sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

パン

日本橋1丁目『榮太樓總本鋪』のシャインマスカット付きあんみつパフェ。

image

1857年(文政元年)創業の榮太樓總本鋪。

本店併設カフェ「Nihonbashi E-Chaya」を利用すると期間限定で

「おまけのおやつ菓子/丸山珈琲かりんとう」が付くってことで、

午前中から、あんみつパフェを食べに行って参りました。

image
最近、生の葡萄は苦手なワタクシでも、
シャインマスカットは食べられる気がすることが発覚致しました。
「気がする」ってところがポイントです。
榮太樓總本鋪で使われているシャインマスカットは、
山梨県牧丘町にあるツルタブドウパークで作られたものらしい。

image
前回は大福を頂いたので、今回は初心を貫いてあんみつパフェ一択です。

image
名物の金鍔を実演作成しているのを見たら、ちょっとグラついた。

image
しかし、シャインマスカット付きあんみつパフェ(605円)と
狭山茶(385円)を頂くことにしました。

image
榮太樓あんみつパフェ シャインマスカットトッピング
蜜は3種類から選べるものの、
失敗したくなかったのでオススメして貰ったものにしました。
梅ぼ志あめみつです。

image
手前に「梅ぼ志飴」が付いています。

image
丸山珈琲を初めて知ったけれと軽井沢の珈琲ショップなんですね。

image
コーヒーの香りが鼻から抜けて満足感があります。
甘さ控えめなので食べやすい。

image
丸山珈琲かりんとう 250円(税別)
美味しかったので一袋購入致しました。

image
カフェに置いてあって気になっていたら
テイクアウト可能ってことだったので一つ購入。
仄かに温かくて期待値が高まります。

image
日本橋あんぱん 250円(税込)
(日本橋美人 あんぱん)
中は漉し餡。
フランスパン生地が独特の食感で、なかなか美味です。

image
出来立ての大福も2種購入致しました。

image
シャインマスカット大福 350円(税別)
本店では10月30日(土)まで販売しています。

image
一粒栗大福 350円(税別)
外側のお餅に若干の塩味があり、甘さとの調和が良い感じです。
これは好みの味かも。

image
一粒万倍もち 600円(税別)
「一粒万倍日」は、一粒の種が万倍にも増える日とされ、
古来から縁起のいい日とされているんだそうな。
日持ちは明日までってことだったので購入してみました。

シャインマスカット大福やシャインマスカット付きあんみつパフェは

今月末までの期間限定商品です。

あんみつの寒天が小さめで若干食べにくい。

しかし、北海道根釧牛乳ソフトクリームがかなり美味しく、

餡子との相性が良かったので、パフェとしてはアリかなぁ。

シャインマスカットは冷えていればアリだと思う。

期間限定で栗蒸し羊羹が並んでいましたが、

先日食べた栗蒸し羊羹のビジュアルがインパクト大だったので、

こちらでは購入致しませんでした。

ちなみに18日は「十三夜」だそうで、

それに因んだお菓子も並んでいました。

秋は愛でるものが多くて、目も胃袋も大忙しですなぁ。



image
【榮太樓總本鋪 日本橋本店】

東京都中央区日本橋1-2-5
営業時間 10:00~18:00
定休日:日曜、祝日
※Suicaが使えます
https://www.eitaro.com/
https://www.instagram.com/eitaro_sohonpo/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

東京駅 KINOKUNIYA entree グランスタ丸の内店に「クリームボックス」が入荷してた。

image
[クリームボックス 280円(税込)]
※東京駅価格になってます


image
打ち袋が変わってイラストが付いてた。

昨日、東京駅のKINOKUNIYA entreeで

郡山名物の「クリームボックス」が入荷されているのを発見しました。

いつも置いてある訳ではないので、即購入。

2016年に食べて以来、たまに食べたくなるご当地お菓子です。

東京価格になってはいるものの、交通費を思えば致し方なし。

image

お菓子なのか、パンなのかちょっと迷うも、

この時期に青春18きっぷがあれば郡山に行っているだろうレベルで

結構好きな郡山の食べ物です。

ふわふわパン好きにはたまらないかもしれん。

今週末に日帰りでどこかに行きたいなぁと思っているのですが、

交通費のお高さにちょっと迷いが生じている今現在。

東西南北どちらに向かうべきか、今日一日迷おうと思います。

とか何とか言いつつ、家でゴロゴロしちゃうかもしれん。




【KINOKUNIYA entree(紀ノ国屋アントレ) グランスタ丸の内店】
東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階(改札外)
営業時間[月~土祝] 7:00~23:00)
[日・連休最終の祝日] 7:00~21:00

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区神楽坂2丁目『ル・コワン ヴェール パトリック・ルメル』は今日で開店2周年なんだそうな。

image

『ル・コワン ヴェール パトリック・ルメル』は本日で開店2周年なんだそうです。

じゃあ、今日の朝食はここのパンにしようと思い立ち、

朝から散歩がてら行って参りました。

今日は爽やかな風が吹いているから、汗もかかず、散歩日和かもしれん。

image
開店間際なので商品が沢山並んでおります。
選び放題過ぎて迷う。

image
でも目的は朝食用のパン。
これまた豊富な品ぞろえで迷う。

image
今日の目当ては新作のこちら。

image
迷った末にこちらを選択しました。
ちなみに右の袋入りのクロワッサンは2周年記念として頂きました。

image
やっぱりケーキも食べたいよね。

image
ってことで、今日はこちらの2品を選択。
もちろんプリンにはクリームを入れて貰いました

今日訪問すると、2周年記念に

チョコレートドリンク&ミニクロワッサンを貰えるんだとか。

朝早いのでチョコレートドリンクはありませんでしたが、

クロワッサンは頂きました。

帰宅後にパンを食して満腹になったので、

家の窓全てを開放し、風を感じながらゴロゴロ致そうと思います。

いい天気だから、今日は神楽坂も混むだろうなぁ。

ってことで、神楽坂散歩の際は、

『ル・コワン ヴェール パトリック・ルメル』もオススメです。



image
【ル・コワンヴェール パトリック・ルメル】
Le Coin Vert PATRICK LEMESLE

東京都新宿区神楽坂2-20-14 アグネスホテル内
営業時間 10:30~19:00
定休日:月曜(※本日は営業しております)
※カード(VISA、Master、AMEX、Diners、JCB)
https://www.instagram.com/patrick_lemesle/
https://www.facebook.com/Patisserie-Le-Coin-Vert-107834937269698


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区東五軒町『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』のトリュフブリオッシュ。

image

地元で人気の『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』。

かなり人気のあるベーカリーなので

だいたい15時~16時過ぎには完売してしまいます。

実は明日、2021年9月18日で4周年を迎えるってことで、

昨日から20日まで記念のトリュフブリオッシュが焼かれ、

これがかなりの人気商品で長蛇の行列必至。

重ねて2,500円(税込)分の購入で

お店オリジナルのマグカップが先着順に配布されています。

各日、配布予定数が決まっているそうで、

昨日は12時には配布終了になったとか。

それより人気なのがトリュフブリオッシュでして、

こちらは一人二つまでと購入数量制限が掛かっておりまして、

昨日は11時で売り切れたとか。

マジかー。

近所なので、昨日開店前に見に行ったのですが、

既に今まで見た中で最高に並んでいて、

「あ、こりゃ1時間どころじゃなく待つな」と断念。

で、本日改めて行って参りました。

image
こちらがこの期間限定のトリュフブリオッシュ。
1,280円です。

image
ブリオッシュなので軽い。
ロゴ入りです。

image
袋から取り出すとトリュフの香りがふんわり漂います。
切るとトリュフの香りが強めに漂います。
軽くて食べやすい。


image
Olive et Fromage(オリーブ・エ・フロマージュ) 240円(税込)
塩味のあるオリーブとチーズが入っていて美味。


黒豆と大納言かのこも欲しかったのだけれど、

ワタクシの前で売り切れてしまいました。

残念というよりは、無念。

image
こちらがオリジナルマグカップ。
看板と同じロゴが入っています。

image
こちらが看板。

明日はもっと混むんだろうなぁ。



image
【pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)】

東京都新宿区東五軒町1-8
(東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分)
現在の営業時間 10:00~売り切れ次第閉店
(16:30頃までには売り切れることが多いです)

定休日:月曜、火曜(月による)
※取り置き不可
※Suicaなどの電子マネーが使えます

https://www.instagram.com/pain_des_philosophes/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

千代田区神田淡路町『近江屋洋菓子店』の苺ミルク380円。

image

近江屋洋菓子店にやって参りました。

明日食べるパンを買おうと思っていたのです。

パンを乗せたトレイを持って振り返ったら、

ショーケースの中に苺ミルクがあるのを発見。

これは買わねばーと思い、即決致しました。

パンと一緒に買うには最適な商品なのではなかろうか?

image
本日買ったのはこちらの4種。
計929円(税込)。

image
苺ミルク 380円(税別)
真空ミキサーを使っているため
含まれる空気が最小限に抑えられているらしいです。
クリーミーで独特な喉越しでウマウマです。

image
ドックパン 220円(税別)。

苺ミルクが濃厚で瓶から吸引できず、

ストローをさして飲みましたが、

ゴクゴクと一気飲みすることはないので、

飲み方としてはワタクシに向いているかも。

次回ももしあれば是非買いたいです。

瓶入りなので、ちょっと重いけど。

ぼちぼち栗のシーズンに入りますねぇ。

次回はモンブランを買いに行こうかな。



image
【近江屋洋菓子店(おうみやようがしてん)】

東京都千代田区神田淡路町2-4
営業時間 [月~土] 9:00~19:00,[日祝] 10:00~17:30
定休日:不定(SNS要確認)
https://www.ohmiyayougashiten.co.jp/
https://www.instagram.com/omiyayougashiten/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

パレスホテル東京×SEVEN TEN by MIHO KAWAHITOの「エコバッグ」を受け取ってマリトッツォを買う。

image

パレスホテル東京へ予約していたエコバッグを会社帰りに受け取りに行き、

ついでにパンを購入致しました。

夕方なのであまり残っていなかったのですが、メロンパンはゲットできたのでヨシ。

冷蔵棚を見たらマリトッツォがあったので、どんなものか試してみようと思い、

ひとつだけ購入してみました。

image
エコバッグの入った袋も可愛い。

image
メロンパン 306円(税別)、焼き栗とゴルゴンゾーラ 407円(税別)
約半年で、なんか微妙に値上がりしている。

image
マリトッツォ ストロベリー 602円(税別)
東京会館のそれより、ちょっとお高いけれど、
マロンシャンティイと同じ生クリームが使われているんだとか。

image
ボーテ 750円(税別)
・810円(税込) 
残念なことに持ち帰り時にソースが零れまくってた。
でもめっちゃ美味しいです、これ。ベリー好きにオススメ。
底はフロマージュブランのムース。

好みの問題ですが、マリトッツォは東京会館の方が美味しい気がする。

パンがあちらの方が軽い食感なのかなぁ。

でも、ホテルメイドのマリトッツォはこうなんだと、だいたい納得できました。

クリームパンの高級なやつだとワタクシの中で着地、

日本で云うところのどら焼きみたいな位置づけなのかなぁ。

高いのもあれば、安いのもある、的な。

自分で言ってて下手な例えだと思うけれども。

さて、本日回収したエコバッグは母のもとへと嫁に行きます。

白いエコバッグが映える夏の間に手渡せそうで

ヨカッタヨカッタ。




image
【パレスホテル東京 ペストリーショップ スイーツ&デリ】
PALACE HOTEL TOKYO Pastry Shop Sweets & Deli

東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京
現在の営業時間 10:30~19:00
※Suicaが使えます
https://www.palacehoteltokyo.com/
https://www.instagram.com/palacehoteltokyoonlineshop/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

千代田区丸の内『東京會舘 スイーツ&ギフト』のマリトッツォがめちゃくちゃ美味しい。

image

会社帰りに『東京會舘 スイーツ&ギフト』に立ち寄って参りました。

各曜日限定のパンっつーのがございまして、

水曜日の限定品はレーズンブレッド。

こちらを買うのが目的でしたが、

平日限定&1日10食限定の「マリトッツォ 3種」が残っていたので、

そちらも購入致しました。

image
マリトッツォ 3種 1,296円(税込)

すっごくラッキー。

実はワタクシ、

「マリトッツォってクリームパンの一種でしょ」

と若干軽んじておりました。

でも、もしかしたら本気のマリトッツォは

今まで食べたものとは別のものかもしれん

という気もしておったのです。

東京會舘のマリトッツォでもクリームパンだと感じたら、

二度とマリトッツォに手を出すまいという気合で、

本日購入した次第。

帰宅後にあまり期待せずに食べて驚愕致しました。

違う! クリームパンじゃない!

東京會舘のサイトでは「パン」のカテゴリーに属しているけど、

これはスイーツだ!

心の中でマリトッツォに「馬鹿にしてゴメン」と

スライディング土下座をしておきました。

image
[左]ラムレーズン(アプリコットジャムとラムレーズンのトッピング)
[中]マスカルポーネ(マスカルポーネ入りのクリーム、ラズベリーソースとラズベリーのトッピング)
[右]プラリネ(ジャンドゥーヤとプラリネのトッピング)の3種。

すっごくクリームが軽くて、空気感が半端ない。

口の中でモッタリしないので、ぱくぱく食べられます。

美味しい。これは美味しい。

三種ともトッピングの食感が異なるので、

全て食べてみたくなります。

買って良かった。

時節柄か、あまり認知されていないのかは不明ですが、

平日12時以降の販売で10食限定なのに、

今日は夕方に行っても残っていました。

ラッキーだったのかな?

実際のところは分かりませんが、

機会があれば再度食べたいと思います。

それはそうとマリトッツォって、

スイーツパンという位置づけなんですね。

なるほど。

納得です。

image
水曜限定販売のレーズンブレッドは、972円(税込)。
レーズンが満遍なく美しく入っていてウマウマです。


image
【東京會舘 スイーツ&ギフト】

東京都千代田区丸の内3-2-1 東京會舘本舘1F
現在の営業時間 10:00~19:00
※Suicaが使えます
https://www.kaikan.co.jp/
https://www.instagram.com/tokyokaikan/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

新宿区神楽坂2丁目『ル・コワン ヴェール パトリック・ルメル』でカヌレを大人買いしちゃうぜと思いつつ3個だけ。

image

本日は在宅勤務day。

ル・コワンヴェール パトリック・ルメルまで

ランチタイムにカヌレを買いに行って来ました。

クイニーアマンポムもついでに。

プリンもついでに。

パンもついでに。

そしてついでにモンブランも。

そんな感じに今回も複数買いしてしまいました。

空腹を抱えたランチタイムに来るのは危険だと改めて思いました。

後悔はしてないけどなっ。

image
誘惑の多いショーケース。
こりゃ、惑わされますわ。


image
今日のクイニーアマンポムはちょっと食感がいつもと違ってた。

カリカリ感が無く、柔らかくて、パンって感じ。あれ?

image
オリーブ入りのバケットも買っておく。

image
プリンにはクリームを入れて貰いました。
モンブラン(正式名称は別にある)が軽くてウマー。高いけど。

いつかはここでホールケーキを買ってみたいなぁ。

って誰の誕生日もまだまだ先なんだけれども。

何かお祝い事があればオーダーしちゃうんだけどなぁ。

ここのホールケーキ、憧れです。

image
この道の先の先にお店があります。
右側のお店に美味しいものがありそうで気になっております。
今日は買いすぎているので、止まるな危険って感じでした。


image
【ル・コワンヴェール パトリック・ルメル】
Le Coin Vert PATRICK LEMESLE

東京都新宿区神楽坂2-20-14 アグネスホテル内
営業時間 10:30~19:00
定休日:月曜
※カード(VISA、Master、AMEX、Diners、JCB)
https://www.instagram.com/patrick_lemesle/
https://www.facebook.com/Patisserie-Le-Coin-Vert-107834937269698


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神楽坂の『亀井堂』が閉店。

神楽坂の『亀井堂』が6月14日で閉店したと知り、

かなり驚きました。



あんなに人気があるお店なのに、なぜ!?

閉店理由は、建物の老朽化と職人の高齢化。開店当時から同じ職人で神楽坂亀井堂の味を守り、コロナ禍でも毎日500個以上のクリームパンを販売するなど、その人気は衰えなかった。しかし、建物の老朽化も進み、職人のことなどの事情を考慮して閉店を決めた。

職人の高齢化と建物の老朽化かぁ。

それは如何ともし難い問題ですね。

今年の1月がここのクリームパンの食べ納めだったとは、

大変残念です。

栗あんぱんも重量級で美味しかったんだけどなぁ。

近所から人気のベーカリーが減るのは悲しいです。

閉店するってことは、

この辺りの景観も変わるってことなんでしょうね。


image



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

帝国ホテルのガルガンチュワでお惣菜を買って帰る。

image

あー、ヤル気湧かんわぁー。だるいわー。

というダラダラ感を抱えて帰宅する途中で、

「帝国ホテルでお惣菜を買って帰ればいいじゃない」

という囁きが自分の脳内で聞こえた気がしました。

そうか、帝国ホテルといえはポテサラか。

と納得してガルガンチュワへ。

いつもより人は少なめだけれど居なくはないという状態で、

目に付いたものをササっと買うことにしました。

長居をすると荷物量が増えそうな気がする。危険だ。

ってことでポテサラを選択し、

続いて目に入った鯛のフライを購入しました。

この鯛のフライがなかなか美味しかった。

商品名は鯛のフライではなかったと思うのだけれど、

添えたレモンで食べるという代物だったので、

レモンという名称も商品名に入っていたかも。

ってか、レモンが切りたてのようにしっかりしていて、

凄く美味しく感じました。

添え物のレモンの質って重要なんだなぁ。

image

さて、ポテサラことポテトサラダは帝国ホテルの定番品です。

大正時代から続くレシピなんだとか。

ホテル内で食べるのとテイクアウト品では違う部分があるんだろうか?

image
マスカルポーネとレモンのタルト
販売期間は今月末までです。

東京駅構内にある帝国ホテルのショップで先日カヌレを買ったのですが、

PAULと似たような感じでした。

帝国ホテルの超高級食パンを試したいと思っているのですが、

期待しても大丈夫だろうか?

かなり気になる。

ちなみにこの日は売り切れていました。

一本3,000円もするのに、人気なんだなぁ。



【帝国ホテル 東京 ホテルショップ ガルガンチュワ】
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル東京 本館1階
現在の営業時間 10:00~19:00
※Suicaが使えます
https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/hotelshop/
https://www.instagram.com/imperialhotel_jp_official/
https://www.facebook.com/imperialhoteljapan

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区神楽坂2丁目『ル・コワン ヴェール パトリック・ルメル』でチェリーのタルトを買ってみる。

image

本日は在宅勤務day。

昼に八百屋さんまで買い出しに来たもんで、

すぐそばのル・コワンヴェール パトリック・ルメルにも寄ってみました。

前回美味しかったクイニーアマンポム目当てです。

image
パンに新作が出てた。
もちもちっとした食感だという説明を聞き、購入を決意する。


image
チーズケーキもいいけれど、今日はシュークリームの気分かなぁ。

image
いろいろ見ているといろいろ欲しくなる。

image
テイクアウトで珈琲なども買えます。
一度は買ってみたいけれど、でもなぁ。

カヌレはすぐに食べられないので、試しに冷凍してみました。

何処にも行きたくない時に解凍して食べようと思います。

そして迷った末に購入したのがチェリータルト。

昨日食べてたものと比べたいなぁと思ったからです。

って、まだ食べていないけれども。

image
このチェリータルトだと、種など吐き出すものが無いのが良いですね。

image
今回もジップロックスクリューロックに入れ、
スタッキングして冷蔵庫にイン。

image
勿論カヌレも買っておく。

冷凍したカヌレが解凍しても変わらず美味だったら、

次回は複数個買って冷凍ストックしたいなぁと思っています。

しかしこれからの季節は、半解凍のカヌレも良いかも。

って、作り手からすれば邪道なんだろうなぁ。

もしかしたら、クイニーアマンポムも冷凍できたりして…。



image
【ル・コワンヴェール パトリック・ルメル】
Le Coin Vert PATRICK LEMESLE

東京都新宿区神楽坂2-20-14 アグネスホテル内
営業時間 10:30~19:00
定休日:月曜
※カード(VISA、Master、AMEX、Diners、JCB)
https://www.instagram.com/patrick_lemesle/
https://www.facebook.com/Patisserie-Le-Coin-Vert-107834937269698

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区東五軒町『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』の黒豆と大納言かのことオリーブ・エ・フロマージュを買いに行く。

image

地元で人気の『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』。

かなりの人気ベーカリーゆえ、

平日でも15時から16時過ぎには売り切れてしまいます。

ただし、雨の日は行列も少なく、比較的買いやすい。

本日は風雨ゆえ、絶対空いているだろうと思い、

文字通り、ひとっ走り買いに行って参りました。

行くと誰も並んでおらず、

「これは買い放題じゃない?」と思って店内へ。

最近、激ハマリ中のオリーブのパンと一緒に、

定番の「黒豆と大納言かのこ」を買って参りました。

image
黒豆と大納言かのこ @220円(税込)

image
Olive et Fromage(オリーブ・エ・フロマージュ) 240円(税込)

image
塩味のあるオリーブとチーズが入っていて美味しいのです。
焼き立てはチーズが伸びるし、激烈美味しいです。


上写真のオリーブのパンは本当にオススメです。

めっちゃ美味しいです。

食べる度、「天才かっ!!」と感嘆しているワタクシ。

まあ、人気なので無いことも多いんですけどね。

ここが近所で本当に良かった。

あまりパンに造詣のない、パン馬鹿舌のワタクシですが、

やっぱり何度食べても美味しいので、

この辺りでは突出した存在のベーカリーなんじゃないかなぁ。

ってことで、「黒豆と大納言かのこ」同様、

「オリーブ・エ・フロマージュ」もオススメです。



image
【pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)】

東京都新宿区東五軒町1-8
(東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分)
現在の営業時間 10:00~売り切れ次第閉店
(16:30頃までには売り切れることが多いです)

定休日:月曜、火曜(月による)
※取り置き不可
※Suicaなどの電子マネーが使えます

https://www.instagram.com/pain_des_philosophes/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

JR東京駅GRANSTA『イータリー 丸の内店』にマリトッツォを買いに行く。

image

今流行りかどうかは分からんけど、

ワタクシの中では流行りもの位置にある「マリトッツォ」。

一度でいいから食べてみたいと思っていたら、

東京駅の『イータリー 丸の内店』で取り扱っていることを知りました。

しかし昼に売り切れてしまうとのことで、

本日昼にちょっくら入手しに行って参りました。

image
ここで取り扱っているのは4種類。

image
少し迷ってフラーゴラとティラミスを選択しました。

image
フラーゴラは母に。

image
ティラミスはワタクシが食しました。
正直、粉の部分はワタクシには不要だと感じました。

なるほど。こういう食べ物だったんですね。

納得しました。

言うなれば、高級感&生もの感あるクリームパン。

買って2時間以内に食べるよう注意書きがあるので、

めっちゃ生感のある生クリームなのかもしれん。

ワタクシにとっては一度食べれば納得できる食べ物でした。

また食べたいとは思わないけれど、

どういうものか知れたので、

これがハイカロリーだったとしても、後悔はない。

(`・ω・´)キリッ




image
【イータリー 丸の内店】
EATALY MARUNOUCHI

東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内B1F
現在の営業時間 11:00~18:00
https://www.eataly.co.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

夕ごぱんと夕ごはん。

image

昨日と今日は出勤しておりました。

冷蔵庫にそれなりに食材があったので、

昨日は嵜本でパンだけ買って帰宅。

母がパレスホテル東京でメロンパンを買ってくれていたので、

パンを主食にして夕食を摂りました。

それが上の写真です。

image

パレスホテル東京のメロンパンはやっぱり美味しい。

もりもりと飲むように食べたので、のどに詰まりそうになりました。

危険です。

image

嵜本では「丹波黒豆とよもぎの食パン」が今月末まで限定で販売中です。

120×120×120mmサイズで、一斤850円(税込)。

兵庫県丹波産の黒豆を使用しているそうで、

ヨモギの香りは感じませんでしたが、黒豆はかなり美味。

黒豆自体もちょっと大きめな気がする。

嵜本のインスタをフォローすれば、雨の日は100円引きになるため、

これからの季節はオススメです。

そんな感じでパン食だった昨夜ですが、

今夜の主食は餃子でした。

先日ISETAN DOORで買った餃子の賞味期限が明日に迫っていたもんで、

慌ててジュジュッと焼いちゃいました。

image

主食が餃子の夕食は、ワタクシ的にも今回が初の試み。

ってか、餃子の皮が小麦粉でできていることを考えれば、

充分に主食と言えるものなのかもしれない。

かなり満腹になったため、今は猛烈に眠くなっております。

胃に血液が集中しちゃっているんでしょうね。

今寝たら爆睡できそうなんだけれども、確実にデブる。

今更か。

寝るか踏ん張るかは、

これから歯を磨いてから考えようと思います。

せめて20時を越えねば・・・

って、その時間に意味は無いんだけれども。

20時を超えたら「夜」って感じですよね。

違うかな?

そういえば、「夜」って何時からなんだろう?

ちょっと気になるけれど、眠いので、まあいっか。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

サントリーBOSSのキャンペーンで「ねこねこ食パン皿」が貰える。

image
ねこねこ食パン皿
[全3種]

image
九州はエリア限定柄があるので、これ以外にもう一種あります。

スーパーでサントリー「クラフトボス」や「ボス カフェベース」などの対象商品を指定数購入すると、写真の「ねこねこ食パン皿」が一枚貰えます。

三毛猫柄とめちゃくちゃ悩んだものの、シンプルなら飽きないだろうと思ってプレーンを選択。

image

お皿を入手したらパンも欲しくなったので、「ねこねこ食パン」のプレーンも購入しちゃいました。

image
ねこねこ食パン 540円(税込)
焼き立てでした~。

image
お皿に食パンを乗せてみたら、はみ出た。

なんかちょっとテンションが上がりました。

同じくスーパーで買ったサニーレタスを爆乗せしたら、ネコの形なんて分からなくなったんですけどね。

ねこねこ食パンに造詣が浅いもんで「MILK 100%」の意味が分からなかったのですが、水分は牛乳のみってことなんですね。だからほんのり甘いみたい。

食パンの「こだわり」の世界も多種多様だなぁと改めて思いました。

そんなこんなで、ねこねこ食パン皿にねこねこ食パン。ちょっぴりオススメです。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区東五軒町『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』の黒豆と大納言かのこを買いに行く。

image

地元で人気の『pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)』。

かなりの人気店なので、15時から16時過ぎには売り切れてしまいます。

購入のハードルが高いのですが、雨の日は行列が割と短く狙い目。

本日は雨天ゆえ、あまり並ばずに済むだろうと判断し、

散歩がてら「黒豆と大納言かのこ」を買いに行って参りました。

今回は13:30の焼き上がり時間ではなく、

それより前に焼きあがっていたものを購入。

すぐに食べるわけではないので、

熱々じゃなくても良いと判断しました。

image
黒豆と大納言かのこ @220円(税込)

image
バトン・シュクレ @120円(税込)

image
バゲット・オリゼー 340円(税込)
※コシヒカリ米麹入りのバゲット


ここのところ毎週ここにパンを買いに行けている気がする。

行こうと腰を上げるのは雨の日が多いので、

雨の日が増えているのかも?

今回は珍しくバゲットを購入しました。

お肉系の常備菜を作り過ぎたので消費せねばと思っているのですが、

それらは全てバゲットに合いそうな気がするのです。

image
スライスした砂肝をガーリックと味噌で炒めたものを作りましたが、
砂肝の歯ごたえが強すぎてコッペパンは負ける感じ。

image
鶏肉と糸コンとオカヒジキの炊いたん。

image
ジャガイモと牛蒡の漬物の塩昆布和え。


バゲットよりは柔らかい食感のパンが好きなのですが、

お惣菜を乗せるor挟むとなると硬さが必要なのではないかと推察。

ウチの近所に高級食パン屋さんがあれば買いに行くんだけれども、

神楽坂界隈で一番おいしいパンと言えばここなので、

失敗はしないかなと思われます。

今晩はパン食になるかも。



image
【pain des philosophes(パン デ フィロゾフ)】

東京都新宿区東五軒町1-8
(東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩6分)
現在の営業時間 10:00~売り切れ次第閉店
(16:30頃までには売り切れることが多いです)

定休日:月曜、火曜(月による)
※取り置き不可
※Suicaなどの電子マネーが使えます

https://www.instagram.com/pain_des_philosophes/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。