秋葉原

昨晩、病院帰りに秋葉原経由で帰宅。

ついでにドラッグストアで「めぐりズム」を買って帰ることにしました。

唐突に思い立ったため、別改札から出てしまい、迂回する羽目に。

途中、複数あるドラッグストアや家電量販店もリサーチしてみましたら、

子供用の複数枚入りマスク(たぶん3枚程度入り)に

2,000円の値札がついているのを見て驚愕しました。

「子供用のマスクじゃん。甥っ子たちに送ろうかな」

と一瞬思ったものの、

価格を見て気持ちが急冷っつーか凝固してしまいました。

機能についての表記を読んだわけではありませんが、

マスク数枚に2,000円は払えんわぁ。

別の店舗では、消毒液が激高。

成分を読んだら、エタノールと界面活性剤でして、

50ml程度で990円ほどもする。

でもそれなら眼鏡拭きでも十分じゃないの?

と、またまた疑問に思った次第です。

物資の供給が不足してくると、驚きの価格になることがありますね。

まあ、買い占め防止の意味があるのかもしれませんけれども。

本当に困っていると手を出しちゃうかもしれんなぁと思いました。

ワタクシにとっては旧来よりカオスな街のイメージだった秋葉原。

今は店舗ごとの値決めに於いてカオスになりつつあるのかも。

でも、各店舗ごとの価格比を見て回るのは、嫌いじゃないです。

買わないけどな。

image
一枚100円(税別)という無機能性マスク。
お高いです。
皆さん眺めるだけで購入はしないっぽい。


image
高くてもいいならばマスクは秋葉原で見つけられるかもしれません。


【にほんブログ村】