image

江戸時代の細川家の江戸下屋敷跡にある『永青文庫』。

熊本54万石の細川家伝来の美術工芸品や歴史資料など

約9万4,000点を収蔵・展示公開している場所です。

改修前には何度か訪れたことがあるのですが、

鬱蒼と生い茂った木々と草むらに潜む藪蚊の襲撃に遭い、

文字通りボコボコにされてからは足が遠のいて居りました。

本日の散歩中に通りかかったので、久々に立ち寄ってみたら

劇的に外観も内部も明るく綺麗になっていて

(しかもエレベーターが設置されている!)

大変驚愕しました。

タイムスリップしたんかな? ってほどの未来に来た感。

この驚きを誰かと共有したくて入館受付で

「ものすごく綺麗になりましたね」

と感想を述べたら、若い方なので以前をご存知ありませんでした。

うーむ、浦島太郎感も半端ない。




以前の写真を探せなかったので、

入口のみ、上のエントリー内の写真と比べてみて下さい。

どれだけ綺麗になったかが欠片でも分るかもしれません。

image
木々がスッキリしていて建物が見える!

image
こんな建物だったっけかな?

image
以前の入口が思い出せないほど小奇麗になっている。
ってか、入口は一つ上の写真の部分だった気がする。

image
しかもキャッシュレス対応!

image
今の展示はコチラの内容です。
なかなか面白かった。
入館料は1,000円。

image
かなり木々を整備したんでしょうね。
地面に光がさしている!

館内は写真撮影禁止のためご紹介は出来ませんが、

そもそも倉庫のような暗くて狭くて

蚊が飛び交っているイメージだったため、

別の建物を見ているような気分でした。

展示スペースとして4階まで解放されているし。

何より、先にも書きましたが、

エレベーターが付いているのは有難かったです。

夏場に、汗だくになって階段を上った記憶が

デリートされそう。

次回の展示も面白そうなので、

今度は躊躇わずに再訪したいと思います。

エアコンも設置されてるんだろうなぁ~(うっとり)。



image
【永青文庫(えいせいぶんこ)】

東京都文京区目白台1-1-1
開館時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)、展示替期間、年末年始
https://www.eiseibunko.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ