ。



今までは向かいの売店で販売されていた券は、



園入口に設置された自販機での購入に変わっていました。



これで温室に手が入れられるようになれば良いなぁ・・・



などと、寄付もせずにボンヤリ思うワタクシです。



ニュートンのりんご
[ニュートンのりんご]
既に実が成っていました。


シロバナヤエウツギ
[シロバナヤエウツギ(白花八重空木)]
学名:Deutzia crenata f. candidissima.
ユキノシタ科ウツギ属
八重咲きの空木。


アマギベニウツギ
[アマギベニウツギ(天城紅空木)]
学名:Weigela decora var. amagiensis.
スイカズラ科 タニウツギ属


ニシキウツギ
[ニシキウツギ(二色空木)]
学名:Weigela decora.
スイカズラ科タニウツギ属
初めは淡黄白色で、のちに紅色に変わることから付けられた名。


バイカウツギ
[バイカウツギ(梅花空木)]
学名:Philadelphus satsumi
アジサイ科バイカウツギ属


ハコネウツギ
[ハコネウツギ(箱根空木)]
学名:Weigela coraeensis
スイカズラ科タニウツギ属
白い花が次第に赤へと変化します。


サクラバラ
[サクラバラ(桜薔薇)]

カルミア
[カルミア]
ツツジ科
花が砂糖菓子みたいですねぇ。
葉はグラヤノトキシンを含み有毒。


カルミア
ツツジ科とは思えん可愛さだわ。

オダマキ
[オダマキ(苧環)]

オダマキ
地面から見上げるとこんな感じ。

ナガバモミジイチゴ
[ナガバモミジイチゴ(長葉紅葉苺)]
学名:Rubus palmatus var. palmatus


ハマナス
[ハマナス(浜茄子)]
学名:Rosa rugosa


ムラサキツメクサ
[ムラサキツメクサ(紫詰草)]
学名:Trifolium pratense
クローバー(ツメクサ)の一種。


ジキタリス
[ジキタリス(Digitalis)]
花の形が指サックに似ているためジキタリス(ゆび)と呼ばれる。


ジャーマンアイリス
[ジャーマンアイリス]
最近こっつい好きな花です。


ジャーマンアイリス
[ジャーマンアイリス]

ジャーマンアイリス
ものすごく面白い形なんですよねぇ。

シラン
[シラン(紫蘭)]

シラン
[シラン]

Dendrobium capillipes Rchb.f.
[Dendrobium capillipes Rchb.f.]
簪にしたら可愛いだろうなぁという花ですね。


Eria ornata
[Eria ornata(エリア・オルナタ)]
ラン科エリア属


ヒスイカズラ
[ヒスイカズラ]
あっ、蕾が見える!!


ツバキカズラ
[ツバキカズラ(椿葛)]
学名:Lapageria rosea
ユリ科ツバキカズラ属


Saurauia pendula
[Saurauia pendula(サウラウイア・ペンデュラ)]
マタタビ科タカサゴシラタマ属


ウイキョウ
[ウイキョウ(茴香)]
学名:Foeniculum vulgare
セリ科ウイキョウ属の多年草。
英名:フェンネル



結構何度も来ているものの、未だに新しい発見があるんですよね。



植物園ってホント楽しいなぁ。



ちなみに一番上の写真を撮りながら、



『秘密の花園』を妄想していた本日のワタクシです。



小石川植物園
今は使われていない門の表札をよく見ると・・・

小石川植物園
昔は「樹木園」という名称だったんですね。


【にほんブログ村】

茨城県つくば市『国立科学博物館 筑波実験植物園』でヒスイカズラの種を見てきた。

ヒスイカズラ
[ヒスイカズラ(翡翠葛)]
学名:Strongylodon macrobotrys
別名:ジェイド・バイン(Jade vine)

期待してわざわざ筑波まで足を運んだのに
花がひと房もないじゃないのっ!!

ヒスイカズラ
発見したのは落ちた枯れ花弁ひとつ。
つまりは花の時期が終わっておった(号泣)


ヒスイカズラ




フィリピン諸島のルソン島など、ごく限られたところでしか見られないマメ科のつる性植物。



それがヒスイカズラです。



自生地では環境の悪化により絶滅が危惧され、レッドリストに登録されています。



この花を小石川植物園で数年前に見て以来、



ワタクシにとっての恋焦がれる花になりました。



ちなみに筑波のヒスイカズラは、小石川の苗を母本としているそうです。



初めて筑波実験植物園に来たとき、大量のヒスイカズラの葉を発見し、



絶対に春に花を見に来ようと心に決めておりました。



先日、関西で母がヒスイカズラの花を見たと言っていたもんで、



こりゃ、急がねば花の頃が終わってしまう~



と、至極焦った次第です。



で、今日足を運んだのに、既に花が終わってしまったとは。



無、無念。



ところが、別のものを発見致しました。



ヒスイカズラの種
種だ!!

ヒスイカズラの種
種だよ!!
初めて見たよ!!


ヒスイカズラの種
実はやっぱり豆なんだね。
わ、割りたい・・・




豆が見られるなんて、かなりレアなんじゃないかしら。



ある種、ラッキーなのかも。



これで良しとするか。



・・・と思っていたら、別の温室で花を発見致しました!!



ヒスイカズラの花
おお~っ、花だ~。

ヒスイカズラの花
めっちゃ咲いてる。

ヒスイカズラの花
まだこれから咲く部分も残っているし。

ヒスイカズラの花
下に花弁が結構落ちているってことは、
ぼちぼち見頃は終わりですなぁ。


ヒスイカズラ

見本のように置かれた花弁。




種も花も間近で見ることが出来て、



最高に幸せ。



いやぁ~良い一日でした。




【にほんブログ村】

小石川植物園に春を探しに行って来た。

小石川植物園
[小石川植物園の桜]




超久々の休日。



凄まじく行きたくてたまらなかった小石川植物園に朝から行って参りました。



本日は半袖の人も居たほどの暖かい一日。



明日は雨。



ゆえに本日は絶好の花見日和でした。



小石川植物園の桜も見頃哉。



ソメイヨシノ
[ソメイヨシノ(染井吉野)]
学名: Cerasus × yedoensis (Matsum.) A.V.Vassil. 'Somei- yoshino'
日本原産種のエドヒガン系の桜とオオシマザクラの交配で生まれたと考えられる日本産園芸品種。


ソメイヨシノ
ソメイヨシノ
ソメイヨシノ
ソメイヨシノ
ソメイヨシノ
ソメイヨシノ
[満開の花]
青空と桜って一番綺麗なコントラストかも。


シダレザクラ
[シダレザクラ(枝垂桜)]
学名Cerasus spachiana f. spachiana(Synonym : Prunus pendula Maxim., 1884
枝がやわらかく枝垂れる桜の総称。


シダレザクラ
花が華奢ですな。

早春桜
[早春桜]
豆桜(マメザクラ: Prunus incisa)の園芸品種。
散り初めです。


カンヒザクラ
[カンヒザクラ(寒緋桜)]
学名:Prunus cerasoides var. Campanulata.


シナミズキ
[シナミズキ(支那水木)]
学名:Corylopsis sinensis
マンサク科トサミズキ属の落葉低木


シナミズキ

ハヤトミツバツツジ
[ハヤトミツバツツジ(隼人三葉躑躅)]
学名:Rhododendron dilatatum var. yakushimanum


ゲンカイツツジ
[ゲンカイツツジ(玄海躑躅)]
名:Rhododendron mucronulatum var. ciliatum
3月に咲くツツジ。


ハリギリ
[樹皮が剥がれたハリギリ(針桐)]
学名:Kalopanax septemlobus
鋭いとげが多いことから針桐(ハリギリ)とも言う。
先月の大雪で折れたのかな。


ミツマタ
[ミツマタ(三椏)]
学名:Edgeworthia chrysantha


ミツマタ
枝が必ず三叉(三つに分岐)になっています。

エンピツビャクシン
[エンピツビャクシン(鉛筆柏槇)]
学名:Juniperus virginiana
ヒノキ科ビャクシン属の針葉樹。
かつては鉛筆の軸木を製造するための木だった。


エンピツビャクシン
ヒノキ科かぁ・・・(´・ω・`)


コウヨウザン
[コウヨウザン(広葉杉)]
学名:Cunninghamia lanceolata ( Lamb.) Hook.
スギ科コウヨウザン属
スギ科かぁ・・・(´・ω・`)

鴨
めっちゃ泳いでいる鴨。

モクレン
[モクレン(木蓮)]
学名:Magnolia quinquepeta
ワタクシが大好きな花です。


モクレン
かなりの高木だったので、カメラのズーム機能で激写。
偶然、緑色の蜘蛛が写っていました。


サンシュユ
[サンシュユ(山茱萸)]
学名:Cornus officinalis Sieb. et Zucc.
ミズキ目ミズキ科の 落葉小高木。


コブシ
[コブシ(辛夷)]
学名:Magnolia kobus
モクレン科モクレン属の落葉広葉樹の高木。


コブシ
コブシ

ボケ
[ボケ(木瓜)]
学名: Chaenomeles speciosa
バラ科ボケ属の落葉低木
花言葉は「先駆者」「指導者」「妖精の輝き」「平凡」。




そういえば温室でヒスイカズラの花を見ました。



個性的な色なので、窓越しでも目立ちますね。



ヒスイカズラ
[小石川植物園では立ち入り禁止区域にしかないヒスイカズラ]
ガラス越しに撮ってみました。




3月待つで咲くのかぁ。



次週は間近で見られる植物園(温室)に是非とも足を運ばねば。



日光にも行きたいなぁ。



小石川植物園
[小石川植物園]
東京都文京区白山3丁目7
9:00~16:30(入園は16:00まで)
白山(東京都)駅[A1]から徒歩約7分


【にほんブログ村】

江東区夢の島『都立 夢の島熱帯植物館』が噂どおりの残念さだった。

ハイビスカス




都民の社会科見学の際にもよく利用されるらしい「夢の島熱帯植物園」。



皆さんから「面白くない」と散々言われていたものの、



自分の目で確かめたいという思いが募り、



新木場に来たついでに、足を向けてみることに致しました。



意外と混んでいた理由は、この日の入館料が無料だったからかも。



夢の島熱帯植物園
「夢の島熱帯植物園」へ向かう案内表示が意外と凝っている。

夢の島
【夢の島熱帯植物園】
東京都江東区夢の島2丁目1-2
9時30分~17時00分(入館は16時00分まで)
新木場駅から徒歩15分
大人250円


夢の島熱帯植物園
3つのドームからなる施設です。
(意外と小さかった)


ヒスイカズラ
ヒスイカズラもあるらしいのですが、近くでは見られそうに無いですなぁ。

カトレア
「カトレア」なのか「カトレヤ」なのか毎度悩む。
でもスペルはCattleya


パイナップル
[パイナップル(pineapple)]
学名:Ananas comosus
パイナップル科の多年草


Ananas
[シマサンゴアナナス(縞珊瑚アナナス)]
花言葉は「たくわえる」。


ゴレンシ
[ゴレンシ(五斂子)]
学名: Averrhoa carambola
(通称:スターフルーツ)
カタバミ科ゴレンシ属。
果皮に張りとツヤがあり、重みのあるものが美味しいそうです。


レッドジンジャー
[レッドジンジャー(red ginger)]
ショウガ科ハナミョウガ属の常緑多年草。
花言葉は「一日だけの恋」。


ベニヒモノキ
[ベニヒモノキ(紅紐の木)]
学名:Acalypha hispida
トウダイグサ科エノキグサ属(アカリファ属)の常緑低木。


サンタンカ
[サンタンカ(山丹花)]
学名:Ixora chinensis Ixora coccinea Ixora
アカネ科の常緑低木。
花言葉は「謹厳」「張り切る」。




正直、面白くなかった。



なんというか・・・



板橋区立熱帯環境植物館」とほぼ同額なら、



あちらの方が数倍面白かった気がする。



これで250円払うのは躊躇われるなぁ。



ってことで、皆の意見がとてもよく分ったので、



二度は来ないかも。





【にほんブログ村】

東京都立神代植物公園で「ヒスイカズラ」をこの目で見た(感涙)。

ヒスイカズラ
[ヒスイカズラ(翡翠葛)]
学名:Strongylodon macrobotrys(ストロンギロドン・マクロボトリス)
花色が宝石の翡翠(ヒスイ)に似ていることから命名された。
マメ目マメ科ストロンギロドン属の熱帯性蔓低木。


ヒスイカズラ
マメ科だからか蔓が多いんですかな。

ヒスイカズラ
長年実物を見たいと想い焦がれていた植物だったので、ごっつい興奮しました。

ヒスイカズラ
かなりワラワラ咲いていたけれど、花の時期は先月だと思ってました。

ヒスイカズラ
花の根元の部分が実になるとしたらいったい幾つできるんだろう?

ヒスイカズラ
花の形状も不思議です。

ヒスイカズラ
これから開花すると思われる蕾もありました。
此処では結構長く楽しめるんですね。




長らく、「一生のうちで絶対に翡翠葛をこの目で見たい」という野望を抱いていたワタクシ。



本日、とうとう夢が叶いました。



これまた長らく行きたいと思っていた東京都立神代植物公園に向かったのですが、



皆さんが薔薇に夢中だったため温室は結構空いており、



暫くは翡翠葛観賞で独り占め出来ました。



此処にあるとは知らなかったので、見たときは興奮しましたわ。



夢って叶うもんですねぇ。



これからも言霊が導いてくれるよう、夢を言葉にしていこうかなと思っている今のワタクシです。




  


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。