sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

群馬@壱景

群馬県でワタクシがお土産に購入したもの。

image
[ヨーグルト(プレーン) 421円(税込)]
http://rdfarm.co.jp/



群馬県の特産品を買うのに品揃えが良くて、楽しくて、


今一番気に入っているのがJR高崎駅の「群馬いろは」。


今回もそこでお土産を購入致しました。


image
[バター(有塩) 853円(税込)]
群馬県昭和村にあるロマンチックデイリーファームという会社のもの。
パッケージがイイですね。


image
チーズのみそ漬けはよく見るけど、裂けるタイプは初めて見たかも。
308円(税込)


image
千葉県民Tへのお土産にもしたのですが、大好評でした。
ワタクシもかなり気に入りまして、次回も購入を目論んでいます。
175円(税込)


image
[赤城の里(チリペッパー) 308円(税込)]
安定の美味しさです。


image
以前買って美味しかったので再び購入しました。
三元豚のジャーキーです。
ジャーキーを食べると『もののけ姫』を観たくなります。


image
[国産干し椎茸 699円(税込)]
切ってあるタイプって独り身には使い勝手がいいですよね。


image
[うま辛こんにゃく 432円(税込)]
群馬県といえば蒟蒻。


毎度買ってしまうもの、今回初めて買うもの、いろいろありますが、

ブログをやっていると前回何を買ったか直ぐに分かるところが便利です。

って、前回もプリン買ってたやーん。

でも味が記憶にないのは何故なんだろう?



【にほんブログ村】

群馬県沼田市『沼田城址公園』内にある移設された文化財指定の建物群は休館日でした。

沼田城址公園


沼田城址公園にやって参りました。

ここには国の文化財に登録されている建物が移設されているので、

それ目当てで訪れたのですが、生憎休館日でした。

この先にも旧日本基督(キリスト)教団沼田教会紀年会堂が移築されていますが、

そちらは外観のみしか見られないそうです。

地元の方が「沼田城址公園に行っても何もないですよ」と仰っていましたが、

確かにこの時期とこの曜日は何も無かったです。

今度晴天且つ開館日に再訪したいと思います。


沼田城址公園
[本丸跡]

沼田城址公園
ゲームのキャラクターかな?というパネルが公園内にありました。
撮影スポットなのか?


沼田城本丸堀跡
河岸段丘の上の沼田城。
石垣などはあまり見られない城址です。


沼田城本丸堀跡
これが貴重な堀を形成していた石垣。

沼田城本丸堀跡
降雪が邪魔でよく見えません。

沼田城本丸堀跡
こういうところの発掘は面白いだろうなぁ。
何か出てくると掘る前からだいたい分かっているだろうし。


旧生方家住宅
建物が見られるという一角は休館日でした。
祝日も容赦なく休むという・・・


旧生方家住宅
[旧生方家(うぶかたけ)住宅]
国指定重要文化財


旧生方家住宅
これまた降雪でよく見えません。

旧土岐家住宅洋館
奥に洋館が見えます。

image

旧土岐家住宅洋館
[旧土岐邸(ときてい)洋館]
国登録有形文化財


旧土岐家住宅洋館
垣根の隙間から撮影しています。

旧土岐家住宅洋館
玄関脇に梅の花が咲いていました。

旧土岐家住宅洋館
文化財プレートはこちらに。

旧土岐家住宅洋館
こうして遠くから見ると、よくある昭和建築に見えなくもない。

沼田城址公園
重要文化財の建物の向かいには唐突に檻が設置してありました。

沼田城址公園
熊がいるみたいです。
なぜ、こんなところに熊が!?


うーん、残念だ。



【沼田城址公園】
群馬県沼田市西倉内町594
建物以外は公園なので自由に散策できます。


【にほんブログ村】

群馬県沼田市『ティールーム針葉樹』でナポリタン800円(税込・サラダ付き)を食す。

ティールーム針葉樹


祝日だからか、シーズンオフだからか、休みのお店が多い沼田市街。

バウムクーヘンを買った際にオススメの飲食店を訊いてみたのですが、

アレルギーゆえに選択肢に蕎麦を含まないと言ったら、ラーメン店を勧められました。

有難かったのですが、ラーメンがそれほど得意ではないため、

とりあえず目的地まで歩いてみることにしました。

その目的地手前で発見したのがこちらの喫茶店。

喫茶店ならパスタメニューがあるはずと思って入店しました。


ティールーム針葉樹
[ナポリタン 800円(税込)]

ティールーム針葉樹
驚くことにサラダが付いていました。


吹雪の中を歩いていたので、太ももが冷たくなっておりました。

空腹を満たせて、雪も凌げて、大変助かりました。

そして入店前に失礼ながら、レトルトでもいい、と思っていたのですが、

奥でマダムが具材を炒める音がしておりましたので、

マダムお手製のナポリタンだと思われます。

パスタがものごっついアルデンテで、もっさりしていないナポリタンでした。

800円という驚きのコスパだし、これは良い選択だったのではないかしら。

テーブルに置いてあった紙を見たら、ケーキセットも同額だったみたいです。

季節限定のケーキがあるらしく、こちらも興味深かったのですが、

時間に限りがあったため、早々に退散いたしました。


沼田市
明日には積もりそうな勢いの降雪。



ティールーム針葉樹
【ティールーム針葉樹】

群馬県沼田市西倉内町608-2
(沼田城址公園入口すぐにあります)
営業時間、定休日など不明
HPなし


【にほんブログ村】

群馬県沼田市『旧沼田貯蓄銀行』は県指定重要文化財です。

旧沼田貯蓄銀行
[旧沼田貯蓄銀行]
復原建築物です。



1908年(明治41年)頃の建築だと推察されている旧沼田貯蓄銀行。

沼田市内で、ただ1棟だけ残る利根・沼田の金融史を物語る貴重な建物として

県指定の重要文化財に登録されています。

老朽化により、2012年(平成24年)に解体工事と調査が行われ、

2016年(平成28年)3月に現在の上之町1155-1に移築復原されました。

通常見学可可能だと市のホームページで見たのですが、

この日は閉館していました。

非常に残念です。


旧沼田貯蓄銀行



旧沼田貯蓄銀行
【旧沼田貯蓄銀行】

群馬県沼田市上之町1155-1
見学:通常見学可
木造2階建寄棟造桟瓦葺き


【にほんブログ村】

群馬県沼田市『樫の木(かしのき)』のバウムクーヘンが有名らしい。

樫の木



「吉本ばなな」さんが絶賛したというのが沼田市にある『樫の木』のバウムクーヘン。

有名店らしいので、街歩きの途中で立ち寄り、購入して参りました。

店内に入ると、ケース内はバウムクーヘンだらけ。

複数種類のバウムクーヘンが並んでいます。

迷ったものの、「限定」という言葉に弱いワタクシは以下の2種を選択しました。


樫の木
[地酒水芭蕉クーヘン 750円(税込)]
販売期間は10月〜3月までだそうです。


樫の木
[レモンクーヘン 850円(税込)]
3月までの期間限定販売だそうです。


苺のバウムクーヘンがあって迷ったのですが、

レモンは今月でなくなるけれど、苺はまだあると言われ、

次回に持ち越すことにしました。

季節によっては、リンゴやメロン、

ブルーベリー、パイナップル、マンゴーなどのクーヘンもあるみたい。

特にホワイトデー限定のホワイトストロベリークーヘンは気になります。

食べて美味しかったら、また沼田に行こうと思います。



【感想】
重厚なのにしっとりしていて、なかなか美味しかったです。
好みとしては、レモンに軍配が上がりました。
濃い紅茶と一緒に味わうと、至福のひとときになるんじゃないかなぁ。
珈琲よりは紅茶が合うと思いました。


樫の木
【樫の木(かしのき)】

群馬県沼田市中町1122-4
営業時間 9:30~19:00
定休日:不明(水曜という説もあり)
http://kashinoki-numata.com/


【にほんブログ村】

群馬県沼田市『海王山善福寺金剛院』は寄席のお寺として知られているようです。

海王山 金剛院 善福寺


沼田市のメインストリートからすぐの場所にある『海王山善福寺金剛院』。

文化財などではないのですが、寄席をするお寺ということで有名なようです。

天台宗だけど、お不動さんもあり、成田山新勝寺にゆかりのある寺でもあるようです。

せっかくなのでお参りさせて頂き、御朱印も頂いて参りました。


海王山 金剛院 善福寺
[金剛の大灯篭]
高さは9mもあるそうで、かなり目立つ目印です。


海王山 金剛院 善福寺
海王山 金剛院 善福寺
かなりモダン(?)な仁王像。
こういう顔の格闘家がいそうですよね。


海王山 金剛院 善福寺
敷地内はいろいろ盛りだくさんです。

海王山 金剛院 善福寺
お賽銭箱から上に視線を移すとこんな天井が目に入りました。
一箇所、落下したんですかね?

海王山 金剛院 善福寺
成田山の額の下には一風変わった赤提灯が。

海王山 金剛院 善福寺
噺家さんの名前が並んでいます。


どういう経緯で寄席をするようになったのかは不明ですが、

頻繁に行われているようで、ポスターが山門脇に貼ってありました。

御朱印は本堂の左側にある建物のインターホンを押して対応して頂きました。


海王山 金剛院 善福寺
お不動さん巡りもいいなぁと思いはじめているワタクシ。
 
海王山 金剛院 善福寺
御朱印と一緒にマッチを頂きました。

海王山 金剛院 善福寺
林家木久扇さんの一門が
定期的にこのお寺で寄席をしているみたいです。


御朱印をいただくようになって、お寺に興味を持ち始めましたが、

現代にあってご住職が様々な努力で維持されているんですね。

勉強になるなぁ。



【海王山善福寺金剛院】
群馬県沼田市坊新田町1108
山号:海王山、寺号:善福寺
北関東三十六不動尊霊場第二番札所
http://www.kongoin.com/


【にほんブログ村】

群馬県利根郡川場村『古新館』で永井酒造の「水芭蕉」を試飲し「谷川岳」を購入する。

古新館・蔵カフェ


1886年創業の永井酒造は「水芭蕉」や「谷川岳」を醸す酒造会社ですが、

同社が経営する『古新館・蔵カフェ』でもそれらを味わうことができます。

今回は蔵カフェで珈琲を飲んだあとで、ショップで日本酒を購入しつつ試飲をして参りました。


永井酒造
永井酒造前の巨大な杉玉。

古新館
館内入り口には座って休める場所があります。

古新館
青い杉玉があるってことは「水芭蕉」が新酒なんですね。

古新館
主力商品の「水芭蕉」ですが、価格もピンきり。
数万円する商品もありました。


古新館
二階には上がれません。
ショップ内にはぐい飲みやお猪口がいろいろ並んでます。
ガラス製品が多いかも。


古新館
お雛様が正面に飾ってありました。

古新館
酒粕の文字についつい反応してしまうワタクシ。

古新館
試飲もさせていただきました。
先ずは「水芭蕉」から頂いてみる。


古新館
その後、「谷川岳」を試飲。

古新館
これが一番好みの味でした。
高崎駅でも買えるので、ここでは買いませんでした。


古新館
なかなか個性的な味だと感じた「谷川岳」。

古新館
外にも椅子席があります。春秋の季節なら外で休むのも良いかもね。


今度、飲む日本酒に迷ったら、「水芭蕉」の純米吟醸を選ぼうと決めました。

東京でも買えるっつーのが良いですね。

そして今回ワタクシがこちらで購入したものは、以下の通りでございます。


酒粕
やっぱり購入してしまった酒粕。350円也。

永井酒造
一年に一樽しか仕込まない副杜氏さんの作品。1,458円(税込)。

永井酒造
ネットでの評価はいろいろですが、どうかなぁ。

永井酒造
180mlで良いお値段なのがこちらの大吟醸プレミア。
上の一本と大差ない価格だったりします。
そして純米酒ではございません。



今回、偶然発見した酒造会社でしたが、良い出会いが出来て大変満足です。

だから旅は止められないんですねぇ。


水芭蕉


古新館・蔵カフェ
【古新館・蔵カフェ】

群馬県利根郡川場村門前713
営業時間 [古新館] 9:00~17:00、[蔵カフェ] 10:00~16:00(LO15:30)
定休日:火曜
http://koshinkan-kuracafe.com/


【にほんブログ村】

群馬県利根郡川場村『蔵カフェ』の仕込み水出し珈琲がまろやか。



1886年創業の「永井酒造」直営の施設が門前下バス停の側にあります。

バスの待ち時間が1時間ほどあるもんで、その施設に立ち寄ることに致しました。


永井酒造
バスを逃すと帰れなくなるため、何度も時計を確認する一時間でした。
バスの時間はあくまでも「予定」で、前後15分は待つ必要があります。
この日も到着が遅れ、雪の中を待ち続けたワタクシです。


古新館・蔵カフェ
綺麗に整備された一帯には永井酒造の建物が並びます。

古新館・蔵カフェ
二つの建物の間あるのが旧仕込蔵で
現在ショップ&カフェになっているところです。


古新館
旧仕込蔵の内部がオシャレに改修されています。

蔵カフェ
「蔵カフェ」内部もなかなか面白い内装になっています。
入口手前に少しだけ椅子席があります。


蔵カフェ
雪が降っていて寒いのでこちらのホットを注文。

蔵カフェ
[仕込み水出し珈琲 480円(税込)]
グラスに入った水も仕込水です。
珈琲はとてもまろやかで、
これは子供でも飲めるのでは?と思いました。


永井酒造
永井酒造の建物の前にある謎の釜。
そして入り口には水芭蕉のオブジェがあります。


永井酒造
仕込水が飲める場所はバス停脇にあります。

蔵カフェ
平日は要予約のランチメニュー。
土日祝日は数量限定のようです。
この日は調理担当者がインフルエンザで休みのため
料理もお休みでした。


蔵カフェ
この日は注文できませんでしたが、酒蔵汁ってのもオススメだそうです。
酒粕入りのけんちん汁だという説明でした。


料理は注文ではないけれど、丁寧に説明してくださるスタッフの方。

メニューは参考にご覧くださいねと置いていってくれました(笑)。

次回の参考にしようと思います。

バスを待つには丁度良い施設だと思います。

ここで珈琲を飲んで一息ついたワタクシは、

続いて併設のショップで日本酒を吟味して購入することに時間を費やしました。

食事ができない場合は、ショップの方がオススメかもしれません。



古新館・蔵カフェ
【古新館・蔵カフェ】

群馬県利根郡川場村門前713
営業時間 [古新館] 9:00~17:00、[蔵カフェ] 10:00~16:00(LO15:30)
定休日:火曜
http://koshinkan-kuracafe.com/


【にほんブログ村】

群馬県利根郡川場村『青龍山 吉祥寺』で今年初の水芭蕉を見てきた。【写真多用】

青龍山 吉祥寺


鎌倉建長寺を本山とする臨済宗の禅寺『青龍山 吉祥寺』。

創建は暦応2年(1339年)の 南北朝時代で、

四季折々に100種類もの花が楽しめるとして有名なお寺です。

今回は沼田市観光が目当てだったのですが、

ここで水芭蕉が見られると知り、ちょっと足を伸ばして行ってまいりました。


青龍山 吉祥寺
左側で拝観料500円を支払います。
(HPを見たと伝えると100円引きになります)


青龍山 吉祥寺
脇に清流が流れる参道。
水の音が心地よいです。


水芭蕉
これから咲くのかもしれない水芭蕉。

青龍山 吉祥寺
[山門]

青龍山 吉祥寺

青龍山 吉祥寺
これがその「青龍山」と書かれた勅額。

青龍山 吉祥寺
青龍山 吉祥寺
良い感じの阿吽の狛犬が山門前にいます。

青龍山 吉祥寺
青龍山 吉祥寺
こちらは筋肉質な足を持つ仁王像。
仁王の足元に小さな像がわらわら置いてあります。


青龍山 吉祥寺
山門の格天井。
着色されていないのが良いですね。


青龍山 吉祥寺
なんだか小顔な気がする獅子。

青龍山 吉祥寺

青龍山 吉祥寺
山門内にあるテーブル代わりの木材。
すごいですね、これ。何年ものなんだろう?


青龍山 吉祥寺
山門では一休みできるように椅子が沢山置いてあります。
4月には周囲に桜が咲くっぽい。


青龍山 吉祥寺
横から見た山門。実は二階に上がれるんです。

青龍山 吉祥寺
ブーツだったし、時間が無かったので上がりませんでしたけど。

青龍山 吉祥寺
山門の懸魚。

青龍山 吉祥寺
山門をくぐった先の参道。

青龍山 吉祥寺
[鐘楼]

青龍山 吉祥寺
[釈迦堂]

青龍山 吉祥寺

青龍山 吉祥寺
内部に入ってみます。

青龍山 吉祥寺
生憎、お釈迦様は写真でしたが、
周囲に置かれた駕籠や仏像の量に圧倒されました。


青龍山 吉祥寺
折上げ格天井。
う、美しい!!!


青龍山 吉祥寺
これ、博物館で見たことがある気がするんですけど、
何ですっけ?



青龍山 吉祥寺
[本堂入り口]
靴を脱いで参拝させていただきました。
御朱印は先に預けてからお堂に入るのがこちらでの手順のようです。


青龍山 吉祥寺
[本堂]
三方の庭が素晴らしいです。


青龍山 吉祥寺
「臥龍庭」から見る釈迦堂。

青龍山 吉祥寺
[昇龍の滝]
ここは風の流れが心地よく、何時間でも座っていられそうでした。
寒いけど。


青龍山 吉祥寺
[青龍の滝]
本堂の裏側にある池。


水芭蕉
水芭蕉
水芭蕉
水芭蕉
水芭蕉の咲きは、まばらでした。

青龍山 吉祥寺
すっごく可愛いお地蔵様。
敷地内に無数の仏像が安置されています。


青龍山 吉祥寺
苔生した小さな仏像。
すごく可愛くて気に入りました。


青龍山 吉祥寺
こちらのお釈迦様の前には蕗の薹が咲いていました。

蕗の薹
お、美味しそう・・・

蕗の薹
天ぷらが食べたくなりました。

image
これは山茱萸ですかね。

image
これは何の実なんだろう?

image
咲いた姿を見てみたいと思う花もありました。


4月には沢山の花が咲くようで、その頃に訪れる人が多そうなお寺でした。

別名、花寺とも呼ばれているそうです。

庭は丁寧に管理されていて、拝観料も納得できます。

わざわざ来る価値のある群馬県のお寺なんじゃないかしら。

オススメです。


青龍山 吉祥寺
本堂入り口で御朱印を頂きました。


青龍山 吉祥寺
【臨済宗建長寺派 青龍山 吉祥寺】

群馬県利根郡川場村門前860
拝観時間 9:00~17:00(入場は~16時)
拝観料:大人 500円(HPで割引があります)
JR沼田駅→関越交通バス川場村循環(右回り)で約30分,「吉祥寺入口」下車徒歩2分


沼田駅
バスは時間ギリギリに来てすぐに発車しちゃうみたいです。
SuicaなどのICカードは使えません。
JR沼田駅から吉祥寺入口までの運賃は650円。



【にほんブログ村】

群馬県沼田市の河岸段丘ならではの坂と階段が面白い。

沼田市
JR沼田駅前。
森のように建物の向こうに見えるのが段丘の上にある街です。


「日本一美しい河岸段丘」といわれる沼田市。

市内にはいくつもビュースポットがあり、

「天空の城下町」というキャッチコピーが至る所で見られます。

真田家ゆかりの街ということでも有名ですが、

「ブラタモリ」で河岸段丘が取り上げられ、

その点でも大いに知られるようになったようです。

沼田駅
JR沼田駅を見ると天狗と水芭蕉押しだということも分かります。

_IMG_4598
駅脇の売店で配布していた地元高校生が作った観光マップ。
大変良く出来ているので沼田徒歩観光の際にはオススメです。


沼田市の観光名所といえば、吹割の滝。

ですが、この時期は冬期閉鎖しているため、別の機会に行くとして、

今回は河岸段丘を体感できるとワタクシが強く思った

沼田市のオススメスポットをご案内します。

沼田市
滝坂から沼田駅方向を見下ろしてみる。

沼田市
旧滝坂。
こちらは歩道という色合いが濃く、かなりの急坂になっております。
正直転がり落ちそうで怖いです。
この左方向に新しい滝坂ができておりまして、
そちらは迂回しており車専用という色合いが濃く、
徒歩だと長距離坂道を歩く羽目になります。

沼田市
坂道の下には屋根のある階段がありまして・・・

沼田市
それが、ものごっつい急な階段なんです。

沼田市
高所恐怖症気味のワタクシは太ももがビリビリして足が竦みました。

沼田市
階段の下にある気になる板。
「防火用水堰止板」と書いてありますね。
階段の脇を流れる水を堰き止めて消火用の水に利用するのかしら?


今回は降雪だったため、

市内にある沢山のビュースポットのどれにも立ち寄りませんでした。

曇っていなければ谷川岳や武尊岳山などの日本百名山が見えるらしいです。

再訪する機会があって晴天であれば、是非ビュースポットめぐりをしてみたいです。

そのためには坂道を昇降しまくる体力が必要かもね。


【にほんブログ村】

四万温泉『かふぇふろれすた はろうきてぃ』というハローキティがテーマの和カフェ。【再訪】

かふぇふろれすた



四万温泉から東京駅に向かうバスが四万グランドホテル玄関前から出ます。


これを逃すと帰れなくなるため、気合を入れて待つことにしました。


バスは指定席ではなく自由席なので、良い席は早い者勝ち。


って、バスの「良い席」ってのがイマイチ分からないのですけれど。


バスは13時45分発で、東京駅には17時30分到着予定であるため、


昼食を摂っておくことにしました。


あまり飲食店がない(ただし蕎麦屋はある)ため、


昨日訪問した『かふぇふろれすた はろうきてぃ』を再訪。


昨日とは違うメニューを注文いたしました。


かふぇふろれすた
[チャーハン 800円(税込)]

かふぇふろれすた
オム乗せチャーハンといったところでしょうか。

かふぇふろれすた
コースターもキティちゃん。

かふぇふろれすた
食後にカプチーノもいただきました。

かふぇふろれすた
椅子にもキティちゃんが座っています。



バスの時間が近づくにつれ、次第に店内も混んできました。


ホテル1階の川の側の窓際にあるため、座っていると寒いです。


バスの時間まで猶予がありましたが、我々はホテルのロビーに移動致しました。


寒い日の長居には向かないカフェなので、客の回転率は良いのかもね。




かふぇ ふろれすた
【かふぇふろれすた はろうきてぃ】

群馬県吾妻郡中之条町四万4228 四万グランドホテル1F
営業時間 9:00〜19:00
定休日:無休
http://www.shima-grand.com/hotspa/kitty.html


【にほんブログ村】

四万温泉『積善館』山荘一泊二日の旅の翌朝。

積善館



積善館本館から外に出たら、雪の中、大勢の観光客が記念撮影をしまくっていました。


土曜日より日曜日の方が観光客が多いエリアなんですかね。


橋の上の人々の間を縫うように街に繰り出したもんで、


散策後は別ルートで宿に戻りました。


積善館
欄干にこんもりと積もった雪。

積善館
[積善館向新(せきぜんかんむこうしん)]
木造2階建、入母屋造、トタン瓦棒葺。
積善館の山荘の残材で造ったと伝わる建物。


積善館
[積善館本館]

積善館
法面脇に積善館の私道に至る門があります。

積善館
法面に積もった雪がなんだか面白い模様になっていました。

四万温泉
私道から見える砂防堰堤も雪に覆われていました。

積善館
川沿いに並ぶ積善館の建物(左側)。

積善館
蔵もありました。

積善館
蔵の脇にある腰付き格子戸。
4枚も戸が連なっている(しかも大きさが違う)のが興味深いです。


積善館
蔵の扉に付いている鍵はかなり低い場所にありました。

積善館
本館大広間側から見た積善館前新。

積善館

積善館
[本館玄関]

積善館
玄関横にある階段は従業員用で入れませんが、
趣のある外観でした。


積善館

積善館
[積善館前新と向新]



ちなみに積善館にインターネット予約すると、3つの特典から1つ選択できます。


今回はチェックアウト時間を1時間延長する特典を選択したのですが、


おかげでのんびりと過ごすことができました。


温泉旅館でだらだらしたい時には最適な旅館だと思います。


そしてワタクシのように、文化財に泊まりたいという方にも、もちろんオススメです。


泊まらないと見られないものが沢山あるんじゃないかしら。


積善館
前日はこの程度だった氷柱が・・・

積善館
翌朝にはこんな状態になっていました。




積善館
【積善館(せきぜんかん)】

群馬県吾妻郡中之条町大字四万4236-1
鉄道:JR吾妻線中之条駅から関越交通バスで約40分
高速バス:東京駅の八重洲側から直通バス(四万温泉号)あり


【にほんブログ村】

四万温泉街をちょっとだけ歩く。

四万温泉
開いているお店は少ないのですが、風情ある街並みです。



歳をとったもんで、温泉宿では基本的にゴロゴロしていたい。


観光地に行っても、ゴロゴロしていたい。


そんなワタクシと母には適している温泉街だと思える四万温泉です。


四万温泉
積善館脇にある建物。
今は使われていないっぽいのですが、良い建物です。
こういう建物と立地でカフェをやってみたい。


四万温泉
二十一世紀には絶滅しつつある昔のタバコ屋。
たばこ、の文字が良いですね。


四万温泉
[塩之湯飲泉所]
桐の木平商店街の真ん中あたりにあります。


四万温泉
源泉名:明治の湯
泉質:カルシウム,ナトリウム-硫酸塩泉
適応症:慢性消化器病,慢性便秘,慢性胆のう炎,胆石症,肥満症,糖尿病,痛風


四万温泉
つくばいは瓢箪の形です。意味があるんだろうか?

四万温泉
つくばいに付着したカルシウム。

四万温泉
飲んでみましたが、塩味でした。
肥満に効くなら持って帰りたい・・・。



この付近でよく目にしたのが花豆。


甘露煮が名物のようで、缶入りがあったので一つ買ってみました。


珍しかったもんで、つい。


ただし、何に使うかは考えていません。


缶詰
何も思い浮かばなかったら、夏にかき氷の上にのせて食べればいいよね。



ぼちぼちチェックアウトの時間が近づいて参りましたので、宿に戻ろうと思います。



【にほんブログ村】

四万温泉『柏屋カフェ』で名物の温泉カプチーノを飲む。

柏屋カフェ



『柏屋カフェ』のオープンが10時からなもんで、それぐらいの時間にお店に向かいました。


昨晩降った雪で道路は滑りやすくなっており、


普通の靴着用だったワタクシはペンギン歩きでヨタヨタと歩き続けた次第です。


わずかな距離の移動でしたが、変な筋肉を使った気がします。


柏屋カフェ
店内に入って、二階へ。

柏屋カフェ
やはりイチオシは温泉カプチーノなんですね。

柏屋カフェ
メニューでも一番上に書いてあります。

柏屋カフェ
[温泉カプチーノ]
温泉マークが書いてある下にも葉っぱの模様が描かれています。


柏屋カフェ
もう一つは、ハートが描かれているのだと推察しました。

柏屋カフェ
温泉マークの湯けむりの流れは
SSSなのか、その逆なのか分からなくなりました。



検索したら供されたカップのマークが正解でした。なるほど。


ってか、五輪仕様に制定された新しい温泉マークを描くのは難しいだろうなぁ。


柏屋カフェ
カウンター席の窓から見える景色も真っ白でした。

柏屋カフェ
お雛様のステンドグラス?が可愛い。

柏屋カフェ
ウサギさんの雛飾りもありました。


柏屋カフェ
そしてメニューに不思議なものを発見。
次回があれば試してみたいです、イタリアンラーメン。


柏屋カフェ
ケーキも魅力的だったのですが、満腹で入りませんでした。



人気のカフェなので、ひっきりなしにお客さんがやって来ます。


のんびりできそうな空間なのですが、早々に退散致しました。


温泉カプチーノはほんのり甘く、優しい味でした。



柏屋カフェ
【柏屋カフェ】

群馬県吾妻郡中之条町四万4237-45
営業時間 10:00-17:00 (16:30LO)
定休日:木曜、毎月第3金曜(変更あり)
支払い:カード不可


【にほんブログ村】

四万温泉『積善館』山荘一泊二日の旅の朝食。

積善館



朝起きたら一面の銀世界。


朝湯が大好きなワタクシは、


まだ夜が明けぬうちにゴソゴソと寝具から抜け出し、浴場に向かいました。


積善館
[鏡の廊下]
佳松亭4階と山荘4階を結ぶ通路です。
佳松亭には露天風呂付き大浴場があるので、そちらに向かいました。


積善館
[浪漫のトンネル]
山荘と本館2階を結ぶトンネルです。


積善館
階段を降りて本館1階にやって参りました。

積善館
早朝の本館フロント。

積善館
これは明けきってからの写真ですが、
続いて元禄の湯を満喫しておりました。


積善館
外から見える元禄の湯の天井付近開口部。

積善館
飲泉可能とのことで、ここだけで温かい湯が飲めます。
温かい湯は下痢に効き、冷たい湯は便秘に効果があるそうです。


積善館
ちょっと飲んでみましたが、かなり温かったです。

積善館
朝の元禄の湯の飲泉場前。

積善館
本館玄関の階段を登り、今度は山荘3階に向かいます。

積善館
階段に貼られた千社札。
四谷から来ている人が多いのか?


積善館
山荘3階にある家族風呂。
誰も居ないので貸し切りで入りました。
湯の温度が一番自分に合ってました。


積善館
家族風呂横にある進入禁止の階段。

積善館
もう一つの家族風呂脇にある階段。



食事は8時過ぎから数十分おきに指定できたと記憶しています。


その指定時間に、指定場所に向かいました。


積善館
この日の朝食。

積善館
海苔は焼き海苔でした。
関東だなぁとしみじみ思う。
(関西は味付け海苔が出ます)



昨晩の夕食に引き続き、またまた満腹になったので、


10時過ぎまで部屋で炬燵に入ってぐだぐだしていました。


本が読み終わったので、これから外出します。



積善館
【積善館(せきぜんかん)】

群馬県吾妻郡中之条町大字四万4236-1
鉄道:JR吾妻線中之条駅から関越交通バスで約40分
高速バス:東京駅の八重洲側から直通バス(四万温泉号)あり


【にほんブログ村】

四万温泉『積善館』山荘一泊二日の旅の夕食。

積善館



雪が深々と降り続いています。


佳松亭5階の食事会場は満席で、若い人々で溢れていますが、


モダンな内装の食事会場は騒がしくも無く、


とてもゆったりと食事をすることが出来ました。


積善館(佳松亭)の料理長は石井和郎氏。


フロアスタッフの方が中国の方だったので、雑談は控えましたが、


機会があれば、料理長情報が欲しいなぁと思いました。


積善館
食前酒は梅酒。

積善館
[箸染]
菜の花のムース。
とろける食感が楽しい一品でした。


積善館
[前菜]

積善館
豆乳豆腐

積善館
器の底には旅館の紋が入っていました。

積善館
運ぶ際に崩れたと思われる料理が多かった気がする。

積善館
[海鼠腸]
山芋を刻んだものがのっていました。


積善館
何を飲むかで悩んだものの、期間・数量限定と聞いてコチラを選択。

積善館
二人で飲むのに丁度良い量でした。

積善館
群馬県最古の酒蔵である牧野酒造で醸されたもののようです。

積善館
1000本中の584本目。
ほんのり甘みがあり、飲みやすいお酒でした。


積善館
[椀盛]
ふきのとう真蒸
扇昆布は積善館の名が透かしになっていました。


積善館
[造里]
マグロはトロだと思う。
量が丁度良かったです。


積善館
泡醤油というものを初めて食しました。

積善館
つけて食べるのではなく、乗せて食べる醤油。

積善館
二つの蓋物が出てきました。

積善館
[蒸物]
蛤飯蒸し


積善館
[牛すじ煮]
※追加料理
これがめちゃくちゃ美味しかった!
こんにゃくの味の染みこみ方もハンパなく、
初めてこんにゃくが美味しいと思えました。


積善館
[焼物]
カマス菜種焼きとバイ貝。


積善館
[台物]
しゃぶしゃぶでした。


積善館
上州牛だそうです。

積善館
まずは野菜を煮てみる。

積善館
[食事]
米:熊本県産ミルキープリンセス。
ミルキークイーンの姉妹系品種。
ミルキークィンに比べ栽培し易く、収量も多いらしい。


積善館
赤出汁の止め椀と、香の物。

積善館
食事が済んだ頃に二品届きました。
食事を先にお願いしたのは失敗だったかも。


積善館
[酢の物]
白いのはこんにゃく。手前は鰊。
こんにゃくの下には下仁田葱が入っていました。


積善館
[蓋物]
ふかひれ餡が掛かった茶碗蒸しでした。


積善館
[水物]

積善館
[リンゴゼリー]
ヨーグルト掛け。


積善館
[大福]



食後、ロビーから外を見たら、真っ白になっていました。


誰も踏んでいない積雪を見るとテンションが上がる母は、


寒いのに「ちょっとだけ」と言ってホテルの外へ。


雪をちょっと踏んだものの、裾が濡れたと言って早々に撤退。


積善館
積善館
母以外の足跡もあったので、踏みたくなる人はそれなりに居るっぽい。



さて、結構満腹になりまして、


部屋に戻って炬燵に入ってグダグタしておりましたら、フロントから電話を頂きました。


誕生日のお祝いということで、旅館からお夜食にお赤飯をくださるとのことでした。


ちょっと驚きました。


予約時に申告したわけではないのですが、


チェックイン時に母の呟きを拾っていてくれたようです。


お気遣い頂きまして嬉しくも恐縮でした。


積善館
胃袋は満腹だと訴えているのですが
目で見たら食べられそうな気がしてきました。


積善館
一口サイズのお赤飯。
丁度良い量だったので、早速有難く頂きました。



積善館
【積善館(せきぜんかん)】

群馬県吾妻郡中之条町大字四万4236-1
鉄道:JR吾妻線中之条駅から関越交通バスで約40分
高速バス:東京駅の八重洲側から直通バス(四万温泉号)あり


【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。