sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

神奈川@壱景

神奈川県藤沢市『江島神社 奥津宮』の「八方睨みの亀」。

奥津宮




ちょいと腹ごしらえをした後、奥津宮を参拝致しました。



ここは宗像三女神のうち多紀理比賣命を祀る宮です。



多紀理比賣命と亀の関連はよく分かりませんが、



数か所に亀の意匠が見られました。



奥津宮
束(つか)の両脇の彫刻も亀です。

奥津宮
昭和51年(1976年)に新築された拝殿。

奥津宮

八方睨みの亀
片岡華陽による模写「八方睨みの亀」
酒井抱一が描いた原画は金箔等の損傷が激しいため、
江島神社宝蔵に保存されているそうです。




他に亀石や御水舎にも亀があります。



何か関連があるのかしら?



奥津宮
[龍宮(わだつのみや)]
隣に龍を祭ったお堂がありました。
入った途端に身体全体にもの凄い圧を感じたのですが、
何かあるのかな?




帰宅後、気になったので検索してみたら、



龍宮は、岩屋本宮の真上に造られている祠なんだそうです。



ここはパワースポットなんじゃないかな?



自分に合ったパワースポットなのかは不明ですけれども。





【奥津宮 ( おくつみや )】
祭神:多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)



【にほんブログ村】

神奈川県藤沢市『島の茶屋 あぶらや』でアイスを食べて寒くなる。

島の茶屋 あぶらや
きな粉と黒蜜が掛かったアイスと白玉、最中の皮が乗った一皿。




岩屋から階段をゼイゼイハーハー言いつつ登り切り、



ちょいと疲れたので奥津宮付近で珈琲ブレイクをすることに致しました。



運動したので暑いです。



今日は爽やかな陽気ゆえ、外で食しましょうということになり、



店の隣にある屋外スペースにて着座。



暑いので冷たいものが欲しくなり、アイスを注文致しました。



島の茶屋 あぶらや
白玉アラモード(à la mode)と思いきや、
白玉アラ・ドーモでした。(プリキュアかよ)




アイスとホットコーヒーを頼んだのですが、



アイスが出て来る頃には汗が引き、



ホットコーヒーが有難く感じる体感気温に変化。



脱いだコートを再び羽織り、アイスを食すことになりました。



美味しかったけれど、寒かった。



アイスを外で食すには、まだまだ時期的に早いかもしれませぬ。






島の茶屋 あぶらや
【島の茶屋 あぶらや】

神奈川県藤沢市江の島2-5-8




【にほんブログ村】

江の島に上陸。

江の島
こういう空を見ると、
君のぜんぜんぜんせから僕は~的な歌が頭に浮かぶ。




江の島に行って参りました。



前回上陸したのは二十数年前だった気が致しますが、記憶にございません。



十代最後ぐらいの歳だったんじゃないかなぁ。



先日、とある小説を読み、



その舞台が江の島だったもんで、久々に上陸したくなりました。



「弁天様のところに行きたいです」



と言い続けて同行の方を猛烈に歩かせてしまいました。



本日のワタクシの歩数は15,345歩。



同行の方は鎌倉在住なのでもっと歩数は少ないと思われます。



だから、ま、いっか。



さて、湘南モノレールで江の島駅に到着後、



人の流れに乗って江の島に向かいました。



結構観光客が居て賑わっている街なんですね。



しらす丼のお店ばかりってところと、



昭和時代によく見た貝殻の飾りを売るお店ばかりで面白いです。



暫く歩いたところで、乗船所を発見。



海から江の島に上陸するコースみたいで、こちらを利用致しました。



江の島遊覧船
片道400円。




10分も乗っていないと思うのですが、



あっという間に岩屋に到着しました。



江の島
[岩屋]
復路もあるっぽい。


江の島
富士山が観たかったのですが、曇っていて見えませんでした。

江の島
ぶつぶつの岩を発見。
こっ、これは・・・


江の島
やっぱりフジツボでした。

江の島
ワタクシの知るフジツボの5倍ぐらいありそう。

江の島
傘の先でゲシゲシと破壊しまくりたい衝動が湧きおこりますな。




良いお天気過ぎて、水面の照り返しが眩しかったです。



サングラス必須かも。



上陸後は、階段を上りまくり、



奥津宮から中津宮経由で辺津宮に向かいます。



江の島
橋を渡ろうと、船を利用しようと、階段を上らなければならないのは変わらず。




【にほんブログ村】

湘南モノレール江の島線がアトラクションみたいで楽しい。

湘南モノレール




三浦半島の付け根付近にある丘陵地帯を貫き、



古都・鎌倉市街を経由せずに大船と藤沢市片瀬地区を通る



湘南モノレール江の島線。



本日、初めて乗車致しました。



最近の乗り物かと思いきや、開業はワタクシよりも年上。



全く知りませんでした。



観光客に人気の江ノ電よりも認知度が低いのか、



もの凄く空いてます。



しかし、高い場所を走っている懸垂型モノレールゆえ、



真下から遠方までを見ることが出来、



なんだか車窓からの眺めが面白いのです。



一定の速度で走行する列車とは異なり、



体感スピードも通過する場所によって様々だし。



凄く気に入ったので、往復で乗車してしまいました。



ナビって頂いた方は江ノ電を推奨して居られたのですけれど・・・。



何より興味深かったのが、途中駅に改札が無いのか、



車掌さんが電車からホームに降りて切符を回収している点。



改札が無いんでしょうね。



都会とは思えん光景でございました。



正直、江ノ電は苦手ですが、



湘南モノレールは楽しいという認識が本日ワタクシの中に芽生えました。



ちなみに現在、ICカードは利用できません。



駅のホームが高所にあるため、階段利用必須でバリアフル。



高齢になったら江ノ電の方が利用し易いかもなぁ。



湘南モノレール
江の島駅にある記念撮影用の看板。



【湘南モノレール江の島線】
懸垂式モノレール(三菱サフェージュ式)
起点:大船駅
終点:湘南江の島駅
開業:1970年



【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『うなぎ専門店 うな菊 大船店』のうな重が素晴らしく良心的な価格で驚き。

うな菊
[うな重 菊 2,200円(税込)]
お吸い物、漬物付。


うな菊
結構あっさりしたタレで香ばしさが際立って美味。
テーブルには追加用のタレが置いてありますが
これで充分だと思う。




仕事でとてもお世話になった方と本日は神奈川県に居りました。



大船駅で待ち合わせて、先ずはランチをば。



ワタクシが鰻好きだとご存知で、



大船駅界隈では有名らしい鰻店に連れて来て頂きました。



それが駅からほど近い場所にある『うな菊』。



開店は11時45分からですが、



それよりも30分も前から並んでいる人が居ました。



行列のできる鰻店らしいです。



とてもリーズナブルな価格で、先ずはその点に驚きました。



銀座の半額ぐらいじゃないかしら。



しかも鰻は国産だそうです。



並んでいる間に注文しておくので、座ってからそれほど待たずに供されます。



あっさりしたタレで、結構おいしく頂きました。



これは並ぶわ。



帰宅後、参考程度に食べログを見てみたら、3.53の評価でした。



人気は「松」みたいですね。



家族で食べても安心の価格。



大船駅に来た時は、再訪したいもんです。



昨年は鰻を食べずに終わった年でしたが、



今年は2月に食べることが叶い、



結構happyなランチタイムとなりました。



その上、ご馳走になり・・・・・・



ごちそうさまでした。





【うなぎ専門店 うな菊 大船店】
神奈川県鎌倉市大船1-8-3 天正ビル1F
営業時間11:45~15:00(L.O.14:30)17:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:月曜



【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『歐林洞 鎌倉本店』でひとやすみ。

歐林洞




鎌倉では有名らしい『歐林洞 鎌倉本店』。



ランチで珈琲が飲めなかったもんで、



ちょいと喫茶コーナーを利用することにしました。



入口にコンシェルジュのようなスタッフが居り、



その方に要望を伝えてショップで待ちます。



暫くして、席が用意できたと呼ばれ、喫茶コーナーへと進みました。



ランチ時でしたが、店内は空いていました。



ランチメニューもあるらしいです。




歐林洞
紅茶が有名なのだと説明されたので、
珈琲ではなく紅茶を選択。
ついでにケーキも選んでみました。


歐林洞
メレンゲに包まれたサヴァラン。
喫茶コーナー限定のケーキなんだそうです。


歐林洞
ものごっつい甘いです。
昔、フランスで食べて甘さに悶えたケーキを思い出しました。


歐林洞
同店で有名らしい「パトロン」というチョコレート菓子もついでに購入しました。




クラシカルな雰囲気は、昔懐かしい感じがしました。



神戸時代によく行ったお店に雰囲気が似ている。



久々に紅茶を飲みましたが、



自分で淹れるとそうでもないのに、



誰かに淹れて貰うと美味しいんですよねぇ、紅茶って。



それはそうと、鎌倉は何処も混んでいて、歩道を歩くのが結構大変でした。



ブームはまだ続いているんですね。





【歐林洞 鎌倉本店】
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-12-18
営業時間11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日:無休



【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『にちりん製パン』は一坪ほどの小さなパン屋さん。

にちりん製パン




北鎌倉駅に近い場所にある『にちりん製パン』。



とても小さなお店ですが、なかなかの人気店らしいです。



不定休なのでいつでも買うチャンスがある訳ではないため、



試しにパンを買って帰ることにしました。



昼時だったのですが、売切れなのか、まだ焼き上がっていないのか、



選択肢は殆どありませんでした。



にちりん製パン
買っている人が出てから、入店。

にちりん製パン
レーズンパンとあんぱんを購入しました。




焼きたてなので温かく、香ばしい匂いが漂います。



ハードなあんぱんはなかなか美味しかったので、



次回も行くことがあれば、2個ぐらいは買いたいと思います。



小さなお店だし、大量には焼かないんだろうな。





にちりん製パン
【にちりん製パン】

神奈川県鎌倉市山ノ内1388
営業時間10:00~17:00
定休日:不定休



【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『菜根や』で釜揚げしらす丼を食べる。

菜根や




北鎌倉駅から近い場所にある『菜根や』。



身体に良さそうな店名だったので、本日はここでランチを摂ることにしました。



奥まった場所にある、穴場っぽいお店です。



菜根や
ロールキャベツにも惹かれる。

菜根や
お惣菜はセルフサービス。
野菜たっぷりです。
お代わりはしませんでした。


菜根や
薄味の大根の煮物。

菜根や
これで1,600円(税込)とは、鎌倉価格だよなぁ~と思いました。

菜根や
お茶椀に入った釜揚げしらす丼。

菜根や
薬味を乗せて食べます。




食後に珈琲が付くと、価値がぐぐんと上がるのだけどなぁ。



と、ぼんやり思うものの、お惣菜は美味しかったです。



何度もお代わりしている人を見ると、あれが正しい姿なのかもしれんと思えます。



それにしても、鎌倉は食事が何処でもお高いよなぁ。




菜根や
【菜根や】

神奈川県鎌倉市山ノ内1386
営業時間11:00~14:00(LO)18:00~21:00(LO)
定休日:火曜



【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『円覚寺』で国宝の舎利殿と野生のリスらしき生き物を遠目に見る。

円覚寺



臨済宗円覚寺派の大本山であり、


臨済宗の寺院を格付けをする鎌倉五山第二位に列せられる円覚寺。


駅から近いためか、大勢の観光客が訪れるお寺です。


円覚寺
方丈の唐門。

円覚寺
円覚寺
円覚寺
円覚寺
新しい門なのでしょうが、彫刻が見事です。

円覚寺

円覚寺
[方丈]
元来は寺の住持の住む建物を指しますが、
今は行事等で使われているそうです。


円覚寺
[ビャクシン(柏槇)]
和名:イブキ
無学祖元手植えと伝わる、かなりの古木。


円覚寺
内部も見ることが出来ます。

円覚寺

円覚寺



ここまで来ましたが、国宝である建物をまだ目にしていません。


うーむ、ちゃんと地図を見れば良かったのでしょうが、


もう少し上の方にあった気がするので、先に進みます。


円覚寺
総門付近にあった境内図。

妙香池
[妙香池(みょうこうち)]
夢窓疎石作と伝える庭園の遺構です。



ある時期、夢でよく耳にしていた「むそうそせき」の名前。


ここで久々に聞きましたが、こんな字を書くんですね。


苔寺の庭園を造った人だってことを初めて知りました。


っつーか、何の夢で見たのか覚えていないけれど。


さて、続いては国宝の舎利殿です。



舎利殿

舎利殿
[舎利殿]
神奈川県唯一の国宝建造物。
元から円覚寺にあったものではなく
鎌倉市西御門にあった尼寺太平寺(廃寺)の仏殿を移築したもので、
15世紀(室町時代中期)の建築と推定されている。
禅宗様建築を代表するものとされている。


舎利殿
唐門には、欠けているように見える兎の毛通しが見えます。



内部には入れないので、ズームして撮影しました。


こういう時は、カメラが便利ですね。


でも一度は、国宝たる所以をこの目で実際に確かめてみたいものです。


とりあえずは、納得。


そして移動したのですが、途中で木に蠢くものを察知致しました。


目が悪いのですが、凝らしてよく見ると、茶色いものを発見。


円覚寺
この尻尾は・・・

円覚寺
鼠ではなく、リスですよね?

円覚寺
[タイワンリス(台湾栗鼠)]
特定外来種。
鎌倉では数が増え過ぎて問題になっているそうな。


円覚寺
リスにとったら樹木が多いから鎌倉はパラダイスなんだろうなぁ。



鎌倉は相も変わらず苦手なエリアですが、


お寺巡りは、良い運動になるなと実感した、この日のワタクシです。




円覚寺
【円覚寺(えんがくじ)】

神奈川県鎌倉市山ノ内409
山号:瑞鹿山(ずいろくさん)
宗派:臨済宗円覚寺派
正式名:瑞鹿山 円覚興聖禅寺
開基:北条時宗、無学祖元(開山)


【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『円覚寺 仏日庵』でも御朱印を頂く。

仏日庵




臨済宗円覚寺派の大本山であり、



臨済宗の寺院を格付けをする鎌倉五山第二位に列せられる円覚寺。



ちなみに、鎌倉五山の第一位は建長寺です。



北条時宗が元寇の戦没者追悼のため創建した円覚寺には、



仏日庵(ぶつにちあん)という時宗の廟所があります。



この日は、北条時宗の毎月忌でしたので、



入ってみることにしました。



仏日庵
別途拝観料100円が必要です。

仏日庵
開基廟には十一面観音坐像(鎌倉観音霊場第三十三番)と
北条時宗・貞時・高時の木像が安置されています。


仏日庵

仏日庵
拝観料を支払うとお線香を渡されるので、
それを石段前の線香立てに挿してお参りします。


仏日庵
[茶室 烟足軒]
川端康成の小説『千羽鶴』に登場する茶室のモデルとなった場所。


仏日庵
林家木久蔵作の苔庭?

仏日庵
仏日庵
小さな敷地ゆえ、どこまでがデザインされたのかよく分かりませんでした。

仏日庵
小さな仏像が置いてあります。




さて、ここでも御朱印が頂けます。



3種類あるのですが、本日が毎月忌ということで、



時宗公の御朱印のみ頂くことにしました。



仏日庵

仏日庵
北条時宗が没したのは4月4日。
毎年同日には開基廟にて北条時宗公毎歳忌が執り行われるようです。




円覚寺
【円覚寺(えんがくじ)】

神奈川県鎌倉市山ノ内409
山号:瑞鹿山(ずいろくさん)
宗派:臨済宗円覚寺派
正式名:瑞鹿山 円覚興聖禅寺
開基:北条時宗、無学祖元(開山)



【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『円覚寺 弁天堂』にある梵鐘(国宝)を見るために気合で階段を上ると富士山が見えた。

円覚寺




鎌倉に用事があったため、ついでに朝から北鎌倉で下車して円覚寺に立ち寄りました。



目的は、ここにある国宝です。



円覚寺には国宝が2つあり、一つが舎利殿、もう一つが梵鐘です。



先ずは、山門から近くにある梵鐘を見に行くことにしました。



円覚寺
富士山が見られるらしい。

円覚寺
至る所に立てられている案内板。

弁天堂
鳥居の奥に続くのは、急で長い石段です。

弁天堂
上りは結構しんどい。




円覚寺では総門をくぐって直ぐの場所で御朱印が貰えるのですが、



帰りに受け取る形にすると、後悔します。



坂と階段が続く境内では上の方でも御朱印が頂ける場所があるからです。



先ずは書いてもらった御朱印帳を受け取ってから、先に進みます。



円覚寺
[弁天堂]
江ノ島弁天と関係が深く、
江ノ島の弁財天とは夫婦弁天と呼ばれているそうな。


弁天堂
獅子と龍の彫刻も見事です。


弁天堂

円覚寺
「洪鐘」と書いて「おおがね」と読む国宝の梵鐘。

弁天堂

洪鐘
北条貞時の寄進。

洪鐘
正安3年(1301年)鋳物師物部国光の制作。
高さは2.6m。


洪鐘
梵鐘には「皇帝萬歳」と書かれているっぽい。
調べてみたら『皇帝万歳 重臣千秋 風調雨順 国泰民安』の文字があるそうな。
(クリックで拡大)




これだけの大きな梵鐘を作るのは難しいそうで、



鋳造した物部国光も、二度ほど失敗しているそうです。



っつーか、ここまでこの鐘を持ち運んだってところも驚きです。



どのように担ぎ上げたのかな?



弁天堂
ここでも御朱印が頂けます。
階段を百数十段上がったので、記念に頂きたいと思います。
歳を取ったら、ここまで上れないと思うわ。


弁天堂
珈琲を飲みたい気分ではあったものの、
どんどん混んできたので下ることにしました。


弁天堂より
ここから見える富士山。
鎌倉から富士山が見えるんですねぇ。
初めて知りました。




階段昇降は、ちょっとした達成感が得られました。



若いうちに、山にあるお寺を中心に足を運んでおこうかしらと思うほどに。



そして、御朱印は良い記念となりました。



弁天堂
弁財天の御朱印。




円覚寺
【円覚寺(えんがくじ)】

神奈川県鎌倉市山ノ内409
山号:瑞鹿山(ずいろくさん)
宗派:臨済宗円覚寺派
正式名:瑞鹿山 円覚興聖禅寺
開基:北条時宗、無学祖元(開山)



【にほんブログ村】

神奈川県鎌倉市『円覚寺(えんがくじ)』では梅が咲いておりました。

円覚寺




北鎌倉駅前にある円覚寺。



そのアクセスの良さから本日ワタクシが目的地の一つに選んだお寺です。



今日は鎌倉に用事があるので、北鎌倉から鎌倉まで歩きます。



総門をくぐって拝観料を支払い、その先で御朱印を頂きます。



時間が掛かりそうだったので、とりあえず山門を見に行くことにしました。



円覚寺
[山門]天明5年(1785年)、大用国師誠拙周樗が再建したもの。

円覚寺

円覚寺
「円覚興聖禅寺」の額字は伏見上皇の勅筆。

円覚寺
楼上には十一面観音、十六羅漢像などを安置してあるそうです。

円覚寺
円覚寺
山門の周囲をよく見ると、それぞれに違う彫刻が見られます。

円覚寺
三重の懸魚。

円覚寺
山門側面。




もう少し先に進んで、仏殿にやって来ました。



昭和39年(1964年)の再建で、



コンクリート造の建物です。



堂内には本尊の宝冠釈迦如来像、梵天・帝釈天像が安置されています。



円覚寺

円覚寺
天井画の「白龍図」は前田青邨の監修で、
日本画家 守屋多々志が描いたもの。


円覚寺
仏殿側面。
堂内から出ると、梅が咲いていました。


円覚寺
[選仏場]
元禄12年(1699年)建立の茅葺き屋根の建物。


円覚寺

円覚寺
坐禅道場です。
建物内には南北朝時代の薬師如来立像が安置とてあります。


円覚寺
梅の花が綺麗に咲いていました。

円覚寺




暖かい日が続いているためか、境内では梅が咲いておりました。



真っ青な空に映える、白やピンクの花。



ええですなぁ~



うっとりしますなぁ~



円覚寺
円覚寺
円覚寺




来週は、梅を見に何処かに行こうかな。



円覚寺
円覚寺の御朱印。
総門の近くで頂けるものです。




円覚寺
【円覚寺(えんがくじ)】

神奈川県鎌倉市山ノ内409
山号:瑞鹿山(ずいろくさん)
宗派:臨済宗円覚寺派
正式名:瑞鹿山 円覚興聖禅寺
開基:北条時宗、無学祖元(開山)



【にほんブログ村】

箱根と云えば、箱根寄木細工。

マウスパッド
箱根寄木細工(無垢)のマウスパッド。

マウスパッド
裏には滑り止めが付いています。


今回の旅のお礼だとのことで、母に写真のマウスパッドを買って貰いました。

箱根と云えば、箱根寄木細工。

子供の頃からかなり興味があったのですが、一つも持っていません。

昔からこの手の工芸品ってお高いんですよねぇ。

安いものもあるんですが、あれは寄木細工を薄くスライスして貼ってあるものだし、

出来れば無垢が良い。

しかし無垢はスライスする前のものだから、必然的にお値段は高くなります。

お盆とか、菓子器とか、良いものがあるよねぇ。

でも、予算的に無理。

しかし、今回、母に買って貰ったものはマウスパッドで、

なかなか渋い感じで、一目で気に入ってしまいました。

買ってあげようか?と訊かれて即座に首を縦に振るほどに。

お陰様で、良い記念になりました。

ずーっと使っている石川さんマウスパッドが汚れてしまったもんで、

これを機会に替えることができます。

かなり嬉しい。

ツルツルした肌触りでマウスを動かすのも楽しく、

これは良い買い物(貰いもの)だったと大満足しております。

これは長持ちするんじゃないかな。




にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

箱根湯本『craft&cafe ISAMIYA(いさみや)』はもしかしたら穴場カフェかもしれません。

ISAMIYA



ちもと』の向かい側にある小奇麗なカフェが『craft&cafe ISAMIYA(いさみや)』。


昔は『勇(いさみや)』という商店だったようで、


築100年の建物をリノベーションし、今はカフェ&雑貨店となっています。


店内を見ると耐震補強の金具などが露出しており、


それが内装のアクセントにもなっていたりします。


棚に並んだ小物類は種々雑多で、剣道の防具(面)を使った照明器具もありました。


もとは何を売っている商店だったんだろう?


謎です。


ISAMIYA
[ウィンナーコーヒー 600円(税込)]
姉妹店に「DELI&CAFETERRACE みつき」があるため、
このカップ使用・・・なんだと思われます。


ISAMIYA
全く甘くなかったため、珍しく砂糖を投入致しました。



同じく姉妹店に湯葉料理のお店があるようで、


ここのランチにも豆腐を使ったワッフルなどがありました。


フードメニューは多くはありませんが、


ちょいと小腹がすいた時や、休憩したい時などに、丁度良いお店だと思いました。



【craft&cafe ISAMIYA(いさみや)】
神奈川県足柄下郡箱根町湯本729
営業時間10:00~18:00(L.O.17:00)
定休日:水曜、ほか


【にほんブログ村】

箱根湯本『竹いち』のすり身団子が絶品過ぎてヤバい。

竹いち



実は、さつま揚げなどの魚のすり身揚げが大好きなワタクシ。


あまりにも食べまくるもんで、毎度「好きねぇ・・・」と母に呆れられているほどです。


今回の旅では、『竹いち』のすり身団子を買って帰ることを目的の一つとしており、


午前中に購入しに行って参りました。


竹いち
[すり身団子ミックス10個入り 1,404円(税込)]

竹いち
牛蒡と玉葱の2種類の味が5個ずつ入っています。

竹いち
味が濃厚で食感がシャキシャキでうまうま。

竹いち
お年賀?を頂きました。

竹いち
五円玉と干支の根付でした。
購入した人に配布しているなんてスゴイな。



あまり魚の練り物が好きではない母ですが、試食したら美味しかったそうです。


ってことは、結構な人が美味しいと感じるんじゃないかな。


次回、箱根湯本を再訪することがあれば、また購入したいと思います。




竹いち
【竹いち】

神奈川県足柄下郡箱根町湯本729
http://www.take-ichi.com/



【にほんブログ村】

箱根湯本『ちもと』と『茶のちもと』の和菓子。

ちもと



昭和初期のものと思われる擬洋風建築の店舗が特徴的な『ちもと』。


湯もちで有名な和菓子店です。


その角に『茶のちもと』という和カフェがあり、休憩がてら入店して参りました。


目当ては、『ちもと』でも販売している和菓子とお茶のセットです。


ちもと
白を基調とした柔らかい雰囲気の内装。
桜がモチーフっぽく、そこかしこに見られます。


ちもと
お茶とセットで頂ける和菓子の数々。
他にぜんざいなどの季節限定商品もあります。


ちもと
[わらび餅とお抹茶のセット]
母にご馳走になりました。


ちもと
国産本蕨粉を練り上げて漉し餡を包んだわらび餅。
たるたる食感です。



小ぢんまりした店舗ゆえ、食べたらさっさと出るのが正しい気がします。


ってことで、さっさと出て、カフェ隣の『ちもと』の暖簾をくぐりました。


勿論、購入したのは「湯もち」です。


ちもと
[湯もち 200円(税別)]
国産もち米を使用した白玉粉を練り上げた柔らかいお餅に
細かく刻んだ本練羊羹が入った柚子風味の和菓子。


ちもと
たるたるで、マシュマロみたいな食感。
神奈川県指定銘菓なんだそうです。



本当は、わらび餅を買いたかったのですが、


6個セットということで食べきる自信が無くて断念。


わらび餅は翌日まで、湯もちは4日間の賞味期限とのことでしたので、


計4個の湯もちのみ購入致しました。



ちもと
分かり易く昭和初期の建物らしい意匠。
窓枠が木製です。


ちもと
側面には窓を模したデザインがありました。
なかなか面白い建物ですね。



箱根湯本でお土産に迷ったら、ここの和菓子は間違いない感じがします。


駅からは、ちょっと歩きますけどね。


ちもと
菊で作った酉の飾りが、めっちゃ可愛かった。




ちもと
【ちもと】 and 【茶のちもと】

神奈川県足柄下郡箱根町湯元690
【ちもと】営業時間9:00~17:00
【茶のちもと】営業時間10:00~16:00土日は17:00
定休日:双方不定休



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。