image

一昨日と昨日はアメリカのバイデン大統領来日により、

割と厳戒態勢だな~という感のあった東京エリア(特に港区)。

大使館前のオークラに泊まり、皇居と迎賓館に行き、

八芳園で食事するってことで、港区界隈をぐるぐるしてたっぽい。

24日まで首都高が規制されているため、夜は街が割と静かです。

その分(たぶん自衛隊の)ヘリのプロペラ音がよく響く。

(写真の機体ね)

今日は日米豪印クアッド(QUAD)首脳会合もあるので、

今しばらくは厳戒態勢は続くようです。

ちょっと非日常感がある。

とか言いつつ、朝の東京駅は通常通りって感じでしたけれど。

それにしても朝晩の寒暖差が大きいですよねぇ。

砂漠の夜は冷えると聞くけれど、

こんな感じなのかなぁと妄想する日々です。(たぶん違う)

その点では夜は眠り易いので、

このまま続いてくれると良いなぁと願ってます。(寝汗はちょっと…)

今年は例年とは違う朝晩の寒暖差を感じるのだけれど、

実際のところはどうなんでしょう? 例年通りなのかしら?

インドでは記録的な熱波が襲っているし、

クウェートでは世界最高気温が続いているっぽいし、

パキスタンでは熱波の影響で氷河湖の氷が解けて

鉄砲水が発生したそうですし、

今年の3月には南極と北極に熱波が到来し、

平年気温より30℃以上上回ったとか。

気候変動による洪水や干ばつが今後も世界各地で頻発する予想のため、

小麦価格の高騰に見られるように食糧危機が広がるのかも。

小麦を使った食品類は高級品になるかもなぁ。

米粉を使ったパンを作るお店が増えていると聞くし。

いつかはワタクシも自然に痩せる日が来るのかもしれん。

昨日、ワタクシがいつも会っている人に、久々に会ったというS氏。

「老けたなぁと思った。本当に年取ったなぁ、と」

と、しみじみ感想を述べて居られたのだけれど、

ワタクシは感じたことのない感想だったので大変驚きました。

確かにCOVID-19により二年会っていなかった人に久々に会うと、

「こんな感じだったっけ?」と思うものなのかもしれん。

知人に会うことが殆どない二年間だったので、

今ではそれが当たり前になっているワタクシですが、

そういう感想を今後久々に会う相手には持たれちゃうんだなぁと思うと、

もう誰にも会わなくていいかって気がしちゃってます。

ここのところ、どこかに浮いてぷかぷかと漂っている感のあるワタクシ。

通常とは別の次元で生きているような気がしています。

この感覚がいつかはワタクシの中で落ち着いて、日常になるのかも。

何はともあれ、今日も一日なんとなく無事で居られますように。








にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ