sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

シュークリーム

文京区小石川『パティスリー レセンシエル』のトンカ豆のシューアラクレーム。

image

小石川の播磨にある『パティスリー レセンシエル』。

春には桜を見ながらアルコール類も楽しめる人気店です。

テイクアウトも出来ます。

母がロールケーキを食べたいと言い続けているもんで、

あれば買って帰ろうと思い、入店。

美しいビジュアルのケーキが並んでおり、

シンプルな形状のケーキはシュークリームしか無い。

せっかくなので、徒歩での持ち運びが簡単そうな

シュークリームを購入致しました。

image
シューアラクレーム 350円(税込)
「トンカの香りの​カスタードクリーム」のトンカが謎でした。

image
粉砂糖がたっぷりかかった魅力的なシュークリーム。

image
トンカ豆の色なのかモカっぽい色のクリームがたっぷり詰まっています。

トンカ豆とは、中南米原産のマメ科植物の種子です。
芳香性の高い香り成分「クマリン」を含み、バニラに桜の葉や桃の花を加えたような 甘く上品な香りを持っています。

独特なフレーバーで、母は絶賛していましたが、

ワタクシは「???」という疑問符が脳内を乱舞するほど

よく分からない(または嗜好に合わない)香りでした。

甘ったるい香りが苦手なのが敗因かしら。

他の人の感想が気になったので検索してみたのですが、

皆さん大絶賛でした。

そうか。そうなのか。

トリュフの香りが大好きな人と、

そうではない人の違いみたいなものかも?

しかし、他の商品がとても気になるので、

次回はそちらを食してみようと思います。



image
【パティスリー レセンシエル】
Patisserie L'essentielle

東京都文京区小石川4-16-7
営業時間 10:00~18:00
定休日:木曜
※Suicaが使えます
https://www.lessentielle.info/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区水道『Lumeto(ルメート)』は昨年9月にオープンしていたらしい。

image

久々に神田川を渡って文京区水道界隈にやって参りました。

ワタクシが学生の頃に自転車でお使いで来ていたエリアですが、

あの頃とは全く違うと言っていい街並みになってしまいました。

人気のお魚屋さんがあったんですけど、何処に行っちゃったのかなぁ。

それはそれとして、新たにベーカリーができたそうで、

気になったので立ち寄ってみることにしました。

店舗の外観から察するに居抜きなのかもしれませんね。

以前は蕎麦屋さんで、入口の感じがそのままっポイし。

image
限定品という言葉の下の文字が小さくてスルーしちゃいましたが、
改めて読んでみると、ちょっと気になる。

image
新商品のアップルクリームチーズは、
ブリオッシュ生地に北海道産クリームチーズを塗り、
自家製のリンゴのコンポートを入れて焼き上げたものだそうです。

image
フォカッチャが時々猛烈に食べたい時があるので、
今度からここに買いに来ようと思います。

image
焼菓子のみならず生菓子もいろいろあります。

image
シュークリームが安かったので一つ購入。
まさにこの説明通りの食感でした。

image
シェフのスペシャリテという張り紙に気をとられつつ、その隣を購入。

image
帰宅後すぐにシュークリームを食べましたが、
クリームがたっぷりでなかなか美味しい。

この界隈で、この価格帯はリーズナブルだと感じます。

小麦価格高騰で、今後の価格に変化があるとは思いますが、

それでも買い易いと思えます。

今後の散歩は、文京区側を攻めてみようかな。



image
【Lumeto(ルメート)】

東京都文京区水道1-5-10 Raffine 1F
営業時間 11:00~19:00
定休日:不定
※現金のみ
https://www.instagram.com/lumeto2021/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

港区六本木『スマイルラボ』のシュークリームとプリンがトロリとしていて美味。

image

本日は六本木経由で帰宅。

気になっていた『スマイルラボ』に立ち寄り、

六本木店限定のシュークリームを買って参りました。

六本木店限定ってことは別の店舗があるのか?

と思ってしまいますが、

オンラインショップの他に催事で出店することもあるっぽい。

とても評判の良いお店です。

image
今はこの二種類の展開となって居ります。
(ハロウィンの時はパンプキンクリームのが出ていたらしい)

image
シュークリームだけでなくプリンも気になったので買っちゃいました。

image
価格はそれなりですが、かなり好みの味でした。

image
ミルクの味がするトロトロ系のプリンです。

image
飲めるんじゃないかって気がしちゃう。

image
店内には焼菓子やチョコレートも並んでいます。

image
ちょっと気になったホワイトデー限定のチョコ。可愛い。

image
ケーキ類は要予約らしいです。
インパクト大なビジュアルなので誕生日ケーキにすると喜ばれそう。

シュークリームもプリンも滑らかな舌触りで、とても好みの味。

シュークリームは買って帰って直ぐに食べるのがベスト。

注文してからクリームを詰めてくれるので、

皮がパリパリで美味しいのです。

クリームがトロトロ系なので手づかみで急いで食べないと

大惨事になるかも。

これはまた直ぐに食べたくなっちゃうかもしれん。

人気があるのも納得の内容でした。

image
各種(写真右側の内容)電子マネーも使えます。


image
【スマイルラボ】

東京都港区六本木4-8-7 六本木嶋田ビル1F
営業時間 12:00~20:00
定休日:月曜
※Suicaが使えます
https://www.smilelabo.com/
https://www.instagram.com/smilelabo_rpg/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

港区麻布十番『HISAYA KYOTO 麻布十番店』の栗商品を堪能する。

image

京都の焼き栗屋『比沙家』が2021年に麻布十番に開店。

1階が販売、2階がイートインになっているお洒落栗菓子店です。

しぼりたてモンブランが有名らしいのですが、

絞ったら早めに食べるべしって感じの品なので今回はスルー。

image
しかもお高めプライス。

商品はいろいろあるので迷ったのですが、

メインに栗おこわを購入致しました。

image
レシートを無くしたので不確かですが、
たぶん700円ぐらい。

image
甘く炊いてある栗が使われています。
栗の量が多いので満足感高し。

真っ先に購入を決めたのは栗おこわでしたが、

どうしても気になって買ってしまったのはシュークリーム。

小ぶりだけれどお高いので、一つだけに留めました。

image
丹波栗を使っているらしい。
差し入れにするには気合いの要る価格ですな。

image
外側がもの凄く軽い皮なのでクリームを堪能できます。

image
栗クリームがこんなギッシリ入っていたらそりゃあの値段になるわ。

シュークリーム、なかなか侮れません。

シュークリーム二個で栗おこわよりお高くなるという点でも、

侮れない。

image
生どら焼きなるものがありましたが、
賞味期限が今日中なので断念。

image
代わりに普通の栗入りのどら焼きを購入しました。
一口サイズなので食べ飽きないと思われる。

好みのタイプの栗菓子だと実感できたので、

次回は二階でSNS映えしそうなスイーツを食べてみようと思います。

やっぱり先ずはモンブランからかなぁ。



image
【HISAYA KYOTO 麻布十番店】

東京都港区麻布十番2-4-8
営業時間 [1F販売] 10:00〜19:00,[cafe] 11:00〜19:00(L.O.18:30)
定休日:不定
※au PAYなどのQRコード決済が使えます
https://kyo-yakiguri.com/hisaya-kyoto/
https://www.instagram.com/hisaya.lounge/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』6周年記念のコンフィチュールとエコバッグ。

image

9月5日にアヴランシュゲネーは6周年を迎えるそうで、

4日と5日の2日間、コンフィチュールが先着100名、

1,500円以上の商品購入でエコバックが貰えます。

エコバッグも数量限定だった気がします。

ゆえに今日は並ぶだろうなぁと思い、

開店約一時間前にお店に向かいました。

一時間前なのに既に行列ができていて、

ワタクシが目的を達成してお店を出るころには

驚くほどの行列の長さになっていました。

期せずして本日は霧雨で、

傘をさすことでパーソナルスペースが保たれている感じ。

これが炎天下だったら辛かっただろうなぁと

今日であることがラッキーだったと心から思えました。

image
6周年記念限定クッキーBOX 1,500(税込)/個
缶の絵がお店の外観になっています。

image
内容はこんな感じ。

image


image
こちらが先着100名に配布された
フランボワーズと拘りの宇治抹茶のコンフィチュール。

行く前から買うと決めていた上の2種はともかく、

今日食べる生菓子もじっくり選んで買いたいと思うも、

行列ができているため、

ササッと買い物を済ませなければと焦る小心者のワタクシ。

結局、いつもと変わり映えの無いものを選んでしまいました。

image
最近買えてなかったシュークリームをとりあえず選び、

image
定番のピスターシュも選択。

image
今回初めて選ぶのはこちらのマグダレナ。

image
スポンジでの嵩増し感がなく、
クリームが軽いのでペロリと胃袋に収まりました。
これはウマウマ。

後から写真を見たら「リモ」も買えば良かったかもとプチ後悔。

レモンだったら美味しいんじゃないかなぁ。たぶん。きっと。

次回、行列ができていないときに(もしあれば)買いたいと思います。

image
記念のエコバッグがこちら。
意外と大きいです。

image
店名がひっそりと入っているので、使いやすそう。

今日の散歩先に選んだ春日界隈。

疲れたので結局バスを利用して帰宅しちゃいました。

今日の歩数は3448歩。

引きこもり後のリハビリ散歩だと思えば、まあいいや。

カロリー微減、カロリーチャージ増量。

まあ、そんなこなんで明日は純粋に散歩しなきゃとは思ってます。

だか、反省はしていない。



image
【Avranches Guesnay(アヴランシュ ゲネー)】

東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A7(エレベーター)出口から徒歩2分
営業時間11:00~19:00
定休日:月曜、火曜、不定休あり
※今の時期の営業時間や休みなどは未確認です
※電子マネーはPayPayのみ。カード類は使えません
https://www.avranches-guesnay.com/
https://www.instagram.com/avranchesguesnay/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』で珍しくチョコレート製品を買う。

image

三田線利用で帰宅をしたため、

春日駅で下車してアヴランシュ・ゲネーに立ち寄って参りました。

ワタクシが入店した時は隙間時間だったようで、

店外に行列は無くあっさり購入できました。

定番のピスターシュほか数点を購入。

久々だったので浮かれて複数買ってしまいました。

今回初めてシトロンのタルトを買いましたが、

中に濃厚なチョコレートが入っているのには驚きました。

シトロンとチョコは合うんだろうか?

あまりチョコが得意ではないため、ちょっとした違和感を覚えました。

とか言いつつ、今回はチョコ製品を買っちゃってるんですけどね。

ギモーヴに杏があれば、そちらを選んだと思うのだけれど。

杏の誘惑に弱い今の時期のワタクシです。

image
アプリコットの文字を見て購入を決意したのがコチラ

image
ソーシッソン アイリ(Saucisson Airi)700円(税別)  
中にギモーヴが入っているらしいです。
ここのギモーヴは美味しいのよねぇ~。

ピスターシュは590円(税別)で、いつの間にか値上がりしてました。

まあ、バターも小麦粉もピスタチオも値上がりしてますもんね。

しゃーない。

それはそうと、今の時期のコンビニスイーツでピスタチオが大流行中。

流行と言っていいのかは不明なれど、結構いろんな商品が出ていて驚きです。

どこかから大量にピスタチオが輸入できているんだろうか?

気になって調べたら、2020年にピスタチオが大豊作だったため、

2021年の輸入が増加しているっぽいですね。

(今のピスタチオ商戦の理由がそれとは限らんが)

コンビニでピスタチオアイスがめっちゃ出ているのが気になるので、

今のうちに買い溜めしておこうと思います。ピノとか。

それはそうと、お店を出るころには長蛇の列ができており、

やっぱり隙間だったんだと納得しました。

まだまだアヴランシュ・ゲネーの人気は衰えませんなぁ。



image
【Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)】

東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A7(エレベーター)出口から徒歩2分
営業時間11:00~19:00
定休日:月曜、火曜、不定休あり
※今の時期の営業時間や休みなどは未確認です
※カード類は使えません
https://www.avranches-guesnay.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

新宿区神楽坂2丁目『ル・コワン ヴェール パトリック・ルメル』のカヌレがウマし。

image

本日は在宅勤務日。

にわか雨が降る可能性があるとのことで、

近場で甘味を調達しておくことにしました。

向かったのは『ル・コワンヴェール パトリック・ルメル』。

東京理科大に隣接するアグネスホテルのパティスリーです。

見た目が可愛らしいケーキが多いのですが、

未だにそれらを買ったことがないワタクシです。

image
フォトジェニックなケーキの数々。

image
迷いすぎて、結局はごく普通のものを買っちゃったりするんですよねぇ。

image
Pudding
@360円(税別)

image
Canele
@270円(税別)

image
Demi Baguette
@150円(税別)

パトリック・ルメル氏は、元ル・コルドン・ブル―の製菓教授。

カヌレにうるさいワタクシですが、

ここのカヌレは安心の美味しさゆえ大人買いするぞ、

と前回思ったものの、結局買ったのは2個だけ。

美味しいうちに食べないと勿体ないよなぁと自分を納得させて、

他のものを購入しちゃいました。

image
一つだけ購入したシュークリーム バニラ。
これで420円(税別)です。
今回購入したものの中で最も高かった。

電子マネーが使えるようになると助かるんだけどなぁ。

お札出して、小銭出して、エコバッグ出して、詰めて。

慌ただしい気分になるため、そこはぜ是非ともお願いしたい。

近年神楽坂はスイーツ激戦区になっておりますが、

ここはそれらとは一線を画すパティスリーだと感じます。

甘さはともかく、「フランスらしい」かな。

それはそうと、理科大の桜がすでに散り始めていて、

今週末で付近の桜の見ごろも終わるかもなぁと感じました。

今年は早かった…。


image
【ル・コワンヴェール パトリック・ルメル】
Le Coin Vert PATRICK LEMESLE

東京都新宿区神楽坂2-20-14 アグネスホテル内
営業時間 10:30~19:00
定休日:月曜
※カード(VISA、Master、AMEX、Diners)
https://www.facebook.com/Patisserie-Le-Coin-Vert-107834937269698

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

銀座7丁目『洋菓子舗ウエスト』で久々にゴルゴンゾーラパフなどを食す。

image

本日は通院day。

昨日の晩から何も食べておらず、空腹だったため、

銀座ウエスト銀座本店に行ってまいりました。

昨年からずーっと、ずーっと、

ここのゴルゴンゾーラパフが食べたいと思い続けていたのです。

平日だからか、午前中だからか、店内には誰も居らず、

貸し切り状態で食欲を満たすことができました。

image
使わない座席があるため、席と席との間は結構あいてます。

image
ここでは珈琲は外せませんよね。
飲み放題ですし。
(って、満腹で2杯ぐらいしか飲めませんけど)

image
お好みに合わないときは淹れ直すと言われても
小心者のワタクシには実行できない所業です。

image
これまた外せないハムとたまごのサンドイッチ。
ライ麦パンをトーストしてもらいました。
付属する塩とレモンが美味しさを加速させます。

image
お待ちかねのゴルゴンゾーラパフ。
税別380円。
味がちょっと変わったように感じます。
美味しいけど。

ゴルゴンゾーラパフはチーズ感が和らいでラム風味が加味されてる?

という気配がワタクシには感じられました。

気のせいかもしれんけど。

喫茶室に入ったら、サンドイッチを食べずにはいられないんですよねぇ。

前回食べたのが2013年と2017年だから、

次回もそれぐらい間が空いちゃうかもなぁ。

兎にも角にも、ようやく食べられて大満足でした。



image
【銀座ウエスト 銀座本店】
(洋菓子舗ウエスト)

東京都中央区銀座7-3-6
通常営業時間 9:00~22:00(L.O.21:30),[土日祝] 11:00~20:00
定休日:無休
https://www.ginza-west.co.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

日本橋室町2丁目『千疋屋総本店 日本橋本店』の桃のヨーグルトムースがウマウマ。

image
桃のヨーグルトムース 670円(税込)
販売期間:7月20日(月) 〜 8月下旬ごろまで

桃に異様な執着をみせる近年のワタクシ。

千疋屋総本店のサイトを見たら上写真の商品が登場していたので、

母に買ってきて貰いました。

image
イートインしないからと考えての購入量らしいです。
充実の内容です。


image
マンゴーシュークリーム 594円(税込)
8月末までの商品です。
マンゴーが激ウマ。

在宅勤務の合間に、先ずはシュークリームを頂きました。

五臓六腑に染み渡る美味しさです。

クリームも上品でマンゴーのとろける甘さを引き出していて、ウマー。

もう一つの桃のヨーグルトムースは夕食後に頂きまして、

こちらも「さすが千疋屋総本店」と思える美味しさでした。

残る絹ごし杏仁白桃は賞味期限が翌日までなので、朝に頂くことになりました。

桃は剥いて貰っているのが(食べやすくて)良いよね。

白桃丸ごとシロップ煮、的なものを作ろうかなぁと毎年思うものの、

剥いたら直ぐに食べたくなるので実行したことはありません。

桃を大人食いしたいなぁ。

一度、千疋屋から自分に贈ってみようかなぁ。

とも思うものの、剥くことを考えると思い留まっちゃいます。

プロの剥くフルーツって芸術ですよね。

あのスキルがあれば箱買いしても勿体ないかも。

しかし実際は難しいので、平日に行けることがあれば、

2階のパーラーで桃パフェを食べたいと思います。

それにしても、夏場のフルーツは「癒し」ですなぁ。



image
【千疋屋総本店 日本橋本店】

東京都中央区日本橋室町2-1-2 日本橋三井タワー1F,2F
営業時間 10:00~18:00
定休日:不定
https://www.sembikiya.co.jp/


【にほんブログ村】

新宿区神楽坂3丁目『ChikaLicious NY amarige』が移転して昨日からオープンしておった。

image

本多横丁にパティスリーがオープンしておりました。

昨日オープンしたそうで、

以前から「工事してるなぁ、洋菓子店ができるのかぁ」と

認識はしておりました。

とりあえず入店してみたら、どこかで見覚えがある商品ラインナップ。

これはもしや坂上にあったお店か? と思ったものの、

確信が持てず口にすることは止めておきましたが、

実際そうだったようです。

image
モンブラン 600円(税別)
ワタクシの場合、モンブランを食べれば
そのお店の他のケーキが自分好みか分かると思っております。


image
プリン 450円(税別)、マンゴープリン 450円(税別)
前のマダムがプリンを大量に買っていたので、連られて買ってみる。


image
「一番人気はシュークリーム」ですと言われたため一つ追加購入。

image
かなり大きいです。

もともとNYで行列のできる人気店らしいです。

人気はシュークリームらしく、この大きさはNYサイズかぁと納得。

子供には良いかもしれませんね。

(オバサンには大き過ぎる)

他にも様々なケーキがあるので、

突発的に洋菓子が食べたくなった時に、

このお店を思い出そうと思います。

それにしても、最近のプリンはお高いなぁ。

image



image
【ChikaLicious NY amarige KAGURAZAKA】
チカリシャス ニューヨーク アマリージュ

東京都新宿区神楽坂3-2
営業時間 11:00~22:00
定休日:不明
http://amarige.co.jp/


【にほんブログ村】

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』まで歩いてみた。

image

本日は叔母の命日

今年ワタクシは叔母の歳を超え、

一層思うところのある命日となりました。

若さと老いとの狭間にある歳だったのだとも感じています。

さて、時節柄お墓参りには行けないため、

散歩がてらアヴランシュ・ゲネーまでケーキを調達に行って参りました。

洋菓子が大好きでよく新宿の伊勢丹に行っていた叔母。

当時は神楽坂にはあまり洋菓子店がありませんでした。

不二家とコージーコーナーがあった程度。

今は有名店が増え、叔母が生きていたら楽しめただろうなと思います。

(代わりにワタクシが叔母の居た場所で楽しんでます)

で、神楽坂のどこぞで何かを調達しようと思っていたのですが、

休みだからか人が多く、待つのも嫌だったので、

少し歩いてみることにしました。

と言っても、歩数的にはそれほど稼げない距離なんですけどね。

なんせ1kmも無い距離なもんで。

たぶん、白山まで歩けば1kmになるのかもしれません。

坂が多いので行きませんけれども。

image
途中にある東京ドームとラクーア。
休みの日に動いていないジェットコースターを見るのは初めてです。

image
乗客のほとんどいない東京メトロ丸ノ内線。

洋菓子店は子供の日は混むんだろうと思われ・・・って、

子供の日ってケーキを食べる日だったっけ?

違うか。柏餅を食べる日か。

子供の日は皆さん工夫を凝らして家で過ごすんでしょうね。

と思っていたら、すれ違った父子が、

「お母さんが怒っているから、まだ帰らない方がいい」

と話していました。

その後は歩きながら数パターンの原因を想像してしまったワタクシです。

皆で家に居るのも大変みたいだ。

今日は暑いので、短時間だけケーキを遺影にお供えしたら、

後でゆっくり美味しく頂こうと思います。

それにしても、二十数年も経つと、

世の中はこんなに変わってしまうものなんだなぁ。

ワタクシも然り。



【Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)】
東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A2出口から徒歩2分
営業時間10:00~19:00
定休日:月曜、火曜、不定休あり
※今の時期の営業時間や休みなどは未確認です
※カード類は使えません
https://www.avranches-guesnay.com/


【にほんブログ村】

ホテルニューオータニ『パティスリー SATSUKI』のスイーツを母が大人買いしてきた。

image
[桜ロール 800円(税別)]

個人的にずーっと気になっていたのが、

ホテルニューオータニの『パティスリー SATSUKI』。

母に昨年あたり、その旨をぶつぶつと呟いていたのですが、

本日病院帰りに、少しだけ足を延ばして行って来たそうです。

で、ワタクシから見れば、かなりな大人買いをしてはりました。

image
[新スーパー黒豆カン 1,100(税別)]
これはわざわざ買いに行きたくなる豆かんです。
柔らかい寒天が舌と喉に心地よく、
大きめのふっくらした黒豆と、黒蜜の優しい甘さが心地よいです。
ウマウマ。


image
[新和三盆シュークリーム 650円(税別)]
和三盆の上品な甘さが美味しゅうございます。
シュークリームでこの値段ってのには驚愕しちゃいますが、
贅沢なシュークリームを味わいたい時には良いかも。
差し入れとして欲しいシュークリームです。


image
[メロンパン 270円(税別)]
まだ食していませんが、ウマウマな気配が濃厚です。
安心価格ですが、包装が驚きの箱入りです。
メロンパン様って感じ。

他にプリンやバウムクーヘンも買っているそうですが、

さすがに食べきれませんでした。

大人買いし過ぎです。

これは悲しいかな、血筋のせいだと思われます。

でも、ちゃっかり食べるんですけどね。

豆カンも、プリンもガラス容器入りで、持ち帰りが重かったそうです。

そう言われると、これらの容器は容易くは捨てられない感じがします。

何はともあれ、初めてサツキのスイーツを食しましたが、

お高いだけのことはあると感じました。

ケーキ一つ1,000円ってのに自腹を切るのは勇気が必要なので、

今後も自分では買いに行かないかもしれません。

image
プリンは中間ぐらいの柔らかさ。
カラメルがしっかりした味で美味です。


【SATSUKI (サツキ)】
東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階
営業時間 11:00~21:00
定休日:無休
https://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/p-satsuki/


【にほんブログ村】

埼玉県秩父市『小さな洋菓子店 Spoon』がアットホーム感があって好み。

image

国登録有形文化財の「旧柿原商店」と「旧新井商店店舗及び主屋」の間にある『小さな洋菓子店 Spoon』。

本当に小さな洋菓子店です。

テイクアウトが主ですが、屋外にテーブルと椅子が置いてあり、ここで買ったものを食べることができます。

持ち歩き時間に不安がある場合は、ここで食べるのがベターかもしれません。

本来は買って帰るつもりだったのですが、あまりにも魅力的なビジュアルでしたし、

それほど寒くない日だったので、外で食べることに致しました。

image
渋い文化財建築物の間にある小洒落た建物がお店です。

image
ショップの入口は脇にあります。

image
外で食べる際はアイスティーをサービスしてくれると書いてあります。

image
とりあえずは、可愛らしい店内へ。

image
焼菓子や紅茶などが並んでいます。

image
イチローズモルトを使ったチョコを発見!

image
出来立ての金柑とキャラメルのタルトも魅力的。

image
最も目を惹いたのは、こちらのいちごタルト。
めっちゃ良いビジュアルです!


image
しかし、和栗のケーキも捨てがたい。
めっちゃ迷いました。


image
焼菓子も魅力的。14日用に買っておくか迷いましたが自粛。

image
と言いつつ、チョコを購入。
左は母のリクエスト(オランジェット・小 280円)。
右はイチローズモルトを使ったトリュフ(380円)です。


image
外にケーキを運んでもらって、「いただきます」。

image
ふおおおおお~、可愛い~

image
日陰にある席は、ちょいと寒いです。

甘さ控えめでサラリと食べられちゃうタルトでした。

サービスで頂いた紅茶はホット。

とてもいい香りで、美味しかったです。

スタッフはオール女性。

細やかな気遣いが温かいと感じる良いお店でした。

秩父を再訪する際は、必ず立ち寄ろうと思います。

芝桜のシーズンは混むんだろうなぁ。

image
保冷剤をMax入れて貰ってシュークリームを持ち帰りました。
1個200円(税込)!
このシュークリームがウマウマでした。
現地で直ぐに食べたらもっと美味しいに違いない。



image
【小さな洋菓子店 Spoon】

埼玉県秩父市本町3-2
営業時間11:00~18:00
定休日:月曜、火曜
※テイクアウトのみ
https://www.instagram.com/patisserie.spoon/


【にほんブログ村】

日本橋人形町『シュークリー』のシュークリームを行列に並んで入手する。

image

人形町に足を運ぶなら、『シュークリー』のシュークリームは外せない。

ということで、二回目の焼き上がり前に行って並んで参りました。

神田店では買ったことがあるのですが、人形町店では買えたことがありません。

今回はリベンジが叶い、達成感を得ることができました。

image
母に「何個いる?」と訊いたらブイサインだったので、
合計4個購入致しました。
一つだけ購入している人がチラホラ居たので、
会社で食べるのかもね。


image
[シュークリーム @280円(税込)]

2種類ぐらいあった気がしていましたが、1種類だけだったんですね。

ワタクシの記憶のいい加減さを改めて感じた次第です。

シュー皮はかため食感で、クリームもしっかり系。でも軽いです。

今まで食べたものの中でダントツに美味しいか?

と訊かれると悩むところですが、これはこれでアリかと。

相変わらずの行列店なので、イベント感はあるかも。



シュークリー
【Sucre-rie(シュークリー)】

東京都中央区日本橋人形町1-5-5 セントハイム人形町源1F
営業時間 [月~土] 9:30~19:00
定休日:日曜(クリスマス・バレンタイン等除く)
http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13050996/


【にほんブログ村】

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』で週末に使う手土産にギモーヴを選択。

image
右は自分用。

週末、数年ぶりにお会いするかもしれん方に手土産を持参しようと思い、

会社帰りにアヴランシュ・ゲネーに立ち寄って参りました。

マシュマロは得意ではありませんが、ここのギモーヴは大好きです。

image
買ったのはシュー・アラ・クレーム290円とシューキャラメル330円。
※価格は税別

image
タルト・ネクタリン 680円(税別)
激しいお値段ですが、納得できるお味でした。


ここのギモーブはめっちゃ美味しいです。

自分の好みが他人様にも通用するとは思っていないけれど、

手土産が相手の方に気に入っていただけると嬉しいんだけどなぁ。



image
【Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)】

東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A2出口から徒歩2分
営業時間10:00~19:00
定休日:月曜、火曜、不定休あり
※カード類は使えません
https://www.avranches-guesnay.com/


【にほんブログ村】

新宿区築地町『パティスリー サロンドゥテ アミティエ』の8月限定タルトはフィグ。

image

ワタクシが学生の頃、神楽坂にはパティスリーが殆どありませんでした。

ケーキ好きの亡き叔母は伊勢丹までわざわざ買いに行ったものです。

しかし近年、神楽坂には複数のパティシエが店を構え、

いずれも人気店として名を馳せています。

パティスリー・カー・ヴァンソン』とか、『セシル エリュアール』とか。

他にもいろいろありますが、

神楽坂の目抜き通りから外れた場所で営業している点は

『パティスリー サロンドゥテ アミティエ』も同様。

神楽坂駅から江戸川橋方向に向かった住宅街にあります。

image
8月限定タルト
[Caramel Figue(キャラメル・フィグ) 480円]
これは常温でOK。
秋だけでなく、夏にもイチジクの旬があるんですね。


image
[Tartelette Citron(タルトレット・シトロン) 520円]
上に乗っている白い部分はメレンゲです。
酸っぱ過ぎず一つで満足できます。


image
[Pomme à l'ancienne(ポム・ア・ランシエンヌ) 490円]

image
[choucou(シュシュ) 300円(税込)]
生クリームとカスタードクリームをミックスしてあるためクリームが軽いです。
価格が手頃でお持たせに良さそうな感じ。


image
レジに置いてあるのを一つ頂きました。
販売しているものではないので市販品かも?

イートインも可能です。

猛暑のこの季節、イートインをしていく方がラクかもしれません。

ゆえに5分もかからん距離なのに保冷剤を考慮して

持ち帰り時間30分だと申告致しました。

帰宅したら保冷剤がそれなりに溶けていたので、

ちょい長めに申告する方が良い気がします。

タルトの種類が多いパティスリーという印象ですが、

ショートケーキ類もあります。

タルト類は軽くてサクサクしている土台が美味。

この季節限定のメロンのショートケーキがめっちゃショートだった。

外気30℃を超えたら、生菓子系はイートインがいいかも。



image
【Patisserie Salom de the Amitie】
パティスリー サロンドゥテ アミティエ
東京都新宿区築地町8-10 KDXレジデンス神楽坂1F
営業時間[水~日]10:00〜20:00,[月]10:00〜19:00
定休日:火曜
※Suicaが使えます
http://www.patisserie-amitie.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。