sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

台東区@壱景

アメ横商店街『伊勢音商店』で随分久しぶりに干し椎茸を買う。

image
すごく安くなってた干し椎茸1,000円(税込)。

十年前ぐらいまではよく通っていたアメ横の『伊勢音商店』。

国産品を使った干し椎茸が激ウマだったり、鰹節がしっかりした味だったりする

コダワリの乾物屋です。

ほとんど全てが高級価格。

しかし、品質は確かだと思います。

久々に昨日立ち寄りましたが、相変わらずのクオリティーと価格で、

購入する勇気がなかなか湧きませんでした。

せめてもと思って買ったのが写真の割れ干し椎茸。

良い香りです。

本当は干し貝柱が欲しかったのですが、かなり高価で

エイヤーっと思いきれませんでした。

まあ、そんなこともある。

年末までにはリベンジしたいと思いますが、

年末になると冬菇椎茸とか大枚はたいて買っちゃって、

干し貝柱は結局手が出せなかったりするんだろうなぁ。

本日は椎茸を使って茶碗蒸しを作ろうと思います。

鶏卵を買いに行かねばー。




【伊勢音商店】
東京都台東区上野6-4-10
営業時間 9:00〜19:00
定休日:無休
https://www.iseoto.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区台東4丁目『大心堂雷おこし』の「古代」がやっぱり美味しい。

image
古代 簡易包装12枚入 1,296円(税込)

雷おこしで有名な『大心堂』付近までやって来たので、

千葉県民Tにお願いして立ち寄ることにしました。

久々にここの「古代」が食べたくなったのです。

美味しいんですよねぇ、ここの雷おこし

くどくない甘さで、食感が上品。

お遣い物に最適です。

雷おこしを侮ってはイカンなと、

ここの「古代」を食べた時に思いました。

以来、ずーっとファンです。

ただし、ここまで買いに来るのはちょっと面倒なのよねぇ。

まわりに「ついで」になるようなものが無いもんで、

わざわざここに来るためだけに下車しないといけませぬ。

それでも送料よりも電車賃の方が安い・・・のか?

まあ、「直ぐに手に入る」という点重視で、

これからもここまで買いに来ようと思います。

オススメです。



image
【大心堂雷おこし 本店】

東京都台東区台東4-28-2
(都営大江戸線新御徒町駅A2出口より徒歩2分)
営業時間 9:00~18:00
定休日:日曜、祝祭日(11月最終日曜、12月日曜は営業)
https://kodai.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区鳥越『浅草鳥越 おかず横丁松屋』は土曜日しか営業していない行列のできる焼豚専門店。

おかず横丁

千葉県民Tと蔵前界隈から御徒町に向かって歩いておりましたら、

なかなかシブい商店街を発見しました。

鳥越おかず横丁という一角でして、

その入口すぐの店舗に行列ができているのを目撃。

近付いてみると焼豚専門店のようでした。

ワタクシの勘が「並ばなければ後悔する」と訴えるもんで、

とりあえず最後尾についてみました。

ワタクシの前に並ぶ方々は常連さんのようで、

安くはない焼豚を大量に購入して行かれます。

もしかして有名店?

後で調べたところ、

雑誌のサライでお取り寄せするものとして掲載されているようでした。

image
営業は毎週土曜日のみ!
しかも売り切れ次第終了になるそうです。


image
冷製塩豚ってのもありました。

image
全てグラム価格で松竹梅などに大別されているみたいです。

並んでいる間中迷っておりましたが、

脂身の少ないところを訊いたところ黒豚を勧めてくれました。

それも梅900円と竹1250円に分かれていまして、

やっぱりグラムで価格が異なるんだそうな。

image
黒豚と煮卵を購入。
賞味期限は今日から一週間だそうです。
左側の煮卵に産地証明書が付いてるのには驚きました。


image
純粋黒豚にはタレが2つ付いています。
醤油と塩タレなんだそうな。


image
うずらの煮卵 540円(税込)
うずらの卵は愛知県豊橋市産だそうです。

ちょっとランチに食べ過ぎて、

今晩は夕食を食べられそうにありません。

ゆえに味見は明日になりそう。

やっぱりラーメンを作るべきかしら?

明日の夕方までに食べ方を決断しようと思います。

炒飯も良いかもなぁ・・・



image
【浅草鳥越 おかず横丁松屋】

東京都台東区鳥越1-1-6
営業時間 11:30~売り切れ次第終了
※月ごとに異なる可能性あり
営業日:土曜のみ
http://matsuya-yakibuta.tokyo/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区上野『吉池食堂』という庶民派大箱レストランからの眺望。

image

和、洋、寿司の三種類の店舗を内包する大箱レストラン『吉池食堂』。

千葉県民Tがセレクトした三店舗の中からこちらを選択してみました。

御徒町らしいお店かなと思って。

御徒町駅の隣にある新しい吉池ビルの最上階にあるレストランはかなりの大箱。

どこぞのフードコートのような感じです。

それなりに混雑している店舗で我々が通されたのは窓際の結構良い席で、

眼下にはJRの列車両が行き交う様子が見えます。

高所恐怖症のワタクシは窓際から離れて着座し、

なるべく足元は見ずに過ごしておりました。

image
栃尾の油揚げ(ハーフ)味噌味。

image
アジフライ定食 980円(税込)


image
かなり巨大なアジフライです。今まで見た中で一番大きいかも。

アジフライは美味しいのですが、かなり満腹になります。

アジフライ定食のお盆に、フォークとナイフが付いているのを初めて見たわ。

切らないと口に運べないほどのサイズ(重いし)ってことですな。

コスパの良い定食だなぁと思いましたし、

御徒町界隈でランチに迷ったらココは選択肢として良いかも。

子供、高齢者、どちらも多いので、気楽かも。



image
【吉池食堂】

東京都台東区上野3-27-12 御徒町吉池本店ビル9F
営業時間 11:00~23:00(L.O.22:00) ,[日祝] 11:00~22:00(L.O.21:00)
※ランチは16:30まで
定休日:無休
※Suicaが使えます
http://www.yoshiike-group.co.jp/restaurant.html

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区三筋『カキモリ』は世界にたった一つのオリジナルノートとインクが作れる専門的文房具店。

image

自分で表紙や中紙を選んで仕立てるリングノートが有名な『カキモリ』。

普通の文房具店とは異なり、「書く」ことに特化した商品だけを取り扱っています。

つまりは、ノートとレターセットとペン類のみの取り扱い。

しかし「書くむことが好きな人々には有名で大人気の文房具店です。

明るい開口部のお洒落文具店ゆえ内部がほどほどに見え、

店内では若い娘さんたちがオンリーワンのリングノートのパーツを選んでいます。

筆不精且つリングノートを使わないワタクシはリングノートを作る予定はありませんが、

ペンの消耗が異様に早い職業に就いているゆえ、ここではペンを選ぶことにしました。

image
じっくりとサンプルを試して選んだのがこの4本。
上のペンは一本1,100円!です。

ワタクシはペン先が細いものが好きでして、使っているものも0.28とかが多いのですが、

それに匹敵、またはそれよりも細いペンを入手することが出来、大変満足できました。

日本製のペンって素晴らしいですよねぇ。

こうしてまた、複数あるペン立てがギチギチになるのであった。



image
【カキモリ】
kakimori

東京都台東区三筋1-6-2
営業時間 11:00~18:00
定休日:月曜
※Suicaが使えます
https://kakimori.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区三筋『蕪木』は珈琲とチョコレートを茶道の作法のように味わう静寂カフェ。

image
あまりにも小さすぎてワタクシの視力では見えなかった「営業中」の札。

以前より気になっていた珈琲店『蕪木』に千葉県民Tとやって参りました。

ここは珈琲豆の焙煎販売とチョコレート製造販売の傍ら喫茶室を商っているカフェでして、

まるで茶道のようにピリリとした静寂のなかネルドリップされた珈琲を味わうという

シブ過ぎるお店でございます。

image
入口が奥まっているといえ、
入口ドアに木製室内ドアが使われている点がなかなか面白いです。

ネットを見ると利用制限がいろいろ定められているっぽい。

逆にそれが面白いなと思いました。

image
二階喫茶室ドア脇に貼られた「静寂」の紙に圧を感じます。

※強い香水、お子様連れの喫茶のご利用はご遠慮下さい。
※PCの利用などはお控えください。
※席の都合上3名様以上のご案内は致しかねます。
※狭い店内ですので会話はお静かに、ご配慮の程お願い致します。

昭和の古民家を改修した店舗はとても不思議な内装になっています。

ビジターとして受ける印象は、異空間。

ここだけ時の流れが違うのではないかと思えるほどです。

住宅街の中にポツンとある時空旅行間が味わえる、そんな感想を抱きました。

image
「珀(はく)」というブレンドを選んでみました。
プラス200円で、この珈琲に合うとされるチョコレートが付けられます。


image
合わされたチョコレートは「果香」という木苺フレーバーのものでした。

一人で来ている方が多く、店内は静寂に支配されています。

本当に独特の雰囲気。

なかなか面白いのですが、寛ぎの対極にあるような気がしました。

言うなれば「珈琲道」。

何かしらのお作法が要求されそうな雰囲気です。

行きと嫌いがキッパリ分かれるお店かなと思えました。

コダワリが多いカフェがお好きな方は、是非。

image
壁が左官職人の仕事が入っているから余計に静かに感じるのかも。
面白いリノベーションだと感じました。


image
【蕪木(かぶき)】

東京都台東区三筋1-12-12
(浅草線蔵前駅A4出口より徒歩7分)
営業時間 13:00~20:00,[土日祝]11:00~20:00
定休日:火曜
http://kabukiyusuke.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区寿3丁目『パティスリー クレール ドゥ リュンヌ』で久々にアップルパイなどを入手してみた。

image
ブーレ・オ・マロン 400円(税別)、ショソン・オー・ポム 400円(税別)

大江戸線蔵前駅に向かう途中で、クレール ドゥ リュンヌに立ち寄って参りました。

店内には花が溢れていて、何かしらのお祝いの気配がある。

訊ねてみたら、今年で7周年を迎えたのだそうです。

ワタクシがここで初めてパイ類を買ったのが2015年9月

ワタクシはまだ5年程度のお付き合いだったのだなぁ。

過去ログを見ると、写真の2商品の価格は税込み価格から税別価格になっておりました。

たかが五年で400円の(ワタクシの中の)価値も変わったよなぁとしみじみ思ってみたり。

「焼きすぎか?」という色はお変わりなくですが、味も作りも微妙に変化しているようです。

久々に生菓子を見たら、ビジュアルがかなり変わっておりました。

フォトジェニックに変化しつあるのかもしれん。

レモンパイが無くなったのは寂しい限りですが、

また近くに来ることがあれば、写真の2商品を買い求めたいと思います。

アップルパイ行脚、久々にやろうかなぁ。



image
【パティスリー クレール ドゥ リュンヌ】
Patisserie Clair de lune

東京都台東区寿3-8-5
営業時間 9:00~21:00
定休日:月曜
※Suicaが使えます
https://www.clair-de-lune.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区寿2丁目『from afar(フロムアファー)』というお洒落カフェのゼリーがウマウマ。

image

東京メトロの田原町駅からほど近い場所にある『from afar(フロムアファー)』。

2015年夏にオープンしていたそうですが、ワタクシは長らく認識しておりませんでした。

その理由は、寿2丁目界隈にあまり用事が無かったから。

しかし本日このエリアに降り立ったついでに、立ち寄ってみることにしました。

あまり遅くはない時間だったのですが、席でくつろぐお客さんがそれなり居ます。

やはり人気店なんですなぁ。

入口で手指消毒と検温をした後にカウンターでオーダーと支払い。

その後、好きな席に座っていると、後ほど注文品を持ってきてくれるというシステム。

なんだかデザートが美味しいという前情報があったので、

葡萄は苦手な部類ですが、せっかくなのでシャインマスカットのゼリーを頼んでみました。

image
カフェラテ 550円(税込)と葡萄ゼリー 650円(税込)

image
カフェラテは普通の味です。ってか温度は低め。

image
シャインマスカットのゼリーはかなり美味しいです。
上に乗っているクリームも美味。
その下のゼリーもかなり美味しいです。
桃のシーズンに食べてみたかったかもー。

これは複数のスイーツを注文すべきだったかもと、若干後悔しました。

プリンも気になったんですよねぇ。

次回は二種注文してみたいと思います。

近年の蔵前エリアはお洒落カフェが増えていて、

行きたいところが多くて困ります。

今後はちょいちょい会社帰りに立ち寄ってみようかな。

『from afar(フロムアファー)』も再訪したいです。



image
【from afar(フロムアファー)】

東京都台東区寿2-5-12
営業時間 12:00~19:00,[土日]11:00~21:30
定休日:不定
http://www.fromafar-tokyo.com/
https://www.instagram.com/01_119/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区寿4丁目『磯村政次郎商店』の胡麻油、胡麻スプレッド、ゴマ塩の三点セット。

image

二年ぶりに磯村政次郎商店に会社帰りにやって参りました。

スーパーマーケットには置いていない胡麻油が買いたかったからです。

以前購入して美味しかった記憶があるのも再訪理由の一つです。

記憶にある店内よりも幾分スッキリとした陳列で、

商品が見易くなっております。

その中からここのオリジナル商品を選んでみました。

image
せっかくなので胡麻スプレッドも買ってみることにしました。
胡麻和えがラクかなと思って。もしくは担々麺?

image
購入しようと思った三点は、セットで買うと安いそうです。

image
で、セットで購入してみました。

image
内容はこんな感じ。
右のゴマ塩はオリジナル商品ではなく九鬼のものですが人気らしいです。

週末は胡麻油を使ったサラダを作ろうと考え中です。

せっかくゴマ塩を買ったので、お赤飯でも作ろうかな。

お祝い事は全くないのだけれど、

なんかそんな気分。



image
【磯村政次郎商店(いそむらまさじろうしょうてん)】
営業時間 [月~金]9:00~18:30,[土]10:00~17:00
東京都台東区寿4-7-2 マルオウビル
定休日:日曜、祝日
※PayPayが使えます
https://isomura-aburaya.stores.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区浅草『梅むら』という名店の黒真珠のように美しくて美味しい豆かん。

image
豆かんてん 500円(税込)

赤えんどう豆ってビジュアルはいろいろなんだなぁと『梅むら』の豆かんを見ると思います。

一度は食べてみたいと思い、本日会社帰りに浅草まで行って参りました。

通常もテイクアウトをやっているかは謎ですが、今はテイクアウトをする人が多いようです。

ワタクシが行ったタイミングでは店内に誰も居なかったし。

image
他には無い感がありまくりの美しい豆です。

かなり美味。

豆に甘さは無いものの、

ふっくらとしつつも歯触りの感じられる豆は素晴らしいのひとこと。

これはかなりウマウマですわ。

一気に3つぐらいは食べられる気がするし、実際に大人食いしてみたい。

甘さ控えめで、上品です。

大変気に入ったので、また是非、近々買いに再訪したいと思います。

知らなかったけれど、漫画「孤独のグルメ」でも取り上げられたことがあるそうな。

デパートには入っていない名店の「豆かんてん」。

ウマウマです。


image
【梅むら】

東京都台東区浅草3-22-12
営業時間 12:30~18:30
定休日:日曜

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区浅草『千葉屋』という有名大学いも屋の人気商品「切揚」を購入する。

image

一年ちょいぶりに、浅草にある1950年創業の大学いも専門店『千葉屋』に行って参りました。

今回の目的は午前中に売り切れとしまうという「切揚」。

ゆえに開店直ぐにたどり着けるように浅草に降り立ちました。

どこかで時間を潰そうかなぁと思いつつ店近くまで行ってみれば、既に列ができていました。

やべっ。人気店をなめてましたわ。

ってことで、粛々と行列の最後尾へ。

目的の「切揚」が飛ぶように売れて行きます。

皆さん大量買いです。

ふむ、やはり人気なんですな。

ってことで、ワタクシも多めに買うことに致しました。

image
やはりこの袋が良い味出してますな。

image
大学いも 200g と 切揚 400g

image
さっそく切揚を食べてみましたが、
あ、これ、止まらんやつや。

確かに「切揚」は美味しいです。

硬すぎない芋ケンピみたいな?

これは危険です。

あっという間に一袋食べてしまいそうな予感がします。

とりあえず器に入れた分だけ食べることにして、

残りを硬く輪ゴムで縛って冷蔵庫に入れておきました。

濃いお煎茶が飲みたくなったわ。

甘過ぎないので食べ過ぎるんですな。

ってことで、千葉県民Tにも差し入れしておこうと思います。

オフィスへの差し入れには向かないけれど、

個人への差し入れには丁度良いかも。

次回は「切揚」をもう一袋買おうと思います。

オススメです。

image
「切揚」目当てなら早めに行かないと
午後には売り切れちゃうみたいです。


image
【大学いも千葉屋】

東京都台東区浅草3-9-10(TX浅草駅から徒歩4分)
営業時間 [月~土]10:00~18:00,[日祝]10:00~17:00
定休日:火曜
※現金のみ

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区上野公園『韻松亭』で寛永寺の鐘の音を聞きながらランチをいただく。

image

上野公園内にある『韻松亭(いんしょうてい)』は明治8年の創業。

明治政府の政策により建てられた料理店らしいです。

緑あふれる公園内に馴染む古めかしい建物が店舗でして、なかなかの人気なのだとか。

普段は予約でいっぱいらしいのに、

COVID-19の影響で唐突に行ってもすんなり入ることが出来ました。

とてもラッキーだったっぽい。

表ではお弁当販売もしており、公園散策時に良いかもなぁと眺めながら入店。

靴を脱いで廊下を通り、板の間のテーブル席にて食事がいただけました。

image
花籠膳(月)

image
籠の中に細々と副菜が入っています。

image
ご飯は入り豆が入ったもの。名物なのかも?

image
幽庵焼きの下に敷いてある酢玉葱が優秀。
こんど真似てみようと思います。

デザートは笹に巻いた固めの麩饅頭でした。

はじめに出てくるのはたぶん蕎麦茶なんだと思われます。

アレルギー持ちとしては怖いので、本当にそうなのかを試す気にはなれませんでした。

遠くでお寺の鐘の音が聞こえ、上野らしい雰囲気のなかで食事ができます。

公園の中にある料理店としては良い感じなのではないかしら。

料理は違うだろうけれども、明治時代から変わらぬ空気感なんだろうなぁと感じました。

鐘の音を聞きながらの食事は、歌舞伎の一場面のようでなんだか風流。

ボーっとしながら食事を進めておりました。

料理は品数が多いので、とても満腹になります。

結果として母にスポンサーになって貰い、

ボーっとしたまま駅に向かったのでした。



image
【韻松亭(いんしょうてい)】

東京都台東区上野公園4-59
営業時間 [昼]11:00~16:00(L.O15:00),[夜]17:00~23:00(L.O21:30)
[日祝]17:00~22:00(L.O20:30)
定休日:年末年始
http://www.innsyoutei.jp/
https://www.facebook.com/inshotei

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

東京藝術大学『藝大アートプラザ』の「猫展」。

image

東京藝術大学内にある『藝大アートプラザ』はワタクシのお気に入りのスポットでして、

上野公園に来るとちょいちょい立ち寄っております。

今日も「なんか良い感じの作品があれば買いたいなぁ」という軽い気持ちでやって参りました。

現在は「猫展」というものをやっていまして、スペース内は猫の作品だらけ。

猫好きにはたまらない空間なのだろうと推察されます。

現に、若い男女が大勢訪れておりました。

って、連休だからかな?

image
入口付近のガラスに描かれた猫。
ササっと描けちゃうところが流石芸大だなぁと思ってみたり。


image
正面に飾られた猫。
あまり猫が好きって訳ではないワタクシですから、
良い作品だなぁとしみじみ思いました。


image
既に売約済みシールが貼られた、東條明子さんの作品。
東條さんの作品は(五桁価格なら)欲しいなぁ。

11月15日までと、結構長い展示期間となっております。

日に日に売約済みのシールが増えそうなので、何か買いたかったら早めの訪問をオススメします。

19日スタートで既に東條さんの作品が2つとも売約済みになっているってことは、前々から狙っていた人が居たんだろうなぁと思えました。

次回は年末に再訪して、いい作品があれば購入したいと思います。

image
藝大アートプラザ前「NoM cafe」のチャイラテは美味だと思う。甘いけど。
600円也。



image
【藝大アートプラザ】

東京都台東区上野公園12-8 東京藝術大学美術学部構内
営業時間 10:00~18:00(時節柄なのか11時からっぽい)
定休日:月曜 (祝日の場合は翌火曜休業)、展示替え期間
https://artplaza.geidai.ac.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

国立東京博物館 特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」の入館料が高いと感じる。

image

国立東京博物館の特別展「工藝2020-自然と美のかたち-」を朝から観て参りました。

(本日は敬老の日なので、特別展以外の入館料は無料です)

事前に予約して表慶館に向かったのですが、結論から申せば特別展は物足りませんでした。

この時期に開催している日本橋三越本店の日本伝統工芸展の方が、無料だし展示数も多いし良いかもしれんと思える。

ただし、東博の特別展の会場構成は伊東豊雄建築設計事務所なので、その点は納得できました。

会期は、 2020年9月21日(月) ~2020年11月15日(日)。

まあ、表慶館内部に入れるという点は良かったかもしれません。

image
建物自体が目の保養。

鑑賞後、このまま帰るのも勿体ないなぁと思い、本館のミュージアムショップに寄ってみました。

以前より格段に博物館オリジナルグッズが増えています。(特に、はにわグッズがいろいろ増えてた)

最も良い場所に置かれていた上野凮月堂の缶入りカステラを、調子に乗って買ってしまいました。

image
東京カステラ 見返り美人 1,944円(税込)
缶サイズ:約11.5×17.0×8.5cm

菱川師宣の見返り美人図の着物柄がデザインされた缶入りのカステラでして、

なかなかの人気商品のようです。

ってか、缶が可愛い。(可愛いという表現は微妙に合致しない気もするが)

image
東博で最も有名な場所がこの正面階段。
数々のドラマで使われている場所です。

image
表慶館の階段も良い感じです。

それにしても特別展の料金がお高くなりましたね。

10月6日からの次期特別展の料金は2,400円だそうです。

そう考えると、今日の1,500円という料金は安かったのか。

うーむ。

ってことで、明日は日本橋に行こうと思います。



日時指定券 オンライン事前予約  https://tsumugu.yomiuri.co.jp/kogei2020/ticket.html

image
【国立東京博物館】
Tokyo National Museum

東京都台東区上野公園13-9(JR上野駅公園口より徒歩10分)
入館料:一般 1,000円、大学生 500円(特別展は別途)
開館時間 9:30~17:00,[金土]9:30~21:00
休館日:月曜(祝祭日の場合は開館、翌平日に休館)、年末年始他
※ミュージアムショップはSuicaが使えます
https://www.tnm.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区上野公園『スターバックスコーヒー 上野恩賜公園店』で普通にラテを飲む。

image

なーんか好きなんですよねぇ。

上野公園内のスタバが。

視界を遮るものがないもんで、

ボーっとしているのには丁度良いのです。

ただひたすらに、ボーっとする。

なんという至福か。

本日も、博物館に行く前に立ち寄り、

遠くの緑を眺めてボーっとしておりました。

目の疲れが少しは取れた気がする。

緑って目にも癒しになるんですねぇ。

image
結構手の皮が厚いので、暑い飲み物も平気で持てるワタクシですが、これは熱すぎた。

都内のスタバをそれほど知っている訳ではありませんが、

好きな店舗の一つではあります。

グッズが揃っているのもグッドポイント。

ただしスタッフさんたちの人あたりの良さは他店に軍配が上がるかな。

今の季節は外席で飲むのがちょうど良い感じです。

暑くもなく、寒くもなく。

またボーっとしたくなったら再訪しようと思います。

次回はハロウィングッズ発売の頃がいいかな。



image
【スターバックスコーヒー 上野恩賜公園店】
※写真は春頃のもの
東京都台東区上野公園8-22
営業時間 8:00~21:00
定休日:不定
https://www.starbucks.co.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区西浅草『龍圓(りゅうえん)』で高級食材を使った中華料理を満喫し過ぎて満腹になり過ぎる。

image

「浅草で中華料理を食べよう」と言われると、鍋とお玉が触れ合う金属音が聞こえそうな気がしますが、この日、誘われたのはとても静かな中華料理店でした。

店名は『龍圓(りゅうえん)』。

シンプルな内装の店内で、独自のアレンジがなされた料理の数々は目に楽しく、舌に美味しく、胃袋に満腹感を与えてくれるものでした。

中華料理だけれど、使っている食器がロイヤルコペンハーゲンのものだったりするのもgoodです。

こちらは要予約のコース料理のみで、価格は税別6,000円か12,000円の二種類のみ。

と言っても、とてもフレンドリーなシェフがお一人で調理場に立たれているらしく、苦手食材は別のものに変えてくれるみたいです。

ホールに立つ女性スタッフが一人居るとはいえ、殆どを一人で切盛りしているのには驚きました。

今回は同行者が選んだ価格の高いコースを満喫させて頂きました。

image
うすはりグラスで出てくる生ビール。
蔵前から歩いて来たので喉が渇いており、至極美味しい一杯でした。


image
ピータン豆腐
刻んだピータンの上にエスプーマでムース状にした豆腐が乗っています。
キャビアは飲んでおく。

image
鮪の老酒漬けが絶品の一皿。
お酒が進みそうですが、
飲み過ぎると最後まで料理が食べられなくなる可能性があったと
後から気付きました。

image
よだれ鶏
鶏は真空パックで湯煎するフレンチの技法を使っているみたいです。
ピータンは苦手ですが、これぐらい少量ならば大丈夫でした。

image
松茸と穴子の春巻き
絶品です。ウマウマです。
なんかめっちゃ美味しかった。
image
トリュフ塩のかに玉
黒トリュフはあまり香りはしませんでしたが、
蟹も入っていて贅沢だなぁと感じる一皿でした。

image
信玄鶏団子と干し椎茸、干し肉、干し貝柱のスープ。
漢方のスープを飲んでいるのかってほど椎茸の良い香りがしていました。
熱々のスープをたっぷり含んだ椎茸を食べる時は要注意だと感じました。

image
那須牛とキクラゲ、ブラウンマッシュルームと銀杏の炒め物
銀杏がヒスイ色でとても綺麗なアクセントになっていました。
嗚呼、御飯が欲しい。もう既に満腹になっているから無理だけど。

image
フカヒレの姿煮
ある種メインの一皿。
優しい味で美味しいのですが、胃がはちきれそうです。

image
汁なし担々麺
限界を迎えつつある胃袋を𠮟咤激励しつつ食べた一皿。
ってか、辛い。

image
シャインマスカットを添えた杏仁豆腐。
杏仁の香りが良い感じです。
辛い担々麺を食べた後では癒しの一皿でした。

実は紹興酒も飲んでいたのですが、アルコールを飲む量をほどほどにしておかなければ胃袋の限界が早くなることを体感しました。

総じて美味しいです。

価格が低い方は、一皿少ないのと使う食材を変えているだけみたいだと同行者が言ってました。

そちらでも十二分に満足できると思われます。

次回はそちらを予約して再訪しようかな。

TX浅草駅がすぐそばにあるため、帰り易いのも良い感じです。

帰宅後は満腹過ぎて何もやる気が起こらず、そのまま就寝してしまいました。

明日は粗食にして胃を休めようと思います。



image
【龍圓(りゅうえん)】

東京都台東区西浅草3-1-9
営業時間 12:00~13:15/18:00~20:30 ※21:30閉店
[日祝]12:00~13:15/18:00~20:30 ※21:30閉店
定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌火曜休み)
http://www.ryuen1993.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。