image

昨日、ものすごく久しぶりに神楽坂にある八百屋さんに行って参りました。

どれぐらい久しぶりかと言うと、

「おねえさん、久しぶり」

と店主と奥さんに言われるぐらいです。

今回の騒動以前に行ったっきりなので、数ヶ月ぶりですかね。

さて、本日の目的はキャベツだったのですが、

訊くと、「高いよ~」と三回ぐらい言われました。

これは相当高いんだなと思い、即却下。

ちなみにレタスもお高いそうです。

なぜなのか?

調べてみたら、21日付の日経の記事にこんなのがありました。

農林水産省が21日発表した食品価格動向調査(4月13~15日、全国平均)によると、調査対象の野菜8品目のうちキャベツやレタスなど6品目の小売価格が前週より上がった。平年(過去5年平均)比ではキャベツやキュウリなど5品目が高かった。外出自粛で家庭の野菜需要が高まり、4月以降、小売価格の上昇傾向が強まっている。
キャベツは1キロ235円と前週より13%値上がりした。平年比では19%高かった。レタスは500円と前週比5%高。平年比では12%高い。キュウリは613円で前週比3%値上がりした。
都内のスーパーの仕入れ担当者は「常備野菜は売れ行きがいいので値段を下げずに販売している」と話す。
東京都大田区の青果仲卸は「客が集中しないように小売店が特売をしないことも前年と比べて価格が上がっている一因」と話す。
ナスが唯一値下がりしたが、前週比2%安にとどまった。
2020/4/21 日本経済新聞

野菜が高いのはこの時期ならではの理由があったのですね。

しばらくは、キャベツもレタスも贅沢品になっちゃうかもなぁ。

ということで、またまたピーマンを3袋購入致しました。

スーパーマーケットで買うよりも若干割高ですが、

まあ、それは別に良いのです。

今回買ったものの中で一番のヒットは意外にもバナナでした。

柔らかいバナナが苦手なワタクシ向きで、甘さ控えめ。

食欲がない時でも食べられそうです。

最近ちょっと痩せたなぁと思ったら、

朝晩、あまり食べ物を口に入れていませんでした。

殆ど動かないので食べる気がしなくなったというか、

胃袋が小さくなってそれほどお腹が空かないというか。

神経性食思不振症なのかしら?

と思って検索してみたら、

食欲不振には「加齢」という原因もありました。

って、また加齢かよ。

逆に、サルコペニアという単語も頭を過ぎります。

ほんと、歩いた方が良いですね。

このままだと自粛解除になっても、別の病になっちゃいそうです。

動いて、お腹を空かせ、食事をして、寝る。

改めて生活のリズムを刻み直さねばなぁと思うところです。

でも、胃が荒れて食欲がないなら、

やっぱりキャベツは必要かもしれん。

高いけど。



【にほんブログ村】