image

ハンドメイド通販サイトで作品を見るのが好きです。

最近唐突に気になった作家さんがoochiさん。

布地のデザインからして、

どのような制作過程を辿っているものなのか気になります。

プリントできる機械があるのか、外注して作ってもらっているのか。

布地にプリントされている明確なメッセージにより、

中に入れるもの、入っているものがよく分かるのが良いのです。

今回は、お薬ポーチをオーダーしてみました。




近年ワタクシ的にお世話になる率が高まっているお薬。

それ専用のポーチとしては、

これ以上分かり易いものは無いと思います。

それが昨晩届いていたのですが、

封筒から内包の仕方まで拘りが感じられ、

ああ、この方はクリエーターなんだなと実感しました。

image
袋を止めているマステもお薬だ。

image
ポーチ本体も丁寧な作り。

image
裏はこんな感じ。
小さなうがい薬も入りそうなサイズです。

image
ポーチの内側のポケットはお薬手帳になってます。

注文から届くまでそれなりに待ちますが、

制作に取り掛かっている様子は作家さんのインスタで知れるので、

待たされている感はあまりありませんでした。

届いたものは満足できるものだったし。

購入して良かったです。

(送料175円ってところも嬉しい)

それにしてもハンドメイド作家って多いんですねえ。

その分、作品の種類があるので見ていて飽きないです。

自分だったら何を作って出すだろう?と想像してみたものの、

今はそんな気力もアイデアも想像力もないので、

暫くは購入者で居ようと思ってます。

でも見ていると何かを作りたくなるのよねぇ。

紙粘土でも買って捏ねてみようかしら?

結局それで雪だるまを作ったりして…。




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ