image

昨年、扉グループが経営する『ヒカリヤ ニシ』にてランチをして以来、

気になっていたのが『扉温泉 明神館』。

母は大昔に父と泊まったことがあるそうで、

とても良い宿だと絶賛していました。

ゆえに今回、母とこちらに旅することを計画した次第です。

天の岩戸をかついだ天手力男命(アマノタヂカラオノミコト)が訪れ、

リラックスし過ぎで天岩戸を忘れて帰ったという伝説があるらしいです。

ワタクシの場合、リラックスし過ぎることはありませんでしたが、

ものごっついダラダラした感はありました。

入浴してはダラダラし、入浴してはダラダラし。その繰り返し。

一泊で合計7回入浴致しました。

肌がしっとりした気がするけれど、いつまで保てるかなぁ。

数か月前にネットで予約し、当日松本で送迎バスに乗り込み、宿へ。

対向車が行き交えないほど狭い山道を登って辿り着いた先は、

Wi-Fiが繋がらない秘境っぽい宿でした。

確かに父が好みそうです。

ちなみに父は仕事関係の友人に「いいよ」と教えられたのだとか。

そうかー。オジサマ方はこういう宿がお好きなんだねー。

と思っていたら、宿泊客の大半は女性でした。

若いオヒトリサマからご年配のマダムたちまで、年齢層は幅広いです。

image
入口にある道祖神。

ヤマボウシ
バスから見える山内でよく目にしたヤマボウシ。

マタタビ
ところどころ白い葉が目立つこの植物はマタタビだそうです。

image
入口付近にある閉鎖された階段の下には
露天風呂の脱衣所らしきものが見えました。
昔は川沿いにも露天風呂があったのかも。


image
鬱蒼と茂った木々には白く色づく花が見えます。

image
玄関わきのデッドスペースのあしらい。

image
ロビー脇にある和室の生け花。
ちなみに和室は一段高くなっており、上がることはできません。


image
宿泊する部屋の入口には手洗い付きの水屋がありました。

image
冷蔵庫の中はフリー。
ジュースが美味しかったです。

image
オリジナルパッケージのお茶があるし

image
珈琲もちゃんとある。


image
子供が喜びそうなご当地お菓子。
こちらは姪のために母に持ち帰って貰いました。
七味味は小学校低学年にはまだ早いとは思うのだけれど。


image
生けてある花はカーネーションでした。

image
遠州織物の浴衣。母はこの柄が気に入ったそうです。

image
浴室へのドア。
左に見えるのは浴室のベランダです。


image
我々が泊まった部屋には大きなジェットバスがありました。

image
ちゃんとシャワーブースもある。

image
洗面台はボウルと一体のオシャレな強化ガラス製でした。
ただし水栓金具のスパウト長が短くて、使い勝手は良くない。

image
ベッドはかなりこだわりがあるようで

image
説明書きが置いてありました。


image
夕食後に部屋に戻ると、お夜食と夕刊が置いてありました。

image
「とっからみそ」がウマウマなおにぎりでした。

image
宿前には川が流れています。

image
虫が沢山飛んでいたため、びびって長居できませんでした。

image
ドウダンツツジ系っぽい植物の花も咲いていました。

母が以前来た時からは内装が変わっていて、綺麗になっているそうです。

泉質はワタクシにはよく分かりませんが、温泉はなかなか良かったです。

ただし、立ち湯も寝湯も、外との境が無いため虫だらけで、

これは冬に来るのがベストなんじゃないかと思えました。




夕食につづく。


image
【扉温泉 明神館】

長野県松本市入山辺8967
(松本駅と扉温泉間は事前予約制無料シャトルバスで送迎:所要時間約35~45分)
http://www.tobira-group.com/myojinkan/


【にほんブログ村】