image

1938年(昭和13年)に竣工した旧国立公衆衛生院は、日本の公衆衛生の向上を目的とした調査研究機関で、元東京帝国大学総長で東京大学本郷キャンパスの安田講堂を代表作とする内田祥三(うちだ よしかず)の設計によるものです。

毎度、この「祥三」という名前を「しょうぞう」と読んでしまうワタクシ。今なお覚えられないため、「内田うにゃうにゃ」と語尾を濁し気味です。

建物および設備は、関東大震災後の災害地復興援助の一部としてアメリカ・ロックフェラー財団から日本政府へ寄贈されました。

鉄骨鉄筋コンクリート造、地下1階・地上6階という大規模な建物で、建物は文化財的価値から港区が2009年に建物と敷地を取得して耐震補強とバリアフリー化を実施。2018年4月にがん在宅緩和ケア支援センターや学童クラブなどを開設。その後11月に郷土歴史館がオープンしました。
入館は基本無料ですが、郷土歴史館の展示スペースは有料となっております。

今回は建物を観ることが目的だったため、無料スペースのみ見学させて貰いました。

image

image
[2階中央エントランス]

image
2階中央エントランスの吹き抜け部分。
周囲を漆喰塗りのモールディングで飾ってあります。
クッキーの型みたいだ。


image
[3階中央エントランス]

image
3階中央エントランスの天井は漆喰塗りになっています。

image
真新しく改修されているモールディングはモダンな意匠。

image
3階通路の床面はノンスリップタイル張りになっています。

image
部分ごとに異なる床の意匠。
※これは2階


image
土星のような照明器具。
照明器具もモダンで見応えがあります。


image
2階エントランスの照明器具。

image
3階エントランスの照明器具。

image
電球はLEDに変わっております。

image
[4階休憩室]
旧講義室


image
圧巻のノンスリップタイル張りの通路。

image
巾木がタイル張りになっているところも。
豪華です。


image
[6階中央エントランス]

image
6階はかつて寮として使われていたため、
階段を上り切った場所には扉が付いていました。
この階の床はパーケットタイルとなっていましたが、
改修で大部分が撤去されました。


image
巾木部分も左官で仕上げられていますがビジュアルは質素です。

image
階段扉に填め込まれたガラスは飛散防止のワイヤ入りです。

image
階段部分の窓から東京タワーが見えました。
あちらが芝方面ですね。


image
1階中央ホールの床面にあるプリズムガラス。
地下1階の採光用に設置されました。
※現在は地下から光を当てて展示しています


image
[1階エレベーター跡]
エレベーターシャフトは現在、配管スペースとして利用されています。


image
建設当初のボタンが残されていました。
上下の文字が面白い。


image
当時は珍しかったのか、乗り方の説明書きが付いています。

image
スクラッチタイル張りの外壁。
施工費は如何ばかりか、と。


image
2階と3階のトイレは大理石張りでかなり豪華。

image
トイレスペースにはダスト・シュートが付いていました。

image
ミュージアムショップで購入したデニム地のエコバッグ。
以前はトート型だったみたいですが、こちらの方が畳めて良いですね。

image
デニムなので裏地は付いていません。
これで税別1,200円。

公衆衛生院には、公衆衛生に関する人材養成と調査研究機関という役割があります。

国や地方公共団体等における公衆衛生技術者の養成及び訓練を目的とした施設ですが、それに関する展示物は無料エリアにはありませんでした。有料エリアにもないんじゃないかな。



【弐】につづく。


image
【港区立郷土歴史館等複合施設「ゆかしの杜」】
旧国立公衆衛生院

東京都港区白金台4-6-2
(東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅下車 2番出口徒歩1分)
開館時間 9:00~17:00,[土] 9:00~20:00
休館日:第3木曜(祝日等の場合は開館、翌日休)、年末年始ほか
常設展観覧料:300円
https://www.minato-rekishi.com/


【にほんブログ村】