sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

千葉@壱景

千葉県佐倉市『くらしの植物苑』の冬の特別企画「冬の華・サザンカ」展は明日まで。

くらしの植物苑
【国立歴史民俗博物館 くらしの植物苑】
開苑時間 9:30~16:30 (入苑は16:00まで)
休苑日:月曜
入苑料:100円
開催期間:2014年12月2日(火)~2015年2月1日(日)


くらしの植物苑
分かりにくいでしょうが、強風が吹いています。
さ、寒い・・・。



佐倉市内に植物苑があると知り、ちょっくら行ってみました。


サザンカ展をやっているとのことで、


冬の何もない植物園でも見るものはありそう。


この特別展は明日までとのことで、


実際、見頃は終わっているかもという感じの内容でした。


でも、少しは観賞できたので、100円分は満足できました。


誰も居なかったので、苑内を独占できたし(笑)。


ミスエド
[ミスエド]

スター・アバブ・スター
[スター・アバブ・スター]

おもかげ
[おもかげ]

六歌仙
[宝塚]

宝塚
[宝塚]

白寒椿
[白寒椿]

東牡丹(あずまぼたん)
[東牡丹(あずまぼたん)]

都の春(都姿)
[都の春(都姿)]

福雀
[福雀]

長春(ちょうしゅん)01
[長春(ちょうしゅん)]

長春(ちょうしゅん)02
長春(ちょうしゅん)
蕾もとても綺麗です。
美味しそう・・・


笑顔紅(えがおくれない)
[笑顔紅(えがおくれない)]

銀竜(ぎんりゅう)
[銀竜(ぎんりゅう)]

銀竜(ぎんりゅう)

玉姫(たまひめ)
[玉姫(たまひめ) ]

勘次郎(立寒椿)
[勘次郎(立寒椿)]

鎌倉絞(かまくらしぼり)
[鎌倉絞(かまくらしぼり)]

曳馬乙女(ひくまおとめ)
[曳馬乙女(ひくまおとめ)]

べにばな
[ベニバナ(紅花)]
学名:Carthamus tinctorius
キク科ベニバナ属の一年草
花が咲いたらどんな畝が見られるんだろうかと妄想しちゃいました。



【にほんブログ村】

千葉県佐倉市『カフェ ブォナ ジョルナータ』は市立美術館内にある小綺麗なカフェです。

市立美術館01
[佐倉市立美術館(さくらしりつ びじゅつかん)]
 千葉県佐倉市新町210
 
正面のエントランス部分は1918年(大正7年)に「旧川崎銀行佐倉支店」として建設されたもの。
千葉県指定文化財(有形文化財)。


市立美術館02
市立美術館03
中央の桜の意匠は、後から付けられたんでしょうな。

市立美術館04
浅井忠,都鳥英喜,荒谷直之介,香取秀真,津田信夫,堀柳女など
佐倉市と房総ゆかりの作家を中心に収蔵されているそうです。



ちょっとドキドキする経験をしたもんで、


改めて食事をするために選んだのが美術館内にある『カフェ ブォナ ジョルナータ』。


こちらは観光案内所で紹介された場所です。


カフェ
小洒落た飲み物が沢山あるぅ~。

カフェ
施設内も小綺麗です。

カフェ
ワンプレートランチにしようと思ったら休みだった。

カフェ
[クロックムッシュとチャイ]
ランチセットで800円。
手前は蕪と人参のピクルス。
って、蕪じゃなくて大根だったかも。



本日は猛烈な風が吹いており、安全な建物内に避難できてホッとしました。


ってのは、大袈裟かもな。


何はともあれ、胃袋に食物を収められたので、


安心して再び次なる目的地に向かう決心が付きました。


実はこの辺り、お蕎麦屋さんが多いみたいなんです。


観光案内所で奨められたのもお蕎麦屋さんだったし。


カフェは意外と無いっぽい。


そういう点では、貴重な場所かも。



【Cafe Buona Giornata(カフェ ブォナ ジョルナータ)】
千葉県佐倉市新町210 佐倉市立美術館1F
10:00~18:00(L.O.17:30)
ランチ 11:30~14:00
定休日:月曜 


【にほんブログ村】

千葉県佐倉市『SAKURAGI』という喫茶店が入ってからもドキドキする感じ。

喫茶店



自転車で通りかかり、その外観に惹かれて入ったのがSAKURAGI。


ネットではローマ字表記ではなかったのですが、


外の看板にはそうあったので、そちらで。


さて、扉を開けてみて、ちょっとビビリました。


こ、これは・・・


うず高く積まれた新聞、


壁いっぱいに飾られた種々雑多な品々、


今年の干支の置物、


美術展のポスター、


埃まみれの棚、


昭和の喫茶店にあったような椅子、


たぶん常連さんたちは喫煙者なんだろうと思われるテーブルの上の二つの灰皿。


何よりビビッタのは食器がうず高く積まれたキッチンシンク。


いろいろとドキドキしました。


衛生的に大丈夫か!? 的な。


これはこれで面白いけど。


カレーやシチューなどのフードメニューもありましたが、


それを頼む勇気はありませんでした。


年配のオーナーがお一人でやってらっしゃるらしく、


いろいろ手がまわらないのかもなぁと思ってみたり。


面白かったけれど、最後までドキドキしまくった喫茶タイムでした。


ハラハラ、ドキドキしたい方は、是非。


喫茶店

喫茶店
[ブレンド 400円]

喫茶店
溶けて変形したチョコと、笹串だんごが付いています。
変形していようといまいと、チョコは苦手。


お菓子
残すのは申し訳ない気がして、笹串だんごだけ持ち帰えりました。
食べるかどうかは未定。



【にほんブログ村】

千葉県市川市『加藤家住宅』『旧浅子御輿店』など国の登録有形文化財を見てぶらぶらして来た。

マンホール蓋
[市川市のマンホールの蓋]
松の意匠ですね。


マンホール蓋(小)
[市川市の汚水マンホールの蓋]
水を大切にしてと言いたいってことがわかる気がする絵柄。




千葉県市川市にある東西線の妙典という駅で下車し、



行徳駅まで旧江戸川付近や旧行徳街道をぶらぶら歩いて参りました。



妙頂寺
[妙頂寺(みょうちょうじ)]
境内入口には下のような案内板が設置してありました。


妙頂寺案内
中に入っていいものか思案したものの、やめておきました。
サルスベリを見てみたいと思ったんですけどね。

寺
斜向かいにもお寺がありまして・・・

地図
ここはお寺の多い寺町だったらしい。

道しるべ
ただの道も、こういう案内があるとイメージが膨らみます。
(妄想ともいう)


権現道
[権現道(ごんげんみち)]
鷹狩りのため東金に向かう将軍が通った道。
歴史はあれども今は普通の道なんですけどね。


平川医院
[平川医院]
和洋折衷の建物が目を惹きます。
面白い造りだなぁ。


土蔵
旧江戸川に抜ける小道沿いに蔵を発見。
石の模様がカッコイイですね~


旧江戸川
[旧江戸川]
休日ゆえの静けさでしょうか。


旧江戸川護岸
旧江戸川の護岸は歩行者のために整備されていて、
マラソンやウォーキングをしている人々を目にしました。


アカツメクサ
[シロツメクサとアカツメクサ]
シロツメクサを見るとラスカルのテーマ曲が頭に浮かびます。
以降、テーマ曲はラスカルで散策。


水門
水門発見。
向かいには市川市本行徳排水機場がありまして、下の説明がありました。


市川市本行徳排水機場前看板
水は堤防の下を潜って川に流されるんですね。

加藤家住宅
【加藤家住宅】
こちらは、かつては塩問屋だったそうてす。
現在も個人で建物を維持されていらっしゃるとか。


加藤家住宅04
煉瓦が丸くなっていてなんだか可愛い。

加藤家住宅02
[加藤家住宅主屋正面]

加藤家住宅06
懸魚も細工物で美しいですね。

加藤家住宅05
主屋と煉瓦塀は国の登録有形文化財。

加藤家住宅03
どこから見ても立派な造りの建物です。

笹屋うどん跡02
[笹屋うどん跡]
行徳名物だったうどん屋だそうです。
安政元年(1854)に建てられたとか。


笹屋うどん跡03
鬼瓦に笹の意匠が見られますね。

笹屋うどん跡01
「さ」の家印(いえじるし)が施されています。

旧浅子御輿店01
【旧浅子神輿店(きゅうあさこみこしてん)店舗兼主屋】
国の登録有形文化財
室町時代末期の創業と伝えられる神輿をはじめとした神仏具の製作を家業とした老舗。
建物は昭和4年上棟。


旧浅子御輿店04
国登録有形文化財となっています。
市川市により公有化。


旧浅子御輿店03
丸瓦や樋なども、意匠性のあるものとなっています。

旧浅子御輿店02
装飾性の高い細工が要所要所に見られます。




現在、市川市では、旧行徳街なみ整備事業を推進しているそうです。



旧街道沿いを整備して観光地化を進めているのかも。



妙典駅から行徳駅までの区間は、立派な個人の住宅も多く、



建物を見るのが好きな人には面白いエリアかもしれません。



しかし、残念ながら寺町&住宅地なので、



ワタクシが歩いたルートには喫茶店やカフェなどは一軒も見当たりませんでした。



観光地化するなら、お店も整備して欲しいなぁ。



などと思いつつ、自販機で購入したペットボトル入り炭酸水の蓋を回すワタクシなのでした。



喉が渇いているときは、炭酸水に限る。



ぽっくり蛙
[ぽっくり蛙]
名前の割には縁起物なんだそうです。
でも、なんで「ぽっくり」なんだ?


案内



【にほんブログ村】

千葉県成田市でワタクシが自分土産に買ったもの。

笊
[竹工房せいみやで購入した笊(ざる) 900円]

コースター
[同じく、竹工房せいみやで購入したコースター 250円]

箸
上の写真のものを購入したら、お箸をくれました。

とんぼ玉
表参道の骨董店で購入した現代の安い「とんぼ玉」。
200円/個


ひょうたん
「ガラス細工の店しのん」で購入したガラスの瓢箪。
300円/円
箸置に使えるなと思ってて選択致しました。




大好物の鰻を食べることもせず、



これまた大好物のお煎餅を購入することもなく。



そんなワタクシが購入したものは、写真の四点でした。



笊は、冷やしうどんを食べるのに良いなと思って選びました。



うん、どれも(ほぼ)必需品。



今日はとても現実的だったわ。



仕事をして初めてGWにGWらしいことをした感があります。



とことん遊ぶと、アイデアも湧くよね。



今日はメモ帳にアイデアを書きまくった一日でもありました。



ちょっと自分が潤った気がする。



なんてね。




【にほんブログ村】

千葉県成田市『成田山新勝寺』のさまざまなカタチ。

成田山新勝寺
【成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)】
本尊は不動明王。


総門
[総門]
開基1070年記念事業として2006年(平成18年)に竣工。


仁王門
[仁王門]
国の重要文化財。


仁王門
1830年(天保元年)の建立。
素晴らしい造形美なり。


仁王門
ひょうたん・・・ですよね?

仁王門
これは宝袋(巾着)か?

かめ
相変わらず亀だらけの池。
そんな中、特異な姿の亀を見ました。


かめ
誰かが甲羅にペイントしたのかな?

成田山新勝寺本堂
[成田山新勝寺本堂]

成田山新勝寺本堂前広場
[成田山新勝寺本堂前広場]
右側は国の重要文化財である「三重塔」。


鐘楼
[鐘楼]

成田山参籠道場
[成田山参籠道場]

成田山参籠道場

女子参籠堂
[女子参籠堂]

懸魚
[仁王門の懸魚]

以下、さまざまな懸魚。


懸魚
兎毛通し兎毛通し
めちゃくちゃ凝っている「兎毛通し」。
細部まで彫刻がなされていますね。


はと
本堂の屋根でイチャイチャしていた鳩。




今日一日、大量の彫刻作品を見た気がする。



ある種、野晒しになっているのが、とても贅沢だと感じました。



そしてやっぱり、三重塔は完璧で、素晴らしかった。





【にほんブログ村】

千葉県成田市『成田山新勝寺 一切経堂』の彫刻も素晴らしかった。

一切経堂と鐘楼
[成田山新勝寺(なりたさんしんしょうじ)一切経堂と鐘楼]
一切経堂(左)は、1722年(享保7年)に建てられた。
方三間、宝形造。内部に輪転経蔵がある。


一切経堂01
経典を収めた台を回転させるだけでお経を読んだのと同じ功徳が得られるそうです。

一切経堂02
とても華やかな懸魚。
すっごく綺麗です。


一切経堂03
柱を守っている獅子。
カラーリングがすごいなぁ。
獅子の身体の模様が遠くから見ると星にも見え。


一切経堂04
入口には龍の彫刻も見られます。

一切経堂05
真言宗の題材が分かりませんので、彫刻だけを観賞しておりました。

一切経堂06

一切経堂07

一切経堂08

一切経堂09

一切経堂10





成田山新勝寺って、こんなに素晴らしい彫刻に彩られた場所だったんですね。



目から鱗でした。



ものすごく堪能させて頂きました。



でも、やっぱり一番素晴らしかったのは、



国の重要文化財である「三重塔」ですわな。




【にほんブログ村】

千葉県成田市『成田山新勝寺 三重塔』は超絶素晴らしい建っている芸術品だと思う。

三重塔01
【成田山新勝寺 三重塔】
1712年(正徳2年)建立。
国の重要文化財。


三重塔02
軒裏には垂木(軒を支える棒状の部材)を用いず、
雲文を刻んだ板で軒を支える板軒としています。


三重塔03

三重塔04

三重塔05

三重塔06
四つの面に扉があり、細かい装飾が施されています。
全て違う花が彫られているんです。


三重塔07
[菊]

三重塔08
[梅と竹]

三重塔09
[梅]

三重塔10

三重塔11
[睡蓮]

三重塔12

三重塔13
[松]

三重塔14
扉の両脇の壁に施された彫刻。

三重塔15
[うぐいす]

三重塔16
[九尾の狐(?)]

三重塔17
[十六羅漢の彫刻]

三重塔18

三重塔19
[鶴]

三重塔20
[孔雀]


平成20年に漆塗りの彩色の修復が施されたとかで、

現在、とても色鮮やかな姿を目にすることが出来ます。

華やかなだけではなく、装飾が細かくて、大変見応えのある建物です。

そりゃ、国の重文になりますわな。

今日ほど、カメラが前よりズーム可能なもので良かったと思ったことは無いかも。

でも、写真を撮っている人はそれほど居らず、

意外にスルーされているのには驚きました。

皆さん、成田山常連で、見飽きていらっしゃるのかも。

それはそうと、とても濃い内容の装飾で、意味を考えるのが楽しかったです。

って、答えは謎ですけどね。

いやぁ~。良いものを観たわ~。

行き当たりばったりの参拝でしたが、

良い一日となりました。

有難し。


【にほんブログ村】

千葉県成田市「成田山 表参道」が新旧店舗入り混じって整備されていて綺麗になっておった。そして「うなぎのぼり」を発見!

平成17年度に都市景観大賞「美しいまちなみ最優秀賞」を受賞した成田山表参道の上町地区。



電柱が地中化されたのと、道が拡幅されているのとで、



空が広々として見え、開放的な道となっております。



十数年前にワタクシが当地を訪れた際は、ごみごみとしていて暗いイメージだったのに。



ものすごく変わりましたねぇ。



ちょっと小洒落たお店や、昔ながらのお店など、



表参道だけでも、なかなか見応えがありました。



表参道
[ビストロ・コパン]
フレンチのお店ですね。
食べたばかりで入店しませんでしたが、ちょっと気になる外観でした。


表参道
[下田康生堂ぱん茶屋]
ベーカリーカフェなんだそうです。
これまたちょっと気になるお店です。


表参道
石屋さんでアンパンマン発見。
一瞬、ドラえもんかと思った。


表参道
この辺りから下り坂。
人もどんどん増えて参ります。
遠くに三重塔の屋根が見えて参りました。


せいみや
竹細工のお店。
ご夫婦らしきお二人が籠を編んでおられました。
ワタクシ、ここで、笊を購入致しました。


表参道
どんどん混んでくる参道。

表参道
またまた竹篭のお店を発見。
しかしこちらは高価な品物ばかりでした。


表参道
えらく大きなタワシ。
これは一体何を磨くのだ?


表参道
鰻の良い香りが漂って参りました。

表参道
整理券を配って並んでいる鰻店もあります。

表参道
鰻店前大混雑。

表参道
市の文化財に指定されている三階建ての旅館。

表参道
窓が格好良いですね~。

表参道
遠くから見た同上の旅館。

表参道
蔵を利用したお店もありました。

旗
成田のマスコット「うなりくん」。
グッズが参道にも沢山売られています。




淡い期待を抱いて歩いた参道で、念願の「うなぎのぼり」を目撃致しました。



「さくらの山」ほどは泳いでいませんが、



ってか、一匹だけだし、そもそも泳いでいませんでしたが、



それでも、目にすることが出来て幸せな気分になりました。



これ、欲しいかも・・・。



うなぎのぼり
「うなぎのぼり」を発見!!

うなぎのぼり
やっぱり、これが沢山泳いでいる姿が見たかったなぁ~。





【にほんブログ村】

千葉県成田市『はしらデリ&カフェ』のデリセットが良かった。

はしらデリ&カフェ
【はしらデリ&カフェ】
千葉県成田市花崎町839-30
(JR成田駅東口から徒歩1分・交番の横を曲がってすぐ)
営業時間 7:00~19:00
日曜日・月曜日不定休・臨時休業あり


はしらデリ&カフェ
もとはお蕎麦屋さんだったんだそうです。
中央に太い柱があるから、店名も「はしら」なんだとか。


はしらデリ&カフェ
[デリセット 1,080円]
好きなデリ3種とスープもしくはお味噌汁、白米もしくは玄米、
飲み物をカウンターで選択できます。
ワタクシは、鳥からゆずこしょう風味、揚ごぼうのきんぴら、黒酢の酢豚を選びました。
御飯は玄米を選択。お味噌汁にはおくらが入っていました。


はしらデリ&カフェ
食後の珈琲。
デリは11時からですが、無くなり次第終了します。


今日は叔母の命日なので、早朝にお墓参りに行って参りました。

ほんと、早朝だったもんで、境内はお掃除中でした。

ひっそりとお参りして、そのままJRの最寄り駅から行き当たりばったりで成田へ。

「うなぎのぼり」が見たかったんですの。

しかしそれを見るには、一日三本程度のバスで「さくらの山」まで行かんとあかんっぽい。

時計をにらんで、検索して、を繰り返して、

結局、断念いたしました。

ってことは、新勝寺に行くべきか。

今日は混んでいるんだろうなぁ。

人ごみの中で食事をするのはイヤだなぁ。

ってことで、カフェを検索したら、初っ端にヒットしたので、

こちらの『はしらデリ&カフェ』にやって参りました。

入店して、いいかも~、とボンヤリ思いつつ、奥のカウンターへ。

ここでメニューを選択してから、席を選んで着席、と。

お会計は最後でよいみたい。

暫くすると、食事が運ばれて来ました。

あら、可愛い。

特に何も考えず、一口酢豚を食べて、ウムッ!! と鼻腔を膨らませるワタクシ。

美味しゅうございます!!

隣の小鉢も少しずつ食して、

ああ、当たりだぁ~と満足致しました。

このヒット感は嬉しい。

見た目よりも、一品一品手が込んでいる感じで、

こういうのもセンスだよなぁと、しみじみ思ったワタクシ。

駅から近いのも、尚、よし。

それはそうと、成田って意外と近かったんですね。

最近、栃木にばかり行っていたので、ワタクシの距離感のキャパが広がったらしい。

それにしても、「うなぎのぼり」を見たかったなぁ~



【にほんブログ村】

千葉市美術館『レストランかぼちゃわいん 美術館店』でランチ。

かぼちゃわいん
[洋風ハンバーグステーキ 1,200円]
かぼちゃわいん
スープとサラダが付いていますが,珈琲は付いていません。
でも大丈夫。+300円で付けられます。

かぼちゃわいん
千葉県民Tの選んだのは[和風ハンバーグステーキ 1,000円]
ワタクシのお皿に無言で大根を移そうと頑張る千葉県民T。
人参グラッセ+南瓜とバーターしました。




日曜日だからか、美術館の周囲に飲食店がなさそうだったもんで、



建物の上にあるレストランで食事をして行くことに致しました。



お客さんが誰も居なかったもんで、一番眺めの良さそうな席に陣取らせて頂きました。



メニューは普通ですが、晴れていたらロケーションは最高なんだろうなぁと思えるお店です。



味も普通ですが、ハンバーグは肉厚でした。



「母親が作ったハンバーグのが美味しい」



と千葉県民Tは呟いていましたが。



千葉市美術館
大きなガラス窓からの眺望が自慢なんだそうですが今日は生憎の曇り空で視界不良。







携帯から人気ブログランキングへ
【にほんブログ村】

千葉市美術館の『どうぶつ大行進』がごっつ面白いから夏休み中のお子様にオススメ。

千葉市美術館
小・中・高校生は無料!!
一般の方でも200円!!




先日、都内某所で見てその凝った作りに目を奪われたのが、



現在、千葉市美術館で開催している『どうぶつ大行進』のチラシ。



ごっつい可愛いので、居ても立っても居られず、



千葉県民Tを誘って千葉市(JR千葉)まで行って参りました。



行って帰ったところなれど、また行きたい!!



千葉市美術館




千葉市美術館って、千葉市中央区役所の上にあるのね。



旧川崎銀行千葉支店の建物を保存・修復して利用しているんだそうな。



建物の見た目は、真珠の珠を内包する阿古屋貝みたいで、



なんだかちょっと勿体無い感じ。



まあ、保存目的ゆえのデザインなんでしょうけど。



さて、7,8階にある美術館の美術展。



展示している絵の中から指定の「どうぶつを探そう」というイベントをやっているのですが、



これがとても面白いのです。



初級・上級の二種類から選べるそうですが、



その紙に描かれた指定の動物を探して、絵の番号を入れるというもの。



これを全問書いて指定の場所に持って行くと、オリジナルグッズが貰えます。



千葉市美術館
ワタクシは簡単な方を選択しました。
上級編はそれなりに難しいそうな。
これがイベントに参加して貰えるオリジナルグッズの絆創膏。
2種類から選べます。

千葉市美術館
「どうぶつばん!」という名の絆創膏。
5絵柄×2枚=10枚入りです。




貰えるグッズは、ミュージアムショップでも販売している絆創膏なんですが、



買うとそれなりに高いみたい。



350円ぐらいしていた気がするから、これを貰っちゃうと入館料にお釣りが来るってことに相当しちゃうんじゃないかと。



次回行くときは、上級編の問題にチャレンジしたいわ。



お子様は無料だし、お子様の必需品である絆創膏が貰えるし、



夏休みに子供を何処に連れて行こう・・・と悩んでいる親御さんにはオススメです。








携帯から人気ブログランキングへ
【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。