image

上野御徒町にある老舗どら焼き店『うさぎや』。

日本橋にも『うさぎや』がありますが、

グルメな小母たちは断然、御徒町店の方が美味しいと言い張ります。

しかしワタクシはあまりどら焼きが好きではないので、

亡き叔母に付いて一度入ったっきりで、

その後一度も足を向けたことがありませんでした。

image
[うさぎや]
大正2年の創業です。

そんな『うさぎや』の近くに、『うさぎやCAFE』が2015年の夏にオープンしました。

当然、有名な和菓子店のカフェですから年齢問わず大人気でして、

毎日大混雑していると聞いていたため今日まで敬遠しておりましたが、

三連休の中日だし、明後日からはお盆で東京の人口が減るし、

今日が狙い目かもしれんと思って朝からふらりと向かいました。

店舗は、東京メトロ銀座線「上野広小路駅」か

都営大江戸線「上野御徒町駅」から徒歩2分ほどのところにあります。

出口はA4が一番近いのですが今は階段しかありません。

東京メトロによるエレベーター新設工事中の気配がするので、

もしかすると今年度中にはバリアフリー化いるかもしれません。

中央通りから通りを湯島側に3本入った道沿いにある店舗に

辿り着いたのは開店数分前。

毎朝9時から9時10分の間に来店した人のみが食べられる

「うさパンケーキ」目当ての方々が列を作っていました。

あれ? こんなに並ぶの?

正直、舐めてました。

しかしせっかく来たし、急ぐ予定もないのでそのまま並ぶことにしました。

オープン前に店長らしき男性が人数を聞きに来ます。

そして「相席のお願い」などの説明を道路上でしていました。

オープンしてから一巡目の方々は相席をしていたようですが、

我々の頃には相席はありませんでした。

ある種、タイミングが良かったっぽい。

そして、よくよく調べずに向かったのですが、

朝メニューは一種のみっぽい。

そんな感じで入店です。

image
数字が描かれたこちらのショップカードを配布されましたが、
理由がよく分からん。残りカウントなのかも。


image
席に着いたらドリンクを選びます。これは必須。
そうこうしているうちに、焼きたてのどらやきの皮がうさぎやから届きます。
裏口ではなくお店の入口から。


image
[Usa Pancake+coffee 1,110円(税込)]
早朝のこのセットに限り、珈琲などの一部ドリンク類はお代り自由です。
後から写真を見て気付きましたが、
トレイに乗ったパンケーキは小鉢と合わせてウサギを模しているっぽい。


image
このスタイルで食べるものらしい。

image
ちょいと小ぶりなパンケーキって感じ。

image
どら焼きセットが二つある感じ。

image
これにバターと餡が付いているので、自分でセットします。

image
バターの塩味が薄甘い皮の味にマッチ。

image
餡は水分多め。
熱いうちに食べるとバターが溶ける上に餡も流れます。


image
どら焼き風に食べるには餡が少ないのですな。

「うさぎや」のどら焼きを念頭に置いて食べると物足りないかもしれません。

しかし、「うさぎやのどら焼きの皮の焼き立てを食べる」と考えると、

これはこれで楽しい気がします。

二度も三度も並んで食べたいかと訊かれると、正直それほどでもない。

それより、もう少し後の時間帯に供されるかき氷が気になるかも。



image
【うさぎや CAFE】

東京都台東区上野1-17-5
営業時間 9:00〜18:00
定休日:水曜
http://usagiya-cafe.com/


【にほんブログ村】