image

高萩市にある「穂積家住宅」は1773年(安永2年)に建てられた豪農の住宅です。

穂積家は、1856年(安政3年)に郷士(ごうし)として苗字帯刀を許されています。

敷地は1,200坪ほどで、長屋門、主屋、蔵、池、庭園などがあり、

昭和55年に高萩市に寄贈され、平成元年に県指定有形文化財に登録されました。

祈祷札の記録では江戸時代中期・寛政元年(1789年)に主屋が建てられたとあります。

これは天明の大飢饉後の水戸藩による普請行為(お助け普請)推奨によるもので、

穂積家でもお助け普請をしたようです。

しかし高萩市が3億6600万円を投じて行った平成11~14年度の保存整備工事で

安永2年建立と書かれた墨書が発見され、

寛政元年より16年前の建築物だと認識されるようになりました。

image
県の文化財に登録されているのは、
主屋1棟、長屋門1棟、前蔵1棟、衣裳蔵1棟、敷地4,172.72㎡、
附屋敷図屏風1雙となります。


image
(クリックで拡大)

image
豪農住宅ゆえ、正面入り口はここ一か所になります。
武家の住宅とは明確に違いますね。


image
ここ! ここ! 芸が細かい! めっちゃ綺麗!
贅沢感あるわぁ。


image
土間から梁を見上げる。

image
現在、高萩茶寮の営業期間ですが、
貴重な襖紙に間近に接することができます。
(太っ腹です)


image
土間から入って真っ先に目にする襖だと思うのですが、
和紙ではなく織物ですね。本葛布ではなさそうだけど。


image
中の間と前座敷の襖も必見です。
引手を含めて凝ったものとなっています。


image
波模様の襖紙(織物)と千鳥の引手。

image
小さな目が付いていて、可愛らしい引手です。

image
前座敷と奥座敷の欄間も豪勢なつくり。
筬欄間のアレンジ版って感じです。


image
虎と小虎が描かれている上写真に使われている引手。
ここには松かさが描かれていますね。


image
奥座敷の天袋にある引手。
金箔の和紙に合わせた豪華な引手です。
波と海鳥かな。


image
奥座敷から見た欄間。
竿縁天井(さおぶちてんじょう)の天井板の色が渋くて素敵。


image
廊下にある、結界を表すのであろう磨き丸太。
楓? 百日紅? 何の木だろう?


image
結霜ガラス(けっそうがらす)の模様が面白い。

image
裏側から見た主屋と衣装蔵。

image
主屋の茅葺屋根を押える瓦。

image
影盛はそれほど大きくはないようです。

image
衣装蔵と主屋は廊下で繋がっています。

image
衣装蔵の瓦。
輪違い部分も修繕されていて綺麗なビジュアルです。


image
こちらは長屋門脇の前蔵。

image
前蔵内部は見学できないようです。

image
主屋の池側。左手が池です。

image
夏なので木々が鬱蒼と生い茂っています。
蚊の気配かみちみち。


image
主屋の外灯。
シンプルながらもモダンなデザイン。


image
ガマの穂。
毎度、きりたんぽみたいだなぁと思います。

時間に限りがあり、じっくりとは見学できませんでしたが、

なかなか見応えのある建物でした。



高萩茶寮については→コチラ

image
【穂積家住宅(ほづみけじゅうたく)】

茨城県高萩市上手綱2337-1
開館時間 9:00~16:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌日)
入館料:無料

JR高萩駅から⑦バス乗り場「千代田行き」 10:32発(土日祝)
「川側」バス停下車(290円)
※ただし帰りのバスが無いためタクシー利用になります
(復路利用で1,450円でした)

いばらき路線バス路線図:http://www.bus-ibaraki.jp/busmap2/takahagi00.html
高萩駅発着バス時刻表:http://www.bus-ibaraki.jp/jikoku-joban/takahagi-s.html


【にほんブログ村】