sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

文京区@壱景

文京区向丘1丁目『福どら 白山店』のマンゴー生どら焼きと杏あん。

image

兆徳で夕食を買ったついでに、

すぐそばにある『福どら』でどら焼きを買って帰ることにしました。

割と評判の良いお店でして、生どら焼きが人気らしいのです。

しかしワタクシの目当ては「杏あん」。

杏好きとしては絶対に外せないと意気込んで入店したら、

一つだけしか残っていませんでした。

ガッカリしましたが、隣に「うめ抹茶」があったので、ちょい復活。

ついでにマンゴーの生どら焼きも買ってしまいました。

image
マンゴー生どら 230円(税別)
うめ抹茶 230円
(税別)
杏あん 230円(税別)

image
食後に母と半分こ致しました。

image
こちらはマンゴー生どら焼き。
マンゴー果肉がチラリと入っていて、
これは和菓子というより洋菓子って感じ。

image
杏あんは想像通りの味でした。
甘酸っぱくて美味しいです。

image
見たら買わずにはいられなかった杏飴 120円(税別)。
いつ食べるんだって感じですよねぇ。

どら焼きだけじゃなく、お煎餅も置いてあるので、

ここだけで甘いおやつと辛いおやつが調達できます。

便利かもしれん。

今日は火曜日で周辺の洋菓子店が休みだったため立ち寄りましたが、

今後も兆徳に来たついでに立ち寄ろうと思います。

やっぱりワタクシ的に杏は外せないからねぇ。

でも、夏場はアイスどら焼きも良いかもしれん。



image
【菓子工房 福どら 白山店】

東京都文京区向丘1-10-3
営業時間 [平日]10:00~20:00 [日祝]10:00~19:00
定休日:第2・第4月曜
https://fukudora.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区向丘1丁目『兆徳』の出前お持ち帰り専門店でチャーハンなどをテイクアウト。

image

行列のできる大人気中華料理店『兆徳』のテイクアウト専門店が

2022年3月18日にオープンしまして、

店前を通るたびに何度もテイクアウトしようと考えたのですが、

なかなかタイミングが合わず今日まで先延ばしにして参りました。

今日こそは課題をクリアしようと考えまして、

早朝に電話して出前エリアを聞いたものの、

当面文京区だけとのことだったため、

会社帰りに白山上まで行ってテイクアウトして来ました。

店前に着いたのが17時の営業時間よりも前だったため、

紙に打ち出してきたリストを見せてオーダー。

紙にした理由は窓口の方が片言の日本語だったからで、

口頭注文より意思疎通がラクだと思えたからです。

案の定、素早い精算ができました。

レシートに番号が書かれていて、

その番号を呼ばれたら受け取るという方式。

暫し待っていたら17時ジャストに料理が出来上がり、

そのまま持ち帰ることができました。

めっちゃラッキーでした。

image
書いてきた金額がテイクアウトのそれとは違ってましたが
部分的に値上がりしているのかも。
推察するに、玉葱を使ったお料理かと。

image
こちらがテイクアウトメニュー。

image
こちらが出前メニューと価格になります。

image
お持ち帰りの食べ方が描いてありましたが、
今日は雨だったもんね~という惨状になっていました。

image
購入したのはコチラの3種。

玉子チャーハン(塩) 700円×2
揚げ餃子(6個入り) 600円×2
砂肝黒胡椒炒め  950円
----------------------------------------
計        3,550円

image
今晩ごはん。

image
卵とネギしか入っていないのにめっちゃ美味しい。
そして量がめっちゃ多い。

image
揚げ餃子はあんかけになります。
これがめちゃくちゃ美味しい!!

わざわざ立ち寄って買って帰って良かった~。

母にも好評だったし、美味しかったし、大変満足致しました。

チャーハンは量が多いので二人で一つで十分かもしれんけど。

そして、出前エリアが文京区という縛りではなく、

半径何キロという縛りになってくれないかなぁ~

と願っているところ。

それが叶うまでは、せっせと白山上まで買いに行こうと思います。

揚げ餃子は特にオススメです!



image
【中華 兆徳(出前 お持ち帰り専用)】

東京都文京区向丘1-9-28
営業時間 11:00~15:00,17:00~21:30
[土日] 11:00~21:30
※電話受付は10:00〜15:00 , 16:30〜21:00
電話番号 03-3868-2166
※出前は今のところ文京区のみ
https://choutoku.net/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区向丘1丁目『ベルー洋菓子店』の焼菓子が繊細で美味。

image

予てより「いつかは行こう」と思っていた白山にある『ベルー洋菓子店』。

本日は文京区のコミュニティーバス(運賃100円)を利用して、

白山上までダラダラ乗車して行って参りました。

午前中の東京地方はめっちゃ雨が降っておりまして、

この中を出ていくのは難儀だなぁ…とウダウダし続けること4時間!

もの凄く遅い出足になりましたが、

動かねば動けなくなると気合を入れてみました。

と偉そうに申しましてもバス利用なので殆ど歩いていないんですけどね。

さて、『ベルー洋菓子店』は知る人ぞ知るって感じのお店でして、

男性おひとりで制作、販売して居られます。

焼菓子オンリーですが、どれも丁寧に作られている感が漂います。

言うなれば、繊細。

許可を頂いて今日のお菓子を撮らせて頂きました。

image
一目見た瞬間から「絶対これを買おう」と思った「プラム」。

image
以上が今日のラインナップ。
ペカンナッツ以外を一つずつ購入しました。

image
一番気になるのは「プラム」ですが、
今日急いで食べなくても良いかなと思い、食べるのを保留中。

image
見るからに美味しそうなオレンジのケーキ。
洋酒の香りが上品に漂い、しっとりとしていて大変美味。

オレンジのケーキがごっつい好みで、

これを一本食べてみたいと思いました。

切ってある方が食べ易くて(食べ過ぎなくて)良いんですけど、

気分的にはそれぐらい美味しかったです。

しっとり感が素晴らしい。

次回はこれを大人買いしよう。

見た目以上にクオリティーが高い気がするのに、

ネットでのクチコミがそれほど無くて驚くレベル。

焼菓子だからかなぁ。

まだ「ケーキオランジュ」しか食べていませんが、

オススメです。



image
【ベルー洋菓子店】

東京都文京区向丘1-9-19
(最寄り駅: 都営三田線 白山駅、南北線 本駒込駅)
営業時間 10:00~18:00
定休日:火曜
※現金のみ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区根津『根津のパン』のはちみつレモンジンジャーが美味しい。

image
明日、明後日はお休みだそうです。

近くに来たもんで『根津のパン』を覗いてみることに。

偶然、あまり人が並んでおらず、

10分後に出るバスに乗れそうな気配があったため、

最後尾に並んだら、あっさり入店出来ました。

image
はちみつレモンジンジャーブレッド

image
出来たて熱々だったので袋が湿気でびちゃびちゃになりました。
半分に割ってから味見したら、ふわふわで美味しい。

image
ミルクフランスも買ってみましたが、
こちらは好みではありませんでした。
パン生地が苦手な舌触りっつーか。

はちみつレモンジンジャーにレモン風味があるのかは分かりませんが、

何はともあれシンプルに美味しい。

そのまま食べられるおやつ食パンという感じでした。

このタイプのパンを皆さんが買っている理由がよく分かる。

パンについては馬鹿舌なので「好みかどうか」でしか語れませんが、

食パンはいろんな味があるので、一つずつ試してみたいです。

あまり並ばずに済む日があれば、ですけど。

幸い、バスの時間には余裕で間に合いまして、

またまたバスに乗り続けて無事に帰宅することができました。

結構歩いた気がしていたけれど、

今日の歩数は6211歩でした。

疲労度的には一万歩越えなんだけどなぁ…。



image
【根津のパン】

東京都文京区根津2-19-11
営業時間 10:00~19:00 (パン無くなり次第終了)
定休日:月曜、木曜
※現金のみ
https://www.instagram.com/nezunopan/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』の豆大福を久々に購入する。

image

久々に『谷中岡埜栄泉』に立ち寄って参りました。

豆大福の食べ比べをしたかったからで、

二個だけ購入し、一つは千葉県民Tに差し入れしました。

image
豆大福 @260円(税込)。

image
左が谷中岡埜栄泉、右が荻野。
谷中岡埜栄泉の方がほんの少し大きめです。

相変わらずの渋い木造建築と、明るい接客。

なんか和みます。



やっぱり好きなんだよなぁ、谷中岡埜栄泉。

豆大福も美味しいし。

千葉県民Tに感想を訊いたところ、

彼女も谷中岡埜栄泉を推していました。

「塩味強めで餡子の甘みも丁度良い」そうです。

同感です。

千葉県民Tから頂く豆大福の差し入れ共々、

結構沢山の豆大福を食べている気がしますが、

「また食べたいなぁ」と思うのがここの豆大福です。

舌に合っているんでしょうね。

長く続けて頂けると良いなぁと思っています。

それにしても、豆大福の世界は奥が深い。

引き続き探求したいと思います。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
※現金のみ
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区谷中『御菓子司 荻野』の豆大福は一つ160円(税込)。

image

昭和38年創業の『荻野』。

以前から豆大福を食べてみたいと思っていたのですが、

なかなか訪れることができませんでした。

今日はこの前を通りかかったので、

豆大福のみ買って行くことにしました。

image
豆大福の価格が他店よりもリーズナブル。

image
包装紙に書かれた「
㙒」(←表記されないかも)が本来の漢字です。

image
一つ一つラップに包まっているところもホッコリする。

他店に比べると激しく安い気がする豆大福。

柔らかくてそれなりに美味しいです。

コスパが良いです。

二個買いましたが、

この後で購入した別の大福一つと合わせて

食べ比べセットを千葉県民Tに差し入れしておきました。

その感想は後ほど。



image
【御菓子司 荻野】

東京都台東区谷中5-2-5
営業時間 10:00~18:00(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜、火曜
※現金のみ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区谷中『カフェポロン』のフルーツ入りのしっとりマフィン。

image

長らく気になっていた『カフェポロン』に入ってみることにしました。

2018年11月にオープンしたお店でして、ずーっと来れなかったんですよねぇ。

image
レトロなビルの一階の一部屋をリノベしているっぽい。

image
若い女性オーナーらしい独特の空気感があります。

image
テーブル席は2人がけ3席のみ。
ちょっと狭いです。

image
ここではマフィンを買うべきだろうと黒板をチェック。

image
お断りして写真を撮らせて頂きました。
(感染対策のビニールが天井からカーテンのように掛かっています)

image
目移りするほど、どれも魅力的。

image
特にこれなんかは絶対、間違いなく美味しいと思われる。

image
喉が渇いていたのでイートインスペースを利用することにしました。
プリンの文字、しかも数量限定という文字を見て即決。

image
イートインセットなるものがある。

image
気分は珈琲一択だったのですが、
後で「お店の雰囲気的にはハーブティーも良かったかも」
と思っちゃいました。

image
プリンと珈琲。
プリンの下に敷いているコースターが可愛い。

image
プリンは昔懐かしのかため食感でした。
上に載っているチェリーが良いアクセント。

image
食後はお盆を返却スペースに戻して退店。

どうしてもマフィンが食べたかったので、

テイクアウトしちゃいました。

image
左から、マンゴー、ゴルゴンゾーラ、レモンの3種。
※詳しい商品名は上の写真を見てください。

帰宅してからマフィンを食べてみましたが、

ぱさぱさしていなくて美味しい。

かたいマフィンがあまり得意ではないので、

これは好きだなと思いました。

軽いので、食べ終わっても喉が乾かないのもグッドです。

この辺りを散策することがあれば

次回もマフィンをテイクアウトしようと思います。





image
【カフェポロン】

東京都台東区谷中2-18-6
営業時間 10:00~19:00
定休日:火曜、水曜
※PayPayが使えます
https://www.instagram.com/pollon3956/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

箱義桐箱店 谷中店「小さな盆栽鉢と小さな桐箱展」を観に行く。

image

箱義桐箱店谷中店にて、

大島繭さんの「小さな盆栽鉢と小さな桐箱展」を

22日までの期間限定で開催していたので、

文京区のコミュニティーバス(100円)にだらだら乗って

谷中まで行って参りました。



何てタイムリーな個展なんだ! と

半ば興奮しながら向かったのですが、

作品群を見て、これに入れられるものを作る力量は

今のワタクシには無いと我に返り、

作品の購入を自粛しちゃいました。

しかし代わりに購入したのが以下のものです。

image
ユキヤナギらしい。

展示とともにミニ盆栽があったので、

そちらを購入しちゃいました。

ええ、完全にラクな方に流れています。

image
苔を置いても良いかもしれん。

ここからどう育てればよいかは今後考えるとして、

ちょっと盆栽について勉強してみようと思います。

image
傷つきで安くなっていた(300円)ので
桐箱も買ってみた。

なんだか絵を描きたい気がして来たので、

桐箱に絵を描いてみるつもり。

アクリル絵の具を発掘したけど

乾いて使い物にならないので、

先ずは下絵を描いてから

絵具を買うかを考えようと思います。

粘土を付けて立体的にしても面白いかも。

明日どこぞの美術館にでも行ってみようかなぁ。



大島繭さんのInstagram

image
【箱義桐箱店 谷中店】
はこよしきりばこてん やなかてん

東京都台東区谷中3-1-5(最寄り駅:千駄木駅)
営業日: 金曜、土曜、日曜、祝日
営業時間 10:30〜19:00
https://www.instagram.com/hakoyoshi_yanaka/
https://hakoyoshi.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区小石川『パティスリー レセンシエル』で爽やかな風に吹かれてイートイン。

image

またまた『パティスリー レセンシエル』にやって参りました。

前回はシュークリームをテイクアウトしたのですが、

本日は過ごし易い気候で爽やかな風が吹いているため、

店内で食べていくことにしました。



image
晴れと曇りが交互にやってくる天気。
播磨坂を下って角にあるお店に向かいます。

image
ひっきりなしにテイクアウトしていくお客さんたち。
午前中なのにどんどん商品が無くなっていきます。

image
カモミールティーと、上の写真の「ブーケ」を選択。
供されたプレートが逆だという気がする。

image
向きを変えてみた。
これを母の日に持って帰ると
お母さんのテンションが上がるんじゃなかろうか。
子供のお小遣い的にはキツイ値段だけれど。

image
ナイフがあると良いなぁと思った理由は、
側面がチョコレートで硬く、フォークでは切れないため。

シュークリームよりも、こちらのシリーズの方が好みかも。

ビジュアルも良いし、何より美味しい。

片っ端から買って食べたいぐらいです。

一度、自分へのご褒美買いをしてみようかしら。



image
【パティスリー レセンシエル】

Patisserie L'essentielle
東京都文京区小石川4-16-7
営業時間 10:00~18:00
定休日:木曜
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/patisserie_lessentielle/
https://www.lessentielle.info/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区小石川『spotlight』の水餃子&餃子はニンニク不使用で女性向きカモ。

image

餃子が食べたい熱が引かないもんで、

小石川のスポットライトにやって参りました。

個人的には公共交通機関が使いにくい場所にあるため、

徒歩での往復がベスト。

ゆえに餃子でも買って帰れちゃうぜーと

自分を鼓舞して歩いて参りました。

とか言いつつ、ここの餃子はニンニクを使っていないんですけどね。

image
餃子の味は4種類。
サイドメニューも豊富です。

image
水餃子が有名なんだけれども、
焼き餃子の気分だったので次回に先送り。

image
右端に貼ってるスムージーも人気商品らしい。
ここでも「まんとう」を売っているのね。
こちらも次回買って帰ろうと思います。

image
営業は11時から。ランチタイムは11時半から。
食べて帰るのもアリかもしれん。

image
生姜餃子としそ餃子、自家製ラー油(大)を購入。
これで1,430円(税込)。

image
ワタクシでも食べられる辛さのラー油です。

image
炒め物に使うと良さそう。

image
あんに味が付いているので何もつけなくて良い感じ。
ニンニクが入っていないからか、皮が違うのか、
独特の食感と味です。面白い。

ご夫婦で切り盛りしていてアットホームな雰囲気で、

女性のおひとりさまも居心地が良さそうです。

手作りだという皮が独特で、ちょっと他には無い感じ。

軽いっつーか、ツマミに最適っつーか。

うーむ。なんと言い表せばいいのだろう?

語彙が湧かないので、再訪して確認しようと思います。

次回はランチ時に行って、セット料理を食べてみたいなぁ。



image
【spotlight(スポットライト)】

東京都文京区小石川4-16-6
営業時間 11:00~19:30(L.O.19:00)
※LUNCH 11:30〜15:00
定休日:月曜、火曜
※PayPayが使えます
https://www.instagram.com/spotlight_suigyoza_and_yamucya/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区本郷2丁目『文京区立本郷給水所公苑』のバラが見頃で見事。

つる ピース

朝から『文京区立本郷給水所公苑』に行って参りました。

ウチの花瓶に生けた芍薬が満開になっているので、

これはバラも満開だろうと考えたからです。

バラの名所と言えば古河庭園ですが、

本郷給水所公苑は無料で入れるし、割と穴場なのです。

予想通りにバラが満開になって居りまして、

青空に映えてとても綺麗でした。

image
7時から開いているってのは知ってたけど
気合が入らず家でダラダラしてました。

image
立地からすれば、割と広いかもしれん。

image
東京都水道局本郷給水所の配水池の上を公園化しています。

友愛
これは「友愛」という名のバラ。

image
今が見ごろで咲き誇っているバラ。まさに、色とりどり。

友愛
背景はビルになっちゃうんだけれども。

image
時間と共にどんどん日差しが強くなる。

カリーナ
カリーナ

チャールストン
チャールストン

しろたえ
しろたえ

ユリイカ
ユリイカ

聖火
聖火

サン フレーア
サン フレーア

フォイエルツァウバー
フォイエルツァウバー

モナリザ
モナリザ

ミスター リンカーン
ミスター リンカーン

ブライダルピンク
ブライダルピンク

オクラホマ
オクラホマ

アンブリッジ ローズ
アンブリッジ ローズ

はまみらい
はまみらい

マリア カラス
マリア カラス

マリーナ
マリーナ

ホワイトクリスマス
ホワイトクリスマス

ブルームーン
ブルームーン

マジック カルーセル
マジック カルーセル

アイスバーグ
アイスバーグ

青空_b
青空

カリスマ
カリスマ

つる ピース
つる ピース

ベストなタイミングで来たのではなかろうか?

日差しがキツくなければここで花を愛でて居たいのだけれど、

手の甲が日焼けしてシミだらけになりそうな予感がするので、

本日はここまでにしておこうと思います。

プロミスとマリアカラス

階段を上るのが嫌なら、

東京都水道歴史館内から出る方が良いかも。

ちなみに東京都水道歴史館は9:30開館です。



image
【文京区立本郷給水所公苑】

東京都文京区本郷2-7
開苑時間 [4月-9月] 7:00~19:00, [10月-3月] 9:00~17:00
休苑日:12月28日~1月4日


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区本郷2丁目『森野米菓』であられを買ってなんか和む。

森野米菓

昭和8年(1933年)創業の『森野米菓』。

高齢のご夫婦が営む煎餅店です。

昔ながらのお煎餅屋さんという雰囲気で、

ガラスのケースにギッシリとお煎餅が並んでいます。

昔、神楽坂にもこういうお店があって、

叔母によくお遣いに行かされたなぁ~

と、ちょっと懐かしくなりました。

おじいさんが店番をしているのかと思いきや、

奥に向かって「お客さん!」と声掛け。

おばあさんが奥から出てきて接客してくれました。

おばあさんはご高齢なんだと思われるのですが、

かなりしっかりして居られ、とても親切。

相談しつつ、下の3商品を購入致しました。

森野米菓
価格帯は250円~900円と幅広いです。
左下の「磯巻」で800円だったかな。

開店時間が10時だと思っていたので、

この先の目的地に行った帰りに立ち寄るつもりでしたが、

その前から既にお店は開いていたので、

開店時間は気まぐれなのかもしれません。

たまたまかもしれませんし、

開店準備中にワタクシが強引に買い物をしたのかもしれませんが。

おじいさんは「頑固おやじ」らしいのですが、そんな気配も無く、

また、ネットでの評判はとても良いです。

跡継ぎは居られないそうなので、

ご夫婦がいつまでもお元気で営業していてくれると良いなぁ~

と願っております。

そして、ケースに入っているものを順番に食べてみたい。

お煎餅・おかき好きなもので、強く思っております。



追伸:シンプルだけれどお醤油の旨味があってワタクシは好きです

森野米菓
【森野米菓(もりのべいか)】

東京都文京区本郷2-21-5
営業時間 10:00~19:00
※10時前から開いていました
定休日:不定
※現金のみ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区小石川『パティスリー レセンシエル』のトンカ豆のシューアラクレーム。

image

小石川の播磨にある『パティスリー レセンシエル』。

春には桜を見ながらアルコール類も楽しめる人気店です。

テイクアウトも出来ます。

母がロールケーキを食べたいと言い続けているもんで、

あれば買って帰ろうと思い、入店。

美しいビジュアルのケーキが並んでおり、

シンプルな形状のケーキはシュークリームしか無い。

せっかくなので、徒歩での持ち運びが簡単そうな

シュークリームを購入致しました。

image
シューアラクレーム 350円(税込)
「トンカの香りの​カスタードクリーム」のトンカが謎でした。

image
粉砂糖がたっぷりかかった魅力的なシュークリーム。

image
トンカ豆の色なのかモカっぽい色のクリームがたっぷり詰まっています。

トンカ豆とは、中南米原産のマメ科植物の種子です。
芳香性の高い香り成分「クマリン」を含み、バニラに桜の葉や桃の花を加えたような 甘く上品な香りを持っています。

独特なフレーバーで、母は絶賛していましたが、

ワタクシは「???」という疑問符が脳内を乱舞するほど

よく分からない(または嗜好に合わない)香りでした。

甘ったるい香りが苦手なのが敗因かしら。

他の人の感想が気になったので検索してみたのですが、

皆さん大絶賛でした。

そうか。そうなのか。

トリュフの香りが大好きな人と、

そうではない人の違いみたいなものかも?

しかし、他の商品がとても気になるので、

次回はそちらを食してみようと思います。



image
【パティスリー レセンシエル】
Patisserie L'essentielle

東京都文京区小石川4-16-7
営業時間 10:00~18:00
定休日:木曜
※Suicaが使えます
https://www.lessentielle.info/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区小石川『ナッティーズ カフ』のプリンが激ウマっ!

image

小石川植物園から移動して『ナッティーズ カフ』に立ち寄って参りました。

ここはパンケーキやプリンが人気の小ぢんまりしたカフェです。

先ずは入り口近くのカウンターで注文&支払いをするのですが、

パンケーキとプリンと珈琲にするか、

パンケーキかプリンに珈琲を付けるかで迷いまくりました。

image
カフェラテとプリン。

image
このプリンが激ウマで驚愕。
滑らかでカラメルが甘くなくほろ苦くて絶妙。
すぐに食べに再訪したくなる味でした。

image
カフェラテは普通に美味しい。

次回は是非ともパンケーキも食し、プリンも食し、

メニューを侵略していきたいと思います。

テイクアウトできるならプリンを持ち帰りたいぐらいよ、大量に。

それが出来ないと思われるので、気合を入れて歩きたくなったら

再訪しようと思います。

image
続きか気になる映画が流れていたけれど、タイトルは何だろう?


image
【ナッティーズ カフ】
NUTTY'S CAFF

東京都文京区小石川4-17-17
営業時間 10:00〜16:00 (L.O.15:30)
定休日:月曜、火曜、水曜
※PayPayが使えます
https://www.instagram.com/nuttyscafftokyo/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区向丘『Rural Coffee』は"一杯のコーヒーで繋がる都市と地方"がコンセプトのカフェらしい。

image

千葉県民Tと二件目のカフェにやって参りました。

二件目はワタクシが選択。

先のカフェから割と近い住宅街にある『Rural Coffee』。

元は住宅だったんだろうか? 店舗だったんだろうか?

"一杯のコーヒーで繋がる都市と地方"がコンセプトだそうですが、

繋ぐ地方は愛媛県だそうです。

オーナーが学生時代に始められたカフェで(今も学生かも?)、

愛媛県の出身なんだとか。

この日はあまり種類がありませんでしたが、

野菜などの物販もしているそうです。

image
昭和建築をリノベした店舗は、なかなか興味深い造り。

image
愛媛と繋いでいるからミカンジュースが置いてあるんですね。

image
各種電子マネーが使えます。

image
スタッフさんはとてもフレンドリーな若者でした。
って、彼がオーナーだったりするんだろうか?

image
とりあえずカフェラテを選択。

image
コワーキングスペースにもなる店内。
誰かの部屋に来たみたいな雰囲気。
OSB構造用合板が剝きだしってところも興味深い。

image
千葉県民Tはアイスコーヒーをオーダーしてました。

千葉県民Tが珈琲を飲んで首を傾げていたので、

あまりお好みでは無かったのかもしれん。

次の目的地が違うので店前で解散したため、

感想を訊いてないけど。

先ほどの珈琲があの味で300円台だとすれば、

ここの珈琲はちょいとお高めかな? と感じました。

でも居心地は良さそうだし、

のんびりするには良いお店かも。



image
【Rural Coffee(ルーラルコーヒー)】

東京都文京区向丘1-16-17
営業時間 9:00~18:00
定休日:月曜
https://www.ruralfrontier.com/services/rural-coffee/
https://www.instagram.com/ruralcoffee2020/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区西片『River Coffee & Gallery』の珈琲が安い。

image

巣鴨に行くぞと思って歩いていたら、前方に千葉県民Tを発見。

近寄って訊いてみたところ、東大前のカフェに行くと仰るので、

同伴させていただくことにしました。

連れて行ってもらったのが『River Coffee & Gallery』。

それほど広くはないカフェです。

この日は企画のない日で閉まっていましたが、

ギャラリーもあるっぽい。

珈琲は300円からとお安めで、

あまり広くはないので長居は出来ない感じでした。

image
小ぢんまりしているものの雰囲気は悪くない。

image
カフェオレ 350円。
味は普通。

東大近辺にお洒落なカフェがあまり無いイメージなので、

ここは貴重な存在かもしれん。

中山道沿いなので立地も悪くありませんが、

二軒向こうにあるカフェは廃業してるっぽい。

学生さんが通学しないと難しいエリアだろうなと

ほんのり思いました。

この近辺を散策中に、ちょっと喉を潤したい時に丁度良いかも。



image
【River Coffee & Gallery】

東京都文京区西片2-21-6 紅谷ビル1F
営業時間 10:00~18:00
定休日:月曜
https://www.instagram.com/rivercoffeeandgallery/
https://rivercag.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。