image
八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

JR東京駅八重洲口前で建設中の高層ビル。

2022年8月末に竣工予定でして、

区立小学校とブルガリホテルが入ることで話題になっております。

ほかに、オフィス、店舗、バスターミナルなどが入り、

地上45階、地下4階、高さ240mになるんだとか。

地権者は三井不動産と住友生命。

設計・監理は日本設計、設計・施工は竹中工務店。

小学校は低層階に入り、ブルガリホテルは39~45階に入るそうな。

総事業費は約2,398億円。

完成する2022年がアフターコロナになっているのかは不明ですが、

常盤橋で「TOKYO TORCH(トーチ)」の開発も進んでいるのに、

こんなにボコボコ高層ビルが建って、

全フロアが埋まるんだろうか? と気になります。

まあ、オフィスの空間を広く取るという意味では良いのか。

ふむ。

ちなみに、再開発前にあったヤンマーは

このビルの隣に地上14階のビルを建てるそうです。

東京駅が超高層ビル群で囲まれる訳で、

ゴジラの破壊衝動が湧き立ちそうなエリアになりますな。

商業施設フロアにどんな店舗が入るのか気になりますが、

東京駅界隈に店舗が集中すると、

銀座の空洞化が一層進むのではないかと危惧しております。

いずれにせよ、完成したら見に行ってみたいなぁ。

ブルガリホテルにカフェなどがあれば行ってみたい。

八重洲側に視界を阻害するビルが無いため、

晴れた日には富士山が見えちゃったりするんだろうな。




にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ