sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

コンビーフ

ノザキのコンビーフが新しいパッケージになって減量中。

image
右が新しいパッケージ。2つセットで688円(税別)で売ってました。

新パッケージが3月中旬に流通すると言われていたノザキのコンビーフ。

久々に缶詰コーナーを見たら、確かにパッケージが新しくなっていました。

しかし、なんだか小さくなっている気がする。

帰宅後、缶詰タイプと比較してみたら、確かに減量しておりました。

image
[左]100g、[右]80g

しかも新しいパッケージでは、原材料表記が詳細になっています。

以前は「牛肉」だけだったものが、

「牛肉(オーストラリア又はニュージーランド又はその他)」

という表記に変わっている。

それ以外にも、内容がちょいと変わっているようです。

牛肉の産地が「その他」ってのはザックリしているなぁとは思うものの、

以前の「牛肉」だけの表記よりは踏み込んだ内容で親切なのか?

と思ってみたり。

ワタクシが手にしたもので2023年夏頃まで賞味期限があるので、

やはり防災用に向いていると思われます。

都市封鎖云々と言われている中、

お米やパスタなどの売れ行きが好調ですが、

缶詰類はまだまだ棚に並んでいました。

近所のスーパーでは素麺が大量に残っており、

あまり人気がないようでした。

茹で時間が短くて良いのにとは思うものの、

子供の頃の夏に揖保乃糸(素麺)を食べ過ぎて食傷気味ゆえ、

近年は殆ど(記憶にある限り全く)食べていないワタクシです。

お中元で大量に届く桐箱の一箱分を担当する苦行もしており、

一生分食べた気がします。

コンビーフの担当だったら、複数缶でも喜んでやるのに。

まあ、それぐらいコンビーフが好きです。

念のため、明日、もう少し買いに行っておこうかな。



【にほんブログ村】

ノザキのコンビーフの高額転売が話題ですが。

image

コンビーフの缶詰で真っ先に思い出す「ノザキのコンビーフ」。

開け方が特徴的なあのパッケージを、70年ぶりにリニューアルするそうです。

これにより現在の缶詰が販売終了になると今月公式でツイートされたため、

現在もネットで高額転売がなされおり、話題になっています。

image
缶を開けるネジは、正式名称を「巻き取り鍵」というそうな。

製缶等製造ラインが設備の老朽化で限界になっているのが理由だそうで、

製造は2019年末頃にすでに終了しています。

新しいパッケージは3月16日から発売になるのだとか。

image
既に新しいパッケージが定着している明治屋のコンビーフ

ちなみにウチの近所のスーパーでは、

2缶パックが通常より100円以上安くなっていました。

(メーカー希望小売価格は410円・税別)

思わず買っちゃったよ。

ネットで買うと高額になりそうですが、

スーパーで買うと割安で購入できるっぽいこのコンビーフ。

スーパーでなら今が買い時ぽいし、防災用に丁度良いかもしれません。

ジャガイモと一緒に買って、ジャーマンポテト風にして使っても良いかも。


【にほんブログ村】

埼玉県比企郡小川町『デリカテッセン アーチャン』は種類が豊富で片っ端から買いたくなる小川町の名店です。

デリカテッセン アーチャン

本日は埼玉県比企郡の小川町に居ました。

小川町と書いて「おがわまち」と読む。

東京の神田にある小川町とは読み方が違うんですね。

池袋から東武東上線で多分1時間程度の距離にありまして、

本日、ワタクシは初めてここまで足を運びました。

小川和紙が有名な場所なので、駅近の観光案内所で和紙屋さんの場所を尋ね、

ついでに他の特産品も尋ね、勧められたのが『デリカテッセン アーチャン』。

和紙屋さんから徒歩圏内にあったもんで、ちょいと歩いて行って参りました。

外観は町の小さなお肉屋さん。

惣菜類も売っています。

しかし、まだまだ観光したいもんで、欲張るのは止めておきました。

デリカテッセンアーチャン
揚げ物も人気らしいです。
「ヒレカツ」と「ひとくちカツ」の価格欄が面白い。


デリカテッセンアーチャン
観光案内所で「おもてなしカード」を作って貰い、
1,000円以上購入してそれを提示すると
揚げたてのコロッケが一つ貰えます。
これが熱々でウマウマでした。


デリカテッセンアーチャン
肉まんも美味しそう・・・買って帰るのは根性が要るよねぇ。
潰れそうで。


デリカテッセンアーチャン
小川町では、お好み焼きに入れる定番品が「かたにく」だそうで、
豚肉の背油をカリカリに焼いて(揚げて?)造ったものなんだとか。
具沢山のお好み焼きではなく、
キャベツや葱程度に留めたタネに入れるのが良いとか。
癖のある味なので、好みは分かれるそうです。


デリカテッセンアーチャン
お店の方の知人のイギリス人男性は、
これをビールのあてとして食べるそうな。


デリカテッセンアーチャン
いろいろ購入致しました。
保冷バッグが100円で売っていたので、それに入れて貰いましたら、
家まで冷えた状態で持ち帰ることが出来ました。


デリカテッセンアーチャン
オススメ商品について訊いたら、コンビーフが人気だと教えてくれました。
ゆえに200gほど購入。


帰宅後、ネットを見たら、皆さんコンビーフを絶賛しておられる。

マジかー。これが一番の人気商品だったのかー。

明日はお米を焚くか、フランスパンを買って帰ろうかな。

夕食に自家製チューリンガーを焼いて食べましたが、

とても美味しかったです。

これは他の商品も期待できるかも。

池袋から出かけたくなったら、またここで買い物をしたいです。

そして次回はお惣菜を買ってみようっと。



【デリカテッセン アーチャン】
埼玉県比企郡小川町小川176
(東武東上線・小川町駅から徒歩10分)
営業時間 9:00~19:00
定休日:月曜


【にほんブログ村】

谷中@壱景。

エフナイン
[F9(エフナイン)]
東京都台東区谷中2-5-14
営業時間 10:30~18:00
定休日:火曜
 へび道にあるお店です。
隣の角を曲がった辺りが亀の子束子谷中店。


エフナイン
ランチもやってるらしいです。

谷中
三崎坂(さんさきさか)を上った辺りにある古い長屋。
風情があって良い感じです。

【開運 谷中堂】
東京都台東区谷中5丁目4-3
営業時間 10:30~17:30
定休日:年中無休(夏休み・お正月休み以外)
http://www.yanakado.com/


谷中
「猫衛門」という看板だけあって、何のお店かは分かりませんでしたが、
8月30日にカフェがOPENするそうです。
営業時間 11:00~19:00
定休日:月曜,火曜


谷中
[荻野]
東京都台東区谷中5-2-5
定休日:火曜
http://www.wagashi.or.jp/tokyo_link/shop/1222.htm
昭和38年創業の和菓子屋さんです。


谷中
[tokyobike gallery 谷中]
東京都台東区谷中4-2-39
営業時間:平日11:00-19:00 土日祝11:00-18:00
定休日:水曜,木曜
https://www.tokyobike.com/store.html


谷中
[kokonn(ココン)]
東京都台東区谷中6-3-8
営業時間 11:00〜19:00
定休日:水曜
http://kokonn.net/
次回は入ってみようと思うカフェ&雑貨屋でした。


小倉屋建物
[すぺーす小倉]
享保年間(1716〜1735年)から昭和15年まで営業していた小倉屋質店の建物。
今はギャラリーとして利用されています。
夏季恒例整理休館:7月21日〜9月4日
東京都台東区谷中7-6-8


小倉屋建物
大正時代に建てられた土蔵。

小倉屋建物
文化財に指定されています。

谷中
[香隣舎(こうりんしゃ)]
明治時代の商家で、現在はコミュニティ スペースとして利用されています。


谷中
「まちかど賞」を受賞している建物らしいです。

谷中
[トラモント]
東京都台東区谷中7-17-11
ランチ営業時間 12:00~14:00(13:30L.O.)
※火曜日のランチは休み
定休日:月曜


朝倉彫塑館
[朝倉彫塑館]
東京都台東区谷中7-18-10
http://www.taitocity.net/taito/asakura/


谷中
手前が「大沢銅壷店(銅菊)」、右側が「吉川錻力(ぶりき)店」。
東京都台東区谷中5-11辺り


谷中
東京都台東区谷中7丁目18-13辺りの露地。
奥の呑み屋に心惹かれます。


コンビーフ
「コシヅカハム」の自家製コンビーフ。
TVなどで何度も取り上げられて大人気だそうで、売り切れることもあるそうな。

【千駄木腰塚】
http://www.koshizuka.jp/


コンビーフ
肉の繊維は長め、太め、シッカリめ。
これはお土産に喜ばれそうです。
(1,000円余裕で超えるお値段だけど)




何度訪れても新しい発見(または新しいお店)がある谷根千界隈。



大人気エリアなのも納得です。



美味しいものもいっぱいあるし、そもそもカフェが多いし。



休憩する場所が(ただし路地裏に)沢山あるのが有難いですね。



達人にはなれませんが、これからも散歩し続けたいと思う界隈です。




【にほんブログ村】

コンビーフは非常持出袋に一つは入れておきたいよね。

コンビーフ
従来の缶詰から“新容器スマートカップ”にコンビーフが変わったらしい。
電子レンジOKで、当たり前だが缶よりも軽い。
2012年9月13日より東日本エリア(北海道,東北,関東)限定で先行発売中。
缶詰と同様の賞味期限(3年)を保持。


先月でしたっけ。


神奈川でとても珍しい“幽霊イカ”が大量に発生し、


初めて捕獲されて水族館入りしたってニュースが出たのは。


そんなこんなで、


近日中に千葉辺りに大きな地震が来るとかナントカいう噂(予言)もあったり。


もう、いいわ、地震。


体力的に“そっとしといてー”な気分。


でも、一応、紙類(トイレットペーパーやティッシュペーパー)はストックしといた。


で、通勤鞄には防寒グッズも入れておいた。


んでもって本日、近所のスーパーで珍しいコンビーフを発見した。


缶じゃなくて、加熱可能なパック。


開けるのもラクだし、捨てるのもラク。


軽いから非常持出袋に入れておくのもアリかと。


意外と便利なアイテムかも。


って、これは通勤鞄には入れんけどな。


通勤鞄にはおつまみ昆布を入れてある。←胃で膨れるから


備えあれば、とりあえずの憂いなしってことで。




【にほんブログ村】

銀座1丁目『おいしい山形プラザ』でBESTコンビーフを買ってみた。

コンビーフ
[日東ベスト Bestコンビーフ 380円]
日東ベストのサイトで買ったら280円/個、楽天だと389円/個。
肉!!って感じのコンビーフです。
原材料:牛肉,食用油脂,食塩,ゼラチン,砂糖,寒天,調味料,カゼインNa,酸化防止剤,発色剤


山形県寒河江市にある日東ベストは、


国産のコンビーフ缶詰を初めて開発したメーカーで、


コンビーフ缶詰でのシェアは4割を占めるそうです。


OEMでノザキから発売されているコンビーフも作っています。


日東ベストが作った国産コンビーフ第一号は“瓶詰”のもので、


コップ型のガラス瓶と、内側にゴムリングをはめたブリキ製の蓋でできた


「アンカー瓶」だったそうです。


ってことはともかく、


おいしい山形プラザ』で日東ベストのコンビーフを買ってみました。


実はワタクシ、コンビーフ好きです。


非常食として常備していないと不安。


非常時には絶対持っていたいアイテムです。


(同様にビーフジャーキーも必需品)


日東ベストのサイトを見たら、


「マヨネーズやからし醤油などをつけてお召し上がりください」


とありました。


確かにコンビーフとマヨネーズの相性は最高かと。


ワタクシは鬼ほど胡椒を入れるけどな。


これを食べるときは、からし醤油で食べてみよーッと。


それにしても、


おいしい山形のキャラクターのペロリンがちょっと微妙~で気になる。



【にほんブログ村】

コンビーフは“ニュー”じゃなくて良いと思うの。

コンビーフ(corned beef)とは牛肉を塩漬けにした食品。

本来は船などで保存食料として使うための

粗塩(corn)で塩漬けにした牛肉のことを言うそうです。

そうか。

野崎ブランドのコンビーフの方が元祖(第1号)なのか。

コンビーフ
ワタクシ的にはコンビーフは明治屋。


非常食といえばカンパンとコンビーフだと信じているワタクシ。

って、カンパンは買ってないけどな。

コンビーフとビーフジャーキーを常備していますが、

どんだけ肉好き!? って感じ。

普通の肉の塊は苦手ですが、加工品は大丈夫なんです。

ちなみにワタクシが主にしているコンビーフの食べ方は、

マヨネーズ少々とコショウ大量と混ぜたものをパンに付けてトースト。

お弁当には玉子焼きの具として使っていたなぁ(母が)。

子供時代はコンビーフは高級品でした。

って、今も高いと思うけど。

今回ゲットした非常用コンビーフの賞味期限が切れるまで

出番がなければ良いけどなぁ…。




【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。