image

我が家で生まれたメダカ2世たちが卵を産みまして、3世が育って参りました。

お腹に卵を抱えている雌メダカを発見して以降、

メダカ鉢の水替えを大々的には行っておりません。

今のワタクシの視力では、針子を排水口に流してしまいかねないからです。

現在確認している針子⇒幼魚は4匹。

突出して大きく育ちまくっている個体があれば、ものごっつい小さな針子も居ります。

何個卵を産んで、何匹孵化したのかは分かりませんが、

鬱蒼と茂った水草ジャングルの中で、今もなお孵化が進んでいるかもしれんと思うと、

水を替えられないワタクシです。

水草をぼちぼち間引かんとあかんなぁとは思っているのですが、

その思いを察知したのか、水草に花が咲き始めました。

一日一輪咲いては散る感じです。

キッチンのガスコンロ脇にメダカ鉢を置いているのですが、

環境がメダカに合っているらしく、長生きだし、育ち具合も順調です。

毎日餌タイムにはワタクシの居る側に寄って来るところが、いとかわゆらし。

メダカはいいよ~

メダカ鉢の中が完成された小宇宙になっているので、

電気代もかからないし、餌代も年間500円にもならないし、

そもそも手間がかからない。

そして泳いでいる姿を見るのは癒される。

モノグサ者には最適のペットだと思います。

もっとメダカが爆発的に増える環境もあるのでしょうが、

淘汰は必要だと思うので、満足している次第です。

ほんと、ぼちぼち水替えせんとなぁ。

image
日中に水草が大量に酸素を吐き出すもんで、水面はこんな感じになります。
※小さな粒は餌です


【にほんブログ村】