image

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)が増えているようですね。

野山に住むダニがウイルスを媒介することによるもので、

国内で2013年に初めて確認された、比較的新しい感染症です。

ペットが草むらでマダニに噛まれて発症し、

その飛沫を浴びることで人にも感染するという例が報告されいます。


SFTSは2011年に中国の研究者らによって発表されたブニヤウイルス科フレボウイルス属に分類される新しいウイルスによるダニ媒介性感染症である。
2013年1月に国内で海外渡航歴のない方がSFTSに罹患していたことが初めて報告され、それ以降他にもSFTS患者が確認されるようになった。
SFTSウイルス(SFTSV)に感染すると6日〜2週間の潜伏期を経て、発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が多くの症例で認められ、その他頭痛、筋肉痛、意識障害や失語などの神経症状、リンパ節腫脹、皮下出血や下血などの出血症状などを起こす。
検査所見上は白血球減少、血小 板減少、AST・ALT・LDHの血清逸脱酵素の上昇が多くの症例で認められ、血清フェリチンの上昇や骨髄での血球貪食像も認められることがある。
致死率は6.3〜30%と報告されている。
感染経路はマダニ(フタトゲチマダニなど)を介したものが中心だが、血液等の患者体液との接触により人から人への感染も報告されている。
治療は対症的な方法しかなく、有効な薬剤やワクチンはない。

ワタクシは基本的にビビりなもんで、

毎年虫よけグッズを購入するのですが、

決定打に欠けるため、長袖、長靴下、ストール、帽子、

ついでにアームカバーなどを装着して防備して公園に向かいます。

で、顔や手指を蚊に刺されて悔しくなるってことを繰り返しています。

今年こそはバージョンアップも対策を講じようと思い、

評判の良い写真の虫よけスプレーを入手しました。

image
マダニに効き目があると書いてある。

割と幅広い虫に効くみたいだし、持続時間も長いんですって。

こういうことに敏感になったと実感する度に、

昭和時代に草むらで秘密基地を作ったり、

めちゃくちゃ泥だらけになって遊んでいたんだから、

ある程度免疫があっても良いのになぁと思わなくも無いものの、

あの時代よりは世界は狭くなり、交流も活発になり、

己の免疫に無いウイルスや、菌や、虫の毒になどに

日々晒される時代なんだと感じてもみたり。

キャンプに行く予定は今のところ皆無だけれど、

マダニなどの虫とは接することなく防御に努めたいと思います。

頑張れ、虫よけスプレー!






にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ