sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

神奈川@壱景

湯河原駅がもうすぐ開業100年になるらしい。

image

熱海に向かう電車が湯河原駅で停車。

車窓から写真の文字が見えたため、暫し考える。

開業99年というのは理解できるけれども

この99という杭は何を意味するものなんだろうか?

検索したら「99キロポスト」というもので

東京駅からの距離を表しているんだそうな。

そして1924年(大正13年)10月1日に開業した湯河原駅は

今年で100周年を迎えることになるみたい。

イベント情報は発見できなかったけれど、

いずれ何かしら記念になるものが見られるのかもね。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

本日はこんなところに居りました。

image

本日はパパッとササッと写真の場所に行って参りました。

想像していたよりも駅が混雑していたのですが、

有名な観光スポットがあるのでしょうか?

あまり調べずに思い付きで向かったもんで、

目的を達成したら東京に戻って来ちゃいました。

image
駅近くにあった自動販売機。ビーチ餃子が気になる。

電車の中で爆睡し、気づいたら御徒町駅通過。

上野で下車してバスで帰宅。

今日は結構歩いた気がしています。

ちなみに上野公園の入口の桜は既に咲き始めていました。

標準木より早い開花なのかな?

昨日今日のニュースを確認していないのでよく分かりませんが。

明日は千葉でイベントがありまして、

それに行くか否かでものすごーく迷っております。

明日の朝になったら決めるつもりですが、

上野公園に桜を観に行っても良いかもなぁ。

では後ほど、過去に向かって

今日行った場所について記しておこうと思います。

image



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県中郡大磯町『地場屋ほっこり』で湘南ゴールドを大量買いする。

image

ずーっと購入する柑橘類で失敗し続けているワタクシ。

今年はイマイチなものに当たり易い年なのかもしれん。

柑橘類が大好きなのに満たされない気持ちを晴らすべく、

本日は大磯まで湘南ゴールドを買いにやって来ました。

発見したら大量買いしてやるぜーと気合十分です。

image

傷ありで少し安いものもあるのですが
image
傷なしの湘南ゴールドを選択。

image
大きさがまちまちなので、大中小を選んでみました。

image
こんな感じにサイズはバラバラです。

image
小田原産の八朔もついでに購入。
1つ100円程度だなんて安いのではなかろうか?

image
生しらすという文字に弱いもんでこちらも買うことにしました。

image
想像よりたっぷり入っていました。

image
最近は生食が怖いので、サッと湯通しして食べました。

湘南ゴールドを大量買いでき、とても満たされました。

黄色い果実が沢山あるって素晴らしい。

湘南ゴールドはやはりこの辺りまで来ないと買えないので

味の保証はないけれど大量買い。

やっぱり野菜ソムリエの居る小田原で買った方が美味しいとなれば

次回は小田原に買いに行こうと思ってます。

って、いつまであるものなんだろう?

そこも調べておかねば。



image
【地場屋ほっこり】

神奈川県中郡大磯町大磯1009
営業時間 10:00~20:00,[日祝]10:00~18:00
定休日:水曜
※Suicaが使えます
https://www.instagram.com/jibayahokkori_ooiso


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県中郡大磯町『澤田美喜記念館』には入れなかったものの高台から富士山を眺める。

image

三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎の孫娘である澤田美喜。

その名前を冠した記念館が大磯駅前にあります。

隠れキリシタンの遺物の収集家でもあった彼女が日本全国から集めた資料874点のうち、

約370点が記念館に展示されているそうです。

第二次世界大戦後に日本占領のためにやってきたアメリカ軍兵士を中心とした連合国軍兵士と日本人女性の間に強姦や売春、あるいは自由恋愛の結果生まれたものの、両親はおろか周囲からも見捨てられた混血孤児たち(GIベビー)のための施設として、1948年、三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎の孫娘である沢田美喜が、財閥整理委員会によって財産税として物納されそうになっていた岩崎家大磯別邸をGHQにかけあって日本政府に指令をだしてもらい、360万5千円を払うことで保持することを許された(ただし財閥親族が取得することは許されないため教会名義とした)。資金は自らの所有物を売却し、また募金集めに奔走してかき集めた。施設の名前は、聖公会の信者エリザベス・サンダース(40年にもわたって日本に住んだイギリス人女性)が1946年10月に逝去した際、170ドルを遺贈してくれたことにちなみ、「エリザベス・サンダース・ホーム」とした。

エリザベス・サンダース・ホームの名前をそういえば聞いたことがあったと、

ここに来て思い出しました。

学校がカトリックだったので授業で訊いたのかもしれません。

そしてその関連もあり資料を見てみたいと考えて敷地内へ。

image
小さな文字を読まずに記念館を目指して上ってしまいました。

image
ちょいとバリアフルです。

image
階段が波うっているのは木の根か地震の影響なのかな?

image
切支丹灯篭がありました。

image
この部分が聖母かと。

image
高台なので街が良く見える…

image
と思っていたら山の向こうに見覚えのあるフォルムが。

image
富士山じゃないの。

image
もやで分かり難いので加工してみた。

image
見上げるとヤドリギが見えます。

image
かなり立派なヤドリギだわ。

image
上り切ったところに礼拝堂があります。

image
手すりが十字架ってところが若干怖い。

image
遠くに海が見えました。

タイミング悪く、休憩時間に入るため内部見学ができませんでした。

一時間も時間を潰せないので今回は断念。

でも景色が見られたので良しとしておく。

今回は取りこぼしの多い街歩きになっちゃいましたが、

再訪する理由ができたので、まあいいか。

image
このトンネルの奥に学校などがあるっぽい。



image
【澤田美喜記念館】

神奈川県中郡大磯町大磯868
https://www.elizabeth-sh.jp/memorialmuseum/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県中郡大磯町『大磯珈琲庵』が臨時休業だった。

image

SNSを確認していなかったため今日が臨時休業とは知らずに向かった『大磯珈琲庵』。

住宅街の細い路地を入ったところにある民家を利用しているカフェです。(古民家ではない)

利用は出来なかったのですが、ミモザの花が満開でこれを見に来たと思えば

わざわざ足を運んだことも惜しくなかったかも。

image
道の(民家の)至るところに案内表示が出ています。

image
この路地の先が目的地です。

image
庭のミモザが満開で溢れんばかり。

image
でも臨時休業。

image
image
image
ミモザの花見をして残念感を緩和。

通りからちょっと入った場所にあるので店内は静かなんじゃないかな。

春は花が沢山見られそうなので、近々再訪できると良いなと思っています。



image
【大磯珈琲庵】

神奈川県中郡大磯町大磯1014
営業時間 12:00~17:00
定休日:月曜、木曜、冬季ほか
https://www.oisocoffeean.com/
https://www.instagram.com/oisocoffee_an/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県中郡大磯町『旧木下家別邸(大磯迎賓舘)』の外観だけ観賞。

image

大磯駅から直ぐの場所にある国登録有形文化財の旧木下家別邸。

大正元年(1912年)に貿易商木下建平氏の別荘として建築された洋館で、

国産材でつくられた住宅では国内最古のものと考えられているそうです。

敷地の形が三角形になっていることから、地元の人に三角屋敷と呼ばれているとか。

現在は大磯町が所有し、イタリア料理店として民間企業に貸し出されています。

image
景観重要建造物、国登録有形文化財
関東大震災でも倒壊しなかった数少ない建築物です。

image
坂下から見るとこんな感じ。

image
高台側はこんな感じ。
城の石垣のように湾曲になっている法面が面白い。

image
木造地上2階一部地下1階建
スレート葺、枠組壁工法
イギリス下見板張り塗装仕上げ

image
ランチは予約が望ましいのかも。
食後だったので食事利用する気にならず
建物内にも入っていないのだけれど。
image
次回は建物内に入るため見学予約をするか、
ランチ利用をしてみようと思います。

高台にあるので建物内から海が見えるらしいです。

今日のように天気の良い日は良いロケーションなのではないかと。

ランチ利用しなかったのは惜しかったかも。




image
【旧木下家別邸(大磯迎賓舘)】

神奈川県中郡大磯町大磯1007
https://www.oisogeihinkan.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県中郡大磯町『massif grace』でBLTサンド(がっつりトマト入り)にチャレンジする。

image

住宅街のなかにポツンとある『massif grace』。

きっと大磯のビーチを利用するサーファーに人気があるんだろうと思われます。

そんな雰囲気の内装と雰囲気。

ワンちゃん連れでの利用もOKらしいですし。

利用できると良いなと思っていた近所のお店が予約でいっぱいだったので

こちらで何か食べることにしました。

image
時間でメニューが変わるのかもしれませんが
食事として食べられるのはサンドイッチのみのようでした。

image
+350円で一部のソフトドリンクが付けられます。
これはアイスコーヒー。
サンドイッチとアイスコーヒーで総額1,350円(税込)でした。

image
なんだか今日は食べられそうな気がしたので、
いつもは苦手で抜いてもらうトマトががっつり入った
BLTサンドを選んでみました。

image
厚みがあるサンドイッチを見ると「良心的なお店だな」と思う今日この頃。
コンビニのサンドイッチに慣れすぎかもしれん。

image
別途人参多めのコールスローサラダが付いていました。

image
ベーコンは厚め。レタスは凄い量入っています。

かなり食べ応えのあるサンドイッチでした。

レタスが分厚く入っているのでトマトの汁がパンに染み込むことなく食べられたし。

お値段はそれなりだけれど、雰囲気が良いので立ち寄って良かったかも。たぶん。

image
お店を出てから発見した良さげなカフェ。
先ほどのお店の価格でガッツリハンバーグが食べられるっぽい。
うーむ。


image
【massif grace(マシフグレイス)】

神奈川県中郡大磯町大磯1795-6
営業時間 11:00~21:00
定休日:月曜、火曜
https://www.instagram.com/massifgrace/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県中郡大磯町『三日月』は金曜日と土曜日しか開いていないパウンドケーキ店。

image

大磯にある『三日月』は姉妹で営むパウンドケーキ店。

全粒粉を使っているので素朴な味わいが特徴です。

金曜日と土曜日しか営業していないお店だし、

折角なので立ち寄ってみることにしました。

なかなか面白い店構えで(ってか初めて見た)

通りに面してFIX窓があり、窓ギリギリに商品が並んでいます。

隣の木の扉の取っ手部分をカタカタさせて合図を送り

選んだものを注文するというシステムっぽい。

image
価格は一つ300円ぐらい。

image
扉にはパウンドケーキ名が並んでいます。

image
窓口が開くとそこから注文、支払い、商品受け取りをします。

image
今日買ったのは3種類5個。

image
端と中央を選択。
端を好む方が多いのか「まだ端がありますよ」と声掛けされたので
逆に気になりました。

image
賞味期限はだいたいこんな感じ。

大磯駅前にある『地場屋ほっこり』でも取り扱いがありました。

地元で人気なのかも。

帰宅後に食べてみると、本当に素朴な味で一つでお腹が膨れます。

子供のおやつに良さそう。

賞味期限が割と長めなのでチマチマ食べようと思います。



image
【三日月】

神奈川県中郡大磯町大磯1929
営業時間 [金・土]10:30頃~売り切れまで
定休日:日曜~木曜
https://mikazuki.shop/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

湘南ゴールドを求めて再び小田原へ。

image

湘南ゴールドが欲しくて小田原に向かったのですが

幸いにも店頭にまだ並んでいました。

果物コーナーの「いい場所」からは外れていましたが。

今回は量の多いものを選択。

それだけでも良いかと思ったのですが、

地元産の柑橘類に出会ってしまったため、

そちらにも手を出してしまいました。

image
農園名を記録したくてお断りして撮らせて頂き、
次いで「あすみ」で美味しそうなものも選んで貰いました。

image
こちらが「あすみ」。
甘い果汁で果肉がはちきれそうです。

image
「あすみ」と湘南ゴールドとのサイズ比較。
柑橘の味の幅を感じさせてくれる二品です。

image
あらたな出会いの「湘南ポロモン」。
神奈川県生まれの新品種だそうです。

image
神奈川県で2013年に開発されたそうな。
一瞬パプリカかと思ったのですが、トマトでした。


柑橘類好きとしては満足のいく買い物ができました。

帰宅後に二種類とも食べましたが、

湘南ゴールドはやっぱり美味しいし、

「あすみ」も甘くて美味でした。

剥きにくいけど美味しい。

美味しいけど剥きにくい。

そんな柑橘です。

欲しい時に欲しいものを手にする幸せ。

良い三連休でした。

って、明日も休みか。




※指定席券売機にてQRコードで購入できる切符です
QRコード:https://www.jreast.co.jp/tickets/pdfFile.aspx?GoodsCd=2682&No=04

【JAかながわ西湘 農産物直売所・朝ドレファーミハルネ小田原店】
神奈川県小田原市栄町1-1-7 小田原地下街「HaRuNe小田原」
※小田原駅東口
営業時間 10:00~20:00
定休日:1月1日
※Suicaが使えます
https://ja-kanasei.or.jp/asadore.html


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県小田原市『守谷製パン店』の昭和レトロな味が郷愁を誘うのかも。

image

小田原に何度も来ているのに一度も立ち寄ったことが無いのが『守谷製パン店』。

今回は駅周辺にしか立ち寄らないつもりだったので、駅そばの同店にも行ってみました。

ほどほどに行列ができているものの、それほど時間が掛からずに自分の番になります。

お客さんにパンを触らせないというシステムだから出来ることなのかも。

image

やっぱり一番人気はあんパンのようで、皆さんそれを買って行きます。

クリームパンが欲しかったのですが、品切れ&焼いているとりことで断念。

甘食を見て懐かしさを覚えたのでそれを購入しました。

image
購入したのはこちらの4種。

帰宅後に甘食を食べてみましたが、

昭和時代に食べたパンの味がしました。

懐かしいからワタクシ以上の世代が並ぶのかも。

クリームパンが気になるので、

機会があればお店に立ち寄ってみようと思います。

image
2024年の休みが表に貼ってありました。


image
【守谷製パン店】

神奈川県小田原市栄町2-2-2
営業時間 8:00~18:00
定休日:日曜、第1・第3月曜
※現金のみ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県小田原市『一膳飯屋 八起』のアジフライがかなり美味しい。

image

小田原といえば鯵。

アジフライ好きとしては食べずには帰れません。

それゆえ『一膳飯屋 八起』に、母を強引に連行致しました。

今日のランチはアジフライ!

image
ワタクシは迷わずアジフライを選んだのですが

image
母は野菜炒めを選択。

image
その後しばらくしてからアジフライ単品を追加しました。

image
母の野菜炒め定食+アジフライ

image
ワタクシのアジフライ定食。

image
大きくてフワフワな鯵フライが2枚も乗っています。

image
こんなメニューも貼ってありました。

かなり美味しいアジフライでした。

何枚でも食べられそう。

それはそうと、テーブルに置いてあるソースがイカリでした。

長らく東日本に住んでおりますが

イカリソースを置いてあるお店に初めて出会ったかも。

image

割と早めに入店したので容易く席に着けましたが、

お店を出る頃には店前は待ち人だらけになっていました。

人気店だったらしい。

あの鯵フライの味を思えば、納得の人気っぷりです。



image
【一膳飯屋 八起(いちぜんめしや やおき)】

神奈川県小田原市栄町1-1-27 おだわら市民交流センターumeco
営業時間 11:00~22:00(L.O.21:00),[日]11:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:月曜(祝日の場合は翌平日)
※Suicaが使えます
https://www.sankou2005.jp/ichizen


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

ミナカ小田原金次郎広場で鰺の唐揚げに噛り付く。

image

足湯を終えて小腹を満たすために金次郎広場にやって参りました。

周囲で買ったものを広場の椅子とテーブルを利用して食べられるので

軽食で小腹を満たしたい時に丁度良いです。

今回は小田原吉匠で鰺の唐揚げを買い、

ブンブンPlusでドリンクを購入しました。

image
鰺の唐揚げはフレーバーが色々あって少々迷います。

image
限定に弱いのでバター醬油を選択。
母にはゆず胡椒を選んでみました。

image
選ぶものによっては出来立てを食べられます。

image
揚げたてなのかちょい熱い。

image
外がカリカリで頭から齧れます。
バター醬油味、おいしいです。

image
ブンブンPlusで買ったのはみの二つ。
色がイメージとは違うけれど左はレモネード。
ついでにラスクも買ってみました。

炎天下と降雨荒天の日の利用は難しいけれど、

夏が来る手前まではここを利用するのも良いかも。

サクッと小腹が満たせたし、混んで来たので移動します。



image
【パン焼処 ブンブンPlus】

神奈川県小田原市栄町1-1-15 ミナカ小田原3F
営業時間 10:00~19:00
定休日:火曜
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
http://bun-bun.co.jp/

image
【小田原吉匠 ミナカ小田原店】

神奈川県小田原市本町1-1-15 ミナカ小田原3F
営業時間 10:00~20:00
定休日:なし
※Suicaやau PAYなどの各種電子マネーが使えます
https://odawara-kisshow.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

足湯に入りに小田原へ。

image

今日は三連休で最も天気が良く、絶好のお出かけ日和との予報を受け

朝から小田原に足湯に入りに行って来ました。

場所は駅横の商業施設、ミナカ小田原のタワー棟14階。

見晴らしの良い場所が好きな母にはウケるのではないかと想像しておりました。

image
足湯利用は無料。

image
足を拭くタオルが100円で販売しています。
販売機左側が故障していて100円玉を持って行かれた。
お布施ですな。

image
タオルは小さめなので何かに転用できそうです。
窓拭きとか?

image
足湯はこんな感じ。

image
石があるのでセルフ足つぼマッサージも出来そうです。

image
伊豆大島が見えます。

image
初島(たぶん)も見える。

image
時間と共に混雑してきた足湯。

image
夏はさぞ暑かろうと想像できる日射し。

image
展望デッキになっているので端に行けば真鶴半島も見えます。

image
勿論、小田原城も見える。
天守閣に複数の人が居るのも見えます。

image
image
山の上には雪が。
箱根は雪が積もってそうですね。

image
山の向こうは雲が厚そうです。

image
展望台を駅側に移動。
丁度新幹線が小田原駅に入線するところでした。

image
後ほど、このエリアに向かいます。

いいお天気で、少し肌寒くて、良い感じの足湯日和でした。

足湯から出たあとは足が軽くなりました。

効果が実感できますね。

いろんな足湯に入ってみたいなぁ。

ただ足湯に入るためだけに、

サクッと山形に行っちゃおうかと考え中です。




image
【ミナカ小田原 展望足湯庭園】

神奈川県小田原市栄町1-1-15 タワー棟14F
営業時間 10:00~20:00
https://www.minaka-odawara.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

「湘南そだち」を食べてなんて美味しい苺なんだ!と感動する。with 湘南ゴールド。

image
湘南そだちDX 1,500円(税別)

平塚市でも苺を生産していると知ったのは、

小田原駅で立ち寄ったJAかながわ西湘の農産物直売所にて。

何か地元産品のものを買って帰ろうと立ち寄ったのですが、

真っ先に視界に入った苺のキラキラ感にこころを撃ち抜かれ、

何が何でも買って帰ろうと思いました。

母と苺の前で「どれが良いと思う?」などと会話をしていたら

通りすがりの恰幅の良いお兄さんに声を掛けられました。

「ここのスタッフは美味しいものを選んでくれるから訊いた方がいいよ」と。

直ぐに近くのスタッフさんに声を掛けて「美味しいものを選んでください」と依頼。

選んで貰ったのが上の写真の苺です。

これよりも安価な苺もあったのですが、粒が大きく甘い苺だと聞いてこちらを選択。

image
品種は群馬の「やよいひめ」らしい。

image
なんとも綺麗な苺たちです。

image
しかも大粒なので食べ応えがある。
そして甘くて美味しい。2パック買えば良かった。
持ち帰り時のリスクを考えなければ、ですが。

image
湘南ゴールドも購入。
こちらで680円(税別)。

image
6個入りなので一個の価格は…(以下省略)。

image
かなり小ぶりな柑橘です。

image
とにかく香りがいい! めっちゃアロマ感ある。
そしてかなり美味しい。好みの味過ぎた。

即、お取り寄せを目論んだほどに苺も湘南ゴールドも美味でした。

なんて舌に幸せをもたらす買い物だったんだ!

そしてアドバイスをくれた恰幅の良いお兄さんに心からの感謝を!

レジでお会いしたので感謝の意を伝えましたが、

食べ終わった今も彼に感謝の気持ちを伝えたくなっております。

それぐらい美味しかったので、

これらが店頭に並んでいる間に小田原まで買いに行こうと思っています。

今後、「湘南」という言葉に触れるたびに、

石川秀美さんの流行歌やサザンオールスターズではなく、

湘南そだち(苺)と、湘南ゴールドを思い浮かべると思う。

そんな出会いでした。



【JAかながわ西湘 農産物直売所・朝ドレファ~ミ ハルネ小田原店】
神奈川県小田原市栄町1-1-7 小田原市地下街「HaRuNe小田原」
営業時間 10:00~20:00
定休日:1月1日


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県小田原市『旧松本剛吉別邸』を見学する。

image

市の歴史的風致形成建造物に指定されている『旧松本剛吉別邸』。

ワタクシは、ここを見学するまで松本剛吉を知りませんでした。

すぐそばに小田原文学館(旧田中光顯伯爵別邸本館)があるのですが

天気の良い時の方が見栄えがするだろうと考えて今回はスルーしました。

image
松本剛吉は、明治の元勲・山縣有朋と親交の深かった明治・大正期に活躍した政治家です。
建物は、大正12年(1923)頃に建築されたもので、平成28年(2016)3月に本市の歴史的風致形成建造物に指定されました。
主屋と別棟の茶室「雨香亭」、待合等の建物と、築山や水景を伴う庭園で構成されており、主屋は西側に張り出した主座敷の八畳と六畳の次の間から成る座敷があり、お茶と庭園を楽しむことができる数寄屋風書院造となっています。茶室は、六畳間と五畳間から成り、両茶室は竹やなぐり仕上げ等の職人技と施主のこだわりが随所に感じられ、間に設けられた玄関を中心に左右に角度をつけて配置されています。また、広大な庭園内には水景が配置され、山縣有朋ゆかりの古稀庵や皆春荘に通じる特徴があるとされています。

image
本邸は関東大震災で全壊したらしい。
この建物は複数の人の手に渡り、今は小田原市が管理しています。

image
主屋までのアプローチは石が敷き詰めてあって歩き易い。

image
何と書いてあるかワタクシにはわからない石もあったりして。

image
主屋の玄関。
沓脱石自体が高すぎるので靴を寄せておくのも一苦労。
沓脱石の前に台があるほどの高さです。

image
名栗加工が随所に見られる玄関。

image
腰壁も竹をあしらったりして凝った造りになっています。

image
山縣有朋邸にあったという座卓。
一枚板の豪華な座卓ですが輪染みがあり使用感に満ち溢れております。

image
廊下の天井部分には磨丸太が見えますが、
ベンガラ塗だったのではないかと想像されます。

image
トイレの前の廊下天井にある太鼓。
謎です。

image
開口部のガラスも昔のままっぽい。

image
庭に張り出した六畳の次の間には古い家財道具が置いてありました。

image
次の間側のサンルームには庭から見ることを想定しているかのように家具が展示してあります。

image
聚楽土に鉄粉を混ぜて塗った土壁(蛍壁)。
錆びが出て和紙の色紙のような模様になっています。

image
八畳の主座敷。
磨丸太が床柱に使われています。

image
次の間から主座敷を望む欄間は透かし欄間で
節をくり貫いたように見えました。

image
幅広の杉板を使った天井。
よく見ると板と板との間も凝った造りになっています。

image
蔵が見えますがこちらは非公開っぽい。

image
庭から見た主座敷と次の間。

image
主屋側面。

image
築山にも建物が見えます。行ってないけど。

image
こちらが茶室。

image
もの凄く気になった箇所。

image
茶室の説明はこちら。

image
茶室の縁の下には石が敷き詰められています。

image
入口を撮り忘れたのが痛恨の極み。
段差が激しくて上るのに四苦八苦していたら忘れた。
こちらは左手の六畳間の板戸(または壁か?)
桟が凝った造りになっています。

image
玄関は左側。
六畳間に上がるにも段差があります。

image
六畳間から見下ろした玄関前の空間。
玄関から見ると扇状に広がっています。
茶室の形状は上から三枚目の写真参照。

image
入口からも見えている水屋。

image
五畳間の天井部分。

image
六畳間には雛人形が飾ってありました。

image
こんな吊るし飾りも。

image
庭から見た茶室。
茶席を設けるというよりは密談用の建物だったらしいです。

image
庭から見た主屋。
石灯籠がかなり立派です。

image
庭の広範囲に落ちていた果実。
これだけの果実が成る大木があるってことかも。

image
花梨か?

紅葉の時期は特に綺麗なのだそうです。

その時期に再訪するのも良いかもしれんと思ってみたり。

ちなみに松本剛吉氏については興味が持てそうにもないため

しばらくしたら忘れてしまうかもしれません。

image
最後の持ち主は日本橋富沢町で木綿卸商「岡正」を営んでいた岡田正吉だそうです。


image
【旧松本剛吉別邸】

神奈川県小田原市南町2-1-27
開館時間 10:00~16:00
※主屋への入室は11:00~15:00
入館料:無料
https://matsumoto-goukichi.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

神奈川県小田原市『和菓子 右京』ののし梅が羊羹っぽいかも。

image

茶寮右京に併設された『和菓子 右京』。

たぶん茶寮で出されている和菓子がここでも買えるんだろうと思われます。

駐車場が満車になっているので茶寮は混んでいると思われますが、

和菓子店はすんなり入れるので、気楽な気分で立ち寄ってみました。

入店後、視界に入ったのは上生菓子とのし梅。

あんぱんを大量に購入した後だったため、今回はのし梅を購入しました。

image
うめ~い のし梅 95円(税別)/個。
ラインナップを見ると和菓子屋さんらしい和菓子屋さんって感じ。

image
想像していたよりも分厚い。

食感も舌触りも羊羹って感じです。

羊羹が得意ではないため、思っていたのと違う感が芽生えました。

羊羹がお好きな方にはちょうどいいのかも。




…ってことを、備忘録として残しておきます。


image
【和菓子 右京】

神奈川県小田原市本町4-3-29
営業時間 9:00~17:30
定休日:水曜(祝日の場合は営業)
※カード以外は現金のみだった気がする
https://www.ukyou.jp/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 新宿情報へ 

sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102021年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。