sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

オーベルジュ

富山県南砺市『里山のオーベルジュ 薪の音』の朝食に癒される。

南砺市



静かだし、寝心地の良いベッドだし、とてもリラックスして目覚めた朝。


そんな朝から美味しい食事ができるとあれば、歯を磨くのもウキウキしますな。


最も早い8時にお願いして、別室にてガツガツと頂いて参りました。


薪の音
地元産のフジ林檎を使った濃厚なジュース。
香りがいいです。


薪の音
これまた地元産の牛乳。

薪の音
山芋を蒸したもののあんかけ。

薪の音
煮物。いいお出汁でございます。

薪の音
食べたかった出し巻き卵。
甘くないのがグッドです。


薪の音
五箇山の豆腐と「よごし」。

薪の音
太刀魚の蒸し物。

薪の音
太刀魚の中に葱が入っています。

薪の音
なめこのお味噌汁。

薪の音
炊き立ての富山米。安定の美味しさです。
もちろんお代わりしました。


薪の音
ご飯の友は4種類ありました。
右側はブリの頭の部分のそぼろ。


薪の音
とろとろの昆布の佃煮と、じゃこ。

薪の音
自家製の梅干までは手が出せませんでした。

薪の音
白ごまのブラン・マンジェ。
濃厚なゴマ味でセサミン摂取感が半端ないです。


薪の音
美味しい緑茶。九谷焼の器もいいですね。



本日はしとしとと雨が降っています。


こういう日に、ここでお篭もりするのもいいかもなぁ。


次回は早めに宿に入り、朝昼晩と料理を堪能できたらいいなぁと思います。


また来たい。


フランスのグルメガイド本「ゴ・エ・ミヨ」を発行するガストロノミー&パートナーズは、12月にグルメガイド本の日本版第2号「ゴ・エ・ミヨ東京・瀬戸内・北陸2018」を発刊。
2018年1月には、北陸3県のレストランや宿泊施設など100店近くを日本語と英語で紹介する、国内初の地方版観光ガイド本「ゴ・エ・ミヨガイド北陸」を発売する。
また、地域性の観点から料理や食材・食文化を吟味し、才能ある料理人や生産者らを顕彰する。賞は五つあり、宿泊施設を対象にした「ホスピタリティ賞」に、南砺市野口(城端)の「薪の音」(山本誠一オーナー)が選ばれた。


南砺市
【里山のオーベルジュ 薪の音】

富山県南砺市野口140
http://www.makinooto.co.jp/


【にほんブログ村】

富山県南砺市『里山のオーベルジュ 薪の音』の一切の不足も不満も感じない夕食。

薪の音
空間の取り方がいい感じのエントランス。

薪の音
宿泊じゃなくでもお料理は味わえます。



地元の旬の食材を活かしたフレンチが楽しめる『薪の音』の夕食。


客室を出て、食事専用の個室で庭の草花を眺めながら料理を楽しめます。


薪の音
普通の生ビールを頂きました。
久々にビールを飲み切ったわ。


薪の音
[新玉葱のババロア]
生ハムの塩気と黒胡椒香りが相まって美味でした。


薪の音
甘エビに視線が釘付け。
おいしそうです。


薪の音
鮎と胡瓜にトマトのピリ辛ソースが掛かっています。
そういえば神通川で鮎釣りをしている人々を見ましたわ。


薪の音
梅味の大門素麺の上にぷりぷりの甘エビが乗っています。
大門素麺って、コシのしっかりした麺ですよね。


薪の音
パンに掛けても美味しい玉葱とアンチョビの入ったオイル。

薪の音
野菜のプレートはインスタ映えしそうです。

薪の音
トマトをミルフィー状にした一品は手が込んでいて驚きでした。

薪の音
氷見産の河豚と、紅ズワイガニのソース。
ソースが濃厚です。


薪の音
敷き詰められた四国産の塩がかなり美味で驚いた。
しばらく粒を嘗めていたいほどに。


薪の音
オオアサリのソースが入った貝の上に乗っているのはノドグロ。

薪の音
白子とアカイカと福井の甘鯛。
エイヤーッと白子を食べてみた。
※あまり得意ではない


薪の音
[口直し]
自家製青梅の甘露煮


薪の音
三種類からチョイスしたテール煮。
トロトロでございました。


薪の音
ここで洋から和に切り替わります。

薪の音
鮎の炊き込み御飯。
めっちゃ好み。


薪の音
お味噌汁。
お豆腐が入っていた気がする。
ってか、最期にお味噌汁が出るのが嬉しいですね。


薪の音
お漬物は糠漬けでした。
糠の良い香でご飯が進む・・・


薪の音
デザートも三種類の中から選べます。
こちらは焼きたてのアップルパイ。
むっちゃ美味でした。


薪の音
迷ったのを見てオマケで付けて下さったアイス。
富山柿が細かく刻んで入っています。



いずれのお料理も目に楽しく、美味しく、楽しいものでした。


美味しいものを食べて、のんびりして、忙しない東京での暮らしをリセットする。


素晴らしい宿だなと感じました。


明日の朝食も期待できるし、ワクワクしますな。


【日本におけるオーベルジュとは】
 日本では1970年代以降、フレンチの一般化と共に全国の観光地やリゾート地、別荘地などにもオーベルジュがオープンするようになった。現在の日本におけるオーベルジュは、日本独自の旅文化とも融合し、日本料理や世界各地の料理を提供する多彩なスタイルで登場している。


薪の音
【里山のオーベルジュ 薪の音】

富山県南砺市野口140
http://www.makinooto.co.jp/


【にほんブログ村】

富山県南砺市『里山のオーベルジュ 薪の音』にはターシャ・テューダーの世界のように植物に溢れた優しい風景が広がっていました。

薪の音
広がる里山の風景。
奥の山々が綺麗なグラデーションになっています。



長らく訪れたいと野望にしていた『薪の音』に来ることが叶いました。


色々とスイッチを切った状態のワタクシは1/3の思考で動いていた気がします。


身体に変な力が入っておらず、庭やその先に広がる景色をぼーっと見続けていたり。


そんなリラックスできる空間と時間が『薪の音』にはあります。


とても静か。


何かがリセットできる気がする時間。


素晴らしいなと思いました。


薪の音
駅まで迎えに来て頂きました。
これはすごく有難かったです。


薪の音
至る所に草花があり、隅々まで計算されている気がしました。
でもナチュラル。


薪の音
玄関から先にある土間。
良い感じだなぁ。


薪の音
一日三組までしか受け入れないという静かなオーベルジュです。
しかし、コルビュジェの椅子があったりするほどのコダワリが見られる。

薪の音
井波彫刻の欄間が填められた和室の入口。
二階は特別室一室のみらしいです。


薪の音
ウェルカムドリンクは選べます。
ワタクシも母も、お抹茶を頂きました。
左のカボチャと小豆の生チョコは衝撃的でした。


薪の音
リクライニングが可能な電動ベッドは、欲しくなる寝心地でした。


薪の音
至る所に生けられている花で、優しい気持ちになります。


薪の音
花とは関係ないけど、フリーWi-Fiがあって助かりました。


薪の音
浴槽は陶器製。けっこう深くて広い。

南砺市
窓から見える景色。
この日は曇り空でした。


薪の音
散策中に見付けた雑草。
よく見ると花は可愛い。


南砺市
ところどころに映えていたピンクの花。
子供の頃によく見たけど名前は分かりません。


image
これは青紫蘇だよね。
これまた子供の頃に近所に沢山生えていました。
今はスーパーで買うしかないし、高いよね。


薪の音
リビングテーブルの上にも花。


薪の音
ウッドデッキにも鉢が飾られています。


薪の音
ウッドデッキには椅子が置いてあり、ここで暫くぼーっとしていました。


薪の音
紫陽花だけでも数種類ある気がする。



無造作に見えて、手入れの行き届いた庭。


押し付けられるようなキッチリ感がなく、とても和みます。


雨が降っても綺麗だと思うし、雪が降っても良い感じなんじゃないかな。


違う季節にも再訪したいです。



薪の音
【里山のオーベルジュ 薪の音】

富山県南砺市野口140
http://www.makinooto.co.jp/


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。