sava!

興味あるものを 興味ある人に。

私は諦めを敵とする。 私の日々の努力は実にこの諦めと闘うことである。 (北条民雄)

愚者の本棚

つい魔が差して付録付きモノマックスを買ってしまう。

image
Mono Max(モノマックス) 2021年3月号増刊

セブンでワタクシの身体二つ分程度の雑誌コーナーに目を向けたら、

上の雑誌に釘付けになってしまいました。

「仕事に役立つグッズ&ギア」という文字に踊らされたのと、

エコバッグならば持っていても無駄にはならないと思い、

そのままレジに向かいました。

ってか、最近のレジって半分セルフなんですね。

商品をバーコードに通すのは店員さんだけれど、

清算方法の選択やレシートの受取はセルフになっているみたい。

説明もなく、当たり前に対応せねばならん風潮があり、

変化しまくる時代に対応するには柔軟性が必要だなぁと、

かなり大袈裟なことを考えてしまいました。

さて、先ずは付録について。

image
広げたらこんな感じ。
サイズ:W44×H35×D8~14cm

image
サイドにファスナーが付いておりまして

image
ファスナーを開けるとマチが広がります。

image
持ち手が太くて重いものにも対応してくれそう。

image
折り畳んでポケットにしまうとこんな感じになります。

次に雑誌の内容ですが、

男性誌ではありますが買って正解でした。

かなり束は薄いけれど、内容は濃い。

甥っ子へのプレゼントとして服を考えているので、

とても参考になりました。

これからの季節は、パーカーとかも良いよね。

スマートウォッチも良いよなぁと思っていたけれど、

テストのときにはいろいろ問題が生じそうなので、

やはり服一択にする決意が生じました。

また、家電のレビューも大変参考になりました。

モノに特化した雑誌なので、内容が充実していて面白い。

女性用のモノマガジンって無いのかな?

ちょっと気になったので、

久々に雑誌やムック類に注目してみようと思います。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

セブンネットショッピング限定「リンネル 2021年4月号増刊」のミッフィー エコバッグが可愛い。

image

セブンネットショッピング限定の雑誌の付録って、結構良いらしいですね。

いろんなところで若い女性に聞くけれど、あまり注目してはおりませんでした。

本日、ふと、セブンで雑誌を見てみようと思い立ち、

通りすがりのセブンに入ってみましたら、

ネットショッピング限定雑誌と通常版の同誌が、並べて置いてありました。

比較してみてみると、ネットショッピング限定の方が後々まで使えそう。

ってことで、つい購入してしまいました。

image
「ミッフィー“ふわふわミッフィー形”になるエコバッグ」

image
広げるとこんな感じ。

image
仕舞うとこんな感じ。

ミッフィーの顔の中にエコバッグを仕舞うと、

次に取り出したときにシワシワになっていそうです。

でも可愛い。

サイズが大きめなので、食料品を買うときに重宝するかも。

今までスルーして来たけれど、

セブンネットショッピング限定品をチェックしようと思います。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

久々に雑誌を買ったわ(付録つき)。

image

小一時間ほど散歩に出かけて参りました。

出かける気が湧かずに家でゴロゴロしていたのですが、

唐突に「行くか!」と思い立ち、エコバッグとスマホを持って外出。

家の周囲を大きく回り、駅まで出てから書店へ。

長らく紙媒体を買わない生活を送っていたもんで、

久々の書店は、なんだかワクワク致しました。

がっ、文字情報が多すぎて疲れる。目が疲れる以上に、脳が疲れる。

PCモニターや、スマホ、タブレットの画面内で文字を拾う生活では

気づかなかった疲労感がそこにはありました。

リアルな文字情報世界に対応できなくなっている自分に驚きです。

脳の使われていなかった部分にコリが発生した気がするほど。

たまには書店で脳を活性化せんとあかんね。

ということで、ウォーミングアップがてら、雑誌を一冊買ってみました。

何故これを選んだのかというと、オマケがツボったからです。

image
otona MUSE(オトナミューズ) 2021年2月号

KINOKUNIYA×KEITAMARUYAMAの特大お買い物バッグが付録です。

人気らしく、ネットでは売り切れているっぽい。

もしかしたら意外と書店の方が入手しやすいのかも?

それはそうと、最近の雑誌って付録つきが当たり前なんですね。

しかも結構しっかりした付録が付いていて、

紙の付録が多かった昭和時代は遠くなったんだなぁと感じました。

こんな付録があれば、そりゃ電子媒体より紙媒体を選ぶわな。

うん、納得。

さて、今日の散歩も終わったことだし、

これから家でこの雑誌を捲りながらゴロゴロしちゃおうと思います。

こんな休日も善き哉。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ

愚者の本棚。

image

ワタクシは「バイオ」と名の付く分野の小説が好きでして、

マイクル・クライトン信者としては「いつか現実になること」だと思っておりました。

実際、そうだったし。

海外の作家が好きで、若い頃はそれらを読み漁ったものですが、

着地点はだいたい似たようなものなので、近年は読まなくなりました。

ちなみに「バイオ」作品にはまる前は、女性の歴史小説が大好物でした。

日本のみならず、海外のものも。

特に好きだったのは、永井路子さんの作品です。

新刊が出る度に買ってました。

まあ、そんな感じに振り幅が大きい読書嗜好です。

以前、大量に書籍を廃棄したものの、未だに捨てられないのが上の作品でして、

マイクル・クライトンロビン・クックアーロン・エルキンズ作品は無条件保存)

これらがなかなかに面白いのです。

作品に「カッコイイ」を求める人には向きませんが、考えさせられるものがあります。

カッコイイを求めてはいけないと書きましたが、例外がございまして、

『レリック』と『地底大戦』に出てくるペンダーガストFBI特別捜査官は、

ワタクシのイメージの中では「スマートな男性」です。

ちなみに『レリック』は映画化されましたが、

ペンダーガストは出て来なかった気がするなぁ。

うろ覚えだけれど。

調べたところ、電子媒体にはなっていないようでした。

挙句、紙媒体も絶版かもしれません。

面白いのにィ~。

『暗黒の復活』は、ペストの復活によるバイオ・スリラーでして、

考えさせられるものが多いのに、絶版になっております。

腺ペスト菌が付着した布が発掘調査によって掘り起こされ、

それを持ち帰ったことによって起こる話です。

ペストって怖いと、若者心にも思ったものです。

自分が14世紀に生きていたなら、どう対応するかも考えましたっけ。

今の知識があったとしても、感染拡大は食い止められないかもなぁ。

ペストは日本の感染症法では一類感染症に指定されており、

今も世界のどこかで感染は続いております。

この作品が絶版とは勿体ない。

面白いのに。

さて、改めてこの時代に読み返したいのが、

『恐怖の存在』です。

こちらはAmazonで購入できます。

image
2004年の小説『恐怖の存在』。
当時、ものすごく話題になった作品です。

マイクル・クライトン作品でして、

2004年からこれほど時間が経過しているにもかかわらず色褪せない作品です。

やはり天才は違うなぁ~と、しみじみ思うのです。

あくまでもフィクションですが、

当時の社会に与えた影響は大きかったと記憶しております。

今もマイクル・クライトンが生きていたなら、何をテーマに執筆しているだろう?

何度もそう思います。

本当に惜しいです。

ちなみに同氏初期の作品である『アンドロメダ病原体』もオススメです。

これらを手にして思うことは、

フィクションが現実になる時代なんだなぁ・・・ということでして、

とても妙な心地でございます。

一周まわってリアル感が薄まる・・・と申しますか。

でも、悲しいけどこれ、現実なのよねぇ。



すべて人生のことは「させられる」と思うから辛かったり惨めになる。
「してみよう」と思うと何でも道楽になる。

曽野綾子


【にほんブログ村】

【GW】千代田区神田神保町『三省堂書店神保町本店』で買ったもの。

image

GWは家で静かに読書をしよう。

と思う方が多いらしく、今日の神田の三省堂書店は賑わっていました。

複数の本をカゴに入れてレジに並ぶ男性が多く見受けられ、

年齢の高い人ほどその傾向にあると感じました。

ワタクシもその一人でして、カゴに入れるほどではありませんが、

本と雑誌をそれぞれ一冊購入しました。

上写真の一冊は平積みになっていたものでして、

音読するとカラダに良いよって趣旨らしいのですが、

収録されている音読対象が教科書にあったものが多く、

懐かしくなって購入しました。

「走れメロス」とか、「坊っちゃん」とか「智恵子抄」とか「ごんぎつね」とかね。

小学生の頃以来の音読のような気がします。

中高生時代も音読していたのかもしれんけど、記憶にないし。

GWに人に会う予定もなく、会話することもない方に

オススメの一冊かもしれません。

ワタクシは最近(?)活舌が悪くなっているので、

矯正のために音読を決意したところです。

ランダムに、新美南吉の「手袋を買いに」を音読してみたり。

もう一冊は雑誌でして、台湾特集の内容が文化財で、

ワタクシに適した内容だったので購入しました。

いつもは電子書籍を購入するのですが、たまには紙をめくりたかったのです。

image
最近の雑誌てお高いですねぇ。こちらで780円です。

コミックス370円という時代に生きていた昭和世代なので、

最近の紙媒体の価格には驚かされます。

って、人件費も紙代も上がり基調なので当然なのですが、

たまに買うとレジでギョッとします。

電子媒体は引き落としなので、その辺躊躇なく買っちゃうんですよね。

あれは危険。

一気に万円費やすことがあったりします。

平成最後の晴天と言われた今日。

残り2日間は曇天または雨天になる予報です。

家でぐうたらしちゃおうっかなー。

と思っているところ。

籠もる前に、何か食材を買いに行っておかねば。



【三省堂書店神保町本店】
東京都千代田区神田神保町1-1
営業時間10:00~20:00
定休日:元日
https://www.books-sanseido.co.jp/


【にほんブログ村】

「台北・歴史建築探訪」なる本を買って台北にごっつい行きたくなる。

image

本日、有楽町の三省堂書店で発見したのが写真の一冊。

ガイドブック売り場に置いてありました。

中をパラ見し、ソッコー購入を決意するほどの充実した内容。

これは片っ端から行きたくなります。

一昨年に台湾に行った時にも文化財をチェックしまくりましたが、

まだまだ見るべき建物はあったようです。

image
前回スルーした「臺灣新文化運動記念館(旧台北北警察署)」。
内部見学が自由にできる建物です。

この本は、ワタクシの痒かったところに手が届く内容でして、

一昨年に刊行されていたら、もっと効率よく台北旅行ができたのにー

と思わなくもないです。

奥付には、2019年3月20日発行とあるので、

先月中旬に出た本なのだと思われます。

今年も台北に行くことを目論んでいるので、

それまでに熟読して、ターゲットを決めておこうと思います。

image
何も考えずに手にした本をレジに持って行ったら、
「オビが切れているので交換しますね」と言って綺麗な本と替えてくれました。
さすが三省堂書店。
ちなみにポイントを使わねば~と思っているものの、
未だに貯めるのみになっているワタクシです。

この本をパラパラと捲っていて思いました。

あの戦争で空襲が無ければ、

今も日本にもこのような建物が残っていただろうに、

本当に残念でならない、と。

そんな気持ちを抱えつつ、

今年も台湾に行こう! と改めて思わせられた一冊です。


【にほんブログ村】

建築知識10月号がごっつい気になる。

image
建築知識 定価:1,556円(税別)


建築知識10月号の告知が攻めてる。

昨年12月号の萌え絵を使った建築基準法の紹介で攻めてると思ったけれど、

今回はあれ以上に攻めまくってる。

BLキャラクターで説明する建築構造って、どこターゲットなのか!?

と疑問が湧くけれど、

ワタクシの知らぬ読者層にて需要が蠢いているのかもしれん。

出版社はエクスナレッジ。

(株)日本ハウジングセンター⇒(株)建築知識⇒(株)エクスナレッジ

と社名変更しているのですが、

ちょいと昔の人ならば(株)建築知識の名前で記憶している出版社かも。

その社名にもなっていた建築知識が近年冒険しまくりなんですよね。

一時は漫画絵が表紙を飾っていたりもしたし、

擬人化を取り入れた説明をするようにもなった。

いったい何人のイラストレーターを抱えているのかと思わなくもないほど、

多様な萌え絵が掲載されてもいた。

今、最もその方向性が気になっている月刊誌です。

専門誌だけど、BL好きの方にも手に取って頂きたい10月号は

来月20日の発売だそうです。


【にほんブログ村】

今日の「本のひとことだけ」。

image

子供の頃に買ってもらって、ずーっと捨てられない絵本があります。

牧村慶子さんの「すみきった青い空」という作品で、

パステル調の絵がとても奇麗なのです。

image


今は絶版になっているようで、所蔵している図書館も少なさそう。

(国会図書館にはあると思いますけど)

image
1977年の本にしては驚きの価格です。
(漫画本が320円ぐらいで買えた時代)


40年ほど前の発刊とほぼ同時期に買って貰ったと思うので、

ワタクシはこの本をそれだけの期間保管し続けてきたってことですね。

随分と茶色くなって古びてしまっているのですが、捨てられません。

読み返すことはないのだけれど、

この本を読んで空想しまくっていた昔を思い出すアイテムとして

所持しつづけているわけです。

ワタクシ、幼少期はインドア派の本の虫でして、

常に活字を読み続けないとウズウズしちゃう子供でした。

病気になる度に少年少女文学全集を一冊ずつ買って貰え、

それを寝床で読むのがとても嬉しかった記憶があります。

あの頃に読んだ本をもう一度読みたいと、たまに思います。

たまに、ですけど。

あの活字サイズは今のワタクシの目には優しい気がする。

今、ワタクシが持っている本の大半は再度入手し難いものばかりで、

なかなか捨てられません。

学生時代はファッションショー専門の雑誌を購読していたため、

大量に残っていますが、

今見ると当時世界最先端のファッションが見られて、

なかなか面白かったりします。

そして、捨てられない、と。

今は電子書籍派になったので、紙媒体が増えることは皆無に等しいのですが、

電子書籍は虫がつかないし、嵩張らなくて良い分、

データが飛ぶと悲惨な点ではリスキー。

本当に保存したい本は、紙媒体で買うべきかもなぁと思っています。

実行していないけど。

さて、古い本が多くなると毎度思うのは、

本のクリーニングが出来ればいいのにってこと。

検索したら、方法がありました。

自分で実行するのは面倒くさいので、

やっぱり、このままにしておこうと思います。


【にほんブログ村】

「老人の取扱説明書」という本で目から鱗が落ちる。

image


先日、静岡市内でふらりと立ち寄った書店で購入したのが、「老人の取扱説明書」。

なかなかインパクトのあるタイトルで、なかをパラパラと捲ってみたら、

老眼でも読める感じ。

とりあえず帰りの電車内で読むために購入致しました。

実は最近、定年越えのオジサマ方と呑む機会が多く、

若者よりもその年代の人々と仕事で付き合うことが増えているワタクシ。

更年期でヒステリックになっている男性は数多く見てきたのですが、

加齢による様々な態度には、いまいち慣れておらず、

どうしたもんかいな~、と困っている今日この頃です。

しかし、この本を読んで、なるほどー、と納得する部分がありました。

無口で会話に入ってこない男性高齢者は、

声帯が老化していて、声を出すのが億劫なんですって。

それと、物忘れが多いなと思っても認知症であると判断するのは時期尚早で、

聴覚が衰えているために人の話を聞けなくなっている可能性があるようです。

聞こえないことを誤魔化すお年寄りが多いようで。

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、などなど、

加齢とはあらゆる部位に出て当たり前なんですよね。

味覚が衰えるから、塩味が分からず追加で醤油などを掛けて高血圧になるとも。

他人様のことより、自分自身がこれから迎える更年期と高年期に向けて、

得た知識を活用して予防していこうと思いました。

この本に書かれていることが全ての人に当てはまるわけではないけれど、

そういうものの見方もあると知れたことは、この本を買ってよかったと思う点です。

今までは若い世代が理解できる話し方などに重きを置いて考えてきましたが、

この年齢になると、自分より上の世代との付き合い方を考え、

慎重に行動せねばならなくなるんですよね。

とりあえず、いろいろ試してみようと思いました。



 


【にほんブログ村】

「ざんねんないきもの事典」が面白いので下の甥っ子に送っといた。

image




秋葉原の三省堂書店で発見したのが写真の書籍。



続編が出ているということは、増刷するほどの人気に違いないと思い、



パラ見をしてみました。



むむ。これは面白い。



さっそく2冊ともに購入致しました。



image
絵についている生き物のコメントが面白いのです。

image
使うかどうかはともかく、カバーに栞が付いています。




小学生の間で「うんこ漢字ドリル」なる学習ドリルが大流行しているそうですが、



それに類するネタの宝庫ゆえ、男子小学生にはウケルような気がします。



ゆえに、下の甥っ子宛に郵送しておきました。



挙句、「これを読んでから、動物園か水族館に行ってみてね」と



手紙には書いておきました。



よくよく考えたら、連れて行かねばならんので親の負担になるんだけれど。



夏休みに体力が無くなるお年頃なワタクシとしては、



じゃあ私が連れて行ってあげるー



とは言えないのが心苦しいような、そうでもないような。



何はともあれ、ワタクシはこの夏、



ここに載っていた動物を上野動物園に見に行こうと思います。


  

【にほんブログ村】

「学研もちあるき図鑑 まるごと日本の道具」という本に出合ってしまった。

book




本日、書店で発見したのが写真の一冊。



図鑑とあるように、様々な道具について解説が書かれています。



手に取ってパラパラとめくってみたら、なかなか面白そうな内容に思える。



これを甥っ子にあげてもいいなぁと思って立ち見し続けたものの、



次第に自分が欲しくなってしまいました。



その決定打が、銚子と徳利を紹介した頁。



book




ぐい呑みと、お猪口、盃の違いが明確で無かったワタクシとしては、



なるほどー、と納得の一頁でした。



これは面白いかもしれん。



甥っ子に流すにしても、とりあえず自分が読んでからにしようと考えました。



それにしても、タイトルにある「もちあるき図鑑」の文字。



この内容を持ち歩いてどうするんだ? という気がしないわけでもないけれど、



それはまあ、それってことで。



シリーズ本なのですが、一度手に取って見てみたいと思ったのは、



「まるごといつもの食材」。



約1500種の食材を絵とともに解説してあるようです。



学研のHPに紹介があるのだけれど、かなり気になるわぁ~



同シリーズは一冊2,160円(税込)です。



   

【にほんブログ村】

コミック「ねことじいちゃん」がワタクシの涙腺を刺激する。

image
2巻まで電子書籍で読んでます。




何の気なしに電子書籍で「ねことじいちゃん」をDLしたワタクシ。



絵柄がほのぼのしていたので選んだのですが、



これがヒットでした。



瀬戸内のとある場所で暮らす猫とじいちゃんのお話で、



絵本のような、イラスト集のような、独特のコマ割り。



淡々としているのだけれど、じいちゃんの生活が描かれ、



妻を亡くし、息子と離れて一人で暮らす様が、



人生の終焉に向けて「生きる」という感じで、時々胸にぐっと来ます。



涙が零れるほどではないけれど、涙腺は緩みそうになる。



キリキリと毎日を過ごす人にプレゼントしたい本だなぁと思いました。



image




電子書籍はカラーですが、紙媒体は表紙以外は一色刷りらしいです。



一冊1,000円はするのですが、それでも冊子を買おうかなぁと思っている今のワタクシ。



三巻が23日に出るもんで、木曜日は書店に行っちゃうかもしれません。



これを読んで、舞台ではないだろうけれど尾道に行きたくなったワタクシ。



坂のある街を旅してみたくなりました。



ちなみにワタクシは幼少期の経験から猫が苦手です。



それでも面白いと感じるのだから、



ワタクシ同様に猫が苦手に人にも、この本はオススメです。


  

【にほんブログ村】

「クリスタル・ドラゴン」の27巻が出ていたのだが既に以前の終わり方を忘れてて内容が理解できない。

コミック




前の26巻が出たのは7年振りでした。



今月16日に発売になった27巻は約11か月ぶり。



以前の話の終わり方を忘れてしまい、イマイチ話がわからない。



これは1巻から続けて読み直さねばならん気がするのだけれど、



古い本ゆえ、仕舞い込んでいる箱が奥過ぎて取り出せない。



せめて前作を読もうと思ったものの、大量にある本の何処にあるかが分からない。



実は書店で必ずカバーをかけてもらう派のワタクシ。



自室にある本で分類していないもの全てにカバーが掛かっており、



どれが何の本なのかタイトルを見るのも大変なのです。



こりゃぁ、断捨離せにゃぁいかんかもね。



この際、クリスタル・ドラゴンの新刊が出る度に



断捨離するという習慣を持つのも良いかもしれん。



ちなみに今回の27巻ですが、発売日をチェックしていた訳では無く、



本日、千葉県民Tと神田の三省堂書店に行ったら平積みになっていたので購入。



時期を逸して棚差しになっていたら、たぶん見逃していたと思うわ。



神田と云えば、カレー店が多いことで有名ですが、



帰宅時にお茶の水駅に向かって歩いていると、



頻繁にカレーの香りが漂って来るんです。



ゆえに、近所のスーパーでカレー粉を購入し、



帰宅後すぐに野菜を刻んでカレーを作っちゃいました。



カレー




毎度、この界隈を歩く度に、カレーが食べたくなっている気がする。



もはや習性と言えるかもしれん。



ちなみにクリスタル・ドラゴンの27巻も束(つか)が薄かったため、



カレーが出来る前に瞬殺で読んでしまいました。



来年のこの時期に新刊が出ると仮定して、



その頃までに内容を覚えて居られる自信は皆無。



やはり年末までに全巻取り出しておこうかな・・・。




  


【にほんブログ村】

今日の「ホンのひとことだけ」。

book
[暮しの手帖社 | おそうざいふう外国料理]
 初版本




『とと姉ちゃん』のモデルになっている大橋鎭子氏は「暮しの手帖社」の創業者。



その暮しの手帖社の「暮しの手帖」が、この度の断捨離時に本棚から発掘されまして、



奥付を見てみたら、ワタクシとほぼ同い年でございました。



40年以上前の昭和時代が語る“外国料理”のレパートリーが結構驚き。



book
今では珍しい箱カバー付きの本です。
しかも本体はビニル製のカバーが付いていて、
台所という水廻り環境で広げても大丈夫なように配慮されています。

book
当時の価格で1,800円。
同じものが同社から今も刷られていますが、現在の価格は3,888円(税込)。
(ISBNコード:4-7660-0038-2)




内容もなかなか興味深いです。



4色刷りと1色刷りが交互に入る構成で、



台割作成が面倒だったろうなぁと想像されます。



って、昔は活版印刷だから、台も今とは違うのかも。



それはそうと、内容です。



完成図がカラーで表され、次の頁に作り方が写真を使って一色刷りで掲載してあります。



説明が丁寧なので、初心者でも簡単に作れそう(な気がする)



何より面白いのは、“外国料理”のセレクトかな。



book
「きゅうりのおひたし」は果たして外国料理なのか?
ニンニクが入っているからなのかな。


book
スパゲッティは「スパゲチ」と呼ばれていたんですね。
しかも使っているのはコンビーフ。
昭和時代の贅沢品でしたもんねぇ。


book
解説に平仮名が多いのも特徴的。

book
初めて見る料理名もある。
固形スープも使うのか・・・




材料の写真も興味深いです。



牛乳は配達用の牛乳瓶に入ったものを使っているし、



台所道具類も昭和時代的。



笊は竹製、ボウルは琺瑯製。



ワタクシの生まれた頃は、こういう時代だったんだなぁと懐かしく回想致しました。



今度、神田で昭和時代の古本を探してみようかなぁ。



(買わないけど)



それはそうと、断捨離はまだまだ地道に続行中。



やはり一気に済ますのは無理でしたわ。



    


【にほんブログ村】

『長歌行(ちょうかこう)』の7巻がようやく出た。

長歌行7




中国、浙江省杭州市在住の“美人過ぎる漫画家”



夏達(シャア・タア)さんによる『長歌行』が面白い。



中国・唐の時代の長安近辺を舞台にした作品で、



主人公、永寧姫(えいねいき)⇔李長歌(りちょうか)の活躍を描いた



中国・唐時代の歴史物です。



ってことを2年前にも書いていたワタクシですが、



19日にようやく、その7巻が出て喜びつつ、先が気になっているところです。



とにかく絵が綺麗。



人物の書き分けが明確。



出て来る人々が魅力的。



主人公がツンデレ。



いろいろツボです。



毎度次の巻が出るまでに時間がかかるため、



新巻を読み始める際、話の流れがワープしている感もありますが、



全ての巻が出終わったら、全巻を読みなおそうと思っています。



次号は春の発売らしく、しかもクライマックス!と書いてあったので、



今からかなり楽しみにしております。



この人の他の作品も読んでみたいのだけれど、



翻訳が難しいのかもしれないなぁと諦めております。



この本で、中国が他民族国家だと再認識したワタクシですが、



もっと調べたら面白そうなので、



これまた全巻読了後に様々な本を探してみようと思います。



紙で本を読まなくなったものの、



これは発売日当日に書店に向かうという、レアな作品となっております。



来春を待つ!




   


【にほんブログ村】

レタスクラブムック『疲れとり首ウォーマー』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

image
[疲れとり首ウォーマー 1,500円(税別)]
レタスクラブムック
年齢とともに減少する副交感神経は首の状態が大きな鍵。首にあてるだけで良質な睡眠に導き、副交感神経をあげて血流・免疫力、体のサビつきを抑える方法を1冊に集約。科学の粋を集めた特製付録・首ウォーマーつき。




昼夜の寒暖の差が出て来たため、



窓を開けっぱなしにしておくと寒く感じる今日この頃。



もうすっかり秋ですねぇ。



ぼちぼち防寒グッズを引っ張り出さねば。



さて、本日、有楽町の書店で写真のムック本を購入致しました。



首が痛い痛いと言っている今のワタクシがこの本を一発で発見するとは、



もしかしたら運命かもしれん。



などと大層な話ではなく、



1,500円(税別)だったら失敗しても、ま、いっかー、



と思ったので買いました。



本にネックウォーマーが付いていて、



このネックウォーマーの繊維にはナノ化プラチナなるものが練りこんであるそうです。



免疫力が2.8倍



抗酸化力が40倍



血流促進が1.4倍



筋肉がよく動く



ストレスが12%減



というワードが裏表紙に踊っていました。



誰を基準にした数字なのかは謎なれど、



付ける・付けないの差がこれだけあると、本では言っています。



そして、これらの効果を一手に担っているのが、



ナノ化プラチナと、天然石のパワーと、遠赤外線のトリプル効果・・・



って、一手じゃなかったですが、



とにかくハイテク生地のおかげなんですって。



ネックウォーマーを首につけて寝れば良いだけらしい。



このハイテク生地は、何度洗っても効果が持続するそうな。



1,500円(税別)なので、



費用対効果程度の期待感に留めておく方が良さそうですが、



どうにも役に立たないと思ったら、



野菜を巻いて保管するのに使いたいと思います。



40倍の抗酸化力があるなら、青菜も長持ちするでしょうから。



ネックウォーマーは首に装着するだけでなく、



畳んで肩に当てたり、目に当てたりすることで、



それらの部位の辛い症状が緩和されるんだそうな。



事実なのか誇大表示かは不明ですが、



とりあえずこれから冬だし寒さ対策に使ってみようと思います。



そして今、試しに使ってみているけれど、確かに首が暖かい。



いつもは肩が冷たいので、首から外して肩に当ててみた。



暫くして肩に触れてみたら、確かに暖かくなっている。



ひょっとして、ひょっとすると、それなりに効果があるものなのかもなぁ。



あくまでも個人の感想です




【2日目】
 夜は左肩に置いて眠り、翌朝は首に付けたまま出勤しました。
 もちろん、上から黒のハイネックを着て。
 一日PCで込み入った仕事をしていましたが、今日は肩こりの辛さで席を立つことは皆無でした。
 いつもは辛くなったらピップエレキバンか、めぐリズムを貼るのに。
 もしかしたら自分に合っているのかもしれん。
 首を温めるって大切なんだねぇ。

【3日目】
 首に被って寝てみた。
 ぐっすり眠れたかは謎なれど、21時就寝したら翌朝5時に目が覚めた。
 ひとつだけじゃ、洗濯が大変だから、もう一つ買っておこうなかぁ。

【4日目】
 首に被って寝た上、そのまま付けて出勤。
 よく分からなくなって来たので、夕方に外してみました。
 しばらくすると首が寒くて、やっぱり装着。
 もしかして、寒さに弱い首になってしまったのではなかろうか。
 ネックウォーマー依存症と言うべきか。
 ちなみに肩こりが劇的に改善するってことはありません。
 でも、付けた方が、いつもよりもラクな気はする。

【5日目】
 池袋の西武百貨店本店で、とうとうウェアに手を出してもうた。
 VENEX
  正直、室内着にしては、めっちゃお高いです。
 VENEX
 Amazonで買わずにデパートに行った理由は、品物を見てみたかったから。
 デパートに入っている商品だったんですね。
 スポーツ用品売り場に置いてありました。
 店員さんに色々訊いてみると、この商品は神奈川県の会社が作っているそうで、
 県と何らかのコラボをしているほど推奨されているものなんだそうな。
 三年前からあったけれど、最近認知度が上がり、とても売れているんですってー。
 実際、品切れの商品もありました。
 今日から、こらも試してみるつもり。

【6日目】
 よく眠れたのは着用したせいなのか、それとも気候のせいなのか、イマイチ不明。

【7日目】
 先日、同僚に話をしたら、「注文したわ~」と可愛く報告されました。
 思わず「個人の感想です」ってことで、「効果が無かったら野菜を包んで保存する用にして」と言ってみたり。
 それにしても、早業やなぁ。

【8日目】
 花粉症なのか、くしゃみが頻発。しかしよく眠れる。
 ウェアとネックウォーマーのダブル装着だからかもしれん。

【9日目】
 風邪をひく。がっつり風邪をひく。ゆえに一日中ならず二日中眠る。
 洗濯用にもう一着ウェアが欲しいと思い始める。
 その際は、ワンサイズ下・・・っつーか、身体に合ったサイズを買おうと思う。
 ネックウォーマーももう一つ欲しいなぁ。

【10日目】
 今日は装着せずに出勤・勤務してみた。
 午後からゴリッゴリの肩こりになり、ホグリラなくしては乗り切れん感じ。
 やはり効果があるのかもしれんと思い始めているところ。
 などと言いつつ、プラシーボ効果という可能性も捨てきれずに居るところ。

【11日目】
 同僚がこの商品を買ったらしい。
 在宅中に装着して気に入り、そのまま寝たのだけど、敏感肌なのでチクチク感が出て外したのだとか。
 柔軟剤を工夫して使うわ~と笑ってました。そして身内にも勧めたそうな。
 敏感肌の人は注意なのかも。



【にほんブログ村】
sava!プロフィール

sava

もう一つのsava!ブログ
建てめも。

sava!建てめも。
sava!ブログから建物に関することをある程度分離してメモしておこうと考えてできた分室です。家に関することについて語っているので、気が向いたら見てください。
【Kategorie】
月別アーカイブ
人気ブログランキング
【search】
最新記事(画像付)
読者登録
LINE読者登録QRコード
【comment】
オススメ記事
circleB06-10富山県『立山黒部アルペンルート』の室堂で雷鳥に接近遭遇して大興奮したのに周囲に誰も居なかった。
circleB06-10富山県富山市『富山ガラス工房』にて吹きガラス制作を体験してきた。
circleB06-10長野県上田市『ルヴァン 信州上田店』天然酵母と国産小麦を使った量り売りのパンがスゴイ。
circleB06-10長野県上田市@壱景。【写真多用】
circleB06-10新潟県新潟市『川辰仲』は古町花街の100年前の置屋が見られる貴重な建物です。
circleB06-10『つけるだけ 歩くだけでやせる魔法のパッド(足指パッドつき)』が気になるのでちょっと試してみることに。【追記アリ】

circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2017】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2016】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2015】
circleB06-10ワタクシが行って良かった&また行きたいと思うカフェ。【2014】

circleB06-102012年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102013年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102014年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102015年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102016年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102017年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102019年に購入してとても重宝したもの。
circleB06-102020年に購入してとても重宝したもの。

circleB06-10茨城県北茨城市『天心遺跡』の被災後復元された六角堂がすごい。
circleB06-10料理が美味しそうな映画。
circleB06-10女子会デザートのバケツプリンが凄まじいデカさだった件。
circleB06-10コルネの食べ方は頭からか尻尾からか?
circleB06-10『牛乳パックシリコン蓋』をワタクシはこう使う。
circleB06-10アボカドカッターでアボカドを切るとこうなるのね。
circleB06-10思い込みを無くそう。
circleB06-10東京上空をヘリでクルージング。
circleB06-10通勤時防災用携行品リスト。