sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

パン

新宿区東五軒町『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』は今日で5周年。

image

神楽坂から江戸川橋側に入ったところにある

『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』は

地元では有名な行列ができる人気店です。

本日は5周年記念ノベルティの配布と周年記念パンの販売があるため、

朝から大行列ができておりました。

周年記念パンは「マリーゴールドとマンゴーのブリオッシュ」ですが、

開店前に既に売り切れてしまいました。

それぐらい行列が凄まじかったということです。

千葉にあるテーマパークの待ち時間かってほど待ちまして、

途中から意地になって立っておりました。

時節柄、女王の棺を守る衛兵に類する忍耐を疑似体験した気分です。

さて、3,000以上の購入で貰える5周年記念ノベルティはステンレスボトル。

去年はマグカップでした。



image
渋皮マロンとほうじ茶のリュスティック @320円(税込)

image
ル・ヴィニュロン・ルージュ 1/2 1,500円(税込)

image
ナッツやドライフルーツがギッシリ入っているので重いです。

image
オリーブ エ フロマージュ 250円(税込)

image
黒豆と大納言かのこ @260円(税込)

以上を購入して貰ったのがこちら。

image
ロゴが入った黒いステンレスボトル。

_DSC_2450
350ml入るらしい。

image
蓋に付いたパッキンは薄め。

image
ボトルの内部底にステンレスをアピールする刻印がありました。

通常月曜日は定休日ですが、明日は営業するそうです。

周年記念パン目当てで並ぶのであれば、

開店一時間前程度では難しいかも。



image
【pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)】

東京都新宿区東五軒町1-8
(東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分)
現在の営業時間 10:00~売り切れ次第閉店
定休日:月曜、火曜(月による)
※取り置き不可
※Suicaなどの電子マネーが使えます

https://www.instagram.com/pain_des_philosophes/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

日本橋1丁目『榮太樓總本鋪』の羽一衣という板状の飴が好き。

image

唐突ですが、ワタクシはあまり飴を食べません。

食べる時は食べますが、食べない時の方が多いです。

しかもガリガリと嚙み砕いてしまうタイプ。

そんなワタクシが最近ハマっているのが写真の板状の飴です。

今日はこれを買うためだけに『榮太樓總本鋪』に立ち寄って来ました。

image
味は、この5つです。

image
今店頭に並んでいるのは8種類あります。

image
この配置の場合、右に行くほど価格が高くなっています。
※味が二つセットになっているなど特別なので

image
日本橋あんぱんも購入しておきました。

image
金曜日まで日持ちするし
トースターで温めると外がパリっと中がふわっとして美味しい。
このまま食べるよりもトースターで温める方が断然オススメです。

この板状の飴は「羽一衣」と言うのですが、

デパート内の榮太樓で取り扱いはほぼ無く、

「あめやえいたろう」という

ブランドショップにしか無いと思われます。

しかも全種類置いてあるかは不明。

新宿伊勢丹とか銀座三越にはあるのかもしれんけど、

リップ状の飴が目を惹くので確認したことはありません。

ワタクシは専ら本店で購入しております。

ガリガリと噛んでから若干歯に付くものがありのを感じ、

ちょっぴり後悔するまでがワンセット。

そんな食べ方をし続けております。

山形のミルクケーキとは別物の刃触りなので、

なんか癖になるんですよねぇ。

個人的には、口寂しいというよりは、

歯に刺激が欲しい時にオススメです。




image
【榮太樓總本鋪 日本橋本店】

東京都中央区日本橋1-2-5
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
※Suicaが使えます
https://www.eitaro.com/
https://www.instagram.com/eitaro_sohonpo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区東五軒町『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』のチェリートマトとマンダリンオレンジもやっぱり好き。

image

神楽坂から江戸川橋側に入ったところにある

『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』は

地元では有名な行列ができる人気店です。

本日は唐突に思い立ち、帰宅途中に寄って参りました。

黒豆と大納言かのこを狙っていましたが、既に売り切れ。

それ以外は好きなパンがあったので数個購入しました。

image
好きなものが割と残ってました。

image
チェリートマトとマンダリンオレンジ @380円(税込)

image
オリーブ エ フロマージュ 250円(税込)

image
リュスティック 210円(税込)

直ぐには食べないため、

在宅勤務日に備えて冷蔵庫と冷凍庫に分けて保存。

今日は割と空いていたし、選べるほど商品があったので

立ち寄って良かったです。

って、そんなに遅い時間では無かったんですけどね。

無いとなると食べたくなるのが黒豆と大納言かのこ。

来月、焼き立て時間を見計らって買いに行こうと思います。



image
【pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)】

東京都新宿区東五軒町1-8
(東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分)
現在の営業時間 10:00~売り切れ次第閉店
定休日:月曜、火曜(月による)
※取り置き不可
※Suicaなどの電子マネーが使えます

https://www.instagram.com/pain_des_philosophes/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

港区南青山1丁目『トラヤあんスタンド青山一丁目店』のあんパンが美味しいと思う。

image

駅に向かう途中で和菓子屋「とらや」のカフェっぽいものを発見。

そういえば本店が近かったっけと思って覗いてみたら、

美味しそうなアンパンが並んでいました。

「とらや」と言えば餡。

これは買わねばと思い、期間限定商品と通常版の2種類を

一つずつ購入しました。

image
イートインも出来るらしい。
でも平日しか開いていないんですよねぇ。

image
ビニールのショッパーがなんか可愛くてツボ。

帰宅後に一気に二個食べましたが、これは美味しい。

写真を撮るのを忘れるほどに。

餡がとろ~りと舌に乗っかる感じで、

疲れた身体に蜂蜜入り餡子の甘さが染みます。

一気に二個食べても、また食べたくなる感じ。

軽いとも言える。

土日も開いている店舗に買いに行こうかしら?

と半ば本気で考えているところです。




image
【トラヤあんスタンド 青山一丁目店】
TORAYA AN STAND

東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館 B1F
営業時間 9:00~19:00
定休日:土曜、日曜、祝日、年末年始
※Suicaが使えます。
https://www.toraya-group.co.jp/anstand/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区春日『biossa(ビオッサ)』でグルテンフリーのパンを買って歩いて帰る。

image

米国のグルテンフリー認証機構GFCOの認証を受ける

グルテンフリーベーカリー専門店『biossa』。

ウチから歩こうと思えば歩ける距離にあるのですが、

急坂があるため、本日は茗荷谷から帰宅。

ひたすら、てくてく歩いてお店に向かいました。

image
いろいろ買ってみたけれど、今日の目的は食パン。

image
すんごくホワホワでそのまま食べられそう。

image
今回買ったなかで唯一甘いものだったのがコチラ。
帰宅後とりあえず冷蔵庫に入れておきました。

image
ここのレジ袋は、ライスレジンを使用していて独特の手触り。
食用に適さない古米や破砕米などの廃棄されてしまうお米を、
プラスチックへとアップサイクルした素材だそうです。

何だか妙に米粉のパンが食べたかった一週間。

お盆休みが明けていたので今日行ってみました。

汗だくにならない程度の気温で割と歩き易かったです。

汗はかいたけれども。

本日食パンを購入した目的については

後ほど改めて記したいと思います。

image

ちなみに本日8月18日は

「お米の日」でした。




image
【biossa(ビオッサ)】

東京都文京区春日2-10-19
営業時間 [平日]10:00~18:00, [土日祝]9:00~18:00
定休日:火曜
※電子マネー不可,カード可(詳細不明)
https://www.biossajapan.com/
https://www.instagram.com/biossajapan/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

千代田区大手町『ラ・パティスリー by アマン東京』に出勤前に立ち寄ってみる。

image

猛烈に自分を癒したくなり、出勤途中に

『ラ・パティスリー by アマン東京』に立ち寄って参りました。

朝食としてパンを買ってから出勤しようと思い立ったのです。

サンドイッチがあったので、二種類のうち豚肉を選択。

その他、ランチで食べようと思ってパンを数点購入しました。

image
これ以外にパウンドケーキも買っといた。

image
朝食として選んだのがサンドイッチですが

image
注文もお肉、表記もお肉だったのに

image
中は水タコでした。
(なんでやねん)

image
開けないと中が分からないものは注意のしようが無いですねぇ。
お肉の気分だったので、なんだか異様にガッカリしました。

image
ショソン ポム 509円(税別)
これは好き。

image
今回買って良かったのはキッシュ 509円(税別)でした。
ちょっと塩味が強いけれども、夏場には良いかも。

サンドイッチは食べたいものと違っていたからか、

美味しくは頂けませんでした。

たぶん美味しいのでしょうけれども。

アップルパイは安定感ある味だと思うので、

次回も買っちゃうかもしれん。

サンドイッチを買わずに、アップルパイか

キッシュ2個でも良いんじゃないかと思えているところ。

そんな価格だし。

このガッカリ感を払拭すべく、

近々リベンジしたいと思います。



image
【ラ・パティスリー by アマン東京】

東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー OOTEMORI B2F
営業時間 7:00~20:00 , [土日祝] 10:00~19:00
※生菓子は10時より販売
※キャッシュレス決済のみ
※Suicaが使えます

https://www.instagram.com/aman_tokyo/
https://www.aman.com/ja-jp/hotels/aman-tokyo/dining/la-patisserie-aman-tokyo


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区東五軒町『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』のル・ヴィニュロンは赤か白かで迷うのよねぇ。

image
お高いので1/4サイズばかり買ってます。

神楽坂から見て江戸川橋側の少し奥まった場所にある

『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』。

地元では有名な行列ができる人気店です。

今日は在宅勤務日だったので、

「黒豆と大納言かのこ」をリベンジしに行って参りました。

ついでにトマトも…と思ったものの、そちらは叶いませんでした。

まあ、一本しか残っていなかった

「黒豆と大納言かのこ」が入手できただけでもヨシ。




image
今回は、シラス エ フロマージュに初挑戦。


シラスは塩味が効いたパンでして、

サラダと一緒に食べるとサッパリして良いかもしれません。

こうなるとやっぱりトマトが食べたくなるんだよなぁ。

今度はそちらを近いうちにリベンジしたいと思います。

そしてパン デ フィロゾフ通いの無限ループへ。



image
【pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)】

東京都新宿区東五軒町1-8
(東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分)
現在の営業時間 10:00~売り切れ次第閉店
定休日:月曜、火曜(月による)
※取り置き不可
※Suicaなどの電子マネーが使えます

https://www.instagram.com/pain_des_philosophes/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区東五軒町『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』に行列が減ったタイミングで行ってみる。

image

神楽坂から見て江戸川橋側の少し奥まった場所にある

『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』。

地元では有名な行列ができる人気店でして、

すべてのパンが毎日夕方までに完売になってしまいます。

今日は日曜日だし行列ができているだろうなぁ~

と思っていたのですが、午後から俄雨が降って参りまして、

これは狙い目では? とインスタをチェックしてみました。

すると23分前の情報ではあるものの、

端的に言えば混んでいないとある。

これは行かねばと、

買い物帰りなので荷物を家に置いてから出かけてみました。




店前に着く頃にはちょっと晴れて参りまして、

人がまばらに並び始めていました。

まあ、通常の日曜日よりは空いているので待ってみる。

ってか、ランチ難民になっていたので

ここで逃すと、家で素麺を作る羽目になるため、

例え大好きな「黒豆と大納言かのこ」が無くてもいいやと思い、

暫く並んでおりました。

前の人が退店したので中に入ると、

直ぐに目につく「オリーブ・エ・フロマージュ」。

これまた毎度買ってしまうものなので2個キープ。

image
夏季限定のとうもろこしのリュスティックを買ってみる。


帰宅後、一部のパンをガツガツと食べましたが、

やっぱり美味しい気がするんですよねぇ。

パンについては舌が肥えていないワタクシですが、

ここのパンは割と頻繁に食べても大丈夫な気がする。

あまりハード系のパンが得意ではないのですが、

それほどハードでもないパンがあるので

ワタクシでも食べられます。

今回は売り切れていたけれど、

近日中に「黒豆と大納言かのこ」をリベンジしようかなぁ。

雨の日の平日(在宅勤務日)にでも。

と、パン デ フィロゾフ熱が再燃するのであった。



image
【pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)】

東京都新宿区東五軒町1-8
(東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分)
現在の営業時間 10:00~売り切れ次第閉店
定休日:月曜、火曜(月による)
※取り置き不可
※Suicaなどの電子マネーが使えます

https://www.instagram.com/pain_des_philosophes/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

茨城県結城市『ぱんやムムス』が前回よりも空いていたので(でも行列)立ち寄ってみる。

image

国の登録有形文化財に指定されている旧黒川米穀店邸宅を

リノベして店舗としている『ぱんやムムス』。

行列ができるかなりの人気店なのですが、

遠くから建物を見ると今日はいつもよりかは列が短い。

ゆえに早足で接近しつつ行列の最後尾に並んでまいりました。



感染対策で3組しか店舗内に入れないため、

途切れることなく行列が発生し続けています。

image
真夏に並ぶのは辛いだろうなぁ。

image
謎のぬいぐるみの正面はこんな顔だったんですね。

image
レモンと名の付くものが数種類ありました。

image
本日購入したのはこちらの5点。
左奥は2種のレーズンが入ったパンです。

image
キッシュ 400円(税込) 
今日のキッシュは海老とブロッコリーでした。
海老があまり得意ではないけれど
前回食べたキッシュが最高に美味しかったので買っておく。

image
image
レモンケーキ 280円(税込)。
残り一個しかありませんでした。

目当てのブルーチーズのパンは

今回も焼き上がり前で入手できませんでした。

何度食べても、いつも美味しい。

行列ができるのも致し方ないし、

並んでも買って帰りたくなります。

レジ横にもいろいろあるので、

迷い過ぎて買わないものも多々あります。

次回こそはブルーチーズのパンを買いたい。



image
【ぱんやムムス】

茨城県結城市結城1319
営業時間 11:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日:月曜、木曜、日曜
http://www.panya-mums.com/
https://www.instagram.com/panya_mums/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区根津『根津のパン』のはちみつレモンジンジャーが美味しい。

image
明日、明後日はお休みだそうです。

近くに来たもんで『根津のパン』を覗いてみることに。

偶然、あまり人が並んでおらず、

10分後に出るバスに乗れそうな気配があったため、

最後尾に並んだら、あっさり入店出来ました。

image
はちみつレモンジンジャーブレッド

image
出来たて熱々だったので袋が湿気でびちゃびちゃになりました。
半分に割ってから味見したら、ふわふわで美味しい。

image
ミルクフランスも買ってみましたが、
こちらは好みではありませんでした。
パン生地が苦手な舌触りっつーか。

はちみつレモンジンジャーにレモン風味があるのかは分かりませんが、

何はともあれシンプルに美味しい。

そのまま食べられるおやつ食パンという感じでした。

このタイプのパンを皆さんが買っている理由がよく分かる。

パンについては馬鹿舌なので「好みかどうか」でしか語れませんが、

食パンはいろんな味があるので、一つずつ試してみたいです。

あまり並ばずに済む日があれば、ですけど。

幸い、バスの時間には余裕で間に合いまして、

またまたバスに乗り続けて無事に帰宅することができました。

結構歩いた気がしていたけれど、

今日の歩数は6211歩でした。

疲労度的には一万歩越えなんだけどなぁ…。



image
【根津のパン】

東京都文京区根津2-19-11
営業時間 10:00~19:00 (パン無くなり次第終了)
定休日:月曜、木曜
※現金のみ
https://www.instagram.com/nezunopan/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

豊島区巣鴨『喜福堂』のカレーパンが予想外だった。

image

大正五年(1916年)創業の『喜福堂』。

建て替えて綺麗になっちゃったので、

今流行りのパン屋さんかな? と思ってしまいますが

老舗のあんぱん屋です。

巣鴨
以前はこんな外観でした。

今日はタイミングがかなり良かったのか

いつもと違い、店内に誰も居なかったもんで、

何かを買って帰ることにしました。

image
いろんな所にパンが並んでいます。

image
その中でも気になったのがこれ!
食パンタイプのカレーパンを初めて見たわ。

image
芋あんぱんも気になったので買っておく。

image
購入したのはこの3点。
カレーパンがカレーパンに見えない。

今は無い、亀井堂のパン生地を思い出します。



似たような、昔ながらの優しい生地って感じ。

これは他のパンも美味しいでしょうね。

カレーパンはまだ食べていませんが期待大。

ここのクリームパンも人気らしいので、

次回はそれを買って帰ろうと思います。

レモンクリームパンがあったんだけれど、

あれは期間限定品なんだろうなぁ。



image
【喜福堂(きふくどう)】

東京都豊島区巣鴨3-17-16 喜福堂ビル 1F
営業時間 10:00~19:00(売り切れ閉店)
定休日:月曜、火曜(4日,14日,24日と祝日は営業)
※各種電子マネーが使えます
https://www.kifukudo.com/

image


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区蔵前『シノノメ製パン所』のパンはパンというよりお菓子かもしれん。

image

平日の水曜日から金曜日までしか開いていない蔵前のベーカリー。

そんな『シノノメ製パン所』は、

「菓子屋シノノメ」「from afar」「喫茶半月」「茶室小雨」など

蔵前の人気店を手掛ける(株) light sourceが

今年の2月17日にオープンさせたお店です。

いずれの店舗もリノベーションの仕方が格好いいので、

今回もそこ見たさに行ったと言っても過言ではないかも。




今日は祝日ですが営業しているとのことなので、

近くに来たついでに立ち寄って参りました。

いきなりの大行列。

待ち時間がそれなりにありました。

image
内装がモダンで格好いいのです。

image
広々とした空間にデデーンとパンが並んでいます。

image
壁を整えないのが"らしい"気がする。

image
置物のパンの後ろにスピーカーが置かれているっぽい。

image
床が凝っていて、なんともお洒落。

image
山食パンって切ったら前方後円墳みたいに見えるんだな。

image
大好物のアップルパイを発見!

image
クイニーアマンも試しに買ってみることに。

image
エッグタルトは力量が分かり易いかも?

image
こちらが人気のグラフィン。

image
ってことで、合計5点購入しました。
検証のためにアップルパイは2つ購入。

image
グラフィンは少し冷蔵庫で冷やしてから食べると、より美味しいそうです。

image
なんとも美しいアップルパイですな。

image
パイ生地が軽くてサクサクで美味しいのですが、
フィリングは甘い。かなり甘い。

エアリーなのが特徴かな?

と食べたものから推察してみたり。

パンというよりは、お菓子という感じ。

あ、菓子パンってこういうことか。

少々甘いので、疲れている時に丁度良いかも。

ちなみにグラフィンは毎日出るものではないっぽいです。

レモン好きなら気に入るかも。

甘いけど。



image
【シノノメ製パン所】

東京都台東区蔵前4-35-2 1F
営業時間 12:00~18:00 ※完売次第閉店
定休日:月曜、火曜、土曜、日曜
※現金のみ
https://www.instagram.com/shinonome_pan/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区台東『パン・サコッシュ』という行列ができる小さなパン屋さん。

image

2019年7月12日にオープンしたという

三井記念病院前にある『パン・サコッシュ』。

大人気店なので、いつも開店前から行列ができるそうです。

とても小さなパン屋さんで、

若い女性がおひとりで製造販売をしています。

それなのにパンの種類はとても豊富。

開店間際に行くと揃っているので、その豊富さに驚かされます。

これを毎度一人で焼いているのかぁ…すごい。的な。

くるみパンやサコッシュ食パンが人気のようですが、

3種のぶどうパンとカボチャパンが大変気になったので、

それを含めて色々購入しました。

image
マフィンやパウンドケーキもあります。

image
コッペパンもある。
ってか自分の晩になって全種を一瞬では見きれず、
帰宅後に「あれも買えば良かった」と思ってみたり。

image
サコッシュ食パンは売り切れちゃったっぽい。

image
いろいろ買いましたが、このうち数個は冷凍庫へ。
かぼちゃブレッド400円/本(税込)が美味!

image
ほうれん草とベーコンのキッシュも調達。

帰宅後にキッシュを温めて食べましたが、

トロトロ系のキッシュでした。

見えないけれど歯に感じられる粒粒したものは何だろう?

前に並ぶ皆さんが大量買いされるので、

ついつられてワタクシも大量買いしちゃいました。

底がある大きめのエコバッグ持参で良かった。

パンが柔らかいので、持参するなら

底がしっかりしたエコバッグの方が良いかもしれません。

常連さんらしき人はパンが丁度入るサイズの

紙袋を持参して居られました。

駅から離れているのでちょっと不便な気がしますが、

いつも行列ができているなんて、

皆さんホント、美味しいものをよくご存知ですよねぇ。

暑いので全てのパンを冷蔵庫or冷凍庫に入れまして、

明日以降にも食そうと思います。

image
GWは4/28~5/8までお休みするそうです。


image
【パン・サコッシュ】
Le Pain de Sacoche

東京都台東区台東1-4-10
営業時間 11:30〜 売り切れ次第閉店
定休日:月曜、木曜、日曜、祝日
※Suicaが使えます
Facebook

◆ 覚 書 ◆
起点を「新御徒町駅」とした場合、
往路は台東区コミュニティーバス「南めぐりん」で
新御徒町駅(区立平成小学校)付近のバス停4から乗車し、バス停6か7で下車
復路は「ぐるーりめぐりん」で三井記念病院前の26から乗車し、29の新御徒町駅付近で下車


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

茨城県結城市『ぱんやムムス』のキッシュが結構ウマウマだった。

image

佐野から移動して、茨城県にやって参りました。

国の登録有形文化財に指定されている旧黒川米穀店邸宅を

リノベーションして店舗としている『ぱんやムムス』で、

ブルーチーズのパンを買いたかったのです。



そういえばCOVID-19の最中には来なかったもんで、

システムが変わっていることに少し驚きました。

最低3組しか店舗内に入れないため、

いつもよりも列が長くなっているんですね。

image
謎のぬいぐるみの頭は健在でした。

image
行列ができているのは当たり前の光景ですが、
女性の
お客さん率の高さに驚く。
(この時は100%女性でした)

image
キッシュ 400円(税込) 
具沢山でかなり美味しいキッシュです。
しかも安い。

image
だいたい時計回りで
ラスク 160円、粗挽きフランクドッグ 310円、生ハムとドライトマト 300円、
メロンパン 205円、
桜あんぱん 215円、2色の豆パン 310円。
(全て消費税込み価格)

後で別の場所で訊いたところによると、

価格は上がったらしいのですが、

それても良心的な価格です。

ってか、美味しいのに安い。

目当てのブルーチーズは

焼き上がり前で入手できませんでしたが、

今回初めて購入したキッシュも美味しいです。

早すぎると焼きあがっていないものがあり、

遅すぎると売り切れてしまう。

なかなかタイミングが難しいなと感じました。

桜の季節に桜あんぱんが買えたのは嬉しい。

俄かに我が家はパンだらけになってしまいましたが、

冷蔵・冷凍庫と相談してパン食を楽しもうと思います。

わざわざ買いに行きたくなる、

わざわざ買いに行くと沢山買いたくなる、

そんなパン屋さんです。



image
【ぱんやムムス】

茨城県結城市結城1319
営業時間 11:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日:月曜、木曜、日曜
http://www.panya-mums.com/
https://www.instagram.com/panya_mums/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区東五軒町『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』に昨日と同じようなパンを買いに行く。

image

神楽坂から見て江戸川橋側の少し奥まった場所にある

『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』。

地元では有名な行列ができる人気店でして、

すべてのパンが毎日夕方までに完売になってしまいます。



本日も在宅勤務日だったため、昼過ぎに、

昨日とほぼ同じ内容のパンを調達に行って参りました。

image
黒豆と大納言かのこ @240円(税込)

image
オリーブ・エ・フロマージュ 240円(税込)

image
チェリートマトとマンダリンオレンジ @340円(税込)。

image
バケット ジ コンプレット ドゥミ 230円(税込)。


焼き立ての「黒豆と大納言かのこ」を所望したら、

「オリーブ・エ・フロマージュも焼き立てですよ」

と、珍しく勧めてくれました。

昨日と同じスタッフさんがレジ対応してくれたのかしら?

まあ、ただの焼き立て情報の羅列だったのかもしれませんが。

帰宅後さっそく焼き立てのパンに齧り付きましたが、

あったか、ほわほわ、むちむちで、やっぱり美味。



缶詰ウォーマー体験用のバケットも入手したし、

春キャベツも買ってあるし、

週末飲んだくれdayに足りないものはお酒だけ。

ってことで、明日にでも調達しておこうと思います。

ここの美味しいバケットに、

刻んた春キャベツと温めた缶詰の魚を挟んで食べたら

きっと至福の味になるだろうなぁ~

と、妄想するだけでも既に美味しい。



image
【pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)】

東京都新宿区東五軒町1-8
(東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分)
現在の営業時間 10:00~売り切れ次第閉店
定休日:月曜、火曜(月による)
※取り置き不可
※Suicaなどの電子マネーが使えます

https://www.instagram.com/pain_des_philosophes/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

新宿区東五軒町『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』にチェリートマトとマンダリンオレンジのパンを買いに行く。

image

地元で人気の『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』。

全てのパンがだいたい15時から16時過ぎには売り切れます。

本日は在宅勤務日だったため、

昼ごろにぷらっと買いに行って参りました。

雨の日は空いているけれど、

晴れていると並ぶだろうと覚悟していましたが、

殆ど待つことなく入店でき、ラッキーでした。

image
黒豆と大納言かのこ @240円(税込)

image
オリーブ・エ・フロマージュ 240円(税込)

image
チェリートマトとマンダリンオレンジ 340円(税込)。


最近ハマっているのが、チェリートマトとマンダリンオレンジ。

前回訊いたところによると、昼ごろに焼くパンなんだそうです。

仄かに甘くて美味です。

他店のパンと何が違うのかワタクシには分かりませんが、

パン生地が美味しいので使っている穀物が違うのかもなぁ。

ちなみに今日は16時10分に完売したそうです。

最後に残っていたパンが何だったのかちょっと気になる。



image
【pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)】

東京都新宿区東五軒町1-8
(東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分)
現在の営業時間 10:00~売り切れ次第閉店
定休日:月曜、火曜(月による)
※取り置き不可
※Suicaなどの電子マネーが使えます

https://www.instagram.com/pain_des_philosophes/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。