sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

ダム

群馬県吾妻郡長野原町『八ッ場ダム』の工事現場を見学してきた。

image

利根川は氾濫しまくる川として有名ですが、上流(群馬県)で止めるのが下流の地域(東京都)にとっては、行為髄対策費用の点でも最も効果的だと言われています。
利根川水系の吾妻川(あがつまがわ)に建設中の八ッ場ダム(やんばだむ)は、治水・利水・発電の目的を持つ多目的ダムです。
ちなみに「八ッ場(やんば)」という名称は、ダムサイトの直上流に左支川として流入する小さな沢の名に由来します。

昭和27年に「利根川改定改修計画」の一環として調査に着手し、一時中断を経て昭和42年に実施計画調査を開始。昭和45年から建設に移行しました。

ダムサイトは当初国指定名勝で天然記念物にしていされている「吾妻峡」のほぼ中央部にありましたが、景観を最大限に残すため、昭和48年に約600m上流の現ダムサイトに変更されました。吾妻峡のうちでも最も観光客が訪れる鹿飛橋付近は手を加えられていません。

川原湯温泉の貴重な自然湧出の源泉がダムに沈むことになることもあり、「首都圏に住む人々のために、水没地に住む住民が犠牲になることには断固反対する」という反対運動が長らく続きました。

しかし、旧来の国道145号は土砂災害の危険性から吾妻峡付近が連続雨量120 mmで通行止めとなってしまうため、八ッ場バイパスとJR吾妻線の付替線についてはトンネル区間が増えて移動時間短縮や災害対応の面での改善も見込め、ダムの付帯工事として期待する声もありました。

2009年、民主党のマニフェストによりダム工事が中止。これは地元住民との話し合いもなく、いきなりの報道発表でした。新政権発足に伴う国の突然の方向転換に対し、永年にわたる国家政策との対立の末に苦渋の判断を下して代替地転居と事業執行を待つばかりとなっていた関係者の反発はかなり大きく、共同事業者である東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県の各都県知事からも同様に建設中止に対する批判や、中止の際の負担金返却要求の声が上がりました。

最終的には2015年にダム本体工事開始。2019年度中には完成する予定となっています。

image
1967着手・2019竣工予定
水没総面積:316ha、水没戸数:340戸、水没農地面積:48ha


image
2015年度完成予定でしたが、2020年(2019年度)完成に延長されました。

image
[非常用洪水吐き設備]
ここにゲートが付きます。


image
[常用洪水吐き設備]

image
左側の突出した部分は、選択取水設備。

image
コンクリート打設方法は、巡航RCD工法から拡張レヤ工法に移行。

image
各所に設置さている案内板を見れば、工事の推移が推察できますね。

image
この日は、様々な地点からダム本体を眺めておりました。

image
打設を点検していると思われる作業ゴンドラ。

八ッ場ダム
右側から徐々に撤去されつつある足場。

image
日本に数台しかない巨大なクローラクレーン。
これは茨城県の石下から来ているっぽい。


八ッ場ダム
ダムの周囲には眺望スポットが設置されていました。

image
生コン工場があった場所はダム管理事務所になるようです。

image
プラントの跡が残っていました。

image
ダム堤頂は標高586m。

八ッ場ダム

image
地すべり多発地帯であるがゆえの付帯工事の多さが、
事業費増額の一大要因となっています。


八ッ場ダム
30kmあまり離れた場所にあるのが活火山である浅間山。
ダムサイトの地盤も火山層で脆弱だといわれています。


image
[八ッ場大橋(湖面1号橋)]
八ッ場ダム工事の象徴となった橋。
1回目20,000円でバンジージャンプ(八ッ場バンジー)ができます。
ダム完成前の2019年までの限定企画だそうです。


image
ダム湖面はブルーの位置まで到達するらしい。

image
吾妻川に流れ込む水流が滝として見られました。
  
image
[不動大橋(湖面2号橋)]
全長590.0m
鋼・コンクリート複合トラス・エクストラドーズド橋
鳩山由紀夫内閣により八ッ場ダムの建設中止が打ち出され、
マスコミに象徴的な施設として取り上げられた。
その後、紆余曲折を経て橋自体の建設は続行され完成した。
平成22年度土木学会田中賞(作品部門)受賞。


image
水質があまり良くないとされていた吾妻川。

image
この一帯がダム湖の下に沈むことになります。

八ッ場ダム

image
旧・JR吾妻線の鉄橋。

image
線路はともかく、枕木は要・全撤去。
ちまちまと撤去するのは大変そうです。
(撤去した枕木が左側に積まれています)


image
「やんば1万本桜プロジェクト」により植えられた桜に実が付いていました。

また訪れたくなるような「水と桜の郷」での賑わいのまちづくりをめざして桜を植える、というのが「やんば1万本桜プロジェクト」です。良い試みだなぁと思ったので、募金させて頂きました。ここで咲く桜の花の一助になればと思っています。

国土交通省が進めるインフラツーリズム。
外国人観光客がこの地を訪れる日も近いかもしれませんね。

image
この日貰ったダムカード。

image


image
【八ッ場ダム(やんばだむ)】

群馬県吾妻郡長野原町大字川原畑
型式:重力式コンクリート
総貯水容量/有効貯水容量:107500千m3/90000千m3
本体施工者:清水建設・鉄建建設・IHIインフラシステム


【にほんブログ村】

渡良瀬遊水地に行って来たけど想像より遥かに広かった。

image

渡良瀬遊水地(わたらせゆうすいち)は、足尾鉱毒事件による鉱毒を沈殿させ無害化することを目的に渡良瀬川下流に作られた遊水池で、「池」と書くのかと思いきや、今の国土交通省では「地」という漢字が使われているようです。

思川(おもいがわ)と巴波川(うずまがわ)の2つの川が渡良瀬川に合流する地点にあり、遊水地の領域は、栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県の4県に跨るものの、大半が栃木県栃木市に属しています。

image

第1調節池の中にある貯水池が谷中湖(やなかこ)で、湖底がコンクリート張りの人造湖であり、利根川(とねがわ)水系8ダムの1つに数えられています。

利根川水系8ダムとは、利根川に建設されたダムのうち、首都圏へ上水道を供給することを目的の一つにしている多目的ダム群のことです。

野木町煉瓦窯を後にしたワタクシは、そのまま自転車で渡良瀬遊水地に入り、先ずは旧谷中村跡を目的地に定めて進むことにしました。

渡良瀬遊水地の面積は約33キロ平方メートル。一部を自転車で走行してみると、その広さが実感できます。
自転車でこの距離感ってことは、徒歩だと如何ばかりか。

image
車道も整備されているので、外周は車でも走行できます。

image
3月下旬のヨシ焼きのすぐ後だったからか、
草がほとんどなく、見晴らしがよいです。


image
はるか遠くに雪山が見えます。方角的には白根山かしら?

image
できれば電動自転車が良かったと思える坂道がところどころにあります。

image
遠くに車が見えますが、殆ど誰にも会わない。

image
ヨシ焼きで画像検索すると、
多くのカメラ愛好家たちが三脚を並べている画像が引っかかります。
整然と並んでいるところに、一見さんお断り的な暗黙のルールを感じる。


image
空が広いので、飛行機が接近して飛んでいるのがよく分かります。
空も渋滞しているんですねぇ。(写真は一機のみ)


image
ここはサバンナです、といっても納得できそうな風景。

image
貯水池に架かる(たぶん)東橋。

image
土手では菜の花が満開でした。

image

環境省のレッド・データブックに掲載された絶滅危惧種が多く発見されているということで、2012年(平成24年)7月3日、ラムサール条約に登録されました。

しかし、遊水地の土壌には2010年調査時でも銅などの鉱毒物質が多く含まれているそうです。

image
ハート型の貯水池部分。遊水地はその上側も含まれるようです。

image
コンクリートで覆われたダム湖岸。
この日の貯水量はかなり少なかったですが、
逆に雨季はどうなるのか興味が湧きます。


image
まだまだお花見が出来そうです。

image
土手から見た遊水地。

image
[渡良瀬調節池第1排水門]
開閉方式はワイヤーロープウインチ式。


image
桜の薄いピンク、新緑が出そろわない木々の淡さ、
その向こうに連なる青い山々が何とも良い感じでした。


image
新古河駅付近の土手にある、カスリーン台風決壊口跡の碑。
(渡良瀬川決壊口)
1947年(昭和22年)9月に発生した台風は、、
GHQ占領下の日本の関東・東北地方に大きな災害を齎しました。

北関東の歴史を知るには、渡良瀬川沿いの歴史を避けて通れない気がします。
足尾銅山然り、後述する旧谷中村然り、田中正造然り。
ワタクシは文字では覚えられない性質なので、一歩一歩、その土地を歩いて学んでいるところです。その方が、リアル感も増す気がします。
まだまだ不足している知識ですが、改めて足尾銅山を見たいと思っています。今見たら、感じ方がもっと多い気がする。年内に達成したい野望の一つです。

今回、渡良瀬遊水地の一部を自転車走行したことで、この辺りがより身近に感じられるようになりました。
良い経験でした。誰かに勧めたい経験でもあります。感じ方は人それぞれなので、「ただのだだっ広い土地じゃん」とか言われそうではありますけどね。

ちなみに有名な「栃木市・渡良瀬バルーンレース」が、7日まで藤岡渡良瀬運動公園をメイン会場に行われてたらしいです。カラフルな気球を飛ばす競技のことね。めっちゃフォトジェニックな光景なんですって。
興味はありましたが、渡良瀬遊水地は広すぎて会場までは遠いので今回は止めておきました。
機会があれば、いつかたぶん。




【にほんブログ村】

富山県富山市『神三ダム(じんさんだむ)』は大変渋いダムでした。

神三ダム
ダム湖側から見た神三ダム



神三ダムは北陸電力が管理する発電用の重力式コンクリートダム。


ダム堰堤の高さは15.50mと低く、ダム湖の総貯水量は1,455,000m3だそうです。


有効貯水量は806,000m3。


神三ダム
ローラーゲートは8門あります。

神三ダム
左岸から右岸に、この天端を通って渡れるそうです。
マジかー。行けばよかった。


神三ダム
神通川第三左岸発電所取水口

神三ダム
昭和29年から使われているダムは、鉄錆び色で渋かった。

神三ダム
夜のダム湖側から見た神三ダム。



少し上流に国の登録有形文化財で日本の近代土木遺産2800選とされる笹津橋があります。


その情報を得たのは、東京に戻ってからでした。


行けばよかったー。


次回、リベンジしたいと思います。



神三ダム
【神三ダム】

神通川水系神通川
着工1953年 / 竣工1954年
重力式コンクリートダム


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。