sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

☆谷根千@壱景

文京区根津『根津のパン』のはちみつレモンジンジャーが美味しい。

image
明日、明後日はお休みだそうです。

近くに来たもんで『根津のパン』を覗いてみることに。

偶然、あまり人が並んでおらず、

10分後に出るバスに乗れそうな気配があったため、

最後尾に並んだら、あっさり入店出来ました。

image
はちみつレモンジンジャーブレッド

image
出来たて熱々だったので袋が湿気でびちゃびちゃになりました。
半分に割ってから味見したら、ふわふわで美味しい。

image
ミルクフランスも買ってみましたが、
こちらは好みではありませんでした。
パン生地が苦手な舌触りっつーか。

はちみつレモンジンジャーにレモン風味があるのかは分かりませんが、

何はともあれシンプルに美味しい。

そのまま食べられるおやつ食パンという感じでした。

このタイプのパンを皆さんが買っている理由がよく分かる。

パンについては馬鹿舌なので「好みかどうか」でしか語れませんが、

食パンはいろんな味があるので、一つずつ試してみたいです。

あまり並ばずに済む日があれば、ですけど。

幸い、バスの時間には余裕で間に合いまして、

またまたバスに乗り続けて無事に帰宅することができました。

結構歩いた気がしていたけれど、

今日の歩数は6211歩でした。

疲労度的には一万歩越えなんだけどなぁ…。



image
【根津のパン】

東京都文京区根津2-19-11
営業時間 10:00~19:00 (パン無くなり次第終了)
定休日:月曜、木曜
※現金のみ
https://www.instagram.com/nezunopan/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』の豆大福を久々に購入する。

image

久々に『谷中岡埜栄泉』に立ち寄って参りました。

豆大福の食べ比べをしたかったからで、

二個だけ購入し、一つは千葉県民Tに差し入れしました。

image
豆大福 @260円(税込)。

image
左が谷中岡埜栄泉、右が荻野。
谷中岡埜栄泉の方がほんの少し大きめです。

相変わらずの渋い木造建築と、明るい接客。

なんか和みます。



やっぱり好きなんだよなぁ、谷中岡埜栄泉。

豆大福も美味しいし。

千葉県民Tに感想を訊いたところ、

彼女も谷中岡埜栄泉を推していました。

「塩味強めで餡子の甘みも丁度良い」そうです。

同感です。

千葉県民Tから頂く豆大福の差し入れ共々、

結構沢山の豆大福を食べている気がしますが、

「また食べたいなぁ」と思うのがここの豆大福です。

舌に合っているんでしょうね。

長く続けて頂けると良いなぁと思っています。

それにしても、豆大福の世界は奥が深い。

引き続き探求したいと思います。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
※現金のみ
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区谷中『御菓子司 荻野』の豆大福は一つ160円(税込)。

image

昭和38年創業の『荻野』。

以前から豆大福を食べてみたいと思っていたのですが、

なかなか訪れることができませんでした。

今日はこの前を通りかかったので、

豆大福のみ買って行くことにしました。

image
豆大福の価格が他店よりもリーズナブル。

image
包装紙に書かれた「
㙒」(←表記されないかも)が本来の漢字です。

image
一つ一つラップに包まっているところもホッコリする。

他店に比べると激しく安い気がする豆大福。

柔らかくてそれなりに美味しいです。

コスパが良いです。

二個買いましたが、

この後で購入した別の大福一つと合わせて

食べ比べセットを千葉県民Tに差し入れしておきました。

その感想は後ほど。



image
【御菓子司 荻野】

東京都台東区谷中5-2-5
営業時間 10:00~18:00(売り切れ次第閉店)
定休日:月曜、火曜
※現金のみ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区谷中『カフェポロン』のフルーツ入りのしっとりマフィン。

image

長らく気になっていた『カフェポロン』に入ってみることにしました。

2018年11月にオープンしたお店でして、ずーっと来れなかったんですよねぇ。

image
レトロなビルの一階の一部屋をリノベしているっぽい。

image
若い女性オーナーらしい独特の空気感があります。

image
テーブル席は2人がけ3席のみ。
ちょっと狭いです。

image
ここではマフィンを買うべきだろうと黒板をチェック。

image
お断りして写真を撮らせて頂きました。
(感染対策のビニールが天井からカーテンのように掛かっています)

image
目移りするほど、どれも魅力的。

image
特にこれなんかは絶対、間違いなく美味しいと思われる。

image
喉が渇いていたのでイートインスペースを利用することにしました。
プリンの文字、しかも数量限定という文字を見て即決。

image
イートインセットなるものがある。

image
気分は珈琲一択だったのですが、
後で「お店の雰囲気的にはハーブティーも良かったかも」
と思っちゃいました。

image
プリンと珈琲。
プリンの下に敷いているコースターが可愛い。

image
プリンは昔懐かしのかため食感でした。
上に載っているチェリーが良いアクセント。

image
食後はお盆を返却スペースに戻して退店。

どうしてもマフィンが食べたかったので、

テイクアウトしちゃいました。

image
左から、マンゴー、ゴルゴンゾーラ、レモンの3種。
※詳しい商品名は上の写真を見てください。

帰宅してからマフィンを食べてみましたが、

ぱさぱさしていなくて美味しい。

かたいマフィンがあまり得意ではないので、

これは好きだなと思いました。

軽いので、食べ終わっても喉が乾かないのもグッドです。

この辺りを散策することがあれば

次回もマフィンをテイクアウトしようと思います。





image
【カフェポロン】

東京都台東区谷中2-18-6
営業時間 10:00~19:00
定休日:火曜、水曜
※PayPayが使えます
https://www.instagram.com/pollon3956/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

箱義桐箱店 谷中店「小さな盆栽鉢と小さな桐箱展」を観に行く。

image

箱義桐箱店谷中店にて、

大島繭さんの「小さな盆栽鉢と小さな桐箱展」を

22日までの期間限定で開催していたので、

文京区のコミュニティーバス(100円)にだらだら乗って

谷中まで行って参りました。



何てタイムリーな個展なんだ! と

半ば興奮しながら向かったのですが、

作品群を見て、これに入れられるものを作る力量は

今のワタクシには無いと我に返り、

作品の購入を自粛しちゃいました。

しかし代わりに購入したのが以下のものです。

image
ユキヤナギらしい。

展示とともにミニ盆栽があったので、

そちらを購入しちゃいました。

ええ、完全にラクな方に流れています。

image
苔を置いても良いかもしれん。

ここからどう育てればよいかは今後考えるとして、

ちょっと盆栽について勉強してみようと思います。

image
傷つきで安くなっていた(300円)ので
桐箱も買ってみた。

なんだか絵を描きたい気がして来たので、

桐箱に絵を描いてみるつもり。

アクリル絵の具を発掘したけど

乾いて使い物にならないので、

先ずは下絵を描いてから

絵具を買うかを考えようと思います。

粘土を付けて立体的にしても面白いかも。

明日どこぞの美術館にでも行ってみようかなぁ。



大島繭さんのInstagram

image
【箱義桐箱店 谷中店】
はこよしきりばこてん やなかてん

東京都台東区谷中3-1-5(最寄り駅:千駄木駅)
営業日: 金曜、土曜、日曜、祝日
営業時間 10:30〜19:00
https://www.instagram.com/hakoyoshi_yanaka/
https://hakoyoshi.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

日暮里駅のフェリシモのクリスマスツリーが今年はツリー形状じゃなかった。

image
FELISSIMO HAPPY TOYS PROJECT
(フェリシモ ハッピートイズプロジェクト)
展示期間:2021年11月23日(水・祝)~12月25日(土)
展示場所:JR日暮里駅北改札内コンコース
2021年のキャラクター:「すくすくゾウさん」

イベント終了後は世界中の子供たちに贈られるそうです。

毎度必ず足を運んで見るのが、フェリシモのクリスマスツリー。

ぬいぐるみで出来ていて、とても可愛いツリーなのです。

しかし、今まではツリーの形状を維持していたのですが

今年は展示コーナーの体になっていました。

image

飾ろうと思えばツリーとして飾れそうなのにと思うも、

設置に時間と人手がかかるので時節柄難しいのかしら?

image
こんなに小ぢんまりした展示になってます。

image

image
奥山佳恵さんのブログはなかなか面白いです。

image
ゾウさんの鼻の長さはまちまちっぽい。

ゾウさんたちが世界の子供たちの手に届くには

COVID-19の影響により少し時間が掛かるのかも

とボンヤリ思ってみたり。


◆2015年

◆2014年

◆2013年


にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区根津1丁目『SIGNE COFFEE』のTake out スイーツセットを予約購入。

image

根津にある『SIGNE COFFEE』がずーっと気になっていたのですが、

今は完全予約制になっているためハードルが高いなぁと感じておりました。

しかし昨晩、偶然SNSでテイクアウトに空きがあるのを知りまして、

予約サイトでポチってから、本日ピックアップしに行って参りました。

いつもは看板が出ているのでしょうが、今は予約制なので看板が無く、

「え!? ここで良かったよね?」とちょっぴり不安になりつつ入店。

店内では予約した方々が粛々とカフェメニューを味わって居られました。

image
Take out スイーツセット 1,650円(税込)
ぶどうのパンナコッタ 1個
あんこのヴィクトリアケーキ 1個
きな粉のチーズケーキ 1個

早速、ヴィクトリアを食べてみましたが、

甘さ控えめで程よい食感で「ふむ。」という感想。

ヴィクトリアのあんこは「根津のたいやき」のものらしいです。

「根津のたいやき」もワタクシの野望の一つなのですが、

あちらは平日しか営業していない上に、売り切れるのが早いので、

いまだに食べたことが無いんですよねぇ。

何年後に野望が達成できることやらって感じ。

ちなみにヴィクトリアを食べるお供はおさ湯だったもんで、

残りのものを食べる時は、きちんと珈琲を淹れようと思います。



image
【SIGNE COFFEE(シグネコーヒー)】

東京都文京区根津1-22-10(根津駅1番出口から徒歩4分)
営業日時:SNSで要確認
定休日:不定
※現金のみ
https://www.instagram.com/signecoffee/
https://www.facebook.com/signecoffee/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『ウサギノネドコ東京店』で気になっていた「こうぶつヲカシ」を入手する。

image

京都にある『ウサギノネドコ』の2号店が谷中にあります。

鉱物や世界中から収集した標本や

それに類する作品を展示販売するお店です。

ちょっと他には無い感じかも?

実はワタクシ、コレクションしてはいないものの鉱物好きです。

コレクションしない理由は、鉱物はお高いから。

欲しいと思うものには手が出せないってのが正直なところです。

糸魚川で拾ったものとか、台湾で買ったものとか、

大昔に太宰府天満宮の境内の骨董市で買ったもの、

東京の本郷にあった骨董店で買ったものぐらいしか持っていません。

昔、会社関係の登山の会に入っていたのも、

山で石とキノコを見るのが好きだったからなんですよねぇ。

自分の身体が重くて持ち運べなくなってからは脱会しましたけど。

さて、今日ここに足を運んだ目的は鉱石を買うためでありません。

鉱石を模した琥珀糖(和菓子)がございまして、

欲しいと思っていたその「こうぶつヲカシ」が

このお店にも置いてあると知ったからなのです。

オンラインストアの価格よりはお高いとは思いますが、

あちらは予約商品だったりするし、

福岡県からだと送料もかかるので、

ここで手に入るなら有難いです。

image
こうぶつヲカシ 3,780円(税込)

image
日持ちは2週間程度です。

お菓子とは別に、

良い感じの鉱石があれば購入することを考えていましたが、

今回は惹かれるものがなかったのでお菓子のみ購入。

今回入手した琥珀糖も常時あるものではないようですが、

美味しかったら入荷のタイミングでまた買いに来たいなぁ。

ちょっと歩くけど。

鉱物を見て目と脳が楽しみ、琥珀糖を食べて舌が喜ぶ。

最高かも。



image
【ウサギノネドコ東京店】

東京都台東区谷中2-3-3
営業時間 [平日]12:00~19:00,[土日祝]11:00~19:00
定休日:水曜
https://www.instagram.com/usaginonedoko_tokyo/
http://www.usaginonedoko.net/tokyo/shop/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『パン工房 こむぎゅ』でコッペパンを5個買ってきた。

image

土日しか開いていないパン屋さんが日暮里駅近くの谷中にあります。

前回食べて美味しかったので、ちょいと調達しに行って参りました。

image
コッペパンはジャムなどのトッピング
が可能(+80円

image
コッペパンを5個購入しました。
計600円(税込)。

谷中界隈にはそれなりら人が多そうでしたが、

この付近は空いています。

このパン屋さんが穴場なのかもしれん。

置いているものはコッペパンやあんぱんでして、

シンプルだけれども美味しいと思います。

コッペパンには調理した具材を挟むつもり。

絶対美味しいと思う。

あとで麺を買いに行って焼きそばパンにしようかとも想像中。

そんな感じで、まだまだパン食は続きそうです。




image
【パン工房 こむぎゅ】

東京都台東区谷中5-9-26
営業時間 10:00~16:00
定休日:平日(月~金)
http://www.komugyu.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』のレアなおはぎ(牡丹餅)を買いに行く。

image

今日はあいにくの風雨。

あまり濡れたくないなぁと思ったため、

台東区のコミュニティバスを利用して

『谷中岡埜栄泉』まで行って参りました。

先日豆大福を買って美味しかったのですが、

今日はお彼岸限定で出るおはぎ(牡丹餅)が目的。

粒あんとこしあんの二種類だけかと思いきや、

きな粉もあったため豆大福を買うのは次回にして、

三種類一つずつ購入しました。

image
賞味期限は当日中。
時間とともに固くなるので早めに食べるのがオススメです。

image
きな粉も売ってました。

image
帰宅後、短時間お供えしてから頂くことにしました。

おはぎ(牡丹餅)の販売は今日までだそうです。

雨なので客足が鈍いのではないかと呟いて居られましたが、

お墓参りをする方を頻繁に見ましたので

大丈夫だといいなと思っているところです。

帰宅後二つ食しましたが、やはり美味しい。

食感がムチムチしていて歯が気持ちいいっつーか。

若干の塩味も感じられて、サッパリと頂けました。

甘さは控えめかもしれん。

次におはぎが食べられるのは秋になりますが、

その間は豆大福を買いに通おうと思います。

コミュニティバスを利用すると上野駅からワープできて

今日みたいな天気の日には便利かも。

image

結構咲いている枝もあったけれど、

全体的には来週末が桜の見ごろかもなぁ。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

台東区谷中『谷中岡埜栄泉』の豆大福を買いに行ってお店のファンになる。

image

明治33年創業の『谷中岡埜栄泉』。

江戸時代から続く岡埜栄泉の屋号を暖簾分けされたお店です。

現在の建物は戦後すぐに再建されたものですが、看板だけは創業時のもので、戦時中はお寺に預けて難を逃れたそうです。

大福で有名な『岡埜栄泉(または岡野栄泉)』と名の付くお店は東京に三十店舗以上あるらしいですが、暖簾分けと、そうではない店舗があるみたいです。

確かに別ものなんだなぁとここの豆大福を食べて実感しました。(岡埜栄泉についてはこんな面白い記事がありました)

ちなみにワタクシは豆大福は群林堂のが一番好きです。ながらく食べていないけれど。

ウチからだと中途半端な場所にあるので、歩くのに気合が必要なんですよねぇ。

さて、今回初めて訪問してみた『谷中岡埜栄泉』。

ご家族で豆大福を作っているそうですが、大変美味しいです。

image
ショウケースには人形など細々としたものが入っています。
一瞬、「商品はどれだ!?」と思いますが、
ここでは定番品が決まってるので迷うことはありません。
「豆大福ください」という言葉で事足ります。うん。


image
豆大福を2個と、栗饅頭を1個買ってみました。
計800円(税込)なり。

image
豆大福はその日中ですが、栗饅頭は少しだけ日持ちするそうです。

帰宅後すぐに一個食べ、夕方に残り一個を食べましたが、帰宅後すぐの方が断然美味しい。

いや、数時間経っても美味しいっちゃー美味しいのですが、午前中に食べる方が、つきたてのお餅がトロトロで柔らかく、まるで飲める豆大福って感じです。

実際に飲んだらヤバいのでそこは推奨しませんが、感想としてはそんな感じ。

こしあんの滑らかさと少しの塩気、赤えんどう豆の風味が混然一体となって口の中で広がります。

ウマ~っ。これはリピ買いですわ。

当初買う予定のなかった栗饅頭ですが、訊くところによると刻んだ栗が白あんに混ざって入っているそうです。

大きな栗一つだと齧った場所で味に差が出るので、あえて刻んだ栗にしているのだとか。

ついでに期間限定品である「おはぎ(ぼたもち)」について予定を訊いてみたところ、17日から出そうと思っているそうです。

(2021年の春のお彼岸は3月17日(水)から3月23日(火)まで)

20日と21日の土日は確実に出すと聞きましたので、その頃に再訪しようかなと思っております。

でもお彼岸だし、谷中霊園があるし、桜が綻びそうだし、混んじゃうかもなぁ。

まあ、そんなこんなでここの豆大福はワタクシの中で上位ランクに躍り出ました。

やはりその場で作っているお店は強いよねぇ。

建物も好みだし、場所も良いし、今後は豆大福が食べたくなったらここも候補に入れようと思います。

今日の出会いに大満足のワタクシです。



image
【谷中岡埜栄泉(やなかおかのえいせん)】

東京都台東区谷中6-1-26
営業時間 9:30~17:00頃
定休日:月曜、水曜
https://www.yanaka-okanoeisen.jp/
https://www.facebook.com/yanakaokanoeisen/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ  

台東区谷中『パン工房 こむぎゅ』のあんぱんとコッペパンが美味。

image

土日しか開いていないパン屋さんが日暮里駅近くにあります。

日暮里駅近くってよりは谷中にあると言うのが正しいのかも。

前から気になってはいたのですが、

今まで行く機会がありませんでした。

看板が出ていなければ場所が分からないだろうと思えるお店で、

民家の一角でパンを焼いて居られる感じです。

パンの種類はそれほど無いものの、

食べてみたら結構ワタクシの好みに合致する味でした。

って、言うほどパンの違いが分かるわけではないんですけどね。

image
あんぱんとコッペパンが主力商品っぽい。
価格も手ごろです。

image
コッペパンには+80円でトッピングができます。

image
持ち帰り時にへしゃげたコッペパン。
それはそうとレーズン食パンがあったので購入しました。
焼いたのは昨日だとのことで値引きしてくれました。

image
あんぱんの中はこしあんです。
これ、めっちゃ好き!

image
朝早かったからか、まだ焼いている途中のパンもあったみたいです。

コッペパンもかなり美味しいです。

次回はコッペパンを複数買って冷凍保存しておきたいなぁ。

そして自分でお惣菜を作って挟んで食べたい。

連日行くには躊躇われるエリアなので(混むから)、

次回は桜が終わる頃に再訪したいと思います。

個人的にはオススメです。



image
【パン工房 こむぎゅ】

東京都台東区谷中5-9-26
営業時間 10:00~16:00
定休日:平日(月~金)
http://www.komugyu.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

文京区根津1丁目『根津松本』のちらし寿司5,000円を予約してみた。

image

文京区根津にある高級魚屋『根津松本』に、

一週間前に予約した「ちらし寿司」を受け取りに行って参りました。

ちらし寿司は三種ありまして、

価格は3,500円、5,000円、8,000円となっております。

価格ごとにネタが変わるらしいのですが、

どうせならと思い、真ん中価格の5,000円を選択。

流石に初っ端から8,000円を選択する勇気は無かったです。

本日は会社の帰りに受け取りに向かったのですが、

チョイと早めにお店に着いたため、

作って貰うまで暫し待たせて頂きました。

小洒落た店の中央にある冷蔵庫には、

とてもビューティフルな魚介が並んであります。

どれも美味しそうなのですが、如何せん高級価格。

しかし眺めているうちに感覚が麻痺してしまい、

つい西京漬けなどを買ってしまいました。

冷蔵庫で一週間ほどもつそうなので、週末までに食べようと思います。

さて、ちらし寿司が出来上がったので、お支払いをして、と。

訊くとウチまでの距離なら配達が可能なんだそうな。

千代田線はワタクシ的にはなかなか不便なので、

次回は配達して貰おうと思います。

お造りなどは持ち帰るのが大変なので、

タクシー代を使うことを考えたら、配達して貰う方が安い気がする。

って、配達料金を訊かなかったけれども。

image
ちらし寿司 5,000円(税別)
いずれのネタも最高に美味でした。
特に穴子は口の中で溶けた。


image
母にリクエストしてお吸い物を作って貰いました。

通年定番で入るのは、こはだ、煮穴子、まぐろ、卵焼きの4種らしいです。

煮穴子も卵焼きも店オリジナル。酢飯は赤酢がかなり利いています。

一折り食べたら満腹になってしまうため、

これを頼んだらサイドメニューは不要かも。

大変美味しく頂きました。

巣ごもりする中での誕生日や、家族のお祝い事など、

エイヤーッと奮発しようと思う日に良いかも。



image
【根津松本】

東京都文京区根津1-26-5-105
営業時間 11:00~19:00
定休日:日曜、月曜
※電話予約は10:00から
https://ja-jp.facebook.com/Fresh.Fish.Shop.Nezu.Matsumoto/
https://www.instagram.com/nezumatsumotojapan/
https://nezufish.theshop.jp/


【にほんブログ村】

文京区千駄木『Rainbow Kitchen』のアボカドバーガー。

image

台東区のコミュニティバスで千駄木駅付近にたどり着いた母とワタクシ。

ランチタイムは過ぎていたため選択肢はさほどないものの、

食事をして帰ることに致しました。

おにぎりかハンバーガーのどちらが良いか母に訊いたところ

後者だったため、この辺りでは有名なレインボーキッチンに向かいました。

満席ではないものの席は埋まっており、やはり人気店なのだと納得。

image
ワタクシが知っている時代のお店は2018年で一旦閉店していたようです。
今は別の運営者のもとで営業しているっぽい。


image
このメニューだとアボカドバーガー一択かな。

image
チーズもあるけれど、意外とお高い。

image
やはりアボカドバーガーに致しました。
サイドメニューは細切りポテトとピクルス。

image
ドリンクはトマトジュースを選択。

image
ハンバーガーはトマト抜き。

image
コースターはこんな感じ。

image
ボードには日替りハンバーガーの説明がありましたが、
甘いのかしょっぱいのかワカラン。

バンズが柔らか過ぎて、

個人的には神楽坂のランチ時限定のハンバーガーの方が好きです。

バンズの表面がカリッとさせるだけで味が変わる気がする。

って、好みの問題ですけどね。

お高いチーズを選択しなくて良かったと思いました。

女性っぽいハンバーガーだなぁと思っていたら、

実際、女性がオーナーだったらしい。

うん、そんな感じ。



image
【Rainbow Kitchen】

東京都文京区千駄木2-28-7 北川ビル1F
営業時間12:00~15:00(LO14:30),17:30~23:00(L.O.22:00)
[土日祝] 12:00~21:00 (L.O.20:00)
定休日:月曜、火曜、12/29~1/3


【にほんブログ村】

台東区谷中『カヤバ珈琲 Est.1938』で朝食を。

image
[カヤバ珈琲]
寄棟造,木造二階建。
大正15年築(推定),平成20年改修。

台東区景観コンクールまちかど賞を受賞しているカヤバ珈琲。

谷中では一番人気なんじゃないかと思えるほど有名な喫茶店です。

この付近のランドマーク的存在でもあり、外国人観光客にも人気のお店です。

本日は三連休中日の日曜日ゆえに混むかと思い、

午前中の早い時間に向かうことにしました。

それでも既に表で待つ人が数名居りまして、しばらく待ちました。

image
平成20年から経営者が変わっていますが、
家具やカウンターは既存のもの。


image
モーニングは100円引きになるみたい。

image
母は名物の「たまごサンド」を、ワタクシは「ハムサンド」をチョイス。

image
「ハムサンド」に使われているハムは腰塚ハムのものだそう。

image
珈琲とカフェラテで迷う。

image
でもカフェラテを選択。理由はラテアートが気になったからです。

ハムサンドは結構ボリュームがあり、満腹になります。

モーニングとしては贅沢で、お得なんじゃないかなぁ。

並んでまで入りたいという気持ちが分かる気がします。

母から「たまごサンド」を一つ貰いましたが、

塩味のシンプルな卵焼きながらも、ふわふわで美味だと感じました。

うん、これは名物だってのも頷けるわ。

二階はお座敷で、外国人観光客に人気なのだとか。

ワタクシは椅子席がある一階で良かったと思っています。

膝がぁぁぁぁぁ。

大変満腹になったので、

これからトーハク方面に向かいたいと思います。

現在10時よりちょい前。

街に人が増えてきました。



image
【カヤバ珈琲 Est.1938】

東京都台東区谷中6-1-29
(JR日暮里駅から徒歩10分,地下鉄千代田線根津駅から徒歩10分)
営業時間 [火~木・日]8:00~18:00,[金土]8:00~21:00
定休日:月曜、年末年始
https://www.instagram.com/kayabacoffee/


【にほんブログ村】

文京区根津『根津 日本酒 多田』の料理が噂通りにどれも美味だった。

image

舌の肥えた仕事関係の呑み仲間が、

長らく気になって行きたいと思っていたと言うのが、

根津にある『日本酒 多田』。

ミシュランガイド東京のビブグルマンにも掲載されている大人気店です。

コース料理のみで、それに合う日本酒が用意されています。

長患い明けとも言える本日、忙しかった一日の〆に行って参りました。

昨年末からアルコールを全く摂取していなかったので、

ヨーグルトのお酒を一杯と、連れとシェアする日本酒をお猪口にちょこっとだけ、

という至極健全な飲み方をしつつ、料理に舌鼓を打っておりました。

ちなみに選んだのは真ん中の価格でしたが、

病み上がりの身には量が多かったです。

image
お通しの、鞍掛豆の煮浸し。
硬めに茹でたしっかりした食感の豆で、ビールに合いそうです。


image
白神山地の冬菇椎茸の摺り流し。
上に乗っているのは柚子の花びらだそうです。
椎茸の旨みがギュッと詰まった一皿でした。


image
鰆の磯海苔乗せ(海苔は二種類あります)。下は西京味噌。
低温でゆっくりと火を通した鰆は半生状態。
不思議な食感の一皿でした。


image
メカジキと春野菜のぬた和え。
苺が入っているのには驚きました。
不思議と合います。


image
イイダコと烏賊。
卵が苦手なワタクシはふた噛みで丸飲みしてしまいました。
魚卵にはこういう伏兵も居るんですよね。
でもたぶん美味しい。


image
鹿児島産のイシナギ(モロコ)と蕪のお吸い物。
初めて聞いた「イシナギ」という魚名。鱸の仲間だそうです。


image
泰正養鰻場のオーガニック鰻。
鰻にもオーガニックがあるのを初めて知りました。
旨みがギュッと詰まっていながら端正な味ゆえ、塩が良く合う。


image
メヒカリの唐揚げ。
南蛮風に下にオカヒジキと人参・玉葱の酢の物が敷いてあります。
身はほろほろと柔らかく、骨ごと食べられます。


image
鯛めしだったと思う。
すごく美味しいのですが、満腹過ぎて少量しか入りませんでした。
連れはお代りしてましたゲト。

店主は若く、研究熱心な方なのだと思われます。

ご自身でもかなり食べ歩いて居られそう。

料理人はアーテイストでもあるなぁと感じ、

とても良いお店に連れて行って貰ったと大満足の一夜でした。

根津駅は千代田線なのですが、新お茶の水で乗り換えればラクだと知れましたし。

たしなむ程度のお酒は、身体にはそれほど負担にはならず、全く酔わず。

今年はそれほど飲まない一年になるかもなぁと思うのですが、

さて、どうでしょうか。



image
【根津 日本酒 多田】

東京都文京区根津2-15-12 木村ビル1F
(地下鉄千代田線根津駅下車1番出口徒歩2分)
営業時間[火~金]18:00~23:30(L.O.22:00),[土日]15:30~21:00(L.O.20:00)
定休日:月曜、不定休(臨時休業あり)※食材無くなり次第終了
https://www.facebook.com/nezunihonsyu


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

昭和生まれの大阪育ち。数十年前から母の実家の神楽坂エリアに生息。食,日本酒,旅,富山県,文化財(建築物),読書等を好み、当ブログではそれらにオマケ情報も加味しています。それなりの年齢になり、老眼とか更年期とか諸々の不具合も出て参りました。そんな多様な話をチマチマと記す日々です。
もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
Instagramアイコン
【search】
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。