image

三日ほど前に熱したオリーブ油が浮かんだスープを飲もうとして下唇を火傷。

その後、火傷後の経過を経て現在に至っていますが、昨晩から若干痺れが出ている。

下唇の痺れ?

ちょっと気になったので検索してみたら、

悪性腫瘍というビビらされる文字が躍り出た。

他には一過性脳虚血発作ってのもある。

まじかー。

って、原因はどう考えても火傷だよ、ワタクシの場合は。

と、すぐに思い直す。

この下唇、マスクをしている間はあまり気にならないのですが、

帰宅後にマスクを外して過ごしていると若干の違和感があります。

途端に存在を主張してくるというか。

たかが飲食時の火傷とか思ってバカにしちゃ駄目なんだね。

って、今なお放置しているんだけれども。

まあ、舌や口内を火傷しなくて良かったとは思っております。

不幸中の幸いってやつですかな。

熱した油は熱いってのは当たり前なんだけれど、

その当たり前を失念しておりました。

何なんだろうね? 認知障害的な何かなのか?

ボーっとしていたとも言えるが、そうでもなかった気がしなくもない。

我ながら謎です。

今は荒れた唇が驚異の再生能力を発揮し、

分厚くなった表皮が剥がれ落ちるのを待っているところです。

見たところ明らかに腫れて荒れてるもんな、唇が。

唇にカップを当てる時の違和感が凄い。

本当に、今がマスク生活で良かったです。

自宅に居る時だけでも、蜂蜜を塗ってパックしておこうかしら?

って効くのかは分からんのだけれど、

叶恭子お姉さまが唇には蜂蜜が良いと仰っていた気もするし。

続けることで、次にマスクを外すときは

ファビュラスでマーベラスな唇になっているんじゃないかな。

まあ、明日は在宅でオンライン会議があるから間に合わんのだけれど。

ゆえに室内を極力暗くしてオンライン会議に参加しようと思います。

イメージはゲンドウポーズ。

その世代にはウケけるかもしれん。

それはそうと、唇の痺れは放置で治るのか?

よく分からんものの、あと一週間ほど放置してみようと思います。



にほんブログ村へ
   人気ブログランキングへ