image

本日は文化の日。

それにちなんで、母と八王子市にある『東京富士美術館』にやって参りました。

11月末頃まで開催している展示が興味深く、そのうちの浮世絵が見てみたかったのです。

今日はトーハクが無料(のハズ)だから、上野は混むと予想し、

家を基準に考えて逆方向に行ってみた次第です。

しかし、ここもあっという間に混んだので、結構人気のスポットだったみたい。

image
入口で検温、連絡先記名しつつ、記念品を頂きました。

image
中身はメモ帳2冊でした。太っ腹~。

image
なかなか存在感ありまくりのメモ帳です。

展示品は、驚くことに撮影OK。

QRコードを読み取ることで画像のダウンロードも可能です。

マジか。

image
SNSにばんばん載せてねってことっぽい。
ただし、鑑賞者などの人物を除く。

image
作品の前にあるQRコードを読み取ると、詳しい説明が見られます。

image
今回の展示で一番興味深かったもの。

image
「竹雀紋竪三引両紋牡丹唐草蒔絵女乗物」
江戸時代中期
宇和島伊達家の家紋(竹に雀紋、竪三引両紋)が描かれた乗物。

image
漆塗りに金箔という絢爛豪華な乗り物。
これに長時間乗っていると、お尻が痛くなるだろうなぁ。

image
「風神雷神図襖」を発見。

image
こうやって見ると、改めて全部観たくなりますな。

image
酒井抱一の高弟、鈴木其一(きいつ)が再構成した作品。

JR八王子駅に初めて降り立ちました。たぶん。

体感的には山梨に行くよりも遠く感じました。

(そんな筈はないのだが)

慣れていない土地だからですかね。

美術館が駅から遠いので、再訪するかは企画次第ですが、

今日は概ね満足でした。

ってか、今日は航空祭の日でしたが、

COVID-19の影響で中止になったんだとか。

ってことを、美術館上空を飛ぶ機体を見て思い出しました。

でも今年は会社の近所からブルーインパルスを見られたので、

割と落ち着いております。

あれが無かったら、モダモダしてたかもなぁ。

まあ、そんなこんなで、今日は文化の日らしい休日でございました。

東海道風景選集 駿河由比町
川瀬巴水「東海道風景選集 駿河由比町」
展示品の中で最も気に入った作品。
由比という地を気に入っているから猶更かもしれません。


image
【東京富士美術館】
TOKYO FUJI ART MUSEUM

東京都八王子市谷野町492-1
JR八王子駅北口 西東京バス14番のりば「創価大学循環」行き
「創価大東京富士美術館(正門)」下車 (13~18分程度乗車,320円)
※12:31発以降は乗り場が変わる

開館時間 10:00〜17:00(16:30受付終了)
休館日:月曜(祝日・振替休日の場合は開館,翌火曜休館)、年末年始、展示替期間
https://www.fujibi.or.jp/

にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ