sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

カフェ

台東区松が谷『Up to you coffee』のラテアートを見たくてまたまた再訪。

image

本日は母と『Up to you coffee』にやって参りました。

現在は密集を避けるために店内利用が1時間ほどに制限されていますが、

珈琲を飲むなら十分だとも思えます。

母の分共々一秒の躊躇も無くホットのラテ(大きいサイズ)を注文。

母には浅炒りを、自分には深入りを選択。

デザートも迷わずパンナコッタを選択致しました。

image
今日のラテアートも可愛い。
母のラテアートは火の鳥(たぶん)でした。

image
クマだけが残ったラテアート。
崩れないところが本当にスゴイと思う。

image
今回もグレープフルーツが乗ったパンナコッタにしました。
母にはぶどうのパンナコッタを選択。

TX浅草駅からはそれなりに歩くのですが、

個人的にはまた来てよかったと思えました。

ではこれから合羽橋でキッチン用品を物色したいと思います。

今日の目的はガラスのボウルだけれど、見つかるかなぁ。

image
ガラスのボウルは見つからなかったけれど、
必要だと思っていたガラス容器は入手できました。



image
【Up to you coffee】

東京都台東区松が谷2-31-11
通常営業時間9:00~19:00,[土日祝] 8:00~19:00
※COVID-19の影響で当面の間は10:00~18:00の営業
定休日:不定
https://www.instagram.com/uptoyoucoffee0219/
https://www.facebook.com/pg/uptoyoucoffee0219/posts


【にほんブログ村】

文京区湯島2丁目『サカノウエカフェ』のかき氷をようやく食べられた。

image

本日は通院day。

絶対に食べる!という強い意志を持って『サカノウエカフェ』にやって参りました。

ここは若い人に人気の、ほわほわした食感のかき氷で有名です。

ほわほわなので、ワタクシでも完食できます。

大人気ゆえに待ち時間も長く、記帳してから「だいたいの時間」に戻って来るシステム。

店内はそれほど広くはありませんが、供せるスピードには合致した広さだと感じます。

ワタクシはちょっぴり早めに戻って参りましたが、前の人たちが戻っていなかったため、

入店することが叶いました。

image
カマンベールチーズとベリーが乗った
「カマンベリーパンダ」がフォトジェニックで気になりましたが、
提供リミットが昨日までとある「モモモッツアレラ」を選択しました。

image
料金は入口で先払いするシステム。
電子マネーはPayPayのみ対応。

image
モモモッツアレラ 1,500円(税込)

image
桃のコンポートとモッツァレラチーズが乗っております。

image
見るからに軽そうなかき氷で良いですねぇ。

image
中にも桃とモッツァレラチーズが入っています。
食べ進めるとクラッシュしたハイビスカスジュレも入っていました。
宝探しのようだ。

image
付いている桃のシロップを掛けると、より桃感が増します。


image
テイクアウトで「ももソーダ」も頼んでみました。
家に着くまで氷が残っていたので、
良い氷を使っているんだなぁと感心しました。

スタッフさんは、にこやかでフレンドリー。

とても感じが良いお店です。

美味しいし、可愛いし、楽しいし、居心地も良いというかき氷店。

そりゃ人気になりますわ。

来てよかったです。

暑かったけど頑張って良かったぁ。



image
【サカノウエカフェ】

東京都文京区湯島2-22-14
営業時間 11:00~18:00
※記入台帳は10時に出ます
定休日:月曜、不定
http://sakanoue-cafe.com/


【にほんブログ村】

神楽坂『HASABON』の隠れ家カフェでランチとデザートを頂く。

image

またまた隠れ家的日本茶カフェ『HASABON(はさぼん)』にやって参りました。

今日は予約が結構入っているらしく、隙間に潜り込んだ感がありました。

一週間弱ぶりの訪問でございます。

今回は軽くランチを頂き、その後、Facebookで見た和菓子を頂きたいと思っておりました。

これまたギリギリで和菓子にありつくことが出来、大変ラッキーでした。

image
「本日のランチ」も捨てがたいものの、
デザートを食べるので控えめにしておきました。 

image
バルサミコ酢が掛かった有機野菜のサラダ。ちょい苦い。

image
有機野菜を使ったビーフストロガノフ。
ワタクシには真似できない味だと感じました。

image
玄米が良い仕事をしています。
オーブンでちょっと水分を飛ばしているのかしら?
汁気を含むと良い感じになります。

image
Facebookで見て気になっていた和菓子作家・あさ貴さんの和菓子。
両方あったので見せて頂きました。

image
そのうち、スイカを選択しました。
「スイカ割をしてください(笑)」と言われ、「確かに!!」と納得。

image
スイカ割後の姿はこんな感じです。
練りきりの味がスイカって初めて食べました。

image
「プラムの冷たいスープ チーズ入りスムージーを浮かべて」
ワタクシはこれが激烈気に入りました。
酸っぱくってさっぱりしていて美味!!

大満足のランチタイムでございました。

我々が出る頃には、若い娘さんたちが路地をやって来ていたので、

人気に火が付いているのかもしれんなぁと思えました。

次回は「本日のランチ」をビール付きで楽しみたいと思います。

そして、デザートも!

image
席数は多くないので土日祝日は予約しておく方が良いかも。


image
【HASABON】
破沙盆(はさぼん)

東京都新宿区横寺町30 神楽坂茶ノ木テラス1F
営業時間 11:00~23:00(LO. 22:00)
※COVID-19による東京都の要請で22時close
定休日:水曜
https://www.hasabon.com/
https://www.facebook.com/HASABON/


【にほんブログ村】

神楽坂『HASABON』の隠れ家感とアート感がツボ過ぎた。

image

前回、プリンを買いに来た際に発見した隠れ家的店舗『HASABON(はさぼん)』。

近付いてみたものの、人の気配を感じずにそのまま帰宅したのですが、それ以来、ずーーーーーっと気になっておりました。

それを母に言ってみたら興味を持って貰えたので、ランチ後に行ってみました。

隠れ家感が半端ないので、そーっと引き戸を開けると、外観からは想像できない内装に先ずは驚き、着席までに期待が高まります。

オープンしたのは今年の4月1日だったそうで、テイクアウトメニューがあったようなので、試せばよかったとプチ後悔。

平日だからか直ぐに着席できましたが、席数は多くないので、人気が出れば入れない率が急上昇しそうです。

image
一皿1,000円のデザートの内容は日によって変わるっぽい。 

image
Facebookで見て気になっていた和菓子作家・あさ貴さんの和菓子。
一つだけ残っていると伺ったので見せて頂きました。

image
第三十六候「大雨時行(たいうときどきにふる)」
にちなんだ和菓子だそうです。
強い雨に打たれ、土を跳ね上げる大地を模しているっぽい。

image
日本茶は5種類の茶葉を選ばせて貰えます。
今回は島根県の「はま茶」(右上)を選択しました。

image
お茶に付いているお菓子2品。
左がそば茶を使ったブランマンジェとのことで、
こういう物が大好きな母に食べて貰いました。

image
「桃のコンポートをのせた赤ワインのグラニテ」

image
これがウマウマでして、
母がものごっつい気に入って興奮していました。

image
ワタクシのツボを刺激するカップ&ソーサー。

image
誰の作品なんだろう?
欲しい。

image
最後の一つと言われた和菓子を頂きました。
アートですなぁ。

一つ一つに拘りを感じて、刺激的でした。

次回は是非ともランチを試してみたいです。

Facebookを確認すると、ランチもディナーもアーティスティックっぽいんです。

味がめっちゃ気になるわぁ。

テイクアウト商品もあるので、一度プリンをテイクアウトして帰るのも良いかも。

オススメしたいような、隠しておきたいような、複雑な気持ちにさせてくれるお店です。

image
こちらは裏側。



image
【HASABON】
破沙盆(はさぼん)

東京都新宿区横寺町30 神楽坂茶ノ木テラス1F
営業時間 11:00~23:00(LO. 22:00)
※COVID-19による東京都の要請で22時close
定休日:水曜
https://www.hasabon.com/
https://www.facebook.com/HASABON/


【にほんブログ村】

台東区松が谷『Up to you coffee』のラテアートがやっぱり凄い。

image

自粛期間中に出会った『Up to you coffee』というカフェを再訪したくて、

空いている可能性に期待してかなり早い時間に行って参りました。

現在は密集を避けるために店内利用が1時間ほどに制限されていますが、

ササっと注文してササっと退店したので、

所要時間は数十分も掛かっていないと思われます。

今回もラテアートに期待して、ホットのラテを注文。

しかも大きいサイズにしました。

豆は浅炒りのフルーティーなタイプを選択。

珈琲豆についての造詣が浅いため、質問しながら注文致しました。

誰も居なかったから出来た所業かと思われます。

供された珈琲はとてもマイルドで、ほの甘く、大変美味しゅうございました。

ここではデザートも美味なので、迷わずパンナコッタを合わせ買い致しました。

image
グレープフルーツのゼリー&パンナコッタ。
ウマウマです。3個ぐらいは食べられそうです。


image
本日のラテアート。
そういえば今日から8月なんですね。
これを見て再認識しました。
COVID-19に振り回され続けて7カ月経過かぁ。


image
ここまで飲んでも崩れないアートが凄い。ほんと凄すぎ。

ここに来るとスゴイという言葉しか出ません。

プライドを持って珈琲を淹れているため、

不味いわけがないって空気も好きです。

安心して珈琲が飲めると言うか。

季節柄アイスコーヒーを頼む人が多いようですが、

ワタクシはアート見たさに汗だくなのにホットを注文しました。

これからもホットを注文し続けると思います。

すっごく癒されたし、美味しかったし、満足したし、

テンションが上がったところで、

合羽橋でキッチン用品を物色したいと思います。

レッツゴー。



image
【Up to you coffee】

東京都台東区松が谷2-31-11
通常営業時間9:00~19:00,[土日祝] 8:00~19:00
※COVID-19の影響で当面の間は10:00~18:00の営業
定休日:不定
https://www.instagram.com/uptoyoucoffee0219/
https://www.facebook.com/pg/uptoyoucoffee0219/posts


【にほんブログ村】

新宿区神楽坂3丁目『神楽坂 茶ぽん』という日本茶カフェが2月にオープンしたらしい。

image

ドラッグストアで買い物をしたあとで本多横丁を通ったら、

新しいお店ができているのを発見しました。

日本茶で勝負しているお店のようで、テイクアウト対応もしているっぽい。

気になったので入ってみることにしました。

image
わかり難いですが、カウンターの向こう側は畳敷きになっています。
店主が座して接客するためか、独特な雰囲気。

入店してみたら先客がおらず、雰囲気も良かったので、

テイクアウトではなく、ササッと店内で飲んでいくことにしました。

店主の御父君が八女のお茶農家をされているそうで、

メニューも八女茶が多いように見受けられます。

店主は若い男性で、近くの飲食店でアルバイト経験があり、

神楽坂に土地勘があったのでここに出店したとのこと。

お茶を淹れる腕前については、

京都で開催された玉露を淹れるコンテストで三位になったそうです。

入店前は近所の静岡茶を扱うお店が出店したのかと思っていたのですが、

ここで扱っているのは福岡の八女茶なので関係ありませんでした。

image
本日のセレクト茶(時価)は台湾台中市の金萱茶(※)
中醗酵で香りが独特。嗅いだ時に、きんぴらごぼうを思い出しました。
後から紅茶の味に落ち着くという不思議なフレーバーです。
店主が台中にある茶農家まで買いに行ったのだそうな。
※たぶんそう聞いた気がする


image
ほうじ茶と桜のマカロン 450円
ほうじ茶の餡がさっぱりしていてなかなか良い味でした。


image
右手の湯呑(茶器)は佐賀県嬉野市で作られているものだそうです。

image
2煎目に供されるフルーツティーには、
この時期ならではの苺が入っていました。
温かい苺を食べることになるので、
お茶を飲み干す前に食べる方が口がさっぱりして良いかも。

ご近所のおばあちゃまが、ふらっと入って来るようなお店のようです。

神楽坂で日本茶を座って味わえるお店はレアでして、

貴重だなと感じました。

若い女性たちがキャッキャできる場所ってことでもなく、

静かにお茶と香りを愉しむ、という感じのお店です。

この日選んだお茶とお菓子で、総額1,430円(税込)。

複数の電子マネーにも対応しているようですが、

現金で支払っちゃいました。

5%還元ならず。

それにしても、ここは居抜きっぽいのですが、

以前のお店が思い出せない。

小料理屋さんっぽい外観だけれど、入ったことが無いからなぁ。

神楽坂のお店の移り変わりは早すぎて、

ちょいちょい記憶がブレる感じがするワタクシです。



image
【神楽坂 茶ぽん】

東京都新宿区神楽坂3-2 KI大宗ビル1F
営業時間 10:00~16:00,[土日]11:00~19:00
定休日:火曜
※Suicaが使えます
https://www.facebook.com/kagurazakachapon/
http://kagurazaka-chapon.favy.jp/


【にほんブログ村】

台東区松が谷『Up to you coffee』のラテアートが凄すぎるうえに美味過ぎる!

image

包丁で葱が切れないという事態に見舞われたため、

早朝から合羽橋に研ぎ器を買いにひとっ走り行って参りました。

しかし早く着いたため研ぎ器を売るお店は開店若干前でして、

時間つぶしにカフェに立ち寄りました。

その道では有名らしい『Up to you coffee』という小さなカフェです。

早いので店内には誰もいません。

ゆえに換気の良い入口付近で腹ごしらえすることができました。

マスターはラテアート世界3位で、日本チャンピオンのバリスタさん。

そうなんだ~

程度に軽く考えておりましたが、出てきたラテを見て驚愕致しました。

image
ワタクシ経験史上最高のラテアートだと言えます。

image
味も最高に美味しいし、ラテアートもスゴイし。
「なんじゃこら~っ」て感じです。
めっちゃ感動する一杯でした。
ラージサイズで700円だったと思う。


image
しかも飲み干すまでラテアートが崩れません。スゴイ。

image
桜あんのエスプレッソティラミスは、700円だったと思う。
ぼちぼち終了するメニューだそうです。
なんか凝っていて色んな食感で美味でした。

スゴイという言葉しか出ないです。

ラテアートを見た途端に、語彙力がデリートされる感じです。

時勢ゆえ、フェイスブックを見ると色々と葛藤されて居られるようで、

ワタクシ的にも、この一杯の重みを感じました。

テイクアウトもやっておられますので、

ご近所ならば散歩がてらに買って行かれる方も居られるんだろうなぁ

と想像いたしました。

この騒動が落ち着いたら、改めてゆっくりと滞在したいと思うお店です。

癒しの一杯でした。

ごちそうさまでした。

image
通気のため入口の扉は解放され、奥では換気扇が回されています。
とても気を遣って居られると感じました。


image
テイクアウトだと価格は安くなります。


image
【Up to you coffee】

東京都台東区松が谷2-31-11
営業時間9:00~19:00,[土日祝] 8:00~19:00
定休日:不定
※現在COVID-19の影響で時短と不定休になっています
https://www.instagram.com/uptoyoucoffee0219/
https://www.facebook.com/pg/uptoyoucoffee0219/posts


【にほんブログ村】

文京区春日『COMME D'HAB(コム ダブ)』という小洒落たベーカリーが良い感じ。

image

近場で散歩がてら買いに行けるベーカリーはないものか?

そう考えてマップを見たところ、こちらのお店を発見しました。

ある種、本日の散歩の目的地です。

店主ご夫妻に小さなお子さんが居られるからか、

子供連れ可、なお店でもあります。

2017年10月にオープンしたようですが、まだまだ新しい感のある内装でして、

若い方が好みそうなベーカリーだなと思いました。

パンはいずれも美味しそうで選択に迷う。

片っ端から買いたくなる雰囲気でした。

image
撮影許可を得てパシャリ。
買ったものの名前が覚えられないお年頃なのです。


image
デニッシュ系が多いですね。カロリーはこの際無視ってことで。

image
母が好きなクロッカンは一種類ずつ購入。それぞれ340円(税別)です。

image
右側のフィグの誘惑が半端なかったものの、一気に買っても食べられない。

image
火曜日はパンはなく、パスタランチが食べられるようですね。

image
イートインスペースもあります。
オヒトリサマでも気兼ねなく利用できそう。


image
限定品のカツサンドはクルミ入りのパンと柔らかいカツ、
甘過ぎないソースが渾然一体となったウマウマな一品です。
これで満腹になっちゃいます。


image
[焼き苺(あまおう)のチョコスティック 260円(税別)]

image
[ベリースティック 260円(税別)]

パンについて多くを語れる知識も味覚も無いワタクシですが、

ここのパンはクオリティが高いんじゃないかな。

そんな気配がビシビシ致します。

っつーか、美味しい。

現在、肋骨にヒビが入って悶えまくっている母ですが、

元気になったらココまで散歩することを強く勧めておきました。

痛みに容赦の無い娘、それがワタクシなのです。



image
【COMME D'HAB(コム ダブ)】

東京都文京区春日1-7-12
営業時間[水~金]8:00~, [土日]10:00~, [火]11:00~
※それぞれ売り切れ次第終了
定休日:月曜、祝祭日


【にほんブログ村】

江東区平野1丁目『fukadaso cafe』は築50年のアパート兼倉庫を再利用した雰囲気のあるカフェ。

image

深田荘というアパート兼倉庫を改装した一階にある『fukadaso cafe』。

撮影やイベント等の場所貸しも行っているという人気カフェです。

珈琲やパンケーキなどしかありませんが、オープンは13時。

ブランチをしてから来るか、先に珈琲を飲んでからランチをしに行くか、

そんな感じのお店です。

最初にレジカウンターで注文と支払いを済ませてから席へ。

image
開店前から行列ができます。

image
珈琲はタップリめですが、味は普通。

image
プレーンパンケーキ。
味も硬さもシンプルです。


image
ここではリノベーション手法を見るべきか。

image
小物の販売もやっているっぽい。

image
テーブルに置かれた小物。フクロウの目力が凄いです。

飲食内容はごく普通ですが、居心地の良いお店です。

ただし、外で待つ人々が多いので、長居は申し訳なくて若干落ち着かない。

トイレは裏口を出たところにあり、そのリノベーション内容も面白いと感じました。

いろいろ勉強になるなぁと思ってパンケーキを口に運んでいたワタクシです。

若い方に人気のようで、ワタクシが年齢層を押し上げているのか?

と思わなくもなかったです。

リノベが気になる方には必見のカフェかも。



image
【fukadaso cafe(フカダソウカフェ)】

東京都江東区平野1-9-7
営業時間 13:00~18:00,[金]13:00~21:30(21:00 L.O)
定休日:火曜、水曜
http://fukadaso.com/cafe.html


【にほんブログ村】

江東区清澄3丁目『カフェ清澄』で散策初っ端から小休憩。

清澄白河
[旧東京市営店舗向住宅]
関東大震災後の復興事業の一環として
旧東京市が昭和3年(1928年)に建てた店舗付き住宅。
清澄通りに沿って約250mもの長屋が続いています。

清澄通りにある旧東京市営店舗向住宅は約80年前に作られた建物群ですが、

今は人気のショップやカフェがリノベーションして利用しています。

その端の方にあるのが『カフェ清澄』です。

清澄通りに面して開口部を大きくとり、

反対側の清澄庭園児童公園部分側の開口部は高い場所にあります。

小ぢんまりとした居心地の良いカフェです。

喫茶店に近いカフェという感じも、居心地の良さの一因かもしれません。

image
シンプルな店舗入口。

image
本や雑誌のセレクトも興味深いです。

image
清澄庭園児童公園部分側の開口部に得られた借景。

image
ここでは豆乳ラテを頂きました。

ランチ時にはおにぎりがあるようで、それも人気っぽい。次回は要チェックかな。

一人でも入りやすいカフェなので、清澄白河界隈の散策途中の休憩に丁度いいかも。




Cafe 清澄
【カフェ清澄】

東京都江東区清澄3-3-31
営業時間 11:30~18:00
定休日:月曜、火曜、水曜
https://www.facebook.com/kiyosumi3331/


【にほんブログ村】

埼玉県秩父市『あめつちまにまに』というヴィーガンスイーツのカフェでケーキとハーブティーを頂く。

image

秩父といえばカフェ文化? ってなぐらい人気カフェが多いような気がします。

そのうちの一つが、『あめつちまにまに』。

乳製品や卵を使わない100%植物性のヴィーガンスイーツを取り扱っているので、

どちらかと言えば女性人気が高いかも。

他にも気になるカフェがあったものの、近くに居たし、駅まで近いしってことで、

こちらで休憩をすることにしました。

image
151年にもなるという古民家を改修しているそうです。
151年前と言えば、明治2年。
明治2年の民家はこんなに立派だったのか!?


image
リノベーションされていて、天井板は取り外されています。
屋根部分の構造がよく分かる。


image
枯れ枝さえもオシヤレだと思わせる何かが古民家にはあると思う。← 大袈裟

image
季節のケーキ(この日は)と
「アメツチ」という同店オリジナルブレンドのハーブティーを頂きました。


image
秩父の蜜柑を使った甘さがものごっつい控えめなケーキ。

「絶対菜食主義者」という意味のヴィーガンですが、

ベジタリアン(菜食主義者)とは明確に違うそうです。

ヴィーガンは肉、魚、卵、チーズ・バター類、蜂蜜、ゼラチンなども一切口にしませんし、

衣類と生活に於いても、動物性の素材を一切使用しないのがポリシーなのだとか。

革製品やウール、シルクの衣類や、洗剤や化粧品なども動物性のものは使わないそうです。

ワタクシには無理な生き方ですが、貫く人はある種凄いなぁと思います。

まあ、そういうヴィーガンについてプチッと体験できる施設として、

面白いカフェだと感じました。

ハーブティーはなかなかに美味しかったです。



image
【あめつちまにまに】

埼玉県秩父市上町1-7-25
営業時間 13:00~18:00
定休日:月曜から金曜
https://www.instagram.com/ametutimanimani/
https://www.ametutimanimani.com/


【にほんブログ村】

新宿区三栄町『TORANOKO Roasted Coffee & Sweets』のプリンがオススメだと言われたので行ってみた。

image

カフェ好きな千葉県民Tがオススメだと言うもんで、

四谷三丁目の『TORANOKO Roasted Coffee & Sweets』に行って参りました。

ここではプリンがオススメだと千葉県民Tが言うもんで、

他のメニューを見ることもなくそれを選択しました。

千葉県民Tがお好きなプリンは昔ながらのタイプでして、

なるほど、彼女の好きそうなプリンだなとひと口食べて思いました。

image
カフェオレとプリンを注文して1,130円(税込)。

image
たまごたっプリン 430円だったかな?

豆とローストに拘りのあるこちらのお店では珈琲を頼むのが正解っぽいのですが、

タップリ飲みたいという希望があったのでカフェオレにしました。

双方、ホットとアイスを選択できます。

カフェオレに使用している牛乳はしっかりと牛乳味。

苦みのある珈琲と相まって、なかなか大人の味でした。

プリンが甘さ控えめっつーか、カラメルの苦みがあるため、

別途砂糖が欲しいかなと感じます。

疲れているのかな。

男性好みの味だろうなと思ったら、お客さんの男性率も高かったです。

四谷界隈で、こだわりの珈琲が飲みたくなったら、

ここはなかなか良いお店かもしれません。




image
【TORANOKO Roasted Coffee & Sweets (自家焙煎珈琲豆販売)】

東京都新宿区三栄町18 寿ビル1F
営業時間 10:30~18:00
定休日:不定(Twitter要確認)
※Suicaなどの電子マネーが使えます
http://site-1214852-4032-2769.mystrikingly.com/


【にほんブログ村】

静岡県富士宮市『モウデルコーヒー』のホットドッグがなかなか美味しかった。

image

富士山麓の湧水を使用して淹れたという珈琲が人気の『モウデルコーヒー』。

道を挟んだ向かい側にある浅間大社に参拝した後で、

ちょいと立ち寄って参りました。

イートインスペースというか、イートアウトスペースというか、

雨天や荒天時にはテイクアウトonlyになるんだろうなと思われるカフェです。

普段はワンオペでやっているそうですが、この日は初詣客が多いからか、

二人体制で営業されていました。

天気も良いし、冬だけど暖かいし、丁度良いカフェタイムとなりました。

image
舗装されていない敷地にコンテナがポツンとあります。
ウッドデッキにテーブル席あり。


image
ワタクシはカフェラテを選択。芸が細かい。

image
母は「あんドーナツ 150円」をセレクト。
母は気に入ったと申しておりました。


image
ワタクシが選んだKINTONパイ 250円。
クリーミーな餡で大変美味しかったです。
「きんとんパイ」って富士宮の名物(?)らしく、
学校給食にも出るほどなんだとか。


image
ちょっと歩くので小腹を満たしておこうと思い、ホットドッグも注文。
安いですね。

image
[ホットドッグ 380円]
パンがカリカリでソーセージがパリパリで、なかなかウマウマです。
富士宮を再訪したら、また食べたいと思うレベル。

超軟水で淹れているからか、珈琲はまろやかで癖のない味です。

さらりと飲める感じ。(がぶがぶ飲めるとも言う)

好みは様々でしょうが、これはこれでアリだとワタクシは思いました。

眼前のロケーションは開けているし、

日によっては富士山も見えるだろうし、

爽やかな良い場所でした。

また行きたい。

image
道を挟んだ向かい側にある公園は
土木学会のデザイン賞奨励賞を獲得しているらしい。


image
店の前にある神田川の、富士湧水の潤沢な清流。



image
【Model Coffee(モウデルコーヒー)】

静岡県富士宮市大宮町4-3 浅間大社ふれあい公園前
営業時間9:00~16:00
定休日:火曜
※2020年1月6日(月)は休みらしい
https://modelcoffee.jp/


【にほんブログ村】

丸の内1丁目『ソルト ウォーター テーブル 大丸東京店』で母とゆるゆる過ごす。

image

本日は、東京駅に居りました。

新年の一般参賀に行く人が多いのか、はたまた駅伝帰りなのか、

東京駅は今日も大混雑。

人の間を縫うように進み、大丸東京店に入りました。

東京大丸なのか、大丸東京なのか、

毎度口にする際に迷うワタクシです。

今日が初売りだからか、デパート内も混雑しておりましたが、

残り物の福袋を冷かしながらセール品などを見ておりました。

結果としてあまり買い物はしなかったのですが、

見過ぎていろいろと買った気になっておりました。

で、少々座りたいと思い、穴場のカフェにやって参りました。

ここはカウンター席がオススメでして、窓から八重洲を見下ろせるのです。

朝はおせち料理の残りを食べたのでそれなりにお腹が膨れておりましたが、

まったり過ごしたいがために、チーズケーキを注文しました。

image
[NYチーズケーキ 917円(税込)]
しっとりしていて食べやすいチーズケーキです。


image
+410円で、ドリンクセットにして珈琲を選択。

image
窓から八重洲の地上45階の超高層ビルが建つ工事現場が見えます。
完成は2027年を予定。
ここに中央区立城東小学校のほか、
高層階には日本初進出のブルガリのホテルが入るそうです。

工事現場を見ながら、まったり過ごすのには丁度良い場所ですが、

珈琲の味にはあまり期待しない方が良いかも。



【Salt Water Table(ソルト ウォーター テーブル)】
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店6階
営業時間 [月~水,土,日]10:00~20:00,[木・金(祝日を除く)]10:00~21:00
定休日:大丸東京店に準じる


【にほんブログ村】

日本橋2丁目『山本山 ふじヱ茶房』でかなり遅めのランチとお茶を堪能する。

image

ランチタイムを過ぎているかもなぁという時間帯に

『山本山 ふじヱ茶房』にやって参りました。

ちょい小腹を満たしたかったのです。

ここでは日本橋長門の和菓子が頂けるので、

それも一緒にオーダー致しましたので、

かなり長々且つゆったりとランチ&お茶時間を楽しめました。

image
[海苔膳]

image
煮物の小鉢がなかなか美味しい。

image
海苔の佃煮っぽいものが三つも付いています。
ゆえにご飯のお代りは一杯だけOK。


image
お吸い物にも海苔が入っています。

image
日本橋 長門の季節の和菓子は殆ど残っていませんでした。

image
口直しの海苔煎餅。

image
川根茶の一煎目。
香りがよく、甘みがある一杯目です。


image
二・三煎目は渋みがあって五臓六腑に沁みます。

入店とともに鼻腔をくすぐるお茶の香り。

ヒーリング効果がありそうで、居心地が良いです。

ちょいとお高い気がしますが、

三煎もお茶を飲めるなら安いかもしれん。

淹れ方も眺められたし、楽しかったです。

たまには、こんな大晦日も良いよね。

image
かなり立派な鏡餅がありました。



image
【山本山 ふじヱ茶房】

東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋三井ビルディング1F
営業時間 10:30~20:00
定休日:不定
https://www.yamamotoyama.co.jp/index.html


【にほんブログ村】

岩手県盛岡市『豆と喫茶 waltz』というお洒落建物のオシャレ空間カフェ。

image

盛岡信用金庫本店(旧盛岡貯蓄銀行)の裏側にあるのが『豆と喫茶waltz』。

下見張りの外壁が特徴的な白い建物の一角にあるカフェです。

小ぢんまりした広さの店内ですが、パーソナルスペースは広め。

落ち着きがあり、なかなか穏やかな時間が流れるお店です。

2019年10月8日にオープンしたばかりらしいです。

店名からしても珈琲豆にこだわっているようで、焙煎機がありました。

image
店内は無垢のくるみ材だらけ。この看板もそうなんだろうなぁ。

image
寒いエリアなので、水の代わりにお白湯が出るんですね。
テーブルは無垢のくるみ。


image
珈琲の種類はいろいろあれど、
甘いものが欲しかったのでウィンナーコーヒーを選択しました。
ほどほどに美味しい。


image
母が興味を示したのでスフレチーズケーキもオーダー。

道の突き当りは、創業明治40年になる「わんこそば」で有名な東家本店。

趣ある建物なので、フォトジェニックなエリアだと思えます。

ワタクシには技術がないので、いい写真は撮れないんですけどね。

なにはともあれ、『豆と喫茶 waltz』はホッとするお店でした。

image
[東家本店]
中国人観光客の方々が店前で記念撮影に興じていました。
外国人観光客にも有名なお店なんですね。



image
【豆と喫茶 waltz】

岩手県盛岡市中ノ橋通1-3-21
営業時間[月~土]9:00~19:00[日・祝]12:00~18:00
定休日:木曜、第4水曜


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。