image

昨日、実家の父ファームからエンドウ豆が届きました。

沢山あったので、一部、千葉県民Tにお裾分けし、

残りを一気に剝くことにしました。

ダイニングテーブルの上に新聞紙とともに豆を広げ、

立ったまま黙々と莢を剥き続ける。

うねうねした虫が大の苦手なもんで、

「出るなよ、出るなよ」と念じつつの作業。

ロシアンルーレットのようで、なかなかスリリングでした。

ビニール手袋をして作業をすれば良かったのですが、

剥き始めたら、止まったら負けな気がして止まれず、

結局は、途中で「うひぃー」という感触があっても

素手で剥き切りました。

追加すれば、虫の卵っぽいものも大の苦手です。

野菜に付くそれらのものが苦手なもんで、

無農薬野菜には全く拘らないという生活を送っております。

父ファームからの産直品は無農薬野菜なんですけどね。

剥き終わっても、続けて調理をする気には全く成れず、

そのまま冷蔵庫にイン。

ポタージュスープにしようと考えているので、

生クリームを買いに行かねばーと思うものの、

今日はスーパーには行きませんでした。

明日頑張ろうと思う。

千葉県民Tに何を作るかヒアリングしたら、

ジャガイモとベーコンと一緒にスープにするとの談。

スープだと大量消費するので、

一番の贅沢メニューかもしれんと改めて思いました。

ちょいとレシピを検索してみたら、

豆ごはんのなんと多いことか。

それらを眺めていて思ったのですが、

自分でふうき豆は作れないものか?

煮たものを食パンに乗せて食べたら美味しいのではないか?

そう考えたら、作ってみたくなったので、

このGWにコトコト煮てみようと思います。

コツがわからないので、先ずはレシピ検索から始めるかな。



image
初回は豆入りキーマカレーっぽいものになりました。


素揚げにして塩を振る調理法だと、あまり野菜が得意ではない甥っ子も食べるらしい。
 ※ただし、めっちゃ油跳ねするらしい。

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ