sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

文京区@壱景

文京区根津1丁目『SIGNE COFFEE』のTake out スイーツセットを予約購入。

image

根津にある『SIGNE COFFEE』がずーっと気になっていたのですが、

今は完全予約制になっているためハードルが高いなぁと感じておりました。

しかし昨晩、偶然SNSでテイクアウトに空きがあるのを知りまして、

予約サイトでポチってから、本日ピックアップしに行って参りました。

いつもは看板が出ているのでしょうが、今は予約制なので看板が無く、

「え!? ここで良かったよね?」とちょっぴり不安になりつつ入店。

店内では予約した方々が粛々とカフェメニューを味わって居られました。

image
Take out スイーツセット 1,650円(税込)
ぶどうのパンナコッタ 1個
あんこのヴィクトリアケーキ 1個
きな粉のチーズケーキ 1個

早速、ヴィクトリアを食べてみましたが、

甘さ控えめで程よい食感で「ふむ。」という感想。

ヴィクトリアのあんこは「根津のたいやき」のものらしいです。

「根津のたいやき」もワタクシの野望の一つなのですが、

あちらは平日しか営業していない上に、売り切れるのが早いので、

いまだに食べたことが無いんですよねぇ。

何年後に野望が達成できることやらって感じ。

ちなみにヴィクトリアを食べるお供はおさ湯だったもんで、

残りのものを食べる時は、きちんと珈琲を淹れようと思います。



image
【SIGNE COFFEE(シグネコーヒー)】

東京都文京区根津1-22-10(根津駅1番出口から徒歩4分)
営業日時:SNSで要確認
定休日:不定
※現金のみ
https://www.instagram.com/signecoffee/
https://www.facebook.com/signecoffee/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

東京ドームシティ「ハンドメイドマルシェ」と「東京ハンドメイドフェス」に行って来た。

image

予てより行こうと決意していた東京ドームシティのイベントに行って参りました。

屋外展示のため、昨日は台風で中止になっていたのです。

本日は台風一過の快晴で、朝から東京ドーム界隈は親子連れでほどほどの賑わい。

ここまで来るのに歩くか電車に乗るかでかなり迷ったものの、

現地でそれなりに歩くだろうってことで電車を利用。

これが英断だったと帰宅後にカクカクする膝の違和感で実感致しました。

無理はしちゃだめ、絶対。って感じ。

image
ハンドメイドマルシェは黄色いビル付近で開催中です。

さて、このイベントに来た理由は、気になる作家さん達が出展されているからで、

実物を見て「ナルホド」と思うものや、「スゴイナ」と思うものがあり、

ネットで購入するのとは違うなぁと感じました。

実際に見て「スゴイナ」と思ったものの、値段も「スゴイナ」って感じだったため、

出展作品のうち最も安価なものを一つだけ入手致しました。

image
児玉彩さんのInstagramはコチラ

image
凝った造りのものは、やっぱり良いお値段。

image
これスゴイナと思ったら非売展示品でした。

image
こちらのシマリスも良い感じ。ほーっ。

image
イイナと思うものは予算外だったので、こちらの熊を購入致しました。

ここで割引券を頂いたので、すぐそばの建物で開催中の

「東京ハンドメイドフェス」も覗いてみました。

入場料1,000円のところ、割引券利用で800円で入場できました。

image
編み物?のクラゲとマンタが天井からぶら下がっていました。可愛い。

一歩入ったら、おば様だらけ。

どんな内容か理解せずに入りましたが、パッチワークが主っぽい?

入口にデデーンとキャシー中島さんの作品が展示してありました。

その次の展示品がおば様たちが熱心に写真を撮っているなぁと思ったら、

広瀬光治さんのニット作品でした。やっぱ人気なんですねぇ。

image
パッチワークだけでなく、こんなお店もありました。

image
柿渋染めのバッグのほかに山葡萄の籠などが並んでいます。

image
札に付いている価格から1,000円近く値引いてくれました。

image
酒袋だから丈夫なんだろうなぁ。

パッチワークや自分で手芸をする趣味のないワタクシには、

800円はお高く感じました。

おじさんが鞄を割り引いてくれたので、チャラにはなったけど。

目が悪くなければ、手芸を趣味にするのもいいだろうなぁとは思うものの、

目が悪くなくても手を出したことはないので、

ワタクシには無縁の趣味かも。

でも、まあ、なかなか興味深かったです。

image
出口付近でダマスクローズウォーターを売ってました。
小さいスプレーボトルで1,050円(税込)でした。
たまに使いたくなるよねダマスクローズウォーターって。

最近レジンのアクセサリー作りに興味が湧いておりまして、

いずれ材料を集めて作っちゃうかもしれん。

でも年齢的には身に付けられないので、

スマホケースをデコるのが無難かもなぁ。

ってことを、本日ハンドメイド作品を見て回ったことで思いました。

今はジェルネイルの道具を揃えるので頭がいっぱいなので、

応用できそうだと感じたら手を伸ばそうと思います。

芸術の秋はすぐそこに、ですなぁ。




にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区音羽『群林堂』の栗蒸し羊羹など。

image
栗蒸し羊羹 
たぶん200円。これで2個。

群林堂の「おはぎ」が食べたくて行ってみたところ、

扱うのは来週になるんだそうな。

「お盆は来週だからね」ってことで。

訪問が早い時間だったので品揃えが良かったため、

とりあえず目についたものを買ってみました。

お団子は初めて見た気がする。

image
お団子は千葉県民Tに差し入れ致しました。

image
小分けに包んで貰うのが気が引けるお店
(っつーか、遠慮してくださいと書いてある)
なので、纏めて包んで貰ったら
千葉県民Tへの差し入れには適さなくなりました。

image
栗は上にだけ載っているタイプの
栗蒸し羊羹です。

なんだかお店の雰囲気が変わってしまった気がします。

何が、かは分かりませんが、昔の群林堂感は消えてしまったような。

昔は町のお餅屋さんというのんびりした感じだったのに、

今は行列は当たり前なので「ちゃっちゃと選んで」感が半端ない。

歳をとったためか、このテンポについていけなくなっているワタクシ。

再訪は、また、いつか、かな。



image
【群林堂(ぐんりんどう)】

東京都文京区音羽2-1-2
営業時間 9:30~17:00(売り切れ次第終了)
定休日:日曜、月曜、臨時休業あり


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区西片1丁目『DRYADES (ドリュアデス)』というチョコレートショップは3年前からあったらしい。

image

『石井いり豆店』の帰りにふと見たら

隣が何かのショップだと気づきました。

以前は目にしなかった気がするから、

出来たばかりなのかも?

と思って、サクッと入店。

image
どうやらチョコレートショップらしい。
ワタクシはチョコがあまり得意ではないけれど、
誰かへのプレゼントに使えるかも? と思って探してみる。何かを。

image
これはお手頃価格で使えるのではなかろうか?
各444円(税別)。

image
今回買ってみたのはこちらの3点。

チーズケーキが良さそうだったけれど、

今日は大量に色々買った日なので購入を控えました。

気になったので「いつ頃オープンしたんですか?」

と訊いてみたら、

「3年前です。よくその質問をされるんですよ」

と言われました。

お店の入口がちょっと特殊なので、

見落としがちなのは、たぶんワタクシだけではないはず。

ネットでの評判は良いので、

チョコレート好きには有名なお店なのかも。



image
【DRYADES (ドリュアデス) 春日店】

東京都文京区西片1-2-8 BRICK BLOCK 1F
(地下鉄 都営三田線 大江戸線「春日駅」A6出口から徒歩3分)
営業時間 11:00~19:00
定休日:不定
※Suicaが使えます
https://dryades.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区西片1丁目『石井いり豆店』で豆菓子をちょっと購入。

image

明治20年創業の『石井いり豆店』は、

三田線春日駅から割とすぐのところにある豆菓子店です。

ササっと来た人がササっと目当ての豆を買って行きます。

人気店ゆえか、夕方ともなると売り切れている豆菓子もある。

今日は前回と比べて、かなり種類が少なかったです。

節分的な豆のシーズンではないからかしら?

image
紅梅豆、
バター豆、グリンピース

一袋300円からという価格帯っぽいので買いやすい。

今回3袋買いましたが、計990円(税込)でした。

今気づいたけれど、

ここの豆菓子をちょっとしたお返しに使うのはアリかも。

豆源と違って、お店が他にないのでレア感がありそうだし。

次回はその点を考慮して買いに来ようと思います。




image
【石井いり豆店】

東京都文京区西片1-2-7
営業時間 9:30~19:00
定休日:日曜、祝日

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』6周年記念のコンフィチュールとエコバッグ。

image

9月5日にアヴランシュゲネーは6周年を迎えるそうで、

4日と5日の2日間、コンフィチュールが先着100名、

1,500円以上の商品購入でエコバックが貰えます。

エコバッグも数量限定だった気がします。

ゆえに今日は並ぶだろうなぁと思い、

開店約一時間前にお店に向かいました。

一時間前なのに既に行列ができていて、

ワタクシが目的を達成してお店を出るころには

驚くほどの行列の長さになっていました。

期せずして本日は霧雨で、

傘をさすことでパーソナルスペースが保たれている感じ。

これが炎天下だったら辛かっただろうなぁと

今日であることがラッキーだったと心から思えました。

image
6周年記念限定クッキーBOX 1,500(税込)/個
缶の絵がお店の外観になっています。

image
内容はこんな感じ。

image


image
こちらが先着100名に配布された
フランボワーズと拘りの宇治抹茶のコンフィチュール。

行く前から買うと決めていた上の2種はともかく、

今日食べる生菓子もじっくり選んで買いたいと思うも、

行列ができているため、

ササッと買い物を済ませなければと焦る小心者のワタクシ。

結局、いつもと変わり映えの無いものを選んでしまいました。

image
最近買えてなかったシュークリームをとりあえず選び、

image
定番のピスターシュも選択。

image
今回初めて選ぶのはこちらのマグダレナ。

image
スポンジでの嵩増し感がなく、
クリームが軽いのでペロリと胃袋に収まりました。
これはウマウマ。

後から写真を見たら「リモ」も買えば良かったかもとプチ後悔。

レモンだったら美味しいんじゃないかなぁ。たぶん。きっと。

次回、行列ができていないときに(もしあれば)買いたいと思います。

image
記念のエコバッグがこちら。
意外と大きいです。

image
店名がひっそりと入っているので、使いやすそう。

今日の散歩先に選んだ春日界隈。

疲れたので結局バスを利用して帰宅しちゃいました。

今日の歩数は3448歩。

引きこもり後のリハビリ散歩だと思えば、まあいいや。

カロリー微減、カロリーチャージ増量。

まあ、そんなこなんで明日は純粋に散歩しなきゃとは思ってます。

だか、反省はしていない。



image
【Avranches Guesnay(アヴランシュ ゲネー)】

東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A7(エレベーター)出口から徒歩2分
営業時間11:00~19:00
定休日:月曜、火曜、不定休あり
※今の時期の営業時間や休みなどは未確認です
※電子マネーはPayPayのみ。カード類は使えません
https://www.avranches-guesnay.com/
https://www.instagram.com/avranchesguesnay/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区水道『うなぎ はし本』から鰻重を出前して貰う。

image

文京区水道には有名鰻料理店が2店あります。

そのうちの一つが天保6年(1835年)創業の老舗『うなぎ はし本』。

ここで出前をやっていると知り、

ランチ時届けてもらうべく予約を入れてみました。

最近はデリバリー専門業者が主流になりつつありますが、

まだまだ出前文化は廃れていなかったらしい。

出前の方が安心できると思うのは前時代的感覚なのかしら。

さて、出前は2,000円以上の注文からで、

今回は初回だし、母と二人分だしってことで特上を選択。

本当は昨日依頼を試みたのですが、

既に鰻が予約分で売り切れたとのことで、

本日の依頼になりました。

人気店なので、お店で食べるのも、出前をしてもらうのも、

どちらも事前予約が良さそうです。

やはり暑い日は皆さん鰻を食べたくなっちゃうものなんですねぇ。

image
指定時間の10分前ごろに到着。
風呂敷の中から鰻の良い香りが漂います。

image
お店で食べるのと変わらない感じのセットでした。

image
肝吸いのためのお出汁は別途サーモスのボトルに入っていて、
熱々の肝吸いがいただけます。

image
久々に鰻で「飲める」と思いました。
ご飯の量も丁度良い感じ。
タレは甘さ控えめでサッパリしています。
甘い奈良漬けとの相性が素晴らしい。

これから鰻を食べたいと思ったらわざわざ店舗に行かなくても

「はし本」から出前を取れば良いんじゃないかと思えます。

お店で供されるタイミングと変わらない熱々感があり、

十二分に美味しい。大変気に入りました。

夏バテを感じた時にまた頼みたい。

容器一式は洗って玄関先に出しておけば引き取ってくれるし、

引きこもり気分で温かい美味しいものが食べたいときにベストかも。

スッピンのままで食べられる点も、夏場は善き哉。

緊急事態宣言下だし、近場で出前をしてくれるお店を探してみようかな。

そんな今現在の歩数は124歩。

カロリーの消費しどころが無い…。



【うなぎ はし本】
東京都文京区水道2-5-7
営業時間 11:30~14:00,16:30~20:00(L.O.19:30)
※出前時間は12:00から ※出前は現金のみ
[出前]https://www.unagi-hashimoto.jp/delivery.html

定休日:月1回水曜(電話にて要確認)、木曜
https://www.unagi-hashimoto.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

文京区本郷4丁目『Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)』で珍しくチョコレート製品を買う。

image

三田線利用で帰宅をしたため、

春日駅で下車してアヴランシュ・ゲネーに立ち寄って参りました。

ワタクシが入店した時は隙間時間だったようで、

店外に行列は無くあっさり購入できました。

定番のピスターシュほか数点を購入。

久々だったので浮かれて複数買ってしまいました。

今回初めてシトロンのタルトを買いましたが、

中に濃厚なチョコレートが入っているのには驚きました。

シトロンとチョコは合うんだろうか?

あまりチョコが得意ではないため、ちょっとした違和感を覚えました。

とか言いつつ、今回はチョコ製品を買っちゃってるんですけどね。

ギモーヴに杏があれば、そちらを選んだと思うのだけれど。

杏の誘惑に弱い今の時期のワタクシです。

image
アプリコットの文字を見て購入を決意したのがコチラ

image
ソーシッソン アイリ(Saucisson Airi)700円(税別)  
中にギモーヴが入っているらしいです。
ここのギモーヴは美味しいのよねぇ~。

ピスターシュは590円(税別)で、いつの間にか値上がりしてました。

まあ、バターも小麦粉もピスタチオも値上がりしてますもんね。

しゃーない。

それはそうと、今の時期のコンビニスイーツでピスタチオが大流行中。

流行と言っていいのかは不明なれど、結構いろんな商品が出ていて驚きです。

どこかから大量にピスタチオが輸入できているんだろうか?

気になって調べたら、2020年にピスタチオが大豊作だったため、

2021年の輸入が増加しているっぽいですね。

(今のピスタチオ商戦の理由がそれとは限らんが)

コンビニでピスタチオアイスがめっちゃ出ているのが気になるので、

今のうちに買い溜めしておこうと思います。ピノとか。

それはそうと、お店を出るころには長蛇の列ができており、

やっぱり隙間だったんだと納得しました。

まだまだアヴランシュ・ゲネーの人気は衰えませんなぁ。



image
【Avranches Guesnay(アヴランシュ・ゲネー)】

東京都文京区本郷4-17-6
都営三田線春日駅A7(エレベーター)出口から徒歩2分
営業時間11:00~19:00
定休日:月曜、火曜、不定休あり
※今の時期の営業時間や休みなどは未確認です
※カード類は使えません
https://www.avranches-guesnay.com/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区音羽『群林堂』の豆大福をごっつい久しぶりに買う。

image

谷中岡埜栄泉の豆大福が食べたくなったものの、

行ってみたらお休みでした。

image
日暮里から上野に向かって歩いて来てみた。

image
当初の緊急事態宣言期間はお休みだったんですね。

このまま上野まで行く気が萎えたので、

根津に向かって歩くことにしました。

文京区のコミュニティバスで帰ろうかと思ったのですが、

信号待ちをしている間にバスは走り去ってしまい、

次まで20分間も待てないし、歩く気力も失せたため、

適当に都バスに乗車することにしました。

行き先は護国寺経由の江戸川橋駅方面。

江戸川橋駅から歩こうと、

のんびりバス旅気分を味わっていたところ、

ふと群林堂の豆大福が食べたくなりました。

ちょうどその辺りでバスが停車したので、思い切って下車。

バス停前がお店だったので、そのまま列の最後尾に並びました。

と言っても、3人ぐらいしか並んでいなかったため、

もしかしたら売り切れかもなぁと覚悟しつつ待つこと3分ほど。

店内に入ると、柏餅は売り切れてしまいましたが、

豆大福はある程度残っていました。

めっちゃラッキー。

千葉県民Tへのお土産としても同数購入し、

そこから徒歩で家路を辿りました。

ここに買いに来るのはいったい何年ぶりだろう?

少なくとも十年以上はご無沙汰だった気がする。

店主さんたちはご高齢になっており、

月日の経過を感じました。

ワタクシが立ち去った後にも列ができていたけれど、

最後尾の人が入手するのは厳しいかもなぁ。

ちなみに千葉県民Tは

「ちょうど食べたいと思っていたところ」

だったそうです。

以心伝心。

ちなみにこの大福が

本日ワタクシが口にした初めての食べ物となりました。

一つ食べて満腹になったので、

もしかしたら今は胃が小さくなっているのかもしれん。



image
【群林堂(ぐんりんどう)】

東京都文京区音羽2-1-2
営業時間 9:30~17:00(売り切れ次第終了)
定休日:日曜、月曜、臨時休業あり

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『ウサギノネドコ東京店』で気になっていた「こうぶつヲカシ」を入手する。

image

京都にある『ウサギノネドコ』の2号店が谷中にあります。

鉱物や世界中から収集した標本や

それに類する作品を展示販売するお店です。

ちょっと他には無い感じかも?

実はワタクシ、コレクションしてはいないものの鉱物好きです。

コレクションしない理由は、鉱物はお高いから。

欲しいと思うものには手が出せないってのが正直なところです。

糸魚川で拾ったものとか、台湾で買ったものとか、

大昔に太宰府天満宮の境内の骨董市で買ったもの、

東京の本郷にあった骨董店で買ったものぐらいしか持っていません。

昔、会社関係の登山の会に入っていたのも、

山で石とキノコを見るのが好きだったからなんですよねぇ。

自分の身体が重くて持ち運べなくなってからは脱会しましたけど。

さて、今日ここに足を運んだ目的は鉱石を買うためでありません。

鉱石を模した琥珀糖(和菓子)がございまして、

欲しいと思っていたその「こうぶつヲカシ」が

このお店にも置いてあると知ったからなのです。

オンラインストアの価格よりはお高いとは思いますが、

あちらは予約商品だったりするし、

福岡県からだと送料もかかるので、

ここで手に入るなら有難いです。

image
こうぶつヲカシ 3,780円(税込)

image
日持ちは2週間程度です。

お菓子とは別に、

良い感じの鉱石があれば購入することを考えていましたが、

今回は惹かれるものがなかったのでお菓子のみ購入。

今回入手した琥珀糖も常時あるものではないようですが、

美味しかったら入荷のタイミングでまた買いに来たいなぁ。

ちょっと歩くけど。

鉱物を見て目と脳が楽しみ、琥珀糖を食べて舌が喜ぶ。

最高かも。



image
【ウサギノネドコ東京店】

東京都台東区谷中2-3-3
営業時間 [平日]12:00~19:00,[土日祝]11:00~19:00
定休日:水曜
https://www.instagram.com/usaginonedoko_tokyo/
http://www.usaginonedoko.net/tokyo/shop/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『パン工房 こむぎゅ』でコッペパンを5個買ってきた。

image

土日しか開いていないパン屋さんが日暮里駅近くの谷中にあります。

前回食べて美味しかったので、ちょいと調達しに行って参りました。

image
コッペパンはジャムなどのトッピング
が可能(+80円

image
コッペパンを5個購入しました。
計600円(税込)。

谷中界隈にはそれなりら人が多そうでしたが、

この付近は空いています。

このパン屋さんが穴場なのかもしれん。

置いているものはコッペパンやあんぱんでして、

シンプルだけれども美味しいと思います。

コッペパンには調理した具材を挟むつもり。

絶対美味しいと思う。

あとで麺を買いに行って焼きそばパンにしようかとも想像中。

そんな感じで、まだまだパン食は続きそうです。




image
【パン工房 こむぎゅ】

東京都台東区谷中5-9-26
営業時間 10:00~16:00
定休日:平日(月~金)
http://www.komugyu.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区湯島1丁目『湯島聖堂』のハンカチノキに花はまだなし。

image

湯島聖堂に行って参りました。

ワタクシ、ハンカチノキが大好きでして、

5月になると花を見に行きたくなるのです。

今年は桜も藤もツツジも開花や見頃が早いので、

もしかしたらハンカチノキの開花も早いかもしれん。

そう思って、確認すべくやって参った次第です。

image
敷地内に階段がありまして、

image
階段脇に若い樹があります。

image
葉を見上げたら、花はまだまだ咲かないっぽい。

樹を見て納得できたので、御茶ノ水駅に向かうことに。

昼間に駅を外から見ることはあまりないのですが、

工事現場を見たら結構建物ができていて驚きました。

が、橋を渡る側が工事現場側ではなかったので、

写真を撮ることは叶わず。

GWになったら、散歩がてら撮りに来たいと思います。

image
秋葉原方向のロケーション。

image
こちらが工事中の御茶ノ水駅側。
すごいところ
(下が外堀)に重機を置いてますよねぇ。

image
平日の時間限定で空いている御茶ノ水駅の出口脇に、
御神木っぽい扱いをされている樹がありました。
以前からこんな感じだったっけ?

image
真新しい札に見えるので、最近掛けられたのかも?

久々に駅の外に出ると、新発見がありますね。

飯田橋駅からここまで来るのは上り坂なので、

GWに散歩に来ることがあれば、

片道は電車利用をしたいと思います。

肺活量がね…。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区湯島1丁目『大國屋治助 あめ』にようやく行けた。

image

神田明神の側の中山道沿いにある『大國屋治助 あめ』。

樋口一葉も買いに来ていたという飴屋です。

昔ながらの雰囲気がある飴が並び、

ネットでの評価も高い。

買ってみたいと予てより思っていたのですが、

本日ようやく野望が達成できました。

向かったのは午前中でしたが、

半分シャッターが閉まっていて営業しているかが不明。

しかし、タイミングよくお店の中から人が出てきたため、

中に入らせていただけました。

image
ニッキ飴、黒糖飴、杏飴、サイダー飴、
晒し飴(薄荷かも?)と黒糖ニッキ飴(?)の6種。
しかし、ニッキ飴は売り切れていて買えませんでした。
税込200円です。

image
黒糖飴は午後に貰われていきました。
ただし、袋に味の記載が無いため、
「たぶん黒糖」というものを渡しました。
間違っていたりして。

店内には水あめの缶が所狭しと並んでいます。

手作りの飴ゆえ、無駄な甘さが無いんだろうなと推察。

飴はあまり食べませんが、

ここのは舌触りが良いと評判で、気になっておりました。

夏場は溶けちゃうかもしれませんが、

今みたいな季節だと、溶け難くてちょうど良いかも。



image
【大國屋治助(だいこくやじすけ)】

東京都文京区湯島1-2-12 ライオンズプラザお茶の水1F
営業時間(目安) 10:00~18:00
定休日:基本的には無休

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』のレアなおはぎ(牡丹餅)を買いに行く。

image

今日はあいにくの風雨。

あまり濡れたくないなぁと思ったため、

台東区のコミュニティバスを利用して

『谷中岡埜栄泉』まで行って参りました。

先日豆大福を買って美味しかったのですが、

今日はお彼岸限定で出るおはぎ(牡丹餅)が目的。

粒あんとこしあんの二種類だけかと思いきや、

きな粉もあったため豆大福を買うのは次回にして、

三種類一つずつ購入しました。

image
賞味期限は当日中。
時間とともに固くなるので早めに食べるのがオススメです。

image
きな粉も売ってました。

image
帰宅後、短時間お供えしてから頂くことにしました。

おはぎ(牡丹餅)の販売は今日までだそうです。

雨なので客足が鈍いのではないかと呟いて居られましたが、

お墓参りをする方を頻繁に見ましたので

大丈夫だといいなと思っているところです。

帰宅後二つ食しましたが、やはり美味しい。

食感がムチムチしていて歯が気持ちいいっつーか。

若干の塩味も感じられて、サッパリと頂けました。

甘さは控えめかもしれん。

次におはぎが食べられるのは秋になりますが、

その間は豆大福を買いに通おうと思います。

コミュニティバスを利用すると上野駅からワープできて

今日みたいな天気の日には便利かも。

image

結構咲いている枝もあったけれど、

全体的には来週末が桜の見ごろかもなぁ。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』の豆大福を買いに行ってお店のファンになる。

image

明治33年創業の『谷中岡埜栄泉』。

江戸時代から続く岡埜栄泉の屋号を暖簾分けされたお店です。

現在の建物は戦後すぐに再建されたものですが、看板だけは創業時のもので、戦時中はお寺に預けて難を逃れたそうです。

大福で有名な『岡埜栄泉(または岡野栄泉)』と名の付くお店は東京に三十店舗以上あるらしいですが、暖簾分けと、そうではない店舗があるみたいです。

確かに別ものなんだなぁとここの豆大福を食べて実感しました。(岡埜栄泉についてはこんな面白い記事がありました)

ちなみにワタクシは豆大福は群林堂のが一番好きです。ながらく食べていないけれど。

ウチからだと中途半端な場所にあるので、歩くのに気合が必要なんですよねぇ。

さて、今回初めて訪問してみた『谷中岡埜栄泉』。

ご家族で豆大福を作っているそうですが、大変美味しいです。

image
ショウケースには人形など細々としたものが入っています。
一瞬、「商品はどれだ!?」と思いますが、
ここでは定番品が決まってるので迷うことはありません。
「豆大福ください」という言葉で事足ります。うん。


image
豆大福を2個と、栗饅頭を1個買ってみました。
計800円(税込)なり。

image
豆大福はその日中ですが、栗饅頭は少しだけ日持ちするそうです。

帰宅後すぐに一個食べ、夕方に残り一個を食べましたが、帰宅後すぐの方が断然美味しい。

いや、数時間経っても美味しいっちゃー美味しいのですが、午前中に食べる方が、つきたてのお餅がトロトロで柔らかく、まるで飲める豆大福って感じです。

実際に飲んだらヤバいのでそこは推奨しませんが、感想としてはそんな感じ。

こしあんの滑らかさと少しの塩気、赤えんどう豆の風味が混然一体となって口の中で広がります。

ウマ~っ。これはリピ買いですわ。

当初買う予定のなかった栗饅頭ですが、訊くところによると刻んだ栗が白あんに混ざって入っているそうです。

大きな栗一つだと齧った場所で味に差が出るので、あえて刻んだ栗にしているのだとか。

ついでに期間限定品である「おはぎ(ぼたもち)」について予定を訊いてみたところ、17日から出そうと思っているそうです。

(2021年の春のお彼岸は3月17日(水)から3月23日(火)まで)

20日と21日の土日は確実に出すと聞きましたので、その頃に再訪しようかなと思っております。

でもお彼岸だし、谷中霊園があるし、桜が綻びそうだし、混んじゃうかもなぁ。

まあ、そんなこんなでここの豆大福はワタクシの中で上位ランクに躍り出ました。

やはりその場で作っているお店は強いよねぇ。

建物も好みだし、場所も良いし、今後は豆大福が食べたくなったらここも候補に入れようと思います。

今日の出会いに大満足のワタクシです。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『パン工房 こむぎゅ』のあんぱんとコッペパンが美味。

image

土日しか開いていないパン屋さんが日暮里駅近くにあります。

日暮里駅近くってよりは谷中にあると言うのが正しいのかも。

前から気になってはいたのですが、

今まで行く機会がありませんでした。

看板が出ていなければ場所が分からないだろうと思えるお店で、

民家の一角でパンを焼いて居られる感じです。

パンの種類はそれほど無いものの、

食べてみたら結構ワタクシの好みに合致する味でした。

って、言うほどパンの違いが分かるわけではないんですけどね。

image
あんぱんとコッペパンが主力商品っぽい。
価格も手ごろです。

image
コッペパンには+80円でトッピングができます。

image
持ち帰り時にへしゃげたコッペパン。
それはそうとレーズン食パンがあったので購入しました。
焼いたのは昨日だとのことで値引きしてくれました。

image
あんぱんの中はこしあんです。
これ、めっちゃ好き!

image
朝早かったからか、まだ焼いている途中のパンもあったみたいです。

コッペパンもかなり美味しいです。

次回はコッペパンを複数買って冷凍保存しておきたいなぁ。

そして自分でお惣菜を作って挟んで食べたい。

連日行くには躊躇われるエリアなので(混むから)、

次回は桜が終わる頃に再訪したいと思います。

個人的にはオススメです。



image
【パン工房 こむぎゅ】

東京都台東区谷中5-9-26
営業時間 10:00~16:00
定休日:平日(月~金)
http://www.komugyu.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
※SNSは閲覧していますが発信しておりません。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。