image

台湾でコロナ向け漢方薬「台湾清冠一號」が開発され、

既に欧米では昨年10月から販売されているそうな。

いいよねぇ、漢方薬。

アレルギー持ちとしては「いいなぁ」としか言えない。

清冠一號(Qingguan No.1)は、

英語名は「NRICM101」というそうです。

その説明がWikipediaにあったので適当に抜粋して補正すると、

研究によると、この化合物成分は、抗体中のACE2膜タンパク質のSARS-COV-2(严重急性呼吸系统综合征冠状病毒2,重度急性呼吸器症候群コロナウイルス2)のスパイクタンパク質への結合に拮抗し、ウイルス感染をブロックします。また、ウイルス3CLプロテアーゼの活性を阻害し、IL-6の分泌を阻害します

的なことが書かれていました。

また、

熱のある患者を対象としているため、病気を患っていない人はそれを服用してもメリットがありません。逆に体調が悪化します。
体格や年齢に合わせて薬の投与量を調整する必要があるため、「正しい薬を処方する」資格のある漢方医を探すことをお勧めします。

とのこと。

新薬の認可の厳しい台湾でも、

今回の感染爆発で急遽認可が下りたか、下りるとかで、

結構話題になっていました。

(生薬の内容について書かれたニュースはコチラ

検索したら論文もいろいろあり、研究が進んでいるという印象。

日本でもワクチンが研究開発されていると

それに協力したという知人から聞きましたが、

去年の夏に聞いたのに一向に世に出てこないってことは、

なかなか認可が下りないんでしょうねぇ。

昨夜というか、今朝方流れたネットニュースで

ようやく国産ワクチンの開発・供給体制強化が議論されるのは

周回遅れだと批判する記事がありましたが、

既に日本で研究開発されているものについてどんなものがあるか、

メディアが調べた方が良いんじゃないかなぁと思いました。

最近「これだから日本はだめだ」という記事をよく見ますが、

そうではなく、

「こうすれば日本は良くなる」という話の方が建設的なんだけどなぁ。

卑下する文化が根強いんですかねぇ。

もしくは、それ以外の何かか。

マスク警察のように、いずれワクチン警察が出そうだし、

打てない(打たない)理由がある人も居るだろうし、

選択肢が多い方が利権が生まれないだろうし、

まあ、いろんな意味で、

日本でも「台湾清冠一號」の認可を勧めて貰い、

ワクチンだけでなく漢方薬も選べるようになると良いなぁと

思う今のワタクシです。

とりあえずは日々免疫を高めてキープする努力をしておこうかな。



Taiwan Today https://jp.taiwantoday.tw/index.php

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ