image

ネアンデルタール人が冬眠していた可能性があるそうな。

そんな話を数日前のニューズウィーク日本版で読んだ気がするワタクシ。

現代人も冬眠するのならば、ワタクシは明日からでも大丈夫ってぐらい蓄えております。

脂肪を。

でも日本で冬眠すると、自然災害が原因で永眠する可能性がありそうでちょっと怖い。

冬眠から目が覚めるのって、日々の目覚めと感覚は同じなのかしら?

あるいは、全身麻酔からの目覚めみたいに、唐突に目が覚めたワという感覚に似ているのかしら?

少し気になります。

それはそれとして、昨年より毎日R-1を飲み続けているゆえのプラシーボ効果なのか、最近胃腸の調子が良いのです。

胃腸の調子が良い=免疫力も高まっている気がしています。

睡眠もいい感じっぽいのよね。

腸内細菌は加齢により変化するとの研究結果があるといいますし、加齢により自力でどうにもならないところは他力で補わねばいかんと思っているところ。

その他力が、今のワタクシの場合はR-1なのです。

R-1は、1073R-1という乳酸菌を含んでいます。株式会社明治が行った実験では、風邪をひくリスクが下がり、NK細胞(がんやウィルスに感染した細胞を攻撃する免疫細胞のこと)が活性化されたという結果が出ています。
出典:https://epark.jp/medicalook/hay-fever-yogurt/

コンビニなどで毎日買うのは大変なので、近所のスーパーで定期的に箱買いしております。

個人的には毎日ヨーグルトを食べるのは大変だけれど、毎日決まった量のヨーグルトを飲むことはできる。

モノグサなワタクシでも続けられているので、手っ取り早い「他力」だと感じています。

適度な運動が免疫力アップに繋がることを理解してはいるのですが、身体が気持ちに追いつかないのよねぇ。

ここ数日は、家の周囲一周40分程度の距離を歩くようにしておりますが(買い物に行く、とも言う)、もう既に続かない予感。

神楽坂界隈は坂道が多いので、心が折れそうになるんですよねぇ。

どの方向に向かっても、必ず坂があるもんで。

いっそ一駅隣の水道橋まで電車移動して、後楽園周辺を歩く方が続くんじゃないかって感じです。

小石川植物園を一周しようかなと考えていたら、8日から臨時休園にになっているし。

都営の公園・庭園はいずれも2月初旬まで休園ですもんね。

などと考えていると、どんどん言い訳が積み重なって、やる気がどんどん後退するのでございます。

もともと、やる気自体をそれほど持ち合わせていないもんで。

運動なぁ…、せんとアカンよなぁ…。

分かっちゃいるんですけど、意識は低い方へと流れがちです。

寝て起きたら痩せてたという、ラノベ的展開はないものか。

今日はそんな展開がなかったので、明日の自分に期待しつつ、ぼちぼち寝る準備を始めようと思います。

明日起きてやる気が出たら、北の丸公園まで散歩しようかなぁ。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ